人気ブログランキング |

タグ:ハチ公 ( 8 ) タグの人気記事

ハチ公没後80年だそうで

先日、松濤美術館で開催されている「いぬ・犬・イヌ」展(5月24日まで開催中)を観にいったところ、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館で「新収蔵展」を開催しているというポスターが目にとまった。
ハチ公没後80年だそうで、ハチ公関連の新資料もあるというので、雨上りの午後に出かけてみた。60歳以上は入館料無料となるのでいつでも行けることはうれしいかぎりである。
d0183174_08512910.jpg
d0183174_08513759.jpg
1階の企画展示スペースには、ハチ公と飼い主であった上野東大教授についての物語がパネル展示されていた。ほとんどの内容は既知のものであったが、天皇、皇后、皇太后にハチ公の座像を献上していたとは知らなかった。
またヘレン・ケラーさんが来日されたときに渋谷のハチ公像と対面していたことも初めて知ったことであった。新発見はあるものだということがわかった午後のひと時であった。
時間は前後するがMLBのマーリンズのイチローがMLB通算2873安打をはなち、ベーブ・ルースに並んだ。いかにもイチローらしいヒット2本であった。マーリンズといえば成績不振でマイク・レドモンド前監督が解任され、ダン・ジェニングス新監督の初陣となった一戦であった。ダン・ジェニングス監督はGMからの転身だそうで、MLBでの監督はおろか、コーチの経験もないそうだ。
2012年に就任した日本ハムの栗山監督も監督、コーチの経験なしに就任したが初年度リーグ優勝を果たしており、チーム運営をまかされたGM経験が監督として活きるような気がする。
その日本ハムであるが、昨日の楽天戦で大谷、中田のアベックホームランがでて8回表を終了して4-2とリードしていた。
しかし8回に中田の一発で2点差となって安心したのか、イニングまたぎが悪かったのか宮西がまさかの5失点、楽天に逆たん負けしてしまった。どうも今シーズンは楽天との相性がよくないようだ。

by motokunnk | 2015-05-20 08:53 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

日本版MOOCスタートと初代ハチ公の石像発見

ネットを何の気なしにみているとこんなプレスリリースを発見した。「日本初・大学講義を誰でも無料で受講できる“MOOC”JMOOC 講義開講」以前、教育について調べていたところMOOCというものがあり、海外(特に米国を中心)ではかなり浸透しているということであった。インターネットを通して無料で大学の講座を受講することができ、単位も取得できるという素晴らしい制度である。
この仕組みの日本版がいよいよスタートするそうだ。早速ホームページを見ると4月14日からすでに一部の講座はスタートしているようだ。ブログを書き終えたら受講登録をすることにしよう。
さて話はかわり、昨日の夕方のNHKローカルニュースで初代ハチ公の石膏像が見つかったとの報道があった。現在渋谷駅にあるハチ公の銅像は実は2代目で初代ハチ公像は第二次世界大戦中に金属が必要となった日本政府(弾丸製造のため必要だったそうだ)により解体されてしまったことはあまり知られていないようだ。
d0183174_18502812.jpg

初代ハチ公像は安藤照という彫刻家が製作したそうで、2代目はその息子の安藤士さんが製作したことが記録に残っている。その安藤士さんもビックリしているそうで、なんでも安藤照さんと親交のあった方の家で保管されていたようだ。現在ある2代目と比べると、顔の位置が正面を向いており(2代目は若干上を向いている)、精悍さが強調されているようだ。今後は一般公開も考えているようなので、ハチ公ファンとしては楽しみである。
参考URL → 日本版MOOC
参考URL → 初代ハチ公像の原型見つかる・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-04-16 18:50 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の企画展示

現在、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の企画展示は誰もがよく知っている「ハチ公」の特別展示が開催されている。白根記念渋谷区郷土博物館・文学館は東日本大震災の影響ではないとは思うが、節電のため開館が午後だけとなっている。
サラリーマン時代は、土日の午後は外出してまで展示を見に行く気力はなかったが、毎日が日曜日の現在は一日の予定を組む楽しみがあり、ハチ公展は行こうと思う候補であった。そこで昨日出かけてきた。
我家からは歩いて5分程度、渋谷駅からも15分程度で歩いていける距離である。蛇足だが郷土博物館に限らず、還暦を過ぎると区の施設は大体無料で入館できるのはありがたい。というわけで入口で運転免許証を見せての入館となった。
d0183174_8231688.jpg

館内は来場者も1~2名程度でゆっくり展示を見ることができた。ハチ公自体はいろいろな場所で展示されていたのを見た記憶があるので、ハチ公についての新しい発見はそれほどなかった。死因が癌であったこと、片耳が折れている原因(犬同士の喧嘩でかまれたことが原因だそうだ)など新たに知ったことである。
d0183174_8241287.jpg

区立図書館にはハチ公をまとめた文献集が地域資料として配架されているそうなので今度行ったときに借り出してみることにしよう。また新たな発見があるかもしれない。
参考URL →  ハチ公展
by motokunnk | 2013-12-13 08:24 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/街で見かけるパブリックアート・その1

このブログでパブリックアートというキーワードを使ったのは、副都心線のパブリックアートを紹介したときが初めてであった。それ以来、街を歩いていると彫刻や壁画が目にはいるようになってきた。
そもそも、パブリックアートとはどういうものを定義するのか、その語源をたどってみることにした。いつものようにウィキペディアで調べてみると「パブリックアートとは、美術館やギャラリー以外の広場や道路や公園など公共的な空間に設置される芸術作品を指す。設置される空間の環境的特性や周辺との関係性において、空間の魅力を高める役割をになう、公共空間を構成する一つの要素と位置づけされる。記念碑的なものより、象徴的なもの、コンセプチュアルなもの、建築の壁画、音、風、光などを利用したものも含まれる。」とある。
これによれば、街角に設置される芸術品すべてがその対象となるようである。そんな視点で街を歩いて気づいて(目にはいった)パブリックアートを紹介していくことにする。まずは自宅周辺というよりは渋谷駅周辺で見かけたものを中心に紹介していく。
d0183174_19332244.jpg

渋谷と言って、まず思い浮かぶのはハチ公の銅像である。これもりっぱなパブリックアートだと思う。そしてハチ公の銅像のほかにも待ち合わせ場所として有名なモヤイ像などが思い浮かぶ。一般にはモアイ像というようだが、渋谷の像はモヤイ像が正式名称だそうである。
d0183174_19334811.jpg

またハチ公前広場にはハチ公ファミリーなる壁画もある。これはJR東日本が設置しているものである。作者は北原龍太郎という画家で1990年に製作されているようである。レリーフには次のように書かれている。
d0183174_19361292.jpg

「この陶板レリーフは、渋谷駅北口広場が長年みんなに愛されている「ハチ公」にちなんで「ハチ公広場」と名称変更したことを記念して創作された。
「ハチ公」には両親ときょうだいがいました。娘と息子がいたともいわれています。そう、「ハチ公」には愛するファミリーがあったのです。
いまも、「ハチ公」とそのファミリーは、きっとどこかで楽しい時と過ごしているにちがいありません。
そのことを渋谷を訪れるみなさんに知っていただきたい。そんな願いをこめて、「ハチ公ファミリー」をモチーフとする陶板レリーフが誕生しました。
日本伝統の信楽焼の陶板にハイテクノロジーの光と音を加えてひとつにした 「時を告げるハチ公ファミリー」。みんなの新しい”待ち合わせ広場”です。」
確かに、休日などはこのレリーフの前で待ち合わせをしているグループを見かけることがある。この他に、渋谷区の「渋谷の碑」も設置されている。作者は不詳であるが、説明によると
「今日の渋谷を築いた先人に感謝しつつ、平和で豊かな未来に向けて渋谷が活力を生み出していく象徴として「平和・国際都市 渋谷の碑」を設置します。」とある。2003年11月に設置されたようだ。
d0183174_19343942.jpg

この他にもパブリックアートといえるものがマークシティに設置されている。「明日の神話」は有名であるが、このそばにも壁画が設置されている。天津恵という画家の「BRIGHT TIME」という作品で、日本交通文化協会が2000年に設置している。
d0183174_19345957.jpg

日本交通文化協会といえば、このブログでも紹介している「交通総合文化展」を開催している団体であった。また日本交通文化協会のホームページを見てみると、渋谷駅周辺でも「ハチ公ファミリー」を手掛けている。また先日ブログで紹介した横浜駅の「太陽とこども」や「VIVA YOKOHAMA」も手がけているようである。駅のパブリックアートはかなりの部分で関連しているような団体のようだ。
壁画の横には作者の言葉も紹介されている「宇宙の中でもっとも美しい星。 太陽の輝きのなかで世界が目覚め、 鳥たちがはばたき、 リズミカルな音が聞こえて時を感ずる。」
たかだか100m程度の範囲の中にたくさんのパブリックアートを見つけることができる渋谷駅(ハチ公前)は芸術の宝庫かもしれない。
参考URL → パブリックアート
参考URL → パブリックアート集
参考URL → 私のブログ(ハチ公関連)
by motokunnk | 2013-03-14 19:37 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

G1連続7週間のはじまり、エリザベス女王杯の予想

明日のエリザベス女王杯から有馬記念まで7週連続でG1が開催される。さて明日のエリザベス女王杯であるが、3歳クラシックで全て2着に惜敗したヴィルシーナが断然の1番人気となっているようである。そして抵抗には札幌記念の覇者フミノイマージンがあげられており、春の牝馬G1を勝ったホエールキャプチャは3番人気となっている。
順当にいけば、この3頭で馬券は決まりそうである。問題はどの馬が一番速くゴール板を通過するかである。私の結論はホエールキャプチャとしたというより、騎乗する横山典弘の手腕に賭けてみようと思う。ここ数週間の横山騎手の勝率の高さは異常といってもいいような高さ(2割以上)をキープしており、それも1番人気以外の馬での騎乗が圧倒的に多いのも特徴である。
従って、私の本命はホエールキャプチャ、そして対抗にはヴィルシーナ、3番手には同じ友道厩舎のラシンティランテをあげる。まだ準オープンの馬ではあり、距離にも不満があるがこちらもルメールに期待しての指名である。おさえはフミノイマージン、ピクシープリンセス、スマートシルエットとした。
集英社のスポーツサイトでは、面白い予想をしていたので参考までにあげておく。
参考URL → 【競馬】4人の女神が大予想! エリザベス女王杯は、私にノッて!!

エリザベス女王杯の予想
◎ ホエールキャプチャ
○ ヴィルシーナ
▲ ラシンティランテ
△ フミノイマージン、ピクシープリンセス、スマートシルエット

話はかわって、今日のGoogleのイラストはハチ公である。今日がハチ公の生まれた日だそうだ。渋谷駅には行かなかったが、ハチ公の銅像には誕生日の設えがあったのかもしれない。
by motokunnk | 2012-11-10 17:19 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)

散歩を楽しく/ハチ公と8月15日

昨日はブログを書き上げてから、雨も降っていないので、散歩にでかけることにした。どこに行くという目的もなく、とりあえずは渋谷駅方面へと歩をすすめた。
渋谷駅につくと、列車の案内表示板では東横線・渋谷駅での人身事故により、電車が遅れているとの表示がでていた。東横線渋谷駅で人身事故とは珍しいなあと思うが、帰宅してからニュースを見ていると、駅から転落しての片足切断の重傷とか、ホームドアがあれば防げた事故ではあるが、来年3月にはヒカリエに移設が決まっている駅に投資することはないであろうなどと勝手な推測をしてしまった。d0183174_9291282.jpg
乗客の注意喚起徹底が重要なことなのかもしれない。さて、渋谷駅にはヒカリエがオープンする前はマークシティがショッピングやグルメの一大スペースであった。その中に「クリエーション スクエア しぶや 」というエリアがある。渋谷区の関連施設で渋谷区観光協会併設(http://shibuyakukanko.jp/)の施設のようである。たまたま立ち寄ってみると、それほど広くないスペースには、何ヶ国語に翻訳された渋谷や東京を紹介するパンフレットがおかれていた。お盆ということもあり、渋谷区の担当者はフロア内にはいなかったが、電話の応対はされていたので、多分中の執務スペースには常駐しているのであろう。
展示スペースもそこそこあり、そこには「ハチ公」に関連する写真やパネルが展示されていた。写真は以前も見たことがあるもので私にとっては目新しいものではなかったが、奥の説明パネルには知らなかった事柄が多数記載されていた。ハチ公は飼い主の東大上野教授の死後、日本橋の商店に引き取られたが、そこに居つくことはなかったこと、上野家出入の植木職人の小林菊三郎のもとに預けられたこと、そして日本犬保存会初代会長・斎藤弘吉の新聞への投稿記事が反響を呼んでついに生きているうちに銅像まで建てられてしまった。
そしてその銅像も数奇な運命をたどることになり、第二次世界大戦のおり、金属供出として一度は解体されてしまった。終戦後に再度復元されて現在、私たちが眺めているのは2代目のハチ公の銅像である。
そんなパネルを読んでいたら、ハチ公を見て帰ろうという気分になり、ハチ公の写真を撮って帰宅することにした。
d0183174_9302662.jpg
休日のハチ公前と同じで、ハチ公と一緒に記念写真を撮っているカップルや家族連れが多数見受けられた。ふとハチ公銅像の後を見ると、なにやらパネルが埋め込まれており、そのこにこの銅像を建てた設立主旨について記載されていた。
またハチ公前広場には、大きな信楽焼でできたパネルが埋めこめられた壁も設置されている。
d0183174_9303915.jpg
こちらはJR東日本が「ハチ公ファミリー」と名前をつけてハチ公とその家族(両親は当然いるが、子供がいたかどうかは不明である)のイメージを焼き物の形で具現化している。よく待ち合わせの人たちで一杯の光景をみる。
とそのようなことも思っていると、夕方のNHKのニュースでは2代目のハチ公の銅像を製作して作者の安藤士が出演しているではないか。氏の弁では銅像の除幕式は8月15日に行われたとのことである。平和を願う意味で8月15日を選んだとのこと、何か、動物であってもまた動物だからこそメッセージを発信できる素晴らしい存在なのかもしれないと思った。
ネットで調べていると渋谷区の図書館には「ハチ公ファイル」なる資料が存在するようである。暇があれば図書館に行って見ようかとも思っている。

マークシティ → クリエーション スクエア しぶや
デジタル渋谷 → ハチ公物語
渋谷区立図書館 → ハチ公ファイル検索結果
by motokunnk | 2012-08-16 09:32 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)

今年一年を振り返り

今年もあと数時間となってきた。私にとって今年一年どんな年であったのだろうか。昨年に比べれば、よかったといえるのは当然だが、一昨年と比べたらどうであったか、その答えは見出せない。
ただ、日常生活がそれほど不便なくこなせるレベルになってきたことはいいことかもしれない。さて、週末日課としている近所の散歩であるが、目的もなくただ歩くのでは長続きしないので目的をもって歩くようにしている。他人からみればその目的というのは些細なことかもしれない。最近であれば、代々木公園の見所スポットであったり、神社の狛犬であったりする。その中で「ハチ公」の記念碑が建てられていることを知った。
d0183174_15373271.jpg

写真の右に写っているのがその記念碑である。「ハチ公」は東京帝国大学(現・東京大学)教授の上野英三郎氏が飼っていた秋田犬だった。教授の墓は都立青山墓地にあり、その傍らに記念碑が建てられている。「ハチ公」の亡骸は剥製となっていると聞く。小学校のときに渋谷駅で展示されていたのを見た記憶があるので、記念碑というからには分骨されているのかもしれない。訪れた日は教授の墓に花が飾られ、また掃除道具も用意されているので、参拝する人も多いのではと思ったしだいである。一種ロ6号12側に記念碑はある。向かいには警視庁墓地があるので比較的わかりやすい場所である。
このように青山墓地には多数の有名人、著名人の墓があるようで、今後探索して発見したら紹介して行こうと思う。
さて一年を振り返りというタイトルとはほど遠い内容となってしまったが、私の好きなモータースポーツの世界では、ベッテルがF1ワールドチャンピオンとなったことが記憶に新しい。今年はぶっちぎりでチャンピオンシップを獲得するのではと考えられていたが、最終戦まで4人の候補が残り、その中でのチャンピオン獲得、見事であった。日本人としては小林可夢偉の活躍もうれしい出来事であった。前半戦の不振(マシン熟成不足が原因のようだが)から後半戦の進撃は予想を超えるものであった。
もうひとつの趣味(もっぱら観戦であるが)はサッカーの世界では、Jリーグでは発足当初から応援していた名古屋グランパスが初優勝を飾った。生え抜き選手ではなく、有力選手を補強しての優勝にちょっとした違和感は感じるが勝負事は勝ってナンボの世界であるのでこれを機に常勝軍団を目指して欲しい。
生活面では、沖縄、消費税などの問題からか民主党政権が落ち着かない。個人的には応援したきたのだが、このままでは自民党のほうがよかったと思ってしまうほどのガッカリ感が頭の中で充満している。
来年はどんな年となるであろうか、政治が安定してくれることがまず第一である。民主党には頑張ってもらいたいのだが果たしてどうであろうか。
by motokunnk | 2010-12-31 15:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

駅の待ち合わせ場所

私の住んでいる街の最寄駅は人にいうとビックリされるが、何と渋谷駅である。ただ生まれたのもこの場所であり、当時は今ほど栄えていなかった。さて、渋谷駅の待ち合わせ場所として有名なのはハチ公前であった。最近は「モヤイ像」というものもあるが、やはり「ハチ公」にはかなわないようである。
d0183174_20321950.jpg

さて、ハチ公は有名なのでその生涯について語ることは割愛し、銅像について調べてみる。いつできたかというと、昭和9年のようである。ハチ公の死ぬ1年前に銅像が建てられたわけである。生前から街の人気者であったようである。
初代ハチの銅像であるが、第二次世界大戦中に金属資源不足により供出され、終戦前日の1945年(昭和20年)8月14日に鉄道省浜松工機部で溶かされ機関車の部品となって東海道線を走ったという。現在のものは二代目で初代ハチ公を制作した安藤照の息子で彫刻家の安藤士が制作し、1948年(昭和23年)8月に再建されたものである。
とある。
置かれている位置も昔とは異なり、今は渋谷駅の方を向いている(駅に背を向けていたり、横を向いていたりと、今思えば様々な向きでおかれていた記憶がある)。今も待ち合わせ場所としては栄えており、私の学生時代などは、待ち合わせはハチ公前として、人が多いので、早く着たらハチ公が見えるところにいて、待ち合わせ人が着たら誘いに行くという方法をとっていた。今の人はどのような方法でハチ公前に集まるのであろうか。携帯のメールか何かで場所を特定しているのかもしれない。
by motokunnk | 2010-11-24 20:35 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)