人気ブログランキング |

タグ:中島一貴 ( 3 ) タグの人気記事

投げて選んで走って大谷ワンマンショー、そしてドラマでも起きない現実

交流戦最後の日曜日、3連敗阻止を目指し日本ハムの大谷翔平が中日戦に先発した。この試合、日本ハムが負け、ソフトバンクが勝つと、早くも日本ハムの自力優勝が消滅してしまう大事な一戦であった。
立ち上がりは先週の阪神戦とは違い、いささや力をセーブしているような投球であった。二死1、3塁とピンチを招いたが無失点におさえて上々の滑り出しであった。中日の先発・吉見もヒットは打たれるが要所は凡打に打ち取るピッチングでなかなか1点が遠い試合となった。
打席に立つ大谷、4回の2打席目で波乱があった。自打球を膝下に当ててしまった。丁度防具の上であったのでヒヤッとしたが大事にはいたらなかった。大きなレガースとかルール上いろいろあるだろうが防具はしっかりと選ぶほうがよい。
そして均衡を破ったのは大谷であった。6回二死から四球を選んで出塁すると、レアードのレフト線を破る長打で一気にホームイン、快走を見せて先取点を演出した。
d0183174_08462105.jpg
そして2点目は大谷の選球眼であった。8回一死満塁のチャンスで打席に立つと、フルカウントから四球を選んで2点目を奪った。9回も完封目指してマウンドにたつ予定であったようだが3点目が入ったことで増井が登板した。
増井は前回のDeNA戦で筒香の同点2ランを打たれてセーブを失敗したいるだけにそのリベンジ登板であったと思う。しかしそのリベンジは失敗してしまった。一死はとるが平田にストレートの四球をだしてしまい、次打者に長打、一紙2、3塁のピンチを招いた。1失点して二死3塁、ここで抑えればよかったが悪い流れは止められずに安打を打たれて3-2、続く代打に四球を与えて降板である。
緊急登板したマーティンが三振をとりよかったものの悪くすれば大谷の6勝目はなくなっていた。3連敗は止めたもののクローザーの不調は日本ハムにとっては死活問題となってしまった。
そしてWEC第3戦ルマン24時間レースである。悲願の初優勝を目指してトヨタはよく頑張った。17時間目にトップにたったトヨタ5号車はポルシェ2号車に30秒近くのリードを保って23時間目に突入した。
そして最後の給油も終えて、ポルシェ2号車がレースの最速タイムをマークするためにタイや交換のピットインをしたことで優勝は決定したと思えた。そして残すところは後4分、サルテサーキットを1周すれば栄光のゴールというところでドラマは起こってしまった。
d0183174_08462941.jpg
コクピットの中島一貴からの悲痛なメッセージ「ノーパワー!」、あと1周走り切れば歓喜の優勝だったシーンが無残に打ち砕かれてしまった。2位入賞はいらない、ほしいのは優勝トロフィー、来年こそこの屈辱を払拭する強いマシンを作って24時間まともに速く走れるマシンで挑戦してほしい。
「まず、チームの皆に有り難うと言いたいと思います。TS050 HYBRIDは運転しやすく、すべては上手行っていました。レースの終盤、僅か20秒後ろをポルシェ#2号車が追い上げて来ましたが、上手くペースを作ることが出来、心配はしていませんでした。しかし、2周を残したところで万事休す。トロフィーを手にすることが出来なくなりました。最終周に、私がTS050 HYBRIDで走リ出すとマーシャルやファンはとても暖かく迎えてくれて、感情が高ぶるのを覚えました。来年こそトロフィーを獲得しに帰って来ます。」中島一貴のレース後のコメントを信じて来年に期待することにしたい。

by motokunnk | 2016-06-20 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本代表の初戦は黒星、予選突破に早くも赤信号!

W杯ブラジル大会の初戦、コートジボワール戦はほろ苦い結果となってしまった。今朝日本時間午前10時にキックオフされたこの試合、コートジボワールはドロクバをベンチにおきスーパーサブで投入する作戦をとったようだ。
一方の日本代表はほぼ現在考えられるベストメンバーでスタート、開始直後は五分五分の状態であった。試合が動いたのは前半15分過ぎ、左サイドから崩して、長友から本田へ絶妙のパスがとおり、本田が利き足の左で見事に先制ゴールをたたき出した。その後はコートジボワールに押されることが度々あったが、DF陣の踏ん張りで失点を防いで前半終了。
試合が動いたのは後半、コートジボワールがドロクバを投入してからである。明らかにコートジボワールの選手の動きがよくなり、逆に日本チームがドロクバを意識するがゆえ、他の選手のマークが甘くなってしまったように見えた。そして19分、21分と立て続けに右サイドから攻められて失点してしまった。
最後はコートジボワールの試合運びのうまさ(よく倒れて中断する)にも災いされてこのまま1-2で大事な初戦を落としてしまった。先に行われたC組の試合ではコロンビアがギリシャを3-0で破っており、金曜日に行われるギリシャ戦は勝利が必須条件となってしまった。予選突破、いきなりの赤信号である。強化試合で戦ったコスタリカはウルグアイを破ったので、日本にもいい流れかと思っていたが、メンタル面でちょっとしたことがサッカーの試合では左右することがあるものだ。
d0183174_1234317.jpg

さて昨晩スタートしたルマン24時間レースであるが、快調にトップを走っていた中島一貴ドライブのトヨタ7号車がスタート15時間経過した段階でコース上でストップしてしまったそうだ。原因などはわからないそうだが、トヨタの悲願はまた今年も成就しそうもないようである。
参考URL → 本田先制も黒星発進・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-06-15 12:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ワールドカップ開幕、そしてルマンでは

日本時間で今朝、時差が半日あるのでブラジルでは昨晩になるが2014年サッカーW杯が開幕した。準備が間に合わない、国民の反対運動が起こっているなどの報道があったが、TVの画面を通して観る限りはいつものW杯開幕と何ら変わらない光景である。
そして開幕試合が行われた。カードはブラジルvsクロアチアである。東欧のブラジルと呼ばれた旧ユーゴの流れを組むクロアチアは強豪であり、決してブラジルが楽に勝てる相手ではない。そんなクロアチアに対してどんな試合をするのかが興味であった。
試合は前半11分、まさかのオウンゴールでブラジルが失点しまった。W杯で初めての得点がオウンゴールとは前代未聞である。W杯の試合は先制したチームの勝率は桁違いに高いと言われるので、これはブラジルにとって厳しい戦いとなると思っていた。
d0183174_905163.jpg

そんな窮地を救ったのが、ネイマールであった。前半29分にドリブル突破して中央からシュート、利き足の右ではなく若干当たり損ねだったことが幸いして(飛んだコースも抜群であった!)、キーパーの手をあざ笑う同点ゴールとなった。この数分前にはこの試合最初(ということはブラジルW杯最初)のイエローカードをもらっていたネイマールである。同点となって、ブラジルサポーターも元気を取り戻したか、スタジアムの応援の声が大きくなったような気がした。
そして後半スタート、ときどきクロアチアのカウンター攻撃を受けるが、ゴールポゼッションはブラジル、有利に試合を進めて26分にPKをこれまたネイマールが決めた。キーパーも反応したが、そのキーパーの手を弾いてのゴールであった。2-1となったが、クロアチアも反撃をあきらめずにブラジルゴールを襲い、あわや同点のシーンを作り出すがキーパーチャージを取られて幻に終わってしまった。ロスタイムには前半から精力的に動き回っていたオスカルがダメ押しのゴールを決め、3-1でクロアチアに勝利、勝点3を奪取した。
6度目の優勝が期待されるブラジルにとってはある意味で最高のスタートをきったのではないか。フェリペ監督(日韓W杯優勝監督)の若手登用策(かなりのメンバーが初めてのW杯だそうだ!)が決まった試合だった。試合を見ていて、日本代表とは速さと精度が全然違うと感じたのは私だけではないはず、日曜日の日本代表の試合でどんなパフォーマンスをしてくれるかが期待半分心配半分である。
さてフランスルマンからはうれしいニュースが飛び込んできた。昨日行われた公式予選でトヨタがポールポジションを獲得したそうだ。公式予選のドライバーとなった中島一貴は2、3回目の予選でトップタイムをマークしたそうだ。ルマン24時間レースで日本人ドライバーがポールポジションを獲得するのは初めてだそうだ。トヨタにとってはTS020による1999年以来のポールポジションである、そのときは20時間以上もトップを守っていたがトラブルで惜しくも2位となってしまった。今回はその雪辱も兼ねてぜひ優勝してほしい。
d0183174_911289.jpg

なお日本でもおなじみのデュバルであるが予選初日にアウディをドライブ中にアクシデントにあい、怪我をしてしまい今回は欠場となったそうだ。モノコックまで損傷する大事故だったようで3台体制で参戦するアウディにとっては痛手のようだ(徹夜の修復作業で元通りにはなったようだ)。土曜日からはじまるレースが楽しみである。
参考URL → ブラジルW杯
参考URL → ブラジル開幕戦勝利・写真転載サイト
参考URL → ルマン特設サイト
参考URL → 一貴がポール獲得・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-06-13 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)