タグ:二十四節季 ( 31 ) タグの人気記事

ベスト4決定、今日は大暑

スーパーラグビーの準々決勝残り3試合が開催され、ベスト4が決まった。土砂降りの雨の中で行われたニュージーランド地区のクルセイダース対ハイランダーズ戦。接戦が予想されたが、雨の影響で現地入りが試合開始7時間前となってしまったのが影響したのかハイランダーズにいつものきれが見られずにクルセイダースが17-0で勝利しベスト4に進出した。
南アフリカ地区チームの対決となったライオンズ対シャークスの一戦は最後まで結果がどうなるかわからない展開であった。下馬評ではスーパーラグビー初制覇を目指すライオンズが地元開催の利を活かして勝利するものと思われたがこの日は司令塔のSOヤンチースのプレイスキックの精度が極端に悪かった。
前半、PGのチャンスがありながら成功したのは3度のトライで1度のみ、前半は3-14で折り返した。
後半にはいってもヤンチースのキックの精度はあがらず、7分、11分に反撃のトライをあげたがいずれもコンバージョンキックが入らずに逆転できるところ13-14と1点のビハインドはかわらなかった。
ようやくコンバージョンキックが成功したのは後半18分のトライ後のコンバージョンキックであった。これで20-14としてヤンチースは交替した。しかしこの日のシャークスはこれで意気消沈せずに25分に再度逆転のトライ(&ゴール)をあげて1点差ながらリードを奪った。
d0183174_09225742.jpg
そしてノーサイドまで3分となったPGのチャンスで代役キッカーのゴールが決まり、23-21でからくもライオンズがベスト4に進出した。
そして最後のイスもすんなりとは決まらなかった。ストーマーズとチーフスの一戦も手に汗握る接戦となった。地元の利(があるかはわからないが)を活かしてストーマーズが押し気味に試合を進め、23分に先制PGを決めた。
するとチーフスもすぐに29分にPGで同点に追いつくと31分、38分にマッケンジーがPGを成功させて9-3とリードして前半を折り返した。
後半にはいりいきなりストーマーズが敵陣に蹴りこんだキックオフのボールをとり攻撃をしかけた。そして5分にこの試合、両軍通じての初トライ(コンバージョンは決まらず)をあげ8-9と1点差に追い上げた。
しかしチーフスも再びマッケンジーのPGで12-8としてリードを4点差にしたが19分にFLサムケインズが危険なタックルを犯してシンビンとなってしまった。14名となってしまったチーフス、22分に1点差に迫られるPGを入れられたが12-11とからくもリードを守って10分間を耐えた。サムケインズが戻って安心したわけではないだろうが31分に自陣で反則を犯して逆転PGのチャンスを与えてしまった。
d0183174_09230675.jpg
それほど難しくない位置ではあったがこのPGを失敗してしまったストーマーズ、流れはチーフスに傾き、35分相手陣に攻め込んだチーフスはゴールライン直前からSOクルーデンが飛ばしパスを交代ではいったWTBスティーブンソンにおくり、試合をほぼ決めるトライを選出した。17-11と6点差としたチーフス、残り5分をしのぎ切りベスト4進出を決めた。
これでベスト4の組み合わせはライオンズ対ハリケーンズ、クルセイダース対チーフスとなった。ライオンズが地元で試合ができることを活かしてニュージーランド地区の強豪を連続して撃破できるかどうか、また主力(クルーデン、リーチなど)が今季限りでチームを離れることが決まっているチーフスが覇権を奪えるか、準決勝の2試合は29日に開催される。
今日は暦のうえでは大暑である。1年で一番暑い日となっているが、梅雨明けからの暑さは本物であり大暑といわれてそうだなあと思ってしまう。熱中症対策を万全にして散歩にでかけることにしよう。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-23 09:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハムボロボロ、そしてサンウルブスも

札幌ドームでの巨人とのオープン戦初戦は大敗であった。まず新戦力のエスコバー、前回の登板も不安定な投球であったが、今回も不安をのぞかせた。初回はまずまずであったが、2回に制球を乱して二死満塁のピンチを招いてしまった。ここは切り抜けたものの3回にもエラーがらみで不運ではあったが、無死満塁のピンチをつくってしまった。ここから連打をあびてしまいこの回結局5失点で途中降板した。エラーがらみではあったが、不慣れなポジションで守る選手にとって守りのリズムは大切なものと思う。サインに首をふるなどバッテリーの呼吸があわなかったエスコバー投手のリズムに野手全員がついていけなかったこともエラーの遠因かもしれない。昨年のバースも思えばオープン戦は散々な結果であったことを思うと、エスコバーにも期待してしまうのは身勝手な思いかもしれない。
d0183174_09063403.jpg
その点、谷元は安心して観ていられた。この日も7回にマウンドにあがるといくら下位打線とはいえ三者凡退のナイスピッチングを魅せた。特に昨年までの同僚・石川慎吾から空振りの三振を奪ったことは圧巻であった。
そして夜、シンガポールで開催されたスーパーラグビー第2節、サンウルブスの相手はキングスである。力関係からいってサンウルブスが勝利する可能性がかなり高いチームといっていい相手、しかもシンガポールはサンウルブスのホームグラウンドであり、期待して試合を観ることとした。
しかしサンウルブス、ハンドリングエラーが多かったように思えた。またキックの精度も昨年と比べてしまうとかなり悪いと思う。
CTBラファエレのトライで7-10と追い上げた後、PGを失敗してしまったSOクリップスやその後、トライチャンスでパスを落球してしまったTCBカーペンターなどここで確実に得点していれば試合の流れは変わっていたと思えただけに残念であった。
d0183174_09064414.jpg
WTB中鶴がスーパーラグビー初トライをあげるなどバックス陣の走りは好調なだけにパスの精度、ハンドリングの精度向上などに取り組んで初勝利を目指してほしいと思うがなかなか強敵が多くその道は険しそうだ。
そして今日は「啓蟄」である。冬眠していた虫たちが活動を開始する季節である。朝から首都圏は4月を思わせる暖かさであり、散歩も楽しくなる季節となってきた。ただ月曜日からは寒波来襲だそうでまた冬となってしまいそうだが、3月となり日1日と暖かくなってきている予感がする。

[PR]
by motokunnk | 2017-03-05 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織、大坂ともにベスト8進出、今日は小寒

錦織圭の2017年シーズンがはじまった。例年通り、ダブルスとシングルスのダブルエントリーで臨んだブリスベン国際、シングルス2回戦に登場である。
相手は20歳の新鋭ドナルドソンであった。錦織は第1セットいきなり2ブレイクアップの4-0とリードした。楽勝ペースで気が緩んでしまったのかここからまさかの6ゲームを連続で落としてしまい、第1セットは4-6で奪われてしまった。
第2セットは第2ゲームをブレイクしリードするが、第5ゲームをブレイクバックされ5-4でむかえた第10ゲームをからくもブレイクして6-4とセットオールに持ち込んだ。
d0183174_08420614.jpg
らしさが出始めた錦織は第4ゲームをブレイクしてリードするとそのままリードを守り、6-3でこのセットを奪い、セットカウント2-1でベスト8に進出した。陣準決勝の相手はフェレールを破って勢いに乗る地元のトンプソンである。
一方、ASBクラシックに出場している大坂なおみは2回戦の相手第2シードのビーナス・ウィリアムズが右腕の痛みを理由に棄権したため、こちらも準々決勝に進出した。
d0183174_08421559.jpg
この大会、セリーナも初戦で敗退しており、第1、第2シード不在の大会となってしまった。大坂なおみにとってツアー初優勝のチャンスかもしれない。準々決勝の相手は第8シードのコニュである。
そして今日は二十四節季のひとつである小寒である。寒の入りともいわれており、この日から寒さが本番となり、節分までを「寒の内」といい寒さが一番厳しいといわれている。そのせいか、昨日とは違って寒さが厳しい一日となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-05 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

侍ジャパン一部メンバー発表、日本プロスポーツ大賞発表、そして冬至

来春開催される第4回WBCに参戦する侍ジャパン28名のうち18名が発表された。いずれの選手も11月に行った強化試合に招聘されていたメンバーで実績をだしたメンバーであった。
d0183174_08512473.jpg
日本ハムからは球団別では最高となる5名が選出された。中田翔は2回目のWBC、大谷翔平は侍ジャパンには数回招聘されていたが、WBCには初参加、増井、宮西、大野は11月に続いての侍ジャパン選出である。メンバーを観ると、投手が少ないように感じるが、今回のWBCにはMLBも真剣に米国代表メンバーを選ぶ意向があるという。メジャーリーガーをどこまで補強できるかがWBC制覇のカギとなりそうだ。
日本プロスポーツ大賞が発表され、大賞には大谷翔平が選出された。NPBのベストナイン受賞、MVP受賞と今シーズンの活躍を考えるとプロスポーツ大賞受賞も当然の結果なのかもしれない。
d0183174_08513223.jpg
殊勲賞には日本ハム、そして最高新人賞には高梨裕稔が選ばれた。日本ハム所属選手が大賞、最高新人賞を受賞するのは初のことだと思う。それだけ日本ハムのパリーグ制覇、10年ぶりの日本一が評価されたのかもしれない。連覇を目指して頑張ってもらいたいものである。
今日は二十四節気のひとつである冬至である。昨年は22日であったが、今年は21日と微妙にずれているところが不思議なところである。ゆず湯にはいってかぼちゃを食しと冬至を実感することにしよう。ただ冬至というのに首都圏は11月の暖かさのようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-21 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

昨日は初雪、今日は初氷、寒さも本番そして脳外科診察

東京地方は昨日が初雪、そして今日は初氷がはったそうだ。いずれも例年より1か月近く遅いという。そういえば今朝は氷点下だったそうでこれもこの冬初めてのことだそうだ。
今は暦のうえでは小寒と大寒の間である。この時期は最も寒さが厳しいといわれており、小寒を過ぎてやっと本格的な寒さが到来したようだ。
歳をとると寒いのは苦手となってきてしまうが、季節感を感じる寒さも四季を感じるうえでは大切なのかもしれない。そういえば毎年、センター試験のシーズンには大雪が降ることが多かったが、また今年もそのシーズンがやってきたということかもしれない。
さて今日は日赤医療センターに行くことが決まった。先日、脳梗塞の経過診断で毎年MRI検査を受けているが、脳梗塞は異常なしであったが、両側大脳半球の萎縮があるという診断がでた。
そのため専門医の診断を受けたほうがよいとのことで脳外科の診断を受けることとなった。果たして今日結果がわかるかは?だが、心配のタネは早くはっきりさせたほうがよいと思う。結果は後程書くこととする。
追伸;検査というよりは問診に近い内容であった。専門医によると、異常なしという。記憶をつかさどっている脳に異常は見られず、老化による脳全体の萎縮だろうとのことであった。
詳細な検査をしてほしいとの要望により、15日午後に頸動脈エコー検査をすることになった。
参考URL → 二十四節季
参考URL → 大脳半球

[PR]
by motokunnk | 2016-01-13 08:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日は冬至、そしてスーパーラグビー

今日は冬至、一番太陽のでている時間が短い日(というわけではないが)である。
d0183174_09113751.jpg
中国や日本では、冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしてる。つまり、みんなが上昇運に転じる日としているそうだ。夜は柚子湯にはいり、1年のあかを落とすことにしよう。
さてラグビーの話題であるが、2019年のラグビーW杯に向けて日本代表強化は必須事項である。その強化に向けてスーパーラグビーへの参加が決定されている。そしてそのHCとメンバー、ユニフォームが昨日発表された。
注目のHCはマーク・ハメット、元ニュージーランド代表で現役時代はHOとしてワールドカップにも出場している。コーチ経験もあるが、日本でのラグビー経験はないそうだ。また日本人選手も直接指導したことはないようで、いい意味でいえば先入観なく指導してもらえると思う。
d0183174_09114727.jpg
9月のW杯日本代表からは、堀江、大野など10名が選出された。2019年を目指すというだけあって、若手の起用にも配慮されたようで、現役大学生が2名選ばれている。田中、五郎丸、リーチ、マフィなどはそれぞれ別のスーパーラグビー参戦チームから出場するので、スーパーラグビーの場での戦いが観られるのは代表のレベルアップを図る面で重要だと思う。
日本代表HC発表も近々あるそうだが、ぜひ連携を図って強化していってほしい。
参考URL → 冬至2015
参考URL → PLAYERS & STAFF・写真転載サイト

[PR]
by motokunnk | 2015-12-22 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

七夕と遺恨を残した(?)世界遺産登録

今日7月7日は七夕、二十四節季の小暑であるとともに星祭りとも呼ばれる、五節句の1つでもある。。天の川を隔てて、織姫と彦星の間に今日だけ橋がかかって二人が再会できるという話を子どものころに聞かされたものである。
子どもの頃は毎年、テルテル坊主を作って、七夕が晴れることを願ったものだが、今日も天気予報は曇り、天の川は観れそうもなさそうだ。
この七夕はアジアだけの風習かと思っていたが、アジアだけでなくヨーロッパなど世界各地で、この星座や天の川にまつわる話が多く存在しているそうだ。日本にも数多くの説があるように、一つの国の中でもその地域によっていくつもの七夕伝説が語り継がれているという。調べてみる価値はありそうだ。
d0183174_08331109.jpg
さて、もめにもめていた「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録がやっと決まった。日本側が「厳しい環境の下で働かされた(forced to work)多くの朝鮮半島出身者」という文言を追加したことにより、韓国もOKしたと言われるが、この文言の受け取り方、日韓両政府で正反対である。
韓国政府は「日本政府が強制性を認めた」といい、逆に日本政府は「日本代表団の発言は、強制労働を意味するものでは全くない」としている。先日、日韓外相会談が数年ぶりで再開され、この世界遺産登録についても合意がなされたと報道され、日韓両外相もその旨の発言をしていた。この合意は何だったのだろうか。
外交文書はお互いの国にとって有利な解釈ができる文言を採用するのが常套と言われている。今回の場合は、この常套が通じなかったのか、はたまた韓国が態度を硬化させたのか、日本のツメが甘かったのか、今後に影響を及ぼさなければいいのだがどうであろうか。
d0183174_08333735.jpg
どうも韓国という国は対日本という戦略をとることで国民の意識を高揚させるようだ。現政権もいろいろ国内外で問題をかかえているようなので、この問題が尾を引いて今秋にも予定されている日韓首脳会談が中止されなければいいと思うし、その会談が不調に終わらなければいいのだが。ちょっと70年談話にしろ、安倍首相の発言が過激になっているのが気にかかる。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-07 08:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日は小満、そろそろ梅雨の季節、そして日本ハムは

今朝豪雨と雷で眼が覚めた人も多かったのではないだろうか。関東地方では今朝4時過ぎから6時前後にかけて雷雲が通過した結果、各地で雷がなり、豪雨がすごかった。
現在は晴天で今日も夏日となりそうである。そして今日は二十四節季の小満だそうだ。小満とは「陽気が良くなって、万物の成長する気が次第に長じて天地に満ち始めること」だそうで雨後のタケノコではないが木々がこれから成長していくことを示しているそうだ。
そしてそろそろ梅雨の季節でもある。今年は奄美地方が5月19日に梅雨入りしたが、沖縄地方より早く梅雨入りしたのは数年ぶりだそうだ。それでも平年に比べると10日以上も遅いそうで、まだわからないが今年の梅雨は平年よりも遅くなりそうである。
さて昨日、楽天対日本ハムの試合が開催された。前の試合、大谷、中田のアベックアーチで勝利を確信していたのだが、宮西のイニングまたぎのリリーフ失敗で負けてしまった。その負けを払拭する快投を浦野に期待して試合を観ていた。
浦野は楽天先発の美馬に比べて安定しているようで、3回まではノーヒットピッチングであった。しかし4回に先頭打者・藤田に一塁線を破る2塁打を打たれ、返球エラーの間に3塁に進塁されてしまった。銀次の犠飛球であっさり先制点をとられてしまった。嫌な流れが継続している。その後の二死1、3塁のピンチは抑えたが、味方打線は4、5回と無死1塁のチャンスをものにすることができずに1点が遠い展開であった。
6回に先頭の西川が出塁して盗塁、続く中島の内野安打で無死1、3塁とチャンスをつかんで田中の内野ゴロ(エラー)でようやく同点に追いついた。好調時の日本ハムであれば、ビッグイニングのチャンスであったが、後続が打てずに同点止まりでこの回は終了してしまった。この嫌な流れにも先発浦野は飄々と楽天打線にチャンスを作らせずに投球をかさね、凡打の山を築いていった。
d0183174_09022912.jpg
そして8回に再びチャンスが訪れた。この回も先頭打者の西川がヒットで出塁、二死2塁となって、中田、はーミッド、近藤が連続して四死球を選び勝越し点をもぎ取った。どちらかといえば、楽天投手の自滅に助けられたような得点であった。8回裏の二死2塁のピンチも防いで9回にはまたも西川の3塁打で追加点をあげ最後は増井がしめて3-1で勝利した。
決していい流れではなかったが、何とか勝利をものにした日本ハム、週末のソフトバンク戦に勢い(大谷、吉川、有原という先発ローテだそうだ!)をつけたいところである。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-21 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

立夏と子どもの日、日本ハム首位転落の危機を救ったのは

昨日は子どもの日、午後からNHK総合TVでは札幌ドームの日本ハム対楽天戦が放送されていた。解説者は日本ハムの前監督だった梨田さんなので日本ハム選手のこととよく知っているので解説も内面まで話してくれそうな期待感はあった。
ただ、日本ハムは連敗中で、この試合を落とすと3連敗となってしまい、西武が勝つと首位転落となってしまう試合である。そして残念なことに陽岱鋼が二ゴロで一塁へヘッドスライディングした際、左手を負傷、病院で検査をした結果、左手舟状骨剥離骨折と診断を受け、戦線を離脱してしまうことになった。
折角一時の不調を脱して戦線復帰したのにこのダメージは大きいと思われた。そして先発の武田勝は開幕シリーズでKOされている嫌なイメージ、陽の代役は谷口かと思われたが、栗山監督の打った手は今年のルーキーの大抜擢であった。
ドラフト3位の淺間大基、いきなりの2番センターでの先発出場である。初回の打席は三振に倒れたが、ストライクコースにきた球にはすべてバットをだしており、次打席が期待できる内容であった。
武田勝の投球も無難ではあったが、3回表二死から3連打をあびて、2失点をしてしまった。楽天の美馬が好投していただけに3連敗がチラつきはじめてしまった。そして4回、浅間がプロ初ヒットをセンター前に打ったことで反撃が開始された。田中のライト前で3塁まで進塁した浅間は次の中田の併殺の間に初得点をあげ、1-2と追い上げたが4番中田、ここで併殺はないだろうというのが実感でもあった。
そして5回裏、美馬は今シーズンまだ未勝利とのこと、勝利投手の権利となることを気にしたわけではないだろうが、ハーミッダ、レアードに連続ヒットを打たれて無死1、2塁のピンチを作ってしまった。
ここで岡である。岡のバントは失敗の方が多いので心配であったが、ここでも1塁手正面をついてしまった。3塁でハーミッダがアウトと思った瞬間、ボールは悪送球となり、同点のホームをハーミッダが降んだ。
d0183174_08522369.jpg
その後、西川の内野ゴロの間に逆転して、またまた浅間の打席となった。2ストライク後の4球目、低めの投球をカットしたことが大きかったと解説の梨田さんが言っていたが、5球目がワンバウンドとなるワイルドピッチで労せずして4-2とリードを拡げることができた。
梨田さんのコメントによれば、浅間が低めのボールをカットしたことでより低く投げようとする意識からワイルドピッチとなってしまったのではないかとのこと、さすが捕手経験者だけあり、投手心理の分析はお手の物のようだ。
試合は結局4-2でファイターズが勝利して連敗を止め、首位転落の危機を救った。日本ハムファンとしてはハラハラドキドキの試合展開であったが、主力の怪我にも若手が台頭する昨年からの流れが継続しているいいムードである。今日は中村勝が先発予定、ソフトバンク戦の汚名返上の快投を魅せてほしい。浅間は今日も活躍するのだろうか、そのあたりも注目である。
そして今日は立夏である。ふだんの立夏はまだ肌寒い天候の日も多かったように感じたのだが、今年は夏日となりそうである。箱根では火山性地震が頻発し噴火の危険が高まっているようだ。ゴールデンウィークの最終日、事件事故が起こらないことを祈ろう。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-06 08:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

記念Suicaはいつ届く?

JR東日本によると、東京駅開業100周年記念Suicaの申し込枚数が約500万枚になったそうである。2月9日に申し込みが締め切られたがその前の中間発表段階でも200万枚近くになっているとのアナウンスがあり、トータルで何枚になるかと思っていたらなんと500万枚だそうだ。
d0183174_08362835.jpg
当初、1万5千枚と予想して大混乱がおこり、ホームページでの募集に切り替えたがそれでも想定が10万枚であったので、その50倍の申込量である。業界新聞によると通常のSuicaの発行枚数は年間400万枚程度だそうで1年の発行枚数を記念Suicaで上回ってしまった。
ホームページによれば今後抽選を行って、当たった人には2月下旬に振り込み用紙を送り、当初の予定通りにSuicaを送るそうだ。その他の応募者は6月以降から順次Suicaを送るというが、その順番などについては4月下旬に応募者に連絡がくるという。
私のところにはいつごろ記念Suicaが届くのであろうか、4月下旬の連絡を楽しみに待つことにしよう。
さて2日続いて雨だった関東地方も今日は久しぶりの青空である。そして今日は雨水、「陽気がよくなり、雪や氷が溶けて水になり、雪が雨に変わる」ことをいうそうで春一番もこの時期に吹く風のことをいうそうだ。また三寒四温という言葉もこの時期のことだそうだ。我家の梅も満開となっている。
d0183174_08363899.jpg
そして今日からスペイン・カタロニアのバルセロナでは今年2回目のF1合同テストが開催される。そのドライバーのラインナップが発表された。
マクラーレン・ホンダは前半2日間がバトン、後半2日がアロンソである。F1開幕まで合同テストは後1回である、今回のテストの目的は定かではないが、とりあえずは1日でレース周回数はこなす走りをしてデータ収集に励んでほしいと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-19 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)