人気ブログランキング |

タグ:代々木公園 ( 15 ) タグの人気記事

スーパーラグビー開幕、二・二六事件から80年

2月26日は二二六事件から丁度80年だそうだ。渋谷税務署脇にその記念碑が建てられているが、昨日はけっこうな人が集まって式典が行われるようであった。
1936年2月26日早朝(雪が降っていたそうだ)、陸軍の青年将校たちに率いられた約1500人の反乱部隊が首相官邸などを襲撃したという。岡田首相は無事だったが、高橋是清蔵相、斎藤実内大臣ら9人が殺害された。
d0183174_09240230.jpg
この事件の結果、軍部の影響力は強くなった。翌年の日中戦争、5年後の太平洋戦争へと繋がっていく布石になったと言われている。
時代背景は全く異なるが、今の北朝鮮を観ていると、第二次世界大戦前の日本を連想してしまう。国民には報道管制がしかれ、世界がどう動いているかを政府のいいように解釈し報道していた。よく似ていると思う。
さてテニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル女子準々決勝、大坂なおみはスティーブンスにストレート負けしてしまった。ベスト4進出の夢は断たれてしまったが、WTAで初となるベスト8進出は評価される結果だと思う。
ランク100位以内進出もほぼ確実と思われる。今年はランク50位以内が目標だそうだが、目標達成も可能と思えるような大会の試合ぶりであった。
スパーラグビーがいよいよ開幕した。初戦は昨年のチャンピオンチームであるハイランダーズがブルースと対戦した。ハイランダースにはパナソニックの田中史明が所属しており、この試合もベンチスタートとして登録されていたが直前の怪我でメンバーが変更されていた。
一方のブルースには同じく日本代表で活躍したマレサウが先発メンバーに名を連ねていた。マレサウにとっては地元である。ハイランダースのHCは日本代表を指揮することが決まっているジェイミー・ジョセフ、どんな作戦で戦うのかも興味があった。
試合はオールブラックスのFBベン・スミスのトライでハイランダースが先制したが、すぐにブルースが追いつく一進一退の観ていて面白い試合であった。
後半に入ると地元のブルースがPGで逆転してその後トライ&ゴールで33-24と9点差をつけ勝負ありと思えた。ただ途中交代したハイランダースのヘイデン・パーカー(こちらもパナソニックで大活躍した選手であった!)が自陣から抜け出し、最後はB・スミスがトライ、パーカーのコンバージョンも決まり33-31と2点差に迫った。
d0183174_09241787.jpg
最後の勝負に挑んだがここでノーサードとなり、ブルースにとってはうれしい勝利、ハイランダースにとっては悔しい敗戦となってしまった。
スーパーラグビー、トップリーグとはひと味違った魅力あるラグビーを魅せてくれた。アルゼンチンから初参戦のジャガーズも初戦はチーターズと対戦し、前半シンビンで2人欠けた際に失点してしまったが、後半に盛り返して34-33と逆転で初勝利をあげた。
そして今日はサンウルブスの初戦である。相手はライオンズ、先のW杯代表メンバーは一人もいないそうだが昨年は2位のチームである。参加初年度は最下位といわれるスーパーラグビーであるが、ここはぜひとも勝利をあげて弾みをつけてほしい。
d0183174_09240968.jpg
午後1時15分、秩父宮競技場でキックオフされる。競技場も芝が張り替えられ、スーパーラグビーのロゴがセンターライン上を飾っているようだ。

by motokunnk | 2016-02-27 09:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

代々木公園の銀杏と神宮外苑の銀杏祭り

11月も下旬となり、都心でもそろそろ紅葉が見ごろとなってきたようである。赤くなる木々はすでに見ごろであるが、黄色くなる木々も葉が色づきはじめている。
東京都の木でもある銀杏は街路樹として各所で見ることができるが、黄色く色づいたものが見られるようになった。渋谷区役所前の通りにも銀杏が植えられているが、そろそろ見ごろとなってきた。
d0183174_08290376.jpg
デング熱騒ぎで閉園となっていた代々木公園もやっと開園となり、久しぶりに散歩にでかけた。けっこう紅葉がすすんでおり、カメラ片手に散策する人(私もそのひとりだが)を見かけた。
昭憲皇太后の記念碑(はじめて気づいたが説明パネルも設置されていた。)まわりの銀杏の木も色づいており、なかなかの景色であった。代々木の競技場脇の通りの街路樹も黄色一色まであと一歩というところである。
d0183174_08291148.jpg
そういえば、先週の土曜日から明治神宮外苑のいちょう祭りがはじまっているようである。天気もよさそうなので出かけてみようかと思う。模擬店も例年以上に出店しているらしい。
d0183174_08292077.jpg

追記(午後1時):ブログを書き上げ、いちょう祭りを見物に出かけてきた。昨年よりいちょうは色づいていて、見物客も平日のわりに多いような気がした。
d0183174_12332243.jpg
d0183174_12333293.jpg


写真撮影している人、集団で記念写真を撮っているグループなどが目についた。隣の公園では、森のやきものフェアを開催していた。
ロクロを回す体験コーナーな焼物販売にはじまり、各種の雑貨を売るお店が多数でて神社のお祭りのような雰囲気であった。
d0183174_12334049.jpg
参考URL → 神宮外苑いちょう祭り
参考URL → 神宮外苑いちょう祭り

by motokunnk | 2014-11-18 08:31 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/2週続けて交通関連のイベント見学

先週末は明治公園で鉄道フェスティバルが開催されていたが、今週は昨日1日であるが、バスフェスタ2012inTOKYOが代々木公園で開催された。早速出かけてみた。
開始時間が11時ということをチェックせずにいつものように10時過ぎに代々木公園についたのだが、主催者などは既におり、パンフレットなどを来場した人に配っていた。他のイベントと同じように会場案内も設置されており、当たり前の話ではあるが、実物のバスが展示されている。このあたりが先週の鉄道フェスティバルとの違いかもしれない。
普段何気なく利用しているバスを身近に触れてもらおうというイベントの主旨であろう。渋谷区役所方面から会場に入ると、まず「ハチ公バス」が目につく。
d0183174_854399.jpg
見慣れたハチ公バスも展示されていると綺麗に見えてしまう。サイドをみて、渋谷区の区制80周年という文字があった。区制80周年もたつのかと思った。その隣には「リラックマバス」(バス前面以外はフルラッピングされたバスのようである)、「過去の作品がラッピングされたバス」と続き、今年のコンテストの作品がラッピングされたバスと続く(残念ながらこのバスは覆いがかけられていた)。
d0183174_8562371.jpg

d0183174_8584510.jpg

しばらく歩くと「燃料電池車」、「運転訓練車」、「災害事務所車」が展示されていた。
d0183174_901338.jpg
d0183174_903733.jpg
「運転訓練車」、「災害事務所車」は普通のバスと同じ外観だが、室内が改造されており、実際に室内も見ることができる。子どもたちの社会科見学にはもってこいのような気がしたが、大人にも十分勉強になる。
その後は、最新の「観光バス」の横に「三扉車」「センターアンダーフロアエンジンバス」「ボンネットバス」というクラシカルなバスが展示されていた。
d0183174_913322.jpg
私などにとっては懐かしく感じた。同世代の男性も見受けられ、皆さんカメラ片手に写真を撮っていた。街中でも見かけるが、健康のためか散策がけらに写真を撮るのがブームとなっているのだろうか。
またイベント広場では九州・観光物産フェアが開催されていた。ゆるキャラも盛んにPRをしているようであった。こちらは金曜日から3日間開催されているようである。
d0183174_915417.jpg
d0183174_921316.jpg

話はかわって、モータースポーツの話題となるが、今日はF1は韓国GP、WECは富士で6時間の耐久レース、MOTOGPはモテギで日本GPと国際レースが開催される。富士では、トヨタの中島一貴が日本人初ポールを獲得したというニュースが流れている。今日の決勝もきれた走りを魅せてくれることに期待したい。

イベント案内 → 代々木公園イベントスケジュール
主催団体 → 日本バス協会
by motokunnk | 2012-10-14 09:04 | 街の風景 | Trackback(29) | Comments(0)

散歩を楽しく/祭りの後

私の休日の過ごし方であるが、朝食を食べてブログを書いてそれから晴れていれば散歩に出かけるようにしている。昨日もこのスケジュールにて散歩にでかけたのであるが、しいてどこへ行こうとは決めていなかった。
祭りが一段落したとあって、通りに飾られた提灯の撤去作業が行われていた。また神社に奉納する寄付金がボードに貼り出されるのであるが、その撤去作業も行われていた。ひとつ気づいたことがあるのだが、どうも提灯の色は町会毎に微妙に違うようである。我家の近所は赤の提灯であるが、青山通りに近い町会の提灯はピンクがかった色をしていた。
d0183174_19571472.jpg

提灯ひとつでどこの町会かわかるようになっているようである。ひとつ疑問なのだがひとつの提灯は何年間利用するのだろうか。1年ということはないだろうが5年以上も利用するとは考えにくい。3年程度が妥当なところかもしれない。今度町会の人に聞いてみることにしよう。
さて、久しぶりに代々木公園方面に散歩に出かけるとボランティアとおぼしく集団が整列してゴミ掃除をしている姿を見かけた。いつも週末明けはこのようにボランティアが掃除をしているのかと思うと、どうやら9月15、16日に公園ではベトナムフェスティバルが開催されていたようである。
d0183174_19581847.jpg
フェスティバルが終わって、その後片付けをゴミ掃除を間違えたようであった。何でもフェアやイベントはそのときは素晴らしいがこのように後片付けもしっかりやらなければいけないということである。
d0183174_1959795.jpg

帰りに代々木公園を散歩したのであるが、ウォーキングしている人や芝生で写真撮影をしている人を見かけた。さすがにジョギングしている人は見かけなかったが、涼しくなるとジョギングしている人たちが多くなるであろう。
d0183174_19592857.jpg

また、全国都市緑化フェアが開催されるようである。代々木公園は対象エリアではなさそうだが、上野公園や日比谷公園が対象となっているようである。ホームページも用意されており、ポスターも数種類あるようである。

ベトナムフェスティバル → ホームページ
全国都市緑化フェア → ホームページ
by motokunnk | 2012-09-18 20:00 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

三本きのこの休憩舎の利用法・代々木公園散策その11

代々木公園の見所スポット案内のホームページには園内各所に設置された休憩舎の紹介が載せられている。その説明には、「幼児や学童の方々の団体利用での拠点として利用するのに便利」と書かれている。
確かに週末、健康のために散策する機会があるが、身体障害者の方々がジョギングしている姿をよく目にする。必ず同伴者の方が横について走っているのであるが、よく声をかけながら走っている姿を見ると、頑張っていうるなあと元気を貰えるような気がする。さてその同伴者の荷物などどこにおいてあるのかと他人事ながら気にかかっていた。
d0183174_849851.jpg

「三本きのこの休憩舎」周辺を散策する機会があったので、紹介するとご覧のようにボランティアグループの方の荷物がまとめておかれていた。「幼児や学童の方々の団体利用での拠点として利用するのに便利」という説明書きのように団体利用での拠点としての利用がなされていることを発見、目的通りの使われ方をされていることに安堵した。不況の世の中、弱者をいたわる心が欠けがちであるが、この公園では弱者をいたわり、その能力をフルに発揮させるためのボランティア活動がされていることを認識した。そのためのベースとして「三本きのこの休憩舎」が有効に利用されている。

一方、今朝のニュースでは大相撲の春場所開催中止が放送されていた。決定は今夜開催される臨時理事会だそうであるが、八百長問題を引きづったままでの開催は世論の賛同を得ることができないという判断をくだしたものだと思う。本場所の開催中止は65年ぶり、不祥事での開催中止は初めてだという。昨年の野球賭博事件のときは開催したが放送はなし、そして今回は開催中止、年6場所あるが、地方開催のときにこのような不祥事が発覚するのは単なる偶然であろうか。名古屋、大阪、九州と開催地の地元の相撲ファンのことを思うとちょっと割り切れない思いもする。もともと相撲は八百長が噂されていたグレーなスポーツである。いっそのこと公益法人の認可取消申請をして、一から出直しという選択をしてはどうかとも思うのだが。
by motokunnk | 2011-02-06 08:50 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback(7) | Comments(0)

展望デッキの落書き・代々木公園散策その10

今日は2月1日、首都圏では私立中学入試の日である。そのせいというわけではないだろうが、今朝いつものように通勤経路となっている金王八幡宮の前を通ると、着飾った親子連れが階段を走って登っていく光景に出くわした。多分これから受験に向かうであろう親子が最後の神頼みではないにしろお願いごとをしにお参りにいったのだと思う。
d0183174_19374692.jpg
さてそんな日であるが、変わったものを見つけたので紹介する。といってこんなものに興味を示したのは私だけかもしれない。変わったものというのは代々木公園にある展望デッキである。NHKの方から歩いていくと、階段があり、代々木公園に行くことができる。その階段は下を道路が通っており、その先にデッキが設けられ、代々木公園を一望できるスポットとなっており、代々木公園の見所でも紹介されている。
私が興味をもったのはその柱に書かれた落書き(失礼!)である。左右に赤と青をベースに書かれており、よく見ると龍をイメージしている。龍といえば来年の干支であり、きっと来年までこの芸術作品(私は絵の才能がないのでこの手の絵を見ると芸術だと思ってしまう)が残っていれば話題となること間違いなしだとおもうのだが。
d0183174_19385643.jpg
見所にはこのように書かれている「森林公園という自然的性格の中に、人工的なペデストリアンデッキ(高架式遊歩道:長さ145m、幅6m、高さ6m)を通って利用者が公園に入る形式で、眺望に最適の場所である。日本初の試みでその後各地に建設されている。」
日本で最初のデッキであるということ、そしてその足元に龍が書かれている、何とも妙な取り合わせかもしれない!
by motokunnk | 2011-02-01 19:41 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

昭憲皇太后大喪儀葬場殿跡・代々木公園散策その9

代々木公園にはたくさんの記念碑が飾られている。元は陸軍の練兵場だったせいかもしれないが、これは神宮外苑にもいえることであるが、皇室に関連する記念碑が目立つようである。
d0183174_21221459.jpg

今日紹介するのも皇室ゆかりの明治天皇の御后であった昭憲皇太后の葬儀を記念して建てられた記念碑である。お亡くなりになられてこの代々木の地で盛大に葬儀がなされたとのこと、それを記念してこの記念碑が建てられたといわれている。
見所スポットには紹介されていないが、皇室オタクには一見の価値がありそうである。
by motokunnk | 2011-01-25 21:23 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)

りっぱに成長した樹木園・代々木公園散策その8

原宿から代々木公園に入ってすぐ右手の場所に東京オリンピック選手村の宿舎が展示されていることは以前、このブログで紹介した。今回紹介するのはその続きである。
宿舎を横目に見て左へ進むと見事な樹木園が一杯に広がった光景を見つけることができる。この樹木園が「東京オリンピック記念樹木園」である。
d0183174_15542923.jpg

実際に樹木園にある説明板によると
「1964年、世界各国の若人たちが東京オリンピックに参加し、代々木の選手村で青春の日々を過ごしました。彼らはオリンピックを記念し、心の交流と世界平和を願って、自国の代表的な樹木の種子を持ち寄りました。ここにはそれらの種子を育成した樹木が植えられています。
当初、東京に持ち寄られた22カ国24種類の種子は育成のため各地林業試験場に送られました。昭和42年(1967年)には苗木になって代々木公園に戻り、現在の場所に植えられました。」
とある。横に樹木園の地図があり、そこには樹木名(国名)が書かれてある。残念ながら「マルバトネリコ」(イラク)には枯渇と記されており、実際には存在していない。
d0183174_1555096.jpg

他の樹木には、その樹木が何であるか、どこの国からのものかがわかる世界地図が表示されたプレートが添えられて、散策をする人に解りやすい説明をしてくれている。東京オリンピックから40年以上が過ぎ、当時は苗木だったがご覧のように今は一人前のりっぱな樹木となって見る者に緑を満喫させている。
代々木公園にはまだ知られていない場所が多々あるようである。
by motokunnk | 2011-01-15 15:58 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

メキシコからの贈り物・代々木公園散策その7

メキシコ政府からサリナス大統領(当時)夫人来日に際して写真にあるケツァルコアトルの像が寄贈された。
ケツァルコアトルとは、古代ナワトル語で「羽毛ある蛇」(ケツァルが鳥の名前、コアトルが蛇の意)を意味し、宗教画などでもしばしばその様な姿で描かれている。代々木公園の像もそのような形に見えなくはないが、その説明を受ける前はこれが「羽毛ある蛇」とはとても思えないのが本音である。何かの彫刻のようでもあり、また太古の砲台のようにも見える。
d0183174_200582.jpg

公園内では原宿駅からの入口近くにあり、よく待ち合わせ、集合場所として利用されているようである。
by motokunnk | 2011-01-06 20:03 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

放送事業功労者を称える記念碑・代々木公園散策その6

東京オリンピック記念宿舎から見本園へ歩き、その先のほうに夫婦が仲良く腰掛けている銅像が見える。台座の説明によれば「しあわせの像」というのだそうである。
d0183174_1554759.jpg

㈱電通がこの像を建てたようで、電通のホームページには次のような記載がある
「 創立70周年にあたる昭和46年には、国民共有の財産ともいえる放送事業の育成発展に尽くし、国民生活の向上に大きく貢献した先覚者の功績を称える<放送功労者顕彰>が、計画どおりに実現しました。第1回の顕彰者には正力松太郎氏(日本テレビ放送網社長)、鹿倉吉次氏(東京放送社長)がその名を連ねており、すでにテレビ時代が始まっていたことが分かります。
顕彰記念像「しあわせの像」は谷口吉郎氏(東京工業大学名誉教授)の設計、菊池一雄氏(東京芸術大学名誉教授)の制作で、昭和46年、東京都渋谷区の代々木公園に建設されました。父親と母親、そして小さな子どもが家族のしあわせをあらわし、温かい家庭のある人生のしあわせを象徴しています。」
とある。 → とっておきの話 放送事業だけでなく新聞、広告それぞれ功労者を顕彰する仕組みがあり、それぞれに記念の銅像が建てられている。時間があれば他の銅像を見てくることにする。
台座にはかすれてしまってはいるが、歴代の放送功労顕彰者の名前が刻まれていた。ひっそりと建てられているところが妙に気になる銅像である。見所スポットなどでは紹介されていないが、代々木公園を散策しているブログではよく見かける銅像であり、訪問した人にとっては印象に残る銅像なのではないか、私もそのうちの一人ではあるが。さていよいよ明日は2010年の大晦日である。今年の10大ニュースなど書いてみようかと思っているが、明日になるとほかに書きたいネタがでてきるかもしれないのがブログのいいところかもしれない。
by motokunnk | 2010-12-30 19:49 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback(29) | Comments(0)