人気ブログランキング |

タグ:八幡宮 ( 25 ) タグの人気記事

散歩を楽しく/神社が天地明察のPR活動?

我家のすぐそばにある神社にご覧の幟がたってから数週間となる。
d0183174_945820.jpg
以前にもこのブログで度々紹介しているが、その神社は金王八幡宮といい、渋谷駅から徒歩で5分程度の場所にある。何故この神社が「天地明察」でとりあげられたかというと神社にある算学が物語の最初にでてくるからであろう。
「天地明察」では書き出しで主人公の安井算哲がかごを飛ばして金王八幡にきて、そこで後に夫婦となる「えん」に出会うからである。というわけではないが、金王八幡宮にはやたら渋谷区の文化財指定をうけたものがある。d0183174_952995.jpg金王桜は有名だし、金王八幡宮社殿及び門や渡り廊下、大江山鬼退治之図などが文化財指定をうけている。
そんなわけではなかろうが、つい最近、ご覧の館が完成したようである。以前はかなり旧式の倉庫に雑然と展示されていたが、一応平成23年に鎮座920年をむかえて寄付を募ったようで、その寄付でりっぱな館を建設してようである。早速入場(といっても狭いスペースに神輿や展示物がぎっしりと展示されており、1人で見るにはいいが、数人も入れば窮屈かもしれない)すると、当然算学も展示されていた。
d0183174_96897.jpg
d0183174_963153.jpg

説明によれば、嘉永3年、安政6年、元治元年に奉納されたものとのことであり、算哲が実際に目にしたものは存在していない。まあ、奉納物として算学があったという史実はあるのであろうから、実際にこの神社を算哲が訪れたとしても不思議はないし、ここに偉大な数学者の関孝和がきてもおかしくはない。そういえば、先日もこのブログで書いたが、金王丸伝説3のポスターの原画もご覧のように展示されているし、館の前面には創作カブキの紹介パンフレットも貼られていた。
また本殿には、映画「天地明察」の案内のチラシが多数置かれており、幟とともにPR活動を神社をあげて行っているようだ。秋の祭礼もあることだし、渋谷に来たついでに参拝してみてはと思う。そういえば9月15日封切りということは祭礼初日である。これも何かの因縁かもしれないと思ってしまった。
渋谷区 → 算額(嘉永3年・安政6年・元治元年)


話は変わって、今朝のニュースではプレミアリーグ・。マンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川真司が地元の開幕戦でゴールをあげたことが報じられていた。香川にとってはマンUのユニフォームを着て2戦目で初ゴールという結果をだして内心はホッとしていると思う。何せトップ下の司令塔のポジションでマンUの攻撃の指揮権を与えられているわけで自身のゴールはうれしいであろうが、チーム初勝利のほうが喜びも大きかったのではと思う。プレミアリーグで頑張って日本サッカーのレベルアップに貢献して欲しい。
スポニチ → 香川 本拠開幕戦でプレミア初ゴール「オフサイドかなと思ったが…」
by motokunnk | 2012-08-26 09:07 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

今年も夏越の大祓がやってくる

今年も来週で半年が終わってしまう。歳をとると月日の経つのがあっという間の出来事のように感じてしまう。大祓自体は何度もブログで紹介しているので割愛するが、今年は晦日が土曜日である。
従って、神社で大祓の儀式をするのを29日の金曜日にするところもあるようである。
d0183174_19372326.jpg

会社の近くにある芝大神宮では29日の金曜日に大祓の神事を行うようで、幟や看板で告知している。d0183174_19382822.jpgまた我家の近くの金王八幡宮では土曜日の30日に行うようで貼紙が掲示されている。どちらもありのようで、要は氏子さんの集まりやすい日を設定しているのかもしれない。
金王八幡宮ではホームページで告知しており、例年通り「茅輪」も設置されている。ちなみにホームページには「夏越大祓(なごしのおおはらえ)は、人々の心身についた罪穢(つみけがれ)や禍(わざわい)を祓い清め、夏の流行病(はやりやまい)にかからず、幸福に過ごせるように祈る意義深い神事です。大祓は、この夏越大祓と大晦日の年越大祓(としこしのおおはらえ)と年に2度行われます。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。」と書かれている。
そういえば、夏越の大祓というが、夏越という言葉は地方によっては名越ともいうそうである。知り合いに名越姓の人がいたが、どうしているのであろうか。今度メールでもしてみようかと思う。

芝大神宮 → ホームページ
金王八幡宮 → ホームページ
ウィキペディア → 大祓
by motokunnk | 2012-06-22 19:39 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

天地明察と金環日食

1ヶ月以上も前になると思う。近所の神社の説明板に天地明察の映画の宣伝ポスターが貼られていた。そして、2週間前以上も前になってしまったが、金環日食の日には朝から神社の境内で金環日食を見るために多数の人が集まっていた。
d0183174_1954621.jpg

多分、神社古来のしきたりで天変地異のときはお払いなどすることが多いのでその流れかと思っていたら、「天地明察 金環日食観察」というパネルが貼られているではないか。恥ずかしながら天地明察というのは何のことか知らなかったので調べてみると、映画の宣伝サイトが見つかった。
そのサイトによれば、冲方丁による日本の時代小説で、第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞を受賞し,第143回直木賞の候補となった小説の映画化だそうである。主人公の渋川春海は江戸時代前期の囲碁棋士で天文暦学者であったそうだ。それで天地明察というタイトルも頷けるし、金環食もわかるような気がする。
そしてサイトには、「金環日食キャンペーン」なるものがあり、皆で金環日食マップを作成しようというサイトまで立ち上げられていた。知らなかったこととはいえ、かなり大々的に金環日食が取り上げられていたのだなあと感心してしまった。
調べついでに渋川春海を調べてみると、囲碁がメチャクチャ強かったようである。天文学もそこそこ勉強したようで、品川の東海時にお墓があるそうである。暇を見つけてお墓参りにでも行ってみようかと思っている。

映画のサイト → 天地明察
猫の足跡 → 東海寺
by motokunnk | 2012-06-05 19:55 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

ベンジャミン・スケッパーが奉納演奏

近所のの神社の掲示板にこんな催し物を開催しますという案内が掲示されている。d0183174_2050537.jpgホームページでも宣伝されている。その内容というのは
「オーストラリア出身日系3世のアーティスト ベンジャミン・スケッパーがニューアルバム「INIMITABLE」リリースに伴い、金王八幡宮で奉納演奏を行います。多くの方のご来場をお待ちしております。」
とあり、奉納演奏は明日の夕方に開催されるそうである。ベンジャミン・スケッパーというアーチストを調べてみると、ホームページが見つかり、何でも日本で活動している日系三世で自称、音楽家、サウンドアーティスト、プロデューサー、レコードレーベルマネジャー、クリエティブディレクターであると語っている。
本人のホームページなので真実は?であるが、まあ神社で奉納演奏を企画するのであるから、実力はあるのかもしれない。そして有料コンサートである!
明日夕方、暇があれば行ってみようかと思ってはいるが果たしてどうするか、明日になってからでも遅くはなさそうである。

情報源は → ベンジャミン・スケッパー(写真の転載元)
by motokunnk | 2012-05-11 20:52 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/金王八幡宮の桜は満開

昨日までの寒さから一転して今日は春本番の陽気で、桜の花も満開である。早いところでは満開を通り過ぎてそろそろ散りはじめている場所もあるようだ。
ということとは関係ないが、週末に近所で見かけた桜の花を今週は紹介していくことにする。まずは金王桜である。渋谷区指定の天然記念物となっている一重と八重が一枝に混在して咲く珍しい桜である。金王八幡宮にあり、本殿脇に植えられている。
d0183174_19202616.jpg

昨年は金王八幡宮の公式ホームページでこの時期、毎日の桜の情報と写真が掲載されていた記憶があるが、今年は文字情報だけのようである。今が満開ということで記念撮影をしている人も見受けられた。「花の命は短くて」ではないが、桜の花は見頃が1週間程度でありあっという間に散ってしまうのが残念であるがそれゆえ人気があるのかもしれない。
d0183174_19203655.jpg

そしてこれまた昨年のブログでも紹介したが、渋谷の場外馬券場のそばに咲く桜である。こちらもいつ見ても綺麗である。

金王八幡宮 → 公式ホームページ
by motokunnk | 2012-04-09 19:21 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

金王桜祭りと金王丸木像

d0183174_1431776.jpg
本日2つの書き込みである。天気予報はあたるもので、お昼前から小雨が降り出してきた。また、傘が飛ばされそうなくらい強い風がふいている。
そんな中、金王八幡宮では恒例の金王桜祭りと金王丸祭が開催されている。年に1回、今日だけ金王丸の木像が公開されるので、雨の中、木像を拝見しにお参りしてきた。
境内で縁日のように屋台がでて、おでんや焼き鳥などのふるまいがされていたが、金王桜はまだつぼみ段階で咲いてはいなかったようだ(人が多くてそばまで行くことはできなかった。というより、今日の目的が金王丸であったので桜はパスしたのが本音である)。
d0183174_14312415.jpg

境内隅にある金王丸を祀った金王丸御影堂は今日はご開帳され、中を拝見することができる。中には思っていたより小さなご神体が飾られており、なかなかの威厳をはなっているというのが第一印象であった。
祭りは明日もやっているので、明日は時間があれば桜の開花状況をチェックしようかと思う。

金王丸については → 金王八幡宮の由緒のページ
by motokunnk | 2012-03-31 14:32 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

金王桜まつり、桜の開花予想ともに来週末

関東地方は昨日の春めいた気候から一転して朝から雨模様、気温も10度に届かないようで真冬とまではいかないが、昨日との温度差がはげしくけっこう寒い一日であった。
それとは別に今日の昼飯時、友人が日立にいった話をしていた。水戸の偕楽園は電車からも見えるそうで、梅が満開だったそうだ。東京地方の桜の開花予想は3月31日と言っていたので、桜と梅が同時期に楽しめるかもしれないと話が盛り上がってしまった。d0183174_1928461.jpg
さて近所の金王八幡宮では「金王桜まつり」が開催される。金王八幡宮には区指定の天然記念物となっている「金王桜」があり、それのお祭りでもある。別にこれまた八幡宮命名の源をなっている渋谷金王丸木像の年に一度の公開日ともなっている日があり、こちらは「金王丸祭」といって毎年3月最終週の土曜日に開催されることになっている。今年は31日開催である。両者が一緒になってお祭りをやるようである。
公式ホームページにも金王桜まつりの紹介がされており、PDFも用意されている。掲示板に貼られているのはそのPDFを印刷したものらしい。来週土曜日は晴れることを祈ることにしよう。何せ週末はここ数週間雨模様であるから。

金王八幡宮 → 公式ホームページ
by motokunnk | 2012-03-23 19:28 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

年末のかわらぬ風景

今日から年末年始休暇のはじまりである。1月4日までのちょうど1週間のお休み、何をして暮らそうか悩んでいるといったら贅沢と怒られそうである。
さて今日も外に出かけてみると、年末の変わらぬ光景が目に入ってきた。渋谷駅周辺といっても人は住んでいるわけで、お正月の門松や注連縄などを売る屋台が出始めている。
d0183174_11313644.jpg

我家は今年は喪中なのでお世話にはならないが、毎年この屋台で門松、注連縄、裏白などを購入している。ただ最近ではスーパーなどでも門松や裏白などを売っているようで、かえってスーパーで購入する方が安上がりになっているのかもしれない。ただしスーパーの場合は何枚セットでいくらというように、1枚ずつのバラ売りはしていないとカミさんが言っていた。
近所の神社でも「大祓え」の準備が滞りなくされているようで、茅野輪もまた用意されているようである。
d0183174_113367.jpg
d0183174_11325241.jpg
新年1月1日の早朝に「歳旦祭」なる儀式を行うそうでその案内も貼られていた。大晦日は除夜の鐘、お正月は初詣と若者たちは忙しい年末年始を過ごすことであろう。

歳旦祭 → いつものウィキペディアより
by motokunnk | 2011-12-29 11:34 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/仕事が一段落したので

客先に収める仕事が一段落したので、ちょっと仕事帰りにぶらついてみることにした。行った先は鶴岡八幡宮である。大船で仕事をしていたので、横須賀線で2駅である駅を降りて八幡宮へ向うことにした。その交差点で1軒の書店を見つけたのだが、大船駅前にあった本屋さんの本店のようである。
d0183174_20393287.jpg

8月に大船の支店は閉店したしまった。やはりいくら駅前といえども床面積がそれほど広くない書店の生き残りは難しいのかもしれない。大船の支店跡はコンビ二が営業を開始していた。話を八幡宮に戻すことにしよう。
私が八幡宮に詣でるのは2回目のような気がする。子供のときに1度お参りしたことがあるが、それ以来のことだと思う。参道を歩いて気付いたのだが、車道の真ん中に砂利が敷かれた歩道があるのはいいが、砂利ゆえに歩きにくさがある。しっかり舗装された道を歩きなれているせいかもしれないが、お年寄りなど参拝にくるであろうから一考したほうがよいのではと思う。などと思っていると、信号があり、いよいよ八幡宮の敷地内にはいるところに砂利のため歩きにくくなっていますとの八幡宮からのおことわりが書かれていた。ちゃんと考えているのだなあと変なところで感心してしまった。
d0183174_20394938.jpg

さて八幡宮はホームページにあるように、「康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まり」だそうである。そういえば先日のニュースで古都鎌倉も世界遺産に申請することが決定したとの報道があった。武家の街としての申請となるそうで、文化遺産としての価値をどこに見出すか、地元や国も苦労しているようである。
d0183174_2041916.jpg
d0183174_20412761.jpg

さて本殿はご覧のような急な階段を登らなければならないが、一応左右に手すりのついた階段も用意されており、お年寄りや私のように足が若干不自由なものにとってはありがたい。
d0183174_20415836.jpg
数年前に強風で根元から倒れてしまった大銀杏の木も幹を移植してあり、その幹や元の根の部分から新芽が元気よく伸びだしていた。大きくなるには数年以上かかるそうであるが、やさしく見守ってあげることが重要と思う。さて休みでもないのにけっこうな人がお参りにきていた(私もその一人ではあるが)。皆さんガイドブック片手に見学していたが、私は思い立ってきたので事前勉強は何もなし、観光ガイド買ってしっかり読んで見所を把握してくればよかったと後悔したしだいである。

鶴岡八幡宮 → 公式ホームページ
by motokunnk | 2011-09-29 20:42 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/もうひとつの秋祭り・金王八幡宮

今日から金王八幡宮の秋の例大祭がスタートする。実際には昨晩から始まっていたようであるが、祭り本番は今日からということでよいと思う。
朝は雨が降っており、祭りがどうなることやらと思っていたが、雨も上がって太陽が顔をだし、祭り日和の天候となっている。さて肝心の神社であるが、まだまだ準備段階のようでそれよりは渋谷駅周辺が活気があるように思えた。
d0183174_10575528.jpg

ハチ公前にはご覧のような垂れ幕が飾られて、紫一色となっている。金王八幡宮と染め抜かれているので、ハチ公前を訪れた人は地図をみて場所を特定してくれるのではないだろうか。
d0183174_10582879.jpg
d0183174_10584663.jpg

マークシティには社務所のようなものができており、神輿や山車がスタンバイ状態となっていた。紫の横断幕をよく見るとそれぞれ出典が異なっているのがわかる。各商店会や地元の商店などが作成しているようである。109も今日明日はお祭りモードのようである。
d0183174_10585750.jpg
d0183174_1059597.jpg
d0183174_1132791.jpg

さて、実際の金王八幡宮境内は準備段階ではあったが、ある程度のお化粧はされてこれからが本番を待っている雰囲気であった。そこで気付いたのであるが、以前紹介した大江山鬼退治之図や渋谷金王丸の錦絵が保管されている宝物殿が取り壊されていたのにはビックリした。きっと別の場所でまたお披露目するのであろうが、いつもはお祭りなどのイベント時には公開されていたのでちょっと残念であった。
by motokunnk | 2011-09-17 10:59 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)