人気ブログランキング |

タグ:初午 ( 6 ) タグの人気記事

高梨沙羅圧巻の8連勝、桜島噴火、そして初午

昨日未明、ノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人第10戦がノルウェイオスロで開催された。女子のW杯で今シーズン唯一となるラージヒルでの大会だそうだ。出場選手も従来のW杯と違って31名ですべての選手が2回目のジャンプに進んだ。
そんな中で高梨沙羅は一人異次元のジャンプを魅せてくれた。1回目は2位となったノルウェイの選手に2mの差をつける137.5mのW杯でのジャンプ台記録を更新、2回目も直前で地元ノルウェイの選手が134mを飛んだのをものともせず、136mの大ジャンプ! 総合得点は300点を超え、2位に20点以上の大差をつけての圧勝であった。
d0183174_09092473.jpg
これで自身初となる8連勝をマークし、3度目の王者獲得へ独走体制となった。惜しかったのは伊藤有希、1回目のジャンプで4位につけたが2回目は失速してしまい総合7位、得意のラージヒルだっただけに悔やまれる結果であった。一方伸び盛りの勢藤優花は1回目18位から12位までジャンプアップ、1桁順位は逃したが、着実に進歩しているようだ。W杯初表彰台も近いのではないだろうか。
今夜オーストリアで第11戦が開催される。高梨沙羅の史上初となる9連勝が観れそうである。
昨夜、鹿児島の桜島が爆発した。小学生のころ家族旅行で鹿児島に行ったことがありなんとなく桜島には愛着を覚えているのでビックリである。火山噴火レベルも2と落ち着いていただけに突然の噴火だったようだ。
d0183174_09093167.jpg
地元の人のインタビューを聞く限りではあまり驚いた様子はなく、日常生活もかわりなく行われているようなので心配ないのだろう。ちょっとマスコミをはじめとして騒ぎすぎなのかもしれない。
そして今日は初午である。2月初めての午の日のことであり、五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂が、初午の日に伊奈利山(京都市東山連峰)へ降臨された日といわれている。
d0183174_09093949.jpg
全国の稲荷神社で祭事が執り行われるようだが、旧暦で初午祭りの祭事を行うところもあるようで、近所の神社では面した2つの神社が別の日に初午祭事を開催することになっている。

by motokunnk | 2016-02-06 09:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

立春と初午祭

今日は二十四節季の一つ、立春である。春の訪れを表しているが天候は昨日までのポカポカ陽気とは大違いのようである。現在はまだそれほど寒くはないがこれから気温は下がる一方のようで首都圏でも午後は雪が降ると天気予報では言っている。
d0183174_8355395.jpg
そして夕方には積るようなことも話しているので用事は午前中にすませるようにしたほうがよさそうだ。さて今日は初午である。2月に入ってから最初の午の日を初午といって稲荷神社を中心に初午祭が行われる。もともとは豊作を祈念するお祭りだったが、近年では子孫繁栄、商売繁盛などあらゆる祈願の対象となっているところもある。
金王八幡宮では昨日は節分、そして今日は初午と2日続いての祭である。また旧暦2月の午の日に初午祭を行う神社もあるようで、近所の豊栄稲荷神社では毎年3月の初旬に初午祭が行われている。毎年、立春を過ぎてから本格的な冬となっているような気がしているのでまだまだ風邪などに注意して過ごすことにしようと思う。
参考URL → 春の行事
by motokunnk | 2014-02-04 08:38 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

今日は初午、ただ街はバレンタイン一色のようだ

今日は初午、稲荷神社では初午祭が開催されるところもある。初午いう言葉をネットで調べてみると
「初午とは、2月最初の最初の午の日を指していいます。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日とされ、全国各地にある稲荷神社にお参りし、開運、福徳、商売繁盛を祈願します。また、地方によってはこの初午の日を蚕や牛馬の祭日とするところもあります。もともと稲荷神社のお祭りで、稲荷とは「いねなり」の意味から、五穀をつかさどる「倉稲魂命」(うかのみたまのみこと)が祀られており、豊作を祈ります」
とあり、豊作祈願の祭りであったようである。我家の近く金王八幡宮の境内にある神社(玉造稲荷神社というそうだ)でもこの初午祭が今日開かれるようである。一方で旧暦の2月に初午祭をする神社もある。豊栄稲荷神社はこのタイプで3月17日に祭りが開催される。
d0183174_8465869.jpg
d0183174_8471414.jpg

一部の人の間では初午祭は重要なイベントではあるが、街はバレンタインディ一色のようだ。ヒカリエの1階スペースには巨大なテントが2月に入った直後から現れ、中では入居しているお店がチョコレート販売を行って、若い女性客の購買意欲をそそっている。
d0183174_8475474.jpg
また、バレンタインディ専用のポスターも用意されており、こちらはフロア毎にどこにバレンタインディ向け商品が販売されているかがひと目でわかるようになっている。
d0183174_8481111.jpg

ヒカリエのホームページにはフラワーバレンタインはじめますというイベント紹介(男性から女性に花を贈る!)もでており、世の中バレンタインディに結びつけた商戦が活発である。
d0183174_8484211.jpg

東横のれん街でもフェアを開催中だし、コンビニも恵方巻販売が終わり、次はバレンタインと一斉にバレンタイン商戦に突入している。バレンタインが終わるとひな祭り、ホワイトディと商戦活動は年中無休のようである。
参考URL → 初午
参考URL → 境内社
参考URL → フラワーバレンタイン
参考URL → 東横バレンタインフェア
参考URL → セブンイレブンバレンタインフェア
by motokunnk | 2013-02-09 08:51 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

初午祭は三の午

d0183174_9274913.jpg初午祭とは、2月の最初の午の日、稲荷社の縁日であり、地方によっては二の午、三の午の日に縁日として祭りを行うこともあるそうであるというのは昨年のブログでも書いたような気がしている。
酉の市は二の酉、三の酉という市がたつことは知れれているが、午の日の縁日にも市がたつのかは地方によって違うようである。午の日の祭を見たことがないので、定年退職後はぜひ体験したいと考えている。
ということで、今年は掲示によれば、近所の豊栄稲荷神社の初午祭は今年は三の午の日である2月27日に開催される。来週の月曜日どんな祭りとなるのか興味はあるが見ることができないので残念である。
ただ、旧暦を調べると2月27日が旧2月の最初の午の日らしいのでそちらを採用して初午祭を行うのかもしれない下記を見ると、旧暦対応の午の日がでており、それによれば2月27日が新旧それぞれ2月の午の日となっている。雑学を調べている人の多さに感動してしまった!。

午の日 → 暦のページ(他にもいろいろな紹介がでている)
by motokunnk | 2012-02-25 09:28 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

3月になっても初午祭?

今日は朝から陽射しがまぶしく、天気予報では東京は4月の暖かさとのことである。都心では東京マラソン真っ最中だが、今年はメディカルケア部隊も充実しているそうで救急には万全の備えができていると言われている。これも数年前のタレントが倒れたことの教訓が活かされた結果であろう。
d0183174_1144350.jpg
さて、数日前の通勤時に気になる貼紙を見つけてしまった。山下伏見稲荷の初午祭の貼紙である(写真右側)。写真左側は我家の近所の豊栄稲荷のものであるが、こちらは隣接している金王八幡宮の境内稲荷が2月の初午の日に大祭を行うことが告知されていたので、日時をずらしての初午祭とはいっても豊作を祈願することをメインにした祭りと説明書きに書かれていた。ある意味納得である。
d0183174_116210.jpg

山下稲荷の初午祭は来週開催されるようであるが、そもそも初午祭とはいつやるのが正当なのか、もう一度調べてみた。初午とは、旧暦2月の初めての午の日に豊作祈願を願う祭りが原点である。従って新暦の3月に入っての午の日に初午祭を開催するのもいかしくはないようである。氏子さんたちの都合もあるのだろう、来週の日曜日の午の日に恵比寿にある山下稲荷大明神では盛大に初午祭りが開催されるようである。
稲荷は境内もなくこじんまりとしているが、面した道路にはすでに来週には祭りが開催されるので、このあたりは駐車禁止という貼紙が町内会発信で各所に貼られていた。来週も行ってみようかと思う。
by motokunnk | 2011-02-27 11:09 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

今日は初午、稲荷を祭る日のようだ

今日は全国各地の稲荷神社で初午祭が行われている。
d0183174_192213.jpg
我家の近く、金王八幡宮でもご覧のような貼紙がされており、境内社の玉造稲荷神社で初午祭が行われたようである。会社勤めの身としては平日の祭りごとには参加できないのが欠点である。早く定年を迎えて時間に自由な身になりたいと常日頃から思っているが、いざ定年になってしまうと、仕事に従事していた頃を懐かしがる、人間は他人の芝生がよく見えてしまうそんな生き物なのかもしれない。
話が横道にそれてしまったが、初午に限らず、初+干支の儀式はどんなものがあるのか初午ついでに調べてみた。まず初午であるが、
「一般に稲荷の祭日として知られる。旧暦二月の最初の午の日を言い、京都深草の伏見稲荷をはじめ大阪の玉造、愛知県の豊川稲荷、また神戸の摩耶参など、各地の稲荷神社で盛大に祭がとり行われる。
稲荷神の信仰は、農耕を司る倉稲魂神(うがのみたまのかみ~宇迦之御霊神とも表記)を祀って五穀豊穣や福徳を祈願するものですが、キツネを稲荷神の使いとして油揚げを供えたり、初午団子などを作る風習もある。
江戸時代には最も盛んな信仰となり、俗に数が多くて目につくものを『伊勢屋稲荷と犬の糞』などと皮肉ったりしたそうである。」とネットで紹介されている。なるほど、それで稲荷神社のお祭りなのかと妙に納得してしまった。さて初午の他には
初子(はつね・・・正月または11月の最初の子の日・子の日遊びが行われた)
初丑(はつうし・・・夏の土用のうちの最初の丑の日・鰻を食べる風習がある)
初寅(はつとら・・・正月最初の寅の日・毘沙門天に参詣する日)
初卯(はつう・・・   〃  卯の日・初卯詣が行われる)
初辰(はつたつ・・・  〃  辰の日・防災のまじないをする日)
初巳(はつみ・・・   〃  巳の日・弁財天に参詣する日)
初申(はつざる・・・旧暦2月の最初の申の日・春日神社の祭典)
初酉(はつとり・・・正月または11月の最初の酉の日・浅草鷲神社の祭礼)
初戌(はついぬ・・・月の初めの戌の日を「初戌の日」と称し、縁起の良い日と定めている)
初亥(はつい・・・正月最初の亥の日・摩利支天に参詣する日)
と紹介されている。これをみると初未(はつひつじ)がないようである。
どなたか、初未の祭りを知っている方がいたら紹介して欲しい。
また、初戌の日は年に12回あるようだ。安産祈願の腹帯をつける日ともいわれており、子供を授かる母親にとっては毎月あったほうがよいに決まっているから初戌は毎月あるのであろうと勝手に解釈してみた。このことを書いていたら我家でも20数年前に水天宮にお参りに行き腹帯を購入した記憶が蘇ってきた。
さて、いつになるかわからないが休みの日と初午が重なる年には初午祭なるものを経験したいものである。
by motokunnk | 2011-02-08 19:27 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)