人気ブログランキング |

タグ:千代田区 ( 27 ) タグの人気記事

憲政記念館と日本水準点

先日所用で国立国会図書館まで出向いた際、時間に余裕ができたので隣接する日本水準点を見に行こうと憲政記念館まで足をのばした。
記念館は無料で公開されているが、受付では記帳しなければならない。ただ、年代と性別、どこから来たのか、また何人で来たのかを記入するだけでよく、多分来館者統計として利用するのではないかと感じた。一応税金で運営されているわけであるから投資対効果を説明できる資料として活用するのであろう、ただし日中であたので来館者はほとんどいなかった。
憲政記念館と日本水準点_d0183174_8543466.jpg
憲政記念館と日本水準点_d0183174_8542649.jpg

受付でパンフレットをもらい、2階から展示を見ていくことにする。まず憲政記念館の歴史であるが1960年に、憲政の功労者である尾崎行雄を記念して、尾崎記念会館が建設された。その後これを吸収して現在の憲政記念館となったのが、1970年議会開設80年の年である。尾崎行雄の銅像があるのも納得である。展示物はパンフレットやホームページに詳しく説明されているのでそちらの方が私見がなく公平であると思う。感想としては、ひとつの考え方に固執しないで世の中を客観的にみて展示が構成されている点は評価してよいのではないかと感じた。憲政というと時の権力者に威光により表現などがブレてしまいそうだが、そのようなことがない点は好ましいと感じた。
さて、展示コーナーを全部見るのに時間がかかってしまい、肝心の目的である日本水準点を見る時間が少なくなってしまった。日本水準点は正確には日本水準原点標庫というそうである。横に東京都教育委員会設置の説明プレートにはそのように記載されている。
憲政記念館と日本水準点_d0183174_85509.jpg

建物といっては語弊があるかもしれないが、1891年に、ローマ神殿の形式を持つ古典主義建築として建設されている。水準点については
「土地の高さは、平均海面を基準に取りますが、実用的には地上のどこかに、高さの基準となる点を表示しておく事が必要です。
このため、明治24年(1891年)に水準原点がつくられ、当時、隅田川河口の霊岸島で行われた潮位観測により、水準原点建物内部の水晶板のゼロ目盛りの高さが、東京湾平均海面上24.500mと決定されました。」
「水準原点のあるこの地は、山の手の台地で、原点の礎石は、地下10mあまりの強固な地層から築いてありますので、下町の沖積地のように甚だしい地盤沈下を起こすおそれはありません。
しかし、大正12年(1923年)の関東大地震では、この付近一帯に相当の地殻変動があり、測量の結果、原点の高さは東京湾平均海面上24.4140mと改定され、この値が今でも使われています。」
と国土地理院のホームページで説明されている。庭園にはこの他に時計台が建設されており、説明では三権分立の象徴として三面から構成されている。内堀通りからも見えるので目にしたことはあるはずと思う。
憲政記念館と日本水準点_d0183174_855237.jpg
憲政記念館と日本水準点_d0183174_8553779.jpg
また庭園の一角には「ハナミズキ」が多数植えられている。これは東京市長でもあった尾崎行雄がワシントンに桜の苗木を送った返礼として米国政府から贈られたものだそうでこの地に尾崎行雄記念館建設の際に改めて贈られてきた苗木を植えたそうである。りっぱに育ってみる人を歓迎してくれている。先日行った東京都庭園美術館にもワシントンに送った桜の苗木があったが、何だかゆかりのある場所を知らないうちに訪問していたようである。

日本水準原点のページ → 国土地理院内の説明
by motokunnk | 2011-05-08 08:55 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)

平和の群像と自由の群像

先日、代々木公園内にあるしあわせの像についてのブログを書いたが、その中で「とっておきの話」のページについて若干触れていたと思う。今回はその件についての補足である。
しあわせの像が「放送功労者顕彰」を記念して制作されたのに対して「平和の群像」は「広告功労者顕彰」、そして「自由の群像」は「新聞人顕彰」を記念して制作されたものである。
まず「平和の群像」についてであるが、内堀通りと青山通りの接点に建てられている。最高裁判所の敷地内にあるのかは定かではないが(生垣で明確に区分されている)、一角を盛り土してあり、歩道から数段の階段を上るとご覧の像にとどりつく。台座の項には制作にあたっての主旨などが書かれており、これは「しあわせの像」と同じである。
平和の群像と自由の群像_d0183174_1094286.jpg

言い忘れたがいずれの像も電通が大きな役割をはたしており、こちらの「平和の群像」は電通創立50周年の昭和25年に東京芸術大学名誉教授・菊地一雄が制作している。
広告とは関係ないが、この場所は江戸時代の画家・蘭学者として有名な「渡辺崋山」生誕の地だそうである。千代田区教育委員会の説明板が立てられており、そちらに記述されていた。
平和の群像と自由の群像_d0183174_10101662.jpg

さて、内堀通りを国立劇場方面へ歩き、FM東京本社を横目でみながら千鳥ヶ淵公園に行くとまずこの群像が目につく。ご覧のように小さな池の真ん中に立てられており、知らない人からは何の像であろうかと興味の対象となること間違いないと思う。台座はなく、池のほとりに説明書きがある。
それによると、「自由の群像」も電通創立50周年の昭和25年に企画されたそうであるが、終戦後間もない時期ということもあり、実際には創立55周年事業として昭和30年に制作されたそうである。制作は「平和の群像」と同じく菊地一雄が担当している。新聞人顕彰ということもあり、台座は低く、見る人の目線にあった配慮がなされている。皇居の周りをジョギングするランナーは見かけたが、早朝に行ったのでほとんど人はいなかった。
by motokunnk | 2011-01-08 10:12 | 記念碑 | Trackback(29) | Comments(0)

将門の首塚

将門の首塚が大手町にあるということは知っていた。ただその場所までは知らなかったので、まさか20年ほど前によく打ち合わせで訪問した商社のすぐ脇にあるとは思いもよらなかった。
人間、興味のないものは目に入らないものということを実感したまでである。つい最近、別な用事で大手町まで出かけることがあり、将門の首塚にお参りしてきた。ネットで紹介されている通り、当日もサラリーマンらしい紳士や若いOLがお参りにきていた。やはり今はやりの心霊スポットなのかもしれない。
将門の首塚_d0183174_1833277.jpg

さて、私がビックリしてのはこの地が、酒井雅楽頭の上屋敷の中庭であり、あの「樅の木は残った」で有名な原田甲斐が殺された場所であるということである。これはこの場所に説明板があり知りえた事柄である。ここ数年(いや10年以上になる)、NHKの大河ドラマは見ていないが、どちらも過去にドラマで取り上げられていた、そしてその主人公が決してヒーローではないという共通点があったことが面白いと思った。
大河ドラマは「樅の木は残った」は昭和45年にそして将門を主人公とした「風と雲と虹と」は昭和51年に放送されている。どちらも私の学生時代でもあり、日曜夜はこのドラマを見ていた記憶がある(学生時代は真面目だった!)。原田甲斐はこのドラマ以前は伊達騒動の悪役として世間では考えられていたようであり、将門もどちらかといえば逆賊として認識されていたと思う。その両者がこんな因縁があったとは、将門の首塚がここに移されたのも何かの縁があったのではないかと感じてしまった。
将門の首塚については下記がよくまとめられているので参考にして欲しい。

「将門の首塚を考える」
by motokunnk | 2010-09-15 19:02 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)

日比谷公園の石桝

再び、日比谷公園内での発見物について。今回の発見は帝国ホテル側の入り口を入ってすぐのところにある石桝(いします)についてである。
日比谷公園の石桝_d0183174_191634100.jpg

説明板によれば、江戸時代の上水道木管の石桝とのこと。園内各所に置かれているそうである。石桝の内側にその所在地を刻したものもあるそうである。
この石桝から江戸市内の大名屋敷に治水されていたという。勉強になった。
by motokunnk | 2010-08-25 19:16 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

日比谷公園の雲形池と鶴の噴水

日比谷公園のシリーズも今回で3施設(回目)である。今回は鶴の噴水をとりあげる。こちらも説明板が設置されており、その説明によれば、明治38年ごろに現在の東京芸術大学・津田信夫、岡崎雪明に依頼製作し出来上がったものとのことである。
日比谷公園の雲形池と鶴の噴水_d0183174_14153965.jpg

今日は65回目の終戦記念日(何故、敗戦といわないのか子供の頃から不思議に感じていた、どなたかそのわけを知っているなら教えて欲しい)だが、第二次大戦中の金属回収のため、台座の銅が石に変更されてしまった。東京では記念式典が開催されている。その一方で道を隔てた靖国神社には閣僚の参拝はないという。政教分離なのかどうかはわからないが、総理はニュースでは軽井沢静養から武道館まで来たそうである。ちょっと足を伸ばせばよいのだから、神社参拝をしてもいいのではないかと思う。ただこれは一個人の考えで、マスコミ等は面白く、書き立てるのであろう。
さて噴水の話に戻るが、鶴の噴水は都市公園の中では3番目に古い噴水ということである。一番目は長崎諏訪神社、二番目は大阪箕面公園であるそうだ。
大阪府といえば、自治体運営の施設見直しで有名だが、この公園も指定管理者が交代していた。最近は話題となることが少ないが、昨年、一昨年は随分話題となったものである。その後の検証はいったいどうなったのか、マスコミで特集して欲しい。
旧管理者のページ → http://www.osaka-park.or.jp/hokubu/mino/main.html
大阪箕面公園 → http://www.mino-park.jp/
長崎諏訪神社 → http://www.osuwasan.jp/index.html
話題はあらぬ方向にいってしまったが、機会があれば、日本最古の公園内の噴水、2番目の噴水を訪ねてみたい。ただいずれの公園のホームページにもそれらしきことは書かれていないので果たして本当に噴水があるのかどうか、そちらも心配である。
by motokunnk | 2010-08-15 14:14 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

日比谷公園と京橋の欄干柱

昨日に引き続き、日比谷公園内で見つけたものについての紹介である。イチョウ並木を過ぎ、鶴の噴水がある池に向かう途中に説明板とともに橋の欄干柱を見つけることができる。どこの橋のものか、説明板を読んでみると何と京橋のものではないか。
日比谷公園と京橋の欄干柱_d0183174_8245324.jpg

私事で恐縮であるが、私の勤務している会社の本社が元あった場所である。今は移転して銀座、京橋界隈には行っていないが、なつかしい地名でもあり、15年近く通勤した土地でもある。
京橋については、橋の名がつくとおり、江戸時代から日本橋と同様に有名な橋であったそうである。それが昭和34年に下を流れる京橋川の埋め立てにより橋そのものが撤去されたという。
この欄干柱はその前、大正11年、橋の架け替え時にここに移されたものであり、当時は親柱も移された。その後、昭和9年に京橋の橋台地が整備された際にそちらに移されたと説明板に記述されていた。
なるほどそういう歴史があったのかと認識したしだいである。東京には私の知らない歴史がまだ随所にあるのだなあと感じてしまった。今度は「京橋の親柱」を探しにいってみよう。
by motokunnk | 2010-08-14 08:26 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(2)

日比谷公園のイチョウ並木

先日、日比谷公園を散策した。日比谷公会堂には来たことがあったが、実際公園内に立ち入ったのは20数年ぶりのことである。一昨年以来話題となることの多い公園であるが、じっくり見てみると意外に日本初とか、珍しいものが多々ある。
ちょっと歴史を紐解いてみると、江戸時代は佐賀鍋島家、萩毛利家などの上屋敷が置かれており、明治時代となり陸軍近衛師団の練兵場となった。の後、本多静六と本郷高徳によって「都市の公園」として設計され、1903年(明治36年)6月1日に日本初のドイツ式洋風近代式公園として開園した。園内には各所に説明板があり、初めて訪れる人にとってはありがたい仕組みとなっている。
そして今回は、イチョウ並木についての紹介である。
日比谷公園のイチョウ並木_d0183174_831419.jpg
園内松本楼の前にイチョウの木が植わっている。その木の説明には、イチョウはジュラ紀から生息していた樹木で生きた化石といわれている(初めて知った!)。
平瀬作五郎博士によるイチョウの精子の発見も紹介されている。平瀬なにがしを調べてみると
安政3年1月7日(1856年2月12日) - 大正14年(1925年)1月4日)は、明治・大正期の植物学者とある。
植物学に興味をいだき、東京大学植物学教室の助手の時代にイチョウの精子を世界ではじめて確認した。なかなか好奇心旺盛な人物であったようである。
平瀬作五郎の生涯はこちらに詳しくあるようだ。「イチョウ精子発見」の検証「平瀬作五郎の生涯」
さてイチョウ並木であるが、日比谷公園に移築されてりっぱに育っている。
日比谷公園のイチョウ並木_d0183174_832845.jpg
なんでも日比谷公園の設計者である本多静六博士が、明治34年、現在の日比谷交差点にあったイチョウの大木を自分の首を賭けても移植を成功させてみせるとし、見事日比谷公園内に活着させたとのことである。
日比谷公園に行かれたさいはぜひご覧あれ。

日比谷公園の紹介は → http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index037.html
by motokunnk | 2010-08-13 08:33 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)