人気ブログランキング |

タグ:原発 ( 38 ) タグの人気記事

安倍政権、前途洋々か多難か?

今日は冬至、ゆず湯に入って暖をとって寝る日である。季節は真冬であるが、政局は暑くなっている。
安倍総裁が首班指名で時期総理大臣に就任するのは決定しており、内閣人事とか経済の話とかが騒がれている。ただし、原発の問題はどうするのか、連立を組む公明党との温度差はかなりある。
そんななか、東北電力・東通原発の敷地内を走る断層が活断層であるという認定が原子力規制委員会の調査団から発表された。ただし、先に発表した、日本原子力発電敦賀原発のように原子力発言所建屋の直下を断層が横断しているわけではなく、敷地内を横断しているだけである。建屋から最短で200m程度離れている断層の影響がどの程度になるかのシミュレーションは困難なようだが想定外という言葉は禁句となっているので安全側に結果がでるシミュレーションを実施してほしい。
東北電力にしてみれば、唯一の原発が再稼働できなくなってしまうと代替エネルギー確保に走らなければならず、電力料金の値上げが必須となりそうだ。安倍政権の判断がさっそく求められそうだ。
そして公約に書かれていた領土問題でも課題がある。それは竹島問題である。12月19日の韓国大統領選挙で与党の朴(パク)槿(ク)恵(ネ)氏が接戦を制して当選し、韓国憲政史上初の女性大統領となることが決定した。その式典が来年2月25日に開催される。隣国の日本の国家元首としては小泉首相、福田首相が招待され出席しているそうである。たぶん安倍総裁にも何事もなければ招待状がとどき、出席することが考えられる。もともと安倍氏と朴氏は旧知の間柄で双方の両親も友人関係だったと聞く。
領土問題で冷えてしまった日韓関係修復には両国とも新政権誕生の機会にあわせて関係修復を図る絶好の機会と思われる。問題はその日程である。なんと島根県が設定した「竹島の日」は2月22日、今回の衆議院選挙で自民党の総合政策集では竹島の領有権を訴えるため、日本領に編入した日にあたる2月22日に政府主催の式典を開くと明記している。安倍総裁はできることしか書かねいといい、民主党のマニフェストを批判していたが、首相就任早々に公約違反をするのか否かの決断に迫られてしまった。
今朝の新聞ではこの問題について、政府主催の式典は見送るとの石破幹事長談話が紹介され、公明党の山口代表も20日の記者会見で「慎重に考えた方がいい。日韓関係の改善を妨げる要因となることは政府として避けるべきだ」と述べている。日韓関係の修復を図るのか、公約を実施するのか26日に発足するであろう新政権はすぐこの難題に直面する。
そういうわけではないだろうが、安倍総裁は韓国に特使派遣というニュースもでている。 額賀福志郎元財務相を特使として21日にも韓国に派遣する。額賀氏は日韓議員連盟幹事長で、朴氏に安倍総裁の親書を渡す予定と記事は伝えている。親書の中にどのようなことが記載されるのか野次馬的にはぜひ見たいものである。
参考URL → 東通原発に活断層/安全性の土台がぐらついた
参考URL → 安倍首相「竹島の日」政府主催踏み切る?3日後に韓国朴大統領就任式
参考URL → 安倍氏、韓国に特使派遣
by motokunnk | 2012-12-21 19:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

敦賀原発の直下に活断層がありそうだ

今月1、2日に敦賀原発の活断層について調査をしていた原子力規制委員会の有識者会合が今日、2号機原子炉建屋の直下に活断層が通っている可能性があるとする見解で大筋合意した。やはり恐れていたこととはいえ活断層の真上に原発が建設されてしまったことについて怒りというより無知ゆえの恐ろしさを感じてしまった。
活断層の上に原発を立地してはいけないと法令に定められているが、その活断層がどこにあるかをまともに調査していないで敦賀原発は建設されたのであろうから、ときの政府は責任を取る必要があるはずだ。少なくとも2号機は即刻廃炉にすべきである。
参考URL → 敦賀原発:直下に活断層の可能性…規制委有識者会合が見解
敦賀原発の直下に活断層がありそうだ_d0183174_20191483.jpg

参考URL → 上の図の出典
by motokunnk | 2012-12-10 20:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

「サッカースタジアムにゴジラが来襲する」それが原発というものがもつ危険度である

niftyのニュースにこのような記事がでていた。掲載されたのは数日前のようだが、要は野田首相の認識の甘さを指摘している記事のようである。昨日も原発反対派の市民グループのリーダと会ったようであるが、この人、やることがずれているようである。
これとは別の記事であったが、オスプレイの沖縄配備についてもずれている。安全が確保されたら配備するというが、安全はどうやって確保されるのであろうか。SAPIOで言っている「リスク」と「デインジャー」の区別ができていないようである。この記事はよく説明がされていて、私のような者でもよくわかる。確かに「リスク」というのは避けることができる脅威であって、「デインジャー」というのは避けることができない脅威であるという。原発事故はどちらかというとやはり「デインジャー」として捉える必要がありそうだ。
よく原発事故の際に想定外の出来事が起きたと政府関係者は口いしていたが、想定外の出来事=デインジャーであり、いつ起きるかがわからない出来事のことである。いつ起きるかわからない出来事について起こらないであろうということは言えないので、対策は膨大な費用がかかってしまうかもしれに。そのせいで、ある程度の資金でお茶を濁してリスクとしてしまうことはやはり問題がありそうだ。
口では、そして文章でもうまく言えないが、この記事を読むとそのことが理解できる。

SAPIO → 野田首相は「リスク」と「デインジャー」を混同! それを許す国民を国際社会は「バカ」と見なす
by motokunnk | 2012-08-23 19:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日の代々木公園は

先週の土曜日にブログで書いた記事が、ある意味実現していきそうな雰囲気である。昨日も名古屋ではネットで飛びかけられた集会に1000人規模の市民が集まったという記事がでていた。「アラブの春」とはいかないまでも日本国内でこのような活動が活発化している表れだと思う。そして内橋克人、大江健三郎、落合恵子、鎌田慧、坂本龍一、澤地久枝、瀬戸内寂聴、辻井喬、鶴見俊輔が呼びかけ人となって、「さようなら原発10万人集会」が今日代々木公園で開催される。今日の代々木公園は_d0183174_815532.jpg
ネットでも署名活動が実施されており、私も当然署名したが既に800万人近くの人が署名をしている。呼びかけ文はこのような書き出しとなっている。
「福島第一原発で発生した、世界最大級の過酷事故によって、日本の豊かな自然――
田んぼや畑、森、林、川、海、そして雲も空も放射能によって汚染されました。原発周辺で生活していた多くのひとびとは、家も仕事も失い故郷を追われ、散り散りになっていつ帰れるかわからない状態です。」
確かに、日本人は昔から土地に対する愛着があり、先祖伝来の土地を守るという習性というか思いが根強い民族であると思う。
そういう日本古来の考え方というものを重要にするのは当たり前だが今回の再稼動はちょっとおかしいような気がする。それは福島の教訓が何も活かされていない状況での再稼動であるので、ちょっと疑問が残る。日本海では津波の発生が起こりえないと考えての決断かもしれないが、想定外という言葉は許されないわけであり、再稼動せずに電力をまかなうために何をしなくてはいけないかを真剣に考えるべきではないかと思う。

イベント案内 → 7・16は「さようなら原発10万人集会」へ!
by motokunnk | 2012-07-16 08:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

”アラブの春”ではないが、”日本の春”が来るかもしれない

毎週金曜日の夕方から永田町一体で起こる原発反対のデモには一つの特徴がある。デモといえば、政治団体や労働組合が率先して行う活動という認識があるが、このデモは違っている。
それは主催団体がはっきりしていないことである。いわば草の根運動がデモにまで発展していったわけである。そもそもネットのSNSなどのサイトで「反原発の抗議活動をしましょう」という書き込みが発端となってこのような活動となっていったのが真相のようである。昨日はそのデモが全国的に広がっているとの報道があtった。
いよいよ日本でもネットで呼びかけがおこり、一般市民(何の宗教や政治的なつながりのない)が多数集まり集会を行う、いわばアラブの春と言われた行動が日本国内でも起こりはじめてきたと捉えるのがいいであろう。野田首相が「受けとめます」といっているが、どんな政策を打ち出すかが問題であり、口先だけでの解決策はありえないと考えるのが普通の神経の持ち主だと思う。
昨日のTVニュースでは、インタビューに答えたデモ参加者が秋ごろには日本にも”アラブの春”がくるのではないかと言っている言葉が印象的であった。秋と思われる総選挙でこの波を受止めてくれる政治家が出現するのであろうか。既成政党あ(政治家)では無理だと思うが。

毎日新聞 → 原発反対デモ:首相、外出できぬ金曜夜…毎週・官邸前
by motokunnk | 2012-07-14 09:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

やはり、福島原発事故は人災だった

東京電力福島第1原発事故で、国会が設置した事故調査委員会の黒川清委員長が昨日報告書をまとめて発表した。さすがに、政府と東電から独立し、国政調査権の発動を要請できる権限を持つ国会事故調だけのことはあり、福島第1原発事故を明らかな「人災」とし、東京電力と規制当局を厳しく指弾、事故対応への官邸の過剰介入を問題視するなど、存在感を示した。
夜のTVニュースでもゲスト出演した、ぜひ報告書は英訳もしてあるそうで、各国の方に読んでもらいたいと力説していた。確かに、今までの報告書とは違い、どちらか一方(政府か東京電力)を悪者にするのではなく、両者とも悪者にしたあたりに真骨頂が現れている。
番組でもダイジェスト版でもいいので多くの人に目を通して感想を言ってもらいたいといっていたので、早速ホームページにアクセスすると、接続できない状況があった。さきほどはちゃんと接続できたので何かのトラブルがあったのかもしれない。早速ダウンロードして読むことにしよう!

国会東京電力福島原子力発電所事故調査委員会 → トップページ
by motokunnk | 2012-07-06 20:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今年も節電の夏がもうすぐそこまできている

昨年の東日本大震災とそれによる東電福島原発のメルトダウン事故、そして計画停電と節電。今年も夏を迎えるにあたり、企業では5月から「スーパークールビズ」を開始している。
そして節電である。今年は関西電力管内で計画停電が予定されているらしく、ニュースでさかんに報道がされている。東京電力管内では計画停電はなさそうであるが、例の家庭向け電気料金の値上げ申請が審査の段階で東京電力の利益の90%を家庭用電気用金から得ていることがわかってしまいそのことが問題となっている。
確かに、電力業界は競争社会ではなかったので、利益確保のためであればなんでもできる体質だったのかもしれない。電力自由化も考えてもらわなければいけない話だと思う。
今年も節電の夏がもうすぐそこまできている_d0183174_1938178.jpg

毎回、話が横道にそれてしまうが、節電が叫ばれてから、街では太陽光発言のパネルが設置されるようになったようだ。表参道交差点に建つビルの前にもご覧のパネルが飾られて、今の電力量を表示している。また昨年から家電メーカーやハウスメーカーのCMの中で「HEMS」という言葉が表れはじめている。この言葉は「ホームエネルギーマネジメントシステム」の略で何と2006年のエネルギー白書の中で下に示す概念図と一緒に提唱されている。
今年も節電の夏がもうすぐそこまできている_d0183174_19382947.jpg

説明文には「 IT技術の活用により、人に代わって家電機器等の最適運転や照明のオン・オフ、更にはエネルギーの使用状況をリアルタイムで表示する等、家庭におけるエネルギー管理(省エネ行動)を支援するホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)の開発・普及を促進しています」と書かれており、脱原発、省エネの今、日の目を見ているようである。
ただ、海外では「HEMS」というと別の意味があるようだ。ドクターヘリに代表される「ヘリコプター救急サービス」のことを指すらしい。「ヘリコプタ・エマージェンシー・メディカル・サービス」の略のようである。ロンドンで普及しているようで、「HEMS」とGoogleで画像検索するとロンドンのヘリコプタの写真が数多くヒットすることでこの言葉を知ったわけである。
場所が変わると言葉の意味も変わってしまう、海外に行って「HEMS」と言うことは注意して使う必要があるようだ。

資源エネルギー庁 → 図の出典元(エネルギー白書2006)
by motokunnk | 2012-05-24 19:39 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

稼動している原子力発電所がなくなる!

今朝のニュースで東京電力管内で唯一稼動していた柏崎刈羽原発6号機の定期検査のため今日の午後からシャットダウンの処理に入るとの放送があった。
これで東京電力の原発17基すべてが停止する。また全国でも北海道の泊原発3号機だけが稼動しており、54基全てが5月には全て停止してしまう状況となる。
一方で、定期点検が終了し、国のストレステストの基準をクリアーした関西電力大飯原発の3号機と4号機について原子力安全委員会が、23日に報告をまとめた。
班目春樹委員長の会見も別のニュースで放送されていたが「テスト結果には問題が発見されずにあとは政府にまかせます」という相変わらず、一般市民をバカにしたような発言があり物議をかもしそうである。
関西電力大飯原発については30km圏内に滋賀県もあり、嘉田知事も「大飯原発で事故が起きれば、直接被害を受けるかもしれないので、ぜひ滋賀にも説明していただきたい」と発言したおり、再稼動のハードルは高そうである。
原子力ムラということをつい最近このブログでも書いたが、政府はこの問題にどう対処するのであろうか。万一再稼動して福島のような事故が起きてしまったらその責任は測り知れないものがある。と言って、現状では火力発電を代替手段をせざるを得ないので燃料輸入で貿易収支は悪化する。
消費税の問題もあり、全てを先送りしてきたツケが年度末のこの時期に一気に噴出してしまった感がある。野田総理の手腕やいかにというところである。
一般情勢はこのぐらいにして、今日もスポーツ満載である。昼間は競馬の高松宮記念、そして夜はF1マレーシアGPとインディカーレースの開幕戦が行われる。マレーシアGPでの小林可夢偉のグリッドは17位、そしてインディカーでの佐藤琢磨のポジションは15位のようである。
いずれもレースでは追い上げ必須のポジションであるが、可夢偉については開幕戦と同じようにシングルでの入賞を、琢磨についても順位をひとつでもあげてのフィニッシュを期待したい。

原発ニュース → 柏崎刈羽原発6号機 停止作業へ
by motokunnk | 2012-03-25 08:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

原発の「語りかた」を考える

日曜日の震災特番の中で、震災前と現在の経済指標の比較をしている番組があった。震災前と現在で株価やGDPなどはそれほど大きな変化はなく、1年経って震災前に戻ってきているようであるが、貿易収支だけは6000奥程度の黒字から1兆円を超える赤字に転落している。
その原因は、電力供給だそうで、原子力発電が震災前の30%強から7%まで落ち、その分をLNGなどの火力発電で補っていることが赤字の原因だそうだ。そして5月になると現在稼動している原発も定期点検に入り、日本にある原発の全てが運転停止状態となる。そして関西電力の原発のストレステストが話題となっているようだ。
そんなとき、ロイターのブログでこんなことが書かれている。今日のブログのタイトルである。記事では、識者の見解を紹介しながら原子力発電をどうしたらいいのかを色々な角度から分析している。原発は稼動しているときだけでなく危険であるということ、使用済み燃料の廃棄場所をどこにするのかという問題など解決すべき課題は山積している。
そして記事は次の1文で締めくくっている。本当にその通りだと思う。
野田首相は昨年9月の国連で「日本の原子力発電の安全性を世界最高水準に高める」と話した。 田坂氏が講演で、「いまの政府は誤解している」と語り、安全性の要件として「人的、組織的、制度的、文化的な安全性」を挙げたが、再稼動問題で政治家や電力会社の経営者らは、国民を納得させる言葉を持つのだろうか。

ブログ本文 → 原発の「語りかた」を考える

追伸:ローターのこのサイトはなかなか読み応えのある内容の記事が書かれている。この記事は昨日のものであるが、今日はまた別の記事が掲載されている。「戻れない場所」これも読み応えがありそうで、読んだ後に考えさせられる問題のようである。
by motokunnk | 2012-03-14 19:09 | 日記 | Trackback(29) | Comments(0)

古館伊知郎の爆弾発言

11日の震災特番の中で、テレビ朝日の放送した『報道STATION』スペシャルの番組終了直前にキャスタの古館伊知郎の発言が波紋を呼んでいるようで、ネットニュースでも取り上げられている。
番組自体を私は見ていないので何もいえる立場ではないが、ネットではその全文が掲載されている。その発言とは
「『報道STATION』ではスペシャル番組として、去年の12月28日の夜、原発の検証の番組をお送りしました。津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部、(福島)第1原発のどこかが損壊していたのではないかという、その追求をしました。今回、このスペシャル番組で、その追求をすることはできませんでした。"原子力ムラ"というムラが存在します。都会はこことは違って目映いばかりの光にあふれています。そして、もう一つ考えることは、地域で、主な産業では、なかなか暮らすのが難しいというときに、その地域を分断してまでも、積極的に原発を誘致した、そういう部分があったとも考えています。その根本を、徹底的に議論しなくてはいけないのではないでしょうか。私はそれを、強く感じます。そうしないと、今、生活の場を根こそぎ奪われてしまった福島の方々に申し訳が立ちません。私は日々の『報道STATION』の中でそれを追求していきます。もし圧力がかかって、番組を切られても、私は、それはそれで本望です。また明日の夜、9時54分にみなさまにお会いしたいです。おやすみなさい」
だそうである。これはかなりの問題発言であると思う。『報道STATION』という番組は先代のキャスタも久米宏であり、代々ユニークな人材がキャスタを勤めてきており、私もよく見ていたが、テレビ朝日という会社がこの件で古館のいう"原子力ムラ"からの圧力に屈してしまうのか興味はあるところである。まあすぐに降板ということはありえないとは思うが、半年先の番組改編の際に報道番組以外の番組に切り替わってしまう可能性はないとはいえない。"原子力ムラ"はそれほど大きな存在なのかもしれない。

参考とした記事 → 「報ステ」原発報道に圧力かかったのか 古館氏「追及で番組切られても本望」
by motokunnk | 2012-03-13 18:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)