人気ブログランキング |

タグ:図書館 ( 7 ) タグの人気記事

公立図書館で「アンネの日記」が破られて

リタイアしてからよく区立図書館を利用するようになった。私の場合は文学作品を借りて読むことがたいはんであるが、文学作品の中にも頁に折ったあとがあるものが多数ある。次に読むときにその場所を開きやすくさせるため、借りた人が栞がわりに頁の角を折ったのであろう。本来であればこの行為すらモラルに反する行為だと思うが、頁を破り捨てるなど明らかに犯罪行為である。
特に日本政府の右傾化を攻撃している隣国では、この事件を歴史否定の動きがあると批判しているようだ。ただこの意見は的はずれである。他国の歴史認識をうんぬんするなら、正確な史実を押さえておくべきである。たとえば1938年、首相と陸軍・海軍大臣などで構成する五相会議が決めた猶太(ゆだや)人対策要綱は、ユダヤ人迫害は「日本が多年主張してきた人種平等の精神に合致しない」として公正に扱う方針を打ち出した。
そしてユダヤ人に「命のビザ」を発給した杉原千畝(ちうね)、そのビザで日本に来たユダヤ人の滞在延長を助けた小辻節三(せつぞう)など、ユダヤ人が恩人と仰ぐ日本人も少なくない。
公立図書館で「アンネの日記」が破られて_d0183174_8323627.jpg

その杉原千畝を語った人物から都立中央図書館に「アンネの日記」とその関連本137冊が宅配便で送られてきたそうだ。この他にもイスラエル大使館からは300冊の「アンネの日記」が希望する自治体に贈られるそうだし、「アンネの日記」が破られたことを発端にして公立図書館が注目されてきつつあるような気がする。
タイガーマスクの主人公「伊達直人」名でランドセルが贈られてきたことがあったが、今回の寄贈者もこのことが頭の中にあり、杉原千畝という実在の外交官の名前を拝借したのではないだろうか。私は杉原千畝という人物を今回初めて知った。またホロコースト事件についても言葉は知っていたがどんなことが第二次大戦中のドイツで行われたか知らなかったので、歴史を再認識するうえで今回の「アンネの日記」事件は勉強する場を与えてくれた。今度、杉原千畝という人物について調べてみることにしよう。
参考URL → 「杉原千畝」名で137冊寄贈 「アンネの日記」関連本
参考URL → 杉原千畝
by motokunnk | 2014-02-28 08:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渋谷区立図書館カードを作成して

定年をむかえて、余暇時間が今までの比ではないほどできるので、図書館で本を借りて読書にふけろうかという単純な発想でまず図書館カードを作成してもらおうと最寄の図書館に行くことにした。
我家の周りには区立の図書館が2館ある。ひとつは渋谷図書館で他一つはこもれび大和田図書館である。折角図書カードを作りに行くのだから、読みたい本を探してその本が借りれる図書館に行こうと思い、渋谷区立図書館のサイトを訪問した。
サイトには蔵書検索ボタンが当然あり、これまた当然のように渋谷区内図書館の横断検索が可能である。読みたい本のタイトルを入れて検索すると、区内3館で所蔵されていた。こもれび大和田図書館に所蔵されているので、こちらの図書館で図書カードを作成して借りることにした。
渋谷区立図書館カードを作成して_d0183174_8343871.jpg

こもれび大和田図書館は最近できた図書館で大和田文化センター(渋谷区文化総合センター大和田が正式名称だそうだ!)の中にある図書館だ。この施設はブログでも紹介したことがあるが、図書館の他に伝承ホールやプラネタリウムなど、広い意味で教育関連施設が納まっている施設である。この施設の2階に図書館は配置されている。初めて入館すると、無粋なBPSが出迎えてくれる。渋谷区立図書館カードを作成して_d0183174_835635.jpg
一般にBDS(ブックディテクションシステム)といわれているが、正確にはBPS(ブックプロテクションシステム)だそうだ。宅急便と宅配便の関係と同じだそうでBDSはあるメーカーの登録商標なのだそうだ。横道はそのくらいで受付で図書カードを作成してもらう。このカードが図書カードで渋谷区在住か、渋谷区に勤めている人であれば誰でも作成することができる。
日曜日の開館直後(といっても10時30分頃だが)ということもあり、受付はすいており、すぐにカードを作成してもらい、いろいろなレクチャーもしてもらった。
「同時に借りれるのは本10冊、CD3枚まで、2週間借りれます。延滞は1冊まで予約されていなければ可能。予約する場合はホームページからも可能ですが、メールアドレスの登録が必要です。」とこのような説明があった(帰宅してメールアドレスを登録した)。
カードを手にしていざ書架へ進む。公立図書館はNDC分類で書架も並べられている図書館が多いように思うが、この図書館は違っているようで、街の本屋さんのようである。日本文学であれば、著者名ごとに配架されている。本を探す上では非常に簡単でこの著者の本を読もうと思っている人にとってはたまたま借りたい本がなくてもその隣には同じ著者の本があるということはいいように思う。
私の場合も借りたい本はあったのだが、その横に別の本が配架されており、その本を借りてしまったのが実際である。帰宅してその本を読んでいる今朝の私である。
渋谷区立図書館カードを作成して_d0183174_8365394.jpg

ちなみに昨日ブログで書いた金王八幡宮の黄葉風景はこんな感じである。
渋谷区立図書館カードを作成して_d0183174_8372054.jpg

参考URL → 渋谷区立図書館
参考URL → 文化総合センター大和田
by motokunnk | 2013-12-09 08:38 | 日記 | Trackback(6) | Comments(0)

夏休みの自由研究に図書館が立候補!

今朝のめざましニュース「さきつぶニュース」のコーナーでこのような話題が取り上げられていた。確かに公共図書館にしてみれば当たり前のことかもしれない。ネットで調べてみると何も今年からではなく、例年各地で開催されているようである。
なかでも千代田区立図書館では「レファレンジャー」が助けますといって、いかにもゆるキャラのようなネーミングのレファレンス担当がいるようである。
夏休みの自由研究に図書館が立候補!_d0183174_19135290.jpg
都立図書館でも「これならできる!自由研究 111枚のアイディアカードから選ぼう」というページを用意して111種類のアイディアを掲載し、PDFファイルまで用意されている。
111番目のアイディアの「図書館のひみつ探検隊」では「本と図書館の歴史」「図書館」という2冊の参考図書を紹介している。この他にも岡山県立図書館では平成23年にはご覧のようなチラシを作成していたようだ。
夏休みの自由研究に図書館が立候補!_d0183174_191494.jpg
各自治体でアイディアをだして夏休みの自由研究のサポート! 図書館の本領発揮、活躍の場ではないかと思う。
参考URL → これならできる!自由研究 111枚のアイディアカードから選ぼう
参考URL → 『図書館を使って自由研究!』参加者を募集します
参考URL → 夏休みの宿題もレファレンジャーが助けます。
by motokunnk | 2013-07-31 19:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

図書館戦争封切りにあわせてちょっと一言

明日から実写版「図書館戦争」が封切りされる。テレビ各局にスポットCMが放映されているのを見かけるし、ネットニュースではアニメ版と実写映画のコラボレーション番組も放送されているようである。
このブログでも以前に図書館戦争のことについて書いた記憶があるが、私の記憶に残っている場面は図書館内乱にでてくる難聴者についてのお話であった。実にきめ細やかに記載されているので、小説内で描かれていた「レインツリーの国」(筆者が書いてしまった)まで読んでしまったほどである。図書館戦争封切りにあわせてちょっと一言_d0183174_19131057.jpg
「レインツリーの国」についてその概略を説明すると、「自分が好きな小説の感想を書いているウェブサイトを探していて、共感できる感想を書いていたウェブサイトを見つけた男性が、そのサイトの管理者であり難聴を抱える女性との交流を重ねていく。」というストーリーである。
難聴を抱えている少女の描写がやけにリアルであったので感心した。著者あとがきを読んで納得したのだが、著者の旦那さんも以前突発性難聴にかかったことがあったそうだ。その際の処置が適切で今は難聴の症状がでていないそうである。
身内で難聴の危機があると当然難聴についても調べるであろうし、調べた結果を本にまとめたくなるのは当然と思うので、その結果が「図書館内乱」や「レインツリーの国」でのシーンとなったと思う。
難聴といって種類もたくさんあるようで大きくは「伝音性難聴」と「感音性難聴」にわけられるそうだ。そしてもっと重要なことは、生まれながらの難聴者と中途で何らかの事故により難聴になった人でその扱いが全然違うということである。
そして中途から難聴になった人と生まれながらの難聴の人は一部反目しているということもあるようで(この部分はレインツリーの国の受け売りであるが)、手話にしても生まれながらの難聴者にとってはコミュニケーション手段として重要であるが、中途難聴者にとっては煩わしいものともいわれている。
「難聴=手話での会話」と思っていた私にとっては勉強になったことでもあり、人間まだまだ知らないことが山ほどあると認識を新たにしたきっかけでもある。
人間どこかで人に言えないメンタルな部分を抱えて生きているというのが「レインツリーの国」では描かれており、主人公の男性の父親は脳梗塞で倒れて故人となっている。
ただ脳梗塞から復活した際に、何と主人公のことを息子と認識する回路が壊れてしまったのか、母や長男は認識するが主人公(次男坊だそうだ)だけはヘルパーさんとして扱われ、すごくショックを受けたがそのことを受け入れたと小説では書かれていた。
私事で恐縮であるが、私の父親(もう亡くなって13回忌も終わっているが)も心筋梗塞を患ったときに意識は戻ったが記憶が戻らない期間がかなりあった。記憶の戻り方であるが息子や娘は認識するが妻を認識するまでにかなりの時間を要したと記憶している。一番お世話になる人の記憶が戻らないということは悲しいものであるなあと当時感じたことを小説を読んでいて思い出したしまった。
人間、五体満足で生きているといってもそれは外見だけであってその心身については何らかの人にいえない重石をもっているのかもしれない。そんなことを「レインツリーの国」はいいたかったのかと思う。
難聴がらみで申し訳ないが、佐村河内守氏のコンサートの放送が明日NHKEテレで放送される。NHKスペシャルの反響が大きく、ぜひ「HIROSHIMA」を聴きたいという声にNHKが対応した。明日の午後3時からの放送である。
最後に、きくという漢字を書くとすると、「聞く」「聴く」を何気なく使っているが、
聞く:耳で音や声を感じとる。たずねる。従う。
聴く:耳を傾け、注意して聞き取る。
と意味があるようだ。これからは使い分けに注意しなくてはと思う。
なんだかんだで図書館戦争についての話題からはみ出してしまったが、ゴールデンウィークは前評判の高い映画が封切られるが果たしてどんな興行成績となるのであろうか。
参考URL → 実写映画『図書館戦争』
参考URL → アニメ『図書館戦争』と実写映画『図書館戦争』がコラボ
参考URL → 難聴の種類と聴力
by motokunnk | 2013-04-26 19:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

図書館戦争と突発性難聴、そしてPM2.5

KOBOで図書館戦争を購入して、読むことになった。なったという言い方は大げさで、電子書籍だと半額サービスがあり、最近図書館戦争がその対象となっていたので第1巻を購入したのが発端であった。
図書館戦争がベストセラーとなっていたことは知っていたが、まさかこういうストーリーどということは知らなかった。まず、驚いたのが、全4巻だということでその他に別冊まで用意されている!ストーリー自体はライトノベルということもあり読みやすくあっという間に読んでしまった。
図書館戦争と突発性難聴、そしてPM2.5_d0183174_1925292.jpg

ちょうどいま仕事で関係している某メーカーのSEが毬江ちゃんと同じ病気になってしまったので記憶に残る小説となりそうである。幸い、病気に気づくのが早かったのでSEは難聴にならずに済みそうではあるが、まあ突発性難聴とは恐ろしい病気である。何しろ突然襲ってくるようだ。
図書館戦争であるが、実写映画化もされて今年の春に公開されるようである。アニメ版はすでに公開されているようで今度蔦屋で借りてみようかと思っている。映画の前売も今週末から始まるようである。
さて、世の中では、PM2.5と言われる環境汚染物質が中国から飛来してくる可能性があるとのことで各自治体で警戒をはじめている。東京都環境局のホームページを見ると「大気汚染対策」の中に「微小粒子状物質(PM2.5)対策」というページが開設されていた。
ページを見ると、2012年7月12日から開設されているようで、昨年から問題となっていたようである。このページを見ると、PM2.5についての説明がでている。
「微小粒子状物質(PM2.5)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質です。PM2.5は、呼吸器系の奥深くまで入りやすいことなどから、人の健康に影響を及ぼすことが懸念されています。」
と説明されており、マスク着用が必須のようである。ページを見ていくと大気汚染地図情報というページもあり、速報値であるが、東京都内全域の大気汚染状況について時間毎に速報値が色分けされて表示されている。視覚に訴える表示であるので、これだと知識がなくても赤になるほど危険ということがわかる。
参考URL → 図書館戦争
参考URL → 映画『図書館戦争』公式サイト
参考URL → 図書館戦争公式サイト
参考URL → アニメ『図書館戦争』公式サイト
参考URL → 『図書館戦争』前売券発売決定!特典は萌えキュンなポストカード4枚セット
※栄倉ナナの写真がもらえる?
参考URL → 大気汚染対策
参考URL → 微小粒子状物質(PM2.5)対策
参考URL → 大気汚染地図情報(速報値)
 
 
by motokunnk | 2013-02-08 19:26 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

Googleが大英図書館の書籍をデジタル化

昨日からネット上でこのニュースが流れている。デジタルアーカイブに興味のある人にとっては、ついに大英図書館もGoogleの手を借りて蔵書のデジタル化に着手したかと感じたであろう。
数年前からGoogleは各地の図書館とジョイントして図書館の蔵書のデジタル化をしてきたことは有名(一部の世界では)な事柄であった。そしてその成果をGoogle Booksで公開しているわけである。
実際、図書館の蔵書をデジタル化する際にダブり本も当然あるわけでそのあたりの処理をどうしているのかとあるとき聞いてみると、ダブり本のチェックはせずにそのままデジタル化しているとのこと、ダブり本のチェックをする手間を考えたらこの方法のほうが合理的でコストも安価という答えがかえってきた。
確かに全世界でダブり本のチェックをするのは至難の業であり、同じ本がデジタル化されても、キーワードのつけ方が微妙に異なるそうだからいずれはネットの世界で淘汰されると思うとその担当者は語っていた。そのような考えもあるのだなあとそのときは思ったが(今から数年も前の話だが)、最近Google Booksを見ると新刊もあるようで、新刊をクリックするとその説明画面が表示され、アマゾンをはじめネットで購入できるサイトまで表示される丁寧なつくりとなっている!
デジタル化は全てGoogleの負担で行うそうであるから、日本の図書館もGoogleとジョイントして自館の蔵書のデジタル化をしてみてはいかがであろうか。


関連ニュース・その1 → 米Google、大英図書館が所有する25万冊の書籍をデジタル化
関連ニュース・その2 → 大英図書館の蔵書を電子化 グーグル、25万冊

Google Booka → http://books.google.co.jp/
by motokunnk | 2011-06-22 19:11 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

デイ・アフター・トゥモロー(追記あり)

2004年に公開されかなりヒットした映画のようである。映画館では見ていないが、友人からDVDを貰ったのでそれを見ている。ご存知のように地球温暖化がどのように自然環境を激変させてしまうか、そのことに対しての警鐘をならした映画であることは知っていた。
ただ友人が何で私にDVDをプレゼントしてくれたかが解らなかった。そしてDVDを鑑賞してその意味がわかったような気がする。主人公の古代気候学者のジャック・ホールとその息子(サム)の家族愛が描かれているが、息子が避難した場所がニューヨーク公共図書館であったこと、そして男女2名の司書のセリフにそれぞれ司書ならではの想いがこめられていることを見せたかったのではないかと勝手に解釈している。
映画を見た人は知っていると思うが、温暖化の行き着くところは氷河期ということで、ニューヨーク公共図書館も氷河に埋もれてしまう。そのときに何をしたか、書籍を燃やして暖をとることにしたのである。至極一般的であるが、男性司書は1組の書籍を大事にかかえ、決して暖炉に投げようとしなかった。その1組の書籍がグーテンゲルグ聖書であった。非常に価値のある聖書であり、後世にその価値ある書籍を残したいとの想いがそこにはでていた(残念ながら、TV放送ではカットされてしまったが)。
そして女性の司書が何をいったか、それは息子の友達が怪我をしてしまい、高熱がでてしまった。そのときに解熱であれば抗生物質がよい(はっきり覚えていないがこのようなことをその息子にいった)といい、何も本は燃やすだけに価値があるのではない、このように医学書であれば、その症状をつきとめ対策を教えてくれるものだと言ったそのセリフを今でも覚えている。司書の専門性が問われているが、これこそ司書の専門性を言い当てていると思う。
さて、その映画が今日夜に民法で放映されるようである。お暇な方はぜひご覧になり、司書の言うセリフに注目して欲しい。
なお映画の公式サイトはこちら → http://movies.foxjapan.com/dayaftertomorrow/
by motokunnk | 2010-09-11 16:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)