人気ブログランキング |

タグ:國學院大學 ( 8 ) タグの人気記事

東海大2度目のV、全勝優勝ならず

第51回全日本大学駅伝が行われた。5強(青山学院大学、東海大学、東洋大学、駒澤大学、國學院大學)といわれる今年の大学駅伝界、國學院大學に注目してTV観戦した。
1区で12位と出遅れてしまった國學院大學、2区でエースの浦野が8人抜きの好走を魅せてくれたもののさらに早く走った東京国際大学の伊藤達彦に抜かれてしまい、区間2位、総合4位で3区へタスキをつないだ。
d0183174_09202111.jpg
2区でトップにたつという当初のシナリオはくずれてしまい、5区で青木祐人が区間賞の好走を魅せてくれたものの優勝争いに絡むことはなく、7位でフィニッシュした。チームの最低限の目標であったシード権確保はできたが不完全燃焼に終わった全日本大学駅伝であった。
優勝争いは最終区まで青山学院大学、東海大学の間で繰り広げられ、東海大学が青山学院大学を振り切って16年ぶり2度目の優勝を飾った。
お正月の箱根駅伝を制して速さが得意の東海大学が強さを兼ね備え一段とパワーアップしたようである。
東京六大学野球で37回目の優勝を決めた慶應義塾大学が全勝優勝をかけて早稲田大学との2回戦に臨んだが前年ながら4-6で敗れてしまい、勝敗は今日行われる3回戦に持ち越しとなってしまった。
d0183174_09203009.jpg
TV中継はないようなので結果をネットでしらべることになるがぜひ勝点をあげて完全優勝を成し遂げてほしい。
ところで昨日夜のNHKサンデースポーツでは慶應義塾大学野球部のある取り組みが紹介されていた。長期療養を必要とする児童らをチームに受け入れるこのプロジェクトだそうで田村勇志君が紹介されていた。
d0183174_09203808.jpg
早慶戦の1回戦で始球式に車椅子で登場していた子どもである。番組では1年間正式部員となった田村君の練習風景などが放送されていた。この取り組みは2年目だそうで、田村君のためにも今日は勝って勝点5での完全優勝を成し遂げてほしい。

by motokunnk | 2019-11-04 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ドルフィンズ5連敗、國學院は駅伝初優勝

NFL第6週が行われ、ドルフィンズはレッドスキンズと対戦した。両チームとも今季は再建途上とあって、いまだに白星はなくどちらのチームが初白星をあげるか注目の一戦であった。ドルフィンズは地元ながらこの試合もいいところなく、第3Q終了時点で3-17と敗戦ムード濃厚であった。ここでQBをローゼンからフィッツパトリックにチェンジしたドルフィンズは攻撃が見違えるようによくなり、まずランでTDを奪った。
d0183174_10222218.jpg
チームにとっては今季初の試合後半の得点だという。その後もドルフィンズは攻撃し、最後は後数秒の段階で見事なTDパスを通して16-17とレッドスキンズに迫った。ここでキックを選択すれば17-17となり、延長での決着となるところであったが、フローレスHCの決断は2ポイントコンバージョンであった。
惜しくもその挑戦は失敗してしまい、5連敗となってしまったが、今後の戦い方を示した選択だったと思う。ドルフィンズ徐々にチーム改革がすすんでいるようだ。
大学駅伝シーズン到来である。大学3大駅伝のはじまりである第31回出雲全日本大学駅伝競走が行われた。青山学院大学、東海大学、東洋大学がビッグ3といわれる大学駅伝であるが、今年はこの三強に國學院大學がダークホースといわれていた。その國學院大學、出雲駅伝には数年ぶりの出場だそうで、三大駅伝すべてに出場するのは初めてだそうだ。今年の目標はすべての駅伝で入賞することだそうで、箱根駅伝は3位を狙っているという。
そんな中で出雲駅伝ははじまった。一区の藤木宏太が5位とまずまずの順位でタスキを2区の1年生・中西大翔につなぐと区間3位の好タイムをマークし、エースの3区・浦野雄平につないだ。
各校のエースが集結するこの区間で浦野は積極的に先頭にたって駅伝をリードしようとするもののリードを築くことはできず、区間3位のタイムをマークし、差のない2位でタスキをつないだ。
4区、5区と國學院大學は区間5位のタイムをマークし、アンカー6区の土方英和にトップを走る駒沢大学と約40秒差の4位でタスキをつなげた。
当初の目標である3位は目指せる順位であった。タスキを受けた土方はいいペースで上位陣との差をつめはじめ、競り合う東洋、東海大学を振り切って2位に躍り出た。そしてみるみるうちにトップを走る駒澤大学を追い上げ、ラスト1kmとなる前にその差は数秒となった。そして600m地点で一気に追い抜くとリードを拡げゴールテープを真っ先にきった。
d0183174_10223670.jpg
歩いて数分のところにあり、親しみのある國學院大學が初優勝、なんだかうれしいような気分であった。そういえば青山学院大学が初優勝したときも箱根駅伝で活躍した後の出雲駅伝であったと思う。
次は11月3日の全日本大学駅伝、國學院大學の走りに注目したい。昨年はシード権を獲得する順位であったが今年は何位でフィニッシュするのだろうか、楽しみになってきた。

by motokunnk | 2019-10-15 10:25 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

豊島名人先勝、大学駅伝シリーズはじまる

将棋の第32期竜王戦七番勝負第1局が台風直撃の中で行われた。台風直撃といっても対局会場は東京渋谷のセルリアンタワー内能楽堂なので対局者にとっては快適な環境での一局であった。広瀬章人竜王に豊島将之名人が挑戦するとあって注目は高かったようだ。初日、豊島名人が放った桂打ちを広瀬竜王がいなして、広瀬竜王がリードしたように思えた。
2日目にはいり、豊島名人も粘り腰をみせ、夕方には五分の形勢となったようだ。アベマTVを観ていたのだが、解説・聞き手なしだったので、どちらの棋士が優勢なのかわからない状況での観戦であった。
d0183174_09265769.jpg
結局最後は広瀬竜王の攻めをしのぎ切った豊島名人が173手で勝利し、幸先のよいスタートをきった。第2局は23、24日に行われるが、広瀬竜王も2連敗してからの竜王奪取だっただけに初戦黒星は意識していないようであった。
大学駅伝シーズンが明日の出雲駅伝からスタートする。今年の大学駅伝は青山学院大学、東海大学、そして東洋大学のビッグ3の争いといわれていたが、國學院大學が面白いようだ。
d0183174_09271290.jpg
我家から歩いて数分のところにキャンパスがあり、親しみを感じている大学だけに箱根駅伝の往路山登りの快走にはビックリした。そして今年は3大駅伝すべてに出場することが決まっている。夏場も順調に選手のレベルアップが図れたそうなので、出雲駅伝から結果が出てもおかしくないようである。
「まず1区で藤木が飛び出し、2区の青木で差を広げ、エース区間の3区を浦野が走り、アンカーの土方が締める。 こうした区間配置がハマってトラックシーズンのままの力を発揮すれば、十分優勝争いができる。」と予想している記事もあり明日の本番が楽しみである。
台風の影響で開催が危ぶまれるがまずは開催されることを期待したい。
いよいよラグビーワールドカップも予選リーグ最終戦をむかえる。台風の影響で、今日釜石で行われるナミビア―カナダ戦の中止が発表されたが、日本ースコットランド戦は午後7時45分キックオフなのでまず開催されるであろう。
一般紙でも特集記事が組まれるなどラグビー人気が盛り上がっているだけに最終戦は4年前のリベンジの一戦でもありスカッと勝利してグループA首位、4連勝でベスト8進出を決めてほしい。TVの前に釘付けになって応援することにしよう。

by motokunnk | 2019-10-13 09:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

東海大初優勝、國學院大學もシード権、錦織4強

箱根駅伝は東海大学の初優勝で終了した。往路優勝の東洋大学と1分14秒差の2位につけた東海大学が復路で東洋大学に追いつき逆転、青山学院大学の追撃を振り切って見事に初優勝を飾った。
d0183174_09124688.jpg
往路優勝は東洋大学、復路優勝は青山学院大学、総合優勝は東海大学と駅伝強豪大学と言われた3大学がそれぞれ強さを出した今年の箱根駅伝であったといえる。
その中、往路3位と健闘した國學院大學は復路で順位を落としながら総合7位で来年のシード権を獲得した。復路はメンバー変更を活用して4年生で走ったが、すべての走者は10位以内のタイムをマークすることはできなかったもののブレーキとなる選手は一人もでず、復路は12位で完走し7年ぶり、大学史上最高順位の7位を獲得した。
d0183174_09130253.jpg
5区で区間新記録を出した浦野雄平など3年生主体で走った往路メンバーが全員残る来年の箱根駅伝はぜひ総合3位以内を目指してほしいものだ。
ATP250・ブリスベン国際の準々決勝、第2シードの錦織圭は第6シードのディミトロフとの試合であった。第1セット両選手サービスキープが続きタイブレイクも予感させる中での第11ゲーム、錦織がウィナーを2本決めてブレイクすると7-5でこのセットを奪った。
d0183174_09131192.jpg
第2セットはディミトロフにブレイクを許したものの第7ゲームをブレイクして追いついた錦織が第10ゲームから3ゲームを連取して7-5でこのセットも奪い元世界ランク3位のディミトロフに勝利し準決勝にすすんだ。
同時開催の女子も大坂なおみもセバストワに3-6、6-0、6-4のフルセットで勝利しベスト4に進出した。
d0183174_09132032.jpg
この試合、1-1となった第3セット、先にブレイクした大坂であったが第8ゲーム30-40とブレイクバックのポイントを握られてしまった。このピントをエースで逃れてデュースに持ち込みこのゲームをキープできたことが勝利につながったと言える。ブリスベン国際、男女そろって優勝も見えてきた2019年の開幕戦である。

by motokunnk | 2019-01-04 09:15 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東洋往路優勝、國學院3位、藤井七段初勝利

将棋の新人王戦優勝記念対局の模様が放映された。藤井聡太七段が豊島将之二冠と対局したのであるが、昨年末に対局は終了していたが特番として元旦に放送された。藤井七段は豊島二冠と過去2度対局し、2連敗している苦手といえる対局相手であった。3連敗は避けたいとして先手番となった本局も得意としている角換わりで挑んだ。
途中、難しい局面もあったが描いた構想通りに進んで徐々にリードを拡げていき89手で豊島二冠に勝利した。
d0183174_15571233.jpg
ネットで解説をしていた森内俊之九段「本当に完璧な指し回し。見ていて本当に強いなと思いました。今年の活躍を予感させる対局だったかと思います」と絶賛する、会心譜となった。本年の活躍が期待できる一局であった。
元旦恒例となっているニューイヤー駅伝はアンカー区間まで優勝がわからない展開となり、最後の数百メートルで抜け出した旭化成が3連覇を達成した。手に汗握るデッドヒートであった。
そして今日行われた箱根駅伝も見どころ満載のレースだった。地元から2校出場している私としては青山学院大学より國學院大學を応援したい気分である。メンバーを見る限り箱根駅伝5連覇は濃厚と思える青山学院大学、史上初となる2度目の駅伝三冠も達成可能と思われた。
一方の國學院大學は11月の全国大学駅伝で初のシード権を取り箱根駅伝でもシード権を取る可能性が大であった。そして往路がスタートした。いきなり大東文化大学の選手が転倒したのには驚いたが、1区は東洋大学がトップ、青学は3位、國學院は10位とまずまずのスタートであった。
2区で6位にあがった國學院大學、今回は頑張っている姿がよくわかった(TVにもたびたび映し出された!)。一方の青学はまさかの8位、5連覇が危うくなったが3区でキャプテン森田が区間新の快走を魅せてトップに立った。
しかしその青学は4、5区で順位を落としてしまい往路はトップと5分30秒差の6位と5連覇は厳しい状況となってしまった。
一方の國學院大學、3区は5位、4区で6位となってしまったが、5区の浦野が区間新となる快走を魅せ大学史上初となる往路を3位でフィニッシュした。
d0183174_15571988.jpg
往路優勝は2年連続して東洋大学となり、2位は東海大学となった。タイム差は1分44秒あるが、東海大学は山下りのスペシャリストが控えており予断は許さない状況である。
明日も熾烈な優勝争いに期待したい。その中で國學院大学には上位フィニッシュしてシード権を確保してほしい。

by motokunnk | 2019-01-02 15:59 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東京五輪の聖火台、鏡開きなどなど

関東地方は1月11日が鏡開きの日である。なんで鏡開きというのは、その意味と由来を調べてみると意外なことがわかった。d0183174_09162259.jpg
もともとは鏡が語源というのは想像がつくが、神様が宿るものとされていたそうだ。そして三種の神器の鏡をモデルにして鏡餅ができたといわれる。
そして松の内(関東では7日)があけると鏡餅も処分されることとなり、割って食するようになった。ただ割るという言葉は切腹などを連想させ縁起が悪いとされ開くという言葉が一般的になったそうだ。
勤務していたのが建設会社だったので、毎年鏡開きの日は午後3時にお汁粉がふるまわれたが今もその風習は残っているのだろうか、個人的にはいい風習だとおもうのだが。
さて先日、國學院大學博物館に行った。散歩の途中、寒さ厳しくどこかで暖をと思って立ち寄ったのが本音である。するとエントランスを入ったところに、2020年東京オリンピック聖火台へという文字が飛び込んできた。縄文時代とおもわれる土器のレプリカが展示されており、そのキャッチコピーが東京オリンピック・パラリンピックの聖火台へという文字である。
d0183174_09162964.jpg
説明文を読んでみると、形が聖火台にピッタリであり、力強く炎が上がっているような圧倒的な造形である。1964年のオリンピックでも候補にあがったらしく今度こそはと力がはいっているそうだ。「縄文文化発信サポーターズ」という任意団体があるそうで、その会長が國學院大學名誉教授ということでここに展示されているらしい。
形もいいし、私はこの土器が聖火台となってもいいのではと思う。国立競技場の建設工事も進んでおり、いつ聖火台のデザインが決まるのであろうか楽しみだ。
参考URL → 鏡開き
参考URL → 國學院大學博物館
参考URL → 東京五輪・パラ聖火台に縄文土器デザイン

by motokunnk | 2018-01-11 09:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

青山学院4連覇、國學院14位、夜は将棋バラエティー

箱根駅伝復路が行われた。往路優勝は東洋大学、復路はどの大学が優勝するのか見ものであったが、6区で首位にたった青山学院大学が一度もその座を奪われることなく独走して復路優勝+総合優勝を飾った。
d0183174_15534326.jpg
6区、7区、8区と3区間連続しての区間賞獲得は見事であった。
d0183174_15541638.jpg往路は14位であった國學院大學であったがシード権の10位とは約3分、各区で40秒早く走ればシード権獲得はなるのではと思い応援したがその夢は6区で絶望的となってしまった。
6区のランナーがブービーとなる区間19位で総合順位も16位に落ちてしまった。今年のシード権獲得は困難となってしまったが、7区は5位と力走して総合順位も14位に戻したが、8区、9区はそれぞれ区間16位、14位と沈んでしまい、アンカーへのタスキ渡しがわずか5秒足りずにアンカーは繰り上げスタートとなってしまった。
最終10区は強風が吹き荒れる中での争いとなり、國學院大學は区間5位のタイムをマークし総合14位となった。
シード権獲得はならなかったが、1区2位、3区5位、4区3位、7区5位、そして10区5位と半数の区間でベスト5以内のタイムをマーク、そのうち2人は2年生、1人は3年生であり、来年も期待が持てるメンバーだけに来年こそまた予選会を突破して箱根駅伝に出場し、シード権獲得となる10位以内を目指してほしい。
さて今晩7時半からNHK-BSプレミアムで「一・二・三!羽生善治の大逆転将棋」が放映される。昨今の将棋ブームにあやかったわけではないだろうが、羽生永世7冠、加藤一二三さんなどが出演して番組を盛り上げてくれるようだ。
d0183174_15535228.jpg
90分の将棋に関するバラエティー番組、肩のこらない内容であってほしいものである。

by motokunnk | 2018-01-03 15:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)

箱根は東洋が4年ぶり往路制覇、ラグビーは帝京VS明治

お正月の風物詩となった箱根駅伝が開催された。今回は1区で東大生が走ることで注目していたが、エントリーをみると、名前がないのでビックリであった。
d0183174_17040956.jpg
なんとインフルエンザにかかってしまい欠場だそうだ。4年生となる来年こそ予選会で好成績をあげて箱根に戻ってきてほしいものだ。
注目選手がいなくなってしまったので、國學院大學に注目することにした。1区は浦野選手、なかなか積極的な走りでトップ集団の前目に陣取ってTVによく映し出されていた。
解説者もなかなかいい走りをしているとコメントしていたので期待していると、なんと2位でタスキ渡しである。これはシード権獲得にいい流れができたと思えたが、その思いも2区でしぼんでしまった。
途中まではいいポジションを堅持していたが頑張りすぎてしまったのか後半失速してしまい区間20位と一気に下位に沈んでしまった。これで10位以内は絶望と思っていたが、3区、4区の選手が思いのほか好走をしてくれた。
特に4区の土方選手、区間3位の好記録で9位までポジションをアップし5区の選手にタスキ渡しと思ったところ、5区の選手と交錯してしまった。
d0183174_17041898.jpg
これで5区の選手は動揺してしまったのか、区間18位に終わり、全体順位も往路14位であった。
ただ10位の中央大とは約3分差、1区は2位、4区は3位だったことを考えると十分逆転可能な範囲だと思う。あすの復路でぜひ10位以内を目指して力走してほしい。
全体の首位争いは1区で先頭にたった東洋大学がそのままリードを守って4年ぶりの往路優勝をかざった。ただ2位の青山学院大学との差は30秒強とわずかであり、復路での戦いも熾烈となりそうだ。
往路、復路、総合優勝がすべて異なる大学となる可能性もある今年の箱根駅伝だ。明日の復路はどんなドラマが待ち受けているのだろう。
ラグビー大学選手権は準決勝の2試合が行われた。結果は明治大学、帝京大学が快勝して決勝の舞台にコマをすすめた。明治大学は大東文化大学と対戦、前半は7-14とリードされてしまった。
後半に入り、12分に同点に追いつくと、そこからは大東大を圧倒し連続トライを奪ってリードを拡げて43-21で快勝した。大学選手権決勝進出は19年ぶりのことだそうだ。
d0183174_17042604.jpg
帝京大学は東海大学との対戦であった。こちらは前半14-7とリードした帝京大が後半も大きなミスをすることなく試合をコントロールして31-12で快勝した。決勝は1月7日に行われるが対抗戦で41-14で快勝している帝京大学の10連覇が濃厚だ。

by motokunnk | 2018-01-02 17:06 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)