人気ブログランキング |

タグ:大晦日 ( 5 ) タグの人気記事

1年の締めくくり

今日は大晦日、1年の締めくくりとなる1日である。といって何か特別なことをやるわけでもなく平凡な1日を過ごすことになる。
唯一違うことといえば、神社に古いお札を返して、新しいお札をもらいに行くこと、そして「人形」と言われる人形の形をした紙に氏名年齢を書き、息を吹きかけて初穂料を同封して収めることである。
そして後の時間は普段の1日とかわりなく過ごすことである。ただTV大好きな人間としては大晦日の夜は特番だらけで観たい番組がなくて困ってしまう。
今年の番組欄を観ると、NHK-BS1でスポーツ番組の再放送をしている。ちょうど夜はラグビーW杯の再放送なのでそれを観ようかと思っている。d0183174_08315111.jpg
話はかわり今日の朝日新聞ではスポーツ記者が感じた今年のスポーツ10大ニュースが掲載されていた。1位はやはりラグビー日本代表がW杯で南アフリカ代表に勝利したことであった。ラグビー関係者でも勝つことまでは想像していなかったと思うし、実際にプレイした代表選手も勝つつもりで試合に臨んだそうだが、勝てると思っていた人は少なかったそうだ。
過去のW杯で最高勝率のチームと最低勝率のチームが戦ったわけであるから、歴史的な番狂わせだったのかもしれない。2020年東京オリンピック関連でも白紙撤回になるケースが多々あったことも今年の話題であった。
特に、エンブレム問題や新国立競技場の建設見直しが話題となったが、運営予算が当初予算の6倍まで膨れ上がってしまったのはどうしてなのだろうか。新国立競技場も当初予算の算定が甘かったから計画変更に追いややれたわけで、当初予算算定自体がオリンピック招致をしたいと思う人によってかなり低くおさえられたのではと思う。
コンパクト五輪が謳い文句であるが、競技場も環境問題からお台場周辺での開催ができなくなっているようで、そもそもなんで東京が招致活動で勝利したかがわからなくなりつつある。
野球賭博も問題であったし、FIFAの汚職も問題であった。10大ニュースを観るとどれも記憶に残る事柄であり、今年を象徴する出来事であったと思う。
参考URL → 人形(ひとがた)の扱い方

by motokunnk | 2015-12-31 08:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2013年、今年1年を振り返って

今年もあと10数時間で終わりをつげ、2014年がはじまる。12月になると、マスコミや各種団体では今年の10大ニュースを発表しているが、私にとって記憶に残る出来事を考えてみた。
d0183174_8473550.jpg
まずは今年で還暦をむかえ、30数年間のサラリーマン生活に終止符をうってことがある。病気から復帰はしたが、ストレスを貯めないことが再発防止策だといわれ、仕事をしているとストレスなしにはいかないので決断をした。確かに仕事をしていると時々このままでは再発しそうだと思うことは度々あったことも決断する理由だったかもしれない。
2つめは遅ればせながらFacebookを創めたことかもしれない。ボケ防止を第一に老後のコミュニケーションがとれる手段として開設した。友人はそれほど多くないが、それでも近況などがわかるので情報発信はこまめにしているつもりである。
あとは10大ニュースでとりあげられている事柄はどれも記憶に残っているので、参考URLを見てもらえればいいかもしれない。そんな中で趣味の世界の出来事をひとつ。いつのときかは忘れてしまったが、私はとある騎手を応援している。別にファンクラブなどに入っているわけではないので、隠れファンかもしれない。その騎手の名は福永祐一である。
毎年いい馬に騎乗しており、今年はエピファネイアでダービージョッキーの夢が叶えられると思っていたが、ダービーは残念ながら2着となってしまった。エピファネイアは彼が主戦を務めたシーザリオの子供で、本人をしても思い入れがあったと思う。ただその馬は気性がはげしく、レースになると騎手のいうことをきかない馬だった。そのエピファネイアを菊花賞馬に導いたレースは記憶に残っている。
福永祐一にとっても初の牡馬クラシック制覇であり、この馬との出会いがジョッキーとしてより大きく飛躍するエポックとなったのではないかと思う。全国リーディングにもなり、結婚もして公私とも絶好調の1年だったようだ。来年こそダービーをとってほしいものである。
では来年もよろしくお願いします。
参考URL → 読者が選ぶ10大ニュース
参考URL → GoogleZeigeist2013
参考URL → 2013年菊花賞
by motokunnk | 2013-12-31 08:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)

2012年、今年1年を振り返り

今日は大晦日、1年を締めくくる日である。昨年のブログも同じタイトルで書いていた。この歳になると1年があっという間に過ぎていき、昨年の大晦日がつい昨日のように感じてしまうものである。
この1年を振り返り、自分の記憶(はなはだあてにならないが)を巻き戻してみることにする。何といってもこのブログでも何回も書いているが電子ブックリーダを購入したことが一番の出来事である。
雑誌は読むが本はほとんど読まなかった私が電子ブックリーダを購入した読書を開始したことは自己改革の1歩だっとと思う。楽天のKOBOを購入したのだが、今思うとiPadなどを購入したほうが結果的にはよかったのかと思う。KOBOのメリットは電子ブック専門のリーダで値段も手ごろ、重量もてごろなところはうれしいが、街中を歩いてちょっと地図をみたいとか、ちょっとネットで確認したいとかのニーズには応えられない。
タブレットを2台持てばいいといわれるかもしれないが、2台持ち歩くには重さが重要となり、それならば1台2役の別の機種を選択するということになる。
ただ、折角KOBOを購入したので、元がとれるよう読書に勤しむことにして、年末年始にかけて本を購入した。その本は3冊でいずれも映画化(もしくは来年公開予定)されたものである。
d0183174_928552.jpg

1冊目は、6月に開催された電子出版EXPOで凸版印刷のブースで宣伝されていた本が電子ブックとなって販売されてたものである。桜庭一樹の小説「伏 贋作・里見八犬伝」がその本である。そもそも私は「里見八犬伝」を読んだことがないのでどこが贋作なのかその違いがわかないが、この『伏 贋作・里見八犬伝』はそれ自体を読んでもけっこう面白いので、軽い小説としては手ごろなのかもしれない。つい先日映画化されて公開されているので、映画を見た人もいるかもしれない。
2冊目は、本屋大賞にもなった「謎解きはディナーのあとで」である。こちらもネットでみると来年封切りとなるようである。短編が1冊に収められているので、1話ずつ読むことができてちょっと時間があいたときのは手ごろな読物だと思う。
そして3冊目は、「探偵はバーにいる」である。こちらも映画化されているので映画を見た人もいるのではないかと思う。本としてはどれも読みやすいと思うので本を買ってもいいかもしれない。KOBOと電子ブックに明け暮れた1年ではないが、印象に残った出来事といえばKOBOなのかもしれない。
あとは、ロンドン五輪も記憶に残っている。史上最高のメダル獲得、柔道男子は初の金メダル無し、女子バレー28年ぶりのメダル獲得、同じく女子サッカー五輪はメダル獲得などどちらかというと団体種目で日本チームが活躍した印象が残っている。果たして2020年には東京でオリンピックが開催されるのか、答えは来年9月にわかる!
さて今年ものこすところあと十数時間である。来年はどんな1年となるのであろうか。
参考URL → 伏・映画サイト
参考URL → 謎解きはディナーのあとで・映画サイト
※TVと同じ俳優さんが映画出演、フジテレビのおはこのやり方のようだ
参考URL → 探偵はバーにいる2・映画サイト
※なんと、続編も来年公開のようである。
参考URL → KOBOのサイト
※電子ブック購入サイト、リーダもこちらから購入できるが、私の買ったモデルが値下げされている!
by motokunnk | 2012-12-31 09:31 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

今年1年を振り返り

今年も大晦日、1年の締めくくりの日である。TVなどは年末特集番組として1年を振り返ってとし十大ニュースなどを選んでいる。私のこの1年を締めくくるにあたって心に残っている出来事などをつづってみることにしたい。d0183174_9411989.jpgその前に写真であるが、昨日代官山を散歩して撮ったものである。2011年から12年に移ることをシャレも含めて見事に表現しているなあと感心してシャッターを押したものである。皆さんはどう感じたのであろうか。
さて、まず第一に思い出すのは東日本大震災である。金曜日の昼下がり、会社の自席で仕事をしているときのことであった。普段の地震とは異なり、揺れが長時間にわたって続いた。震災訓練のときしか机の下にもぐらなかったのであるが、このときは建物は壊れることはないとは思ったが、天井が落下するかもしれないと思い、机の下にもぐりこんだことを覚えている。
友人のワンセグでは津波の映像がながれており、これはかなりの規模の地震発生ということがうかがい知れた。窓の外では、遠くお台場方面から黒煙が上がっていることを今でもはっきり覚えている。それほどの記憶があった大震災であった。
あれから9ヶ月が経過したが、被災地の映像を見る限り、未だにガレキの山が残っているようである。地震から発生した原発事故及びその被爆の心配はあるとは思うが、ガレキ処理を受け入れる自治体がもっとあってもよいのではと思う年の瀬である。
暗い思い出が東日本大震災だとすると、明るい思い出は何と言ってもなでしこジャパンの女子W杯優勝ではないかと思う。予選でイングランドに敗北したときはまさか決勝まで進むとは思ってもみなかった。準々決勝の地元ドイツ戦の延長時間帯での丸山の決勝ゴール、準決勝での川澄の2得点、そして決勝である。2度アメリカにリードを奪われながら追いつく執念、特に延長後半にワンバクにヘディングを決められたときはここまでよく頑張ったと思ってしまった。
そしてその数分後に宮間のCKに合わせた澤の芸術的なシュートがアメリカのゴールマウスに吸い込まれたとき、そしてPK戦での海堀の神がかり的なスーパーセーブ!。何をとっても全ての選手のベストプレィが凝縮して演じられたアメリカとの決勝戦であったと思う。今夜NHKBSではその再放送がオンエアされるようである。あの興奮をもう一度というファンも多いかと思う。
そしてもうひとつ、マイナーではあるが心に残る事件があった。それはモータースポーツの世界で、それもトップカテゴリーでトップドライバーが事故死してしまったことである。ダンウェルドンとマルコシモンチェリの2人であり、特にシモンチェリはポストロッシの呼び声もたかい将来を嘱望されていたライダーであった。私事で恐縮であるが、このブログでウェルドンの事故死の記事を書いたが、未だにGoogle検索で「ダンウェルドン」と入力するとトップ10以内に表示されていることには驚きである。
日本ではマイナーなインディカーシリーズの出来事であるが、レースの安全性を再度問う重要な事故であったのかと思う。来年は事故のないシーズンであって欲しいと思う。
以上が私のこの1年を振り返ってコメントである。皆さんよいお年を、そして来年もよろしくお願いします!

FIFA女子W杯のページ → JFA特設ページ
by motokunnk | 2011-12-31 09:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今年一年を振り返り

今年もあと数時間となってきた。私にとって今年一年どんな年であったのだろうか。昨年に比べれば、よかったといえるのは当然だが、一昨年と比べたらどうであったか、その答えは見出せない。
ただ、日常生活がそれほど不便なくこなせるレベルになってきたことはいいことかもしれない。さて、週末日課としている近所の散歩であるが、目的もなくただ歩くのでは長続きしないので目的をもって歩くようにしている。他人からみればその目的というのは些細なことかもしれない。最近であれば、代々木公園の見所スポットであったり、神社の狛犬であったりする。その中で「ハチ公」の記念碑が建てられていることを知った。
d0183174_15373271.jpg

写真の右に写っているのがその記念碑である。「ハチ公」は東京帝国大学(現・東京大学)教授の上野英三郎氏が飼っていた秋田犬だった。教授の墓は都立青山墓地にあり、その傍らに記念碑が建てられている。「ハチ公」の亡骸は剥製となっていると聞く。小学校のときに渋谷駅で展示されていたのを見た記憶があるので、記念碑というからには分骨されているのかもしれない。訪れた日は教授の墓に花が飾られ、また掃除道具も用意されているので、参拝する人も多いのではと思ったしだいである。一種ロ6号12側に記念碑はある。向かいには警視庁墓地があるので比較的わかりやすい場所である。
このように青山墓地には多数の有名人、著名人の墓があるようで、今後探索して発見したら紹介して行こうと思う。
さて一年を振り返りというタイトルとはほど遠い内容となってしまったが、私の好きなモータースポーツの世界では、ベッテルがF1ワールドチャンピオンとなったことが記憶に新しい。今年はぶっちぎりでチャンピオンシップを獲得するのではと考えられていたが、最終戦まで4人の候補が残り、その中でのチャンピオン獲得、見事であった。日本人としては小林可夢偉の活躍もうれしい出来事であった。前半戦の不振(マシン熟成不足が原因のようだが)から後半戦の進撃は予想を超えるものであった。
もうひとつの趣味(もっぱら観戦であるが)はサッカーの世界では、Jリーグでは発足当初から応援していた名古屋グランパスが初優勝を飾った。生え抜き選手ではなく、有力選手を補強しての優勝にちょっとした違和感は感じるが勝負事は勝ってナンボの世界であるのでこれを機に常勝軍団を目指して欲しい。
生活面では、沖縄、消費税などの問題からか民主党政権が落ち着かない。個人的には応援したきたのだが、このままでは自民党のほうがよかったと思ってしまうほどのガッカリ感が頭の中で充満している。
来年はどんな年となるであろうか、政治が安定してくれることがまず第一である。民主党には頑張ってもらいたいのだが果たしてどうであろうか。
by motokunnk | 2010-12-31 15:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)