人気ブログランキング |

タグ:大統領選挙 ( 23 ) タグの人気記事

トランプ氏が米大統領に、WBCに向け侍ジャパン始動

誰もが予想しなかった結末であったと思う。昨日は朝からNHK-BS1で放送されていた米大統領選挙の開票速報を観ていた。
開票が始まったころは、解説者もクリントン氏有利と言っていた。たしかに激戦区(フロリダなど)といわれた州の開票をみてもトランプ氏を僅差でリードしていた。
それが徐々に開票がすすむにつれてトランプ氏が得票を延ばしはじめ、獲得選挙人の数もクリントン氏を引き離す展開となった。午後にはいるとその差は顕著となり、クリントン氏がカリフォルニア州で勝利し一時的に逆転したものの激戦州は終始トランプ氏がリードして最終的に270名の選挙人を獲得した。
d0183174_09304887.jpg
トランプ氏が来年から大統領となり、米国のかじ取りをするのだが、政治経験、外交経験なしの人間に果たしてかじ取りができるのであろうか。公約をみても実現するのが困難なものばかりであり、今後の手腕が見ものである。
ビジネスマンとしての才能に期待するといっても不動産王としては超一流であるが、それも米国内の不動産市場を席捲しただけで、海外市場に進出したわけではないと思う。
グローバル社会はさけられないなか、果たしてアメリカ一国でどんなことができるのであろうか、お手並み拝見である。
話はかわり、侍ジャパンが来春のWBC本番を見据えての強化試合がはじまる。メキシコ、オランダとの連戦である。今回の侍ジャパンはMLB選手を招聘していないNPB所属のメンバーで構成されているが、本番では田中将大、前田健太などのMLB所属選手も必要となろう。
d0183174_09304053.jpg
小久保監督から4試合の先発投手が発表され、10日は武田、11日野村、12日石田、13日石川となった。日本ハムから選出された増井、宮西はブルペン待機となり、増井は先発が早い回で降板した際のロングリリーフの役目を言われているそうである。
大谷翔平についてはペナントレース、日本シリーズの疲れも考慮され、この4試合は打者としての登場となることが決まっている。代打での切り札としての使われ方になるであろうが、ちょっとすると1試合程度はDHでの出場があるかもしれない。
先発で起用されるのは中田翔となろう。何番をまかされるか注目である。また初選出の大野翔太も何試合か先発マスクをかぶる可能性がある。パリーグ所属の投手が先発する試合の可能性があるのでひょっとすると今日の試合の先発には日本ハムの2選手が先発メンバーに名を連ねるかもしれない。
今日午後7時、東京ドームでプレイボールであるがその時間が待ち遠しい。

by motokunnk | 2016-11-10 09:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

道路陥没事故、米大統領選挙、そしてゴールデングラブ賞

昨日は朝のニュースからこの話題で持ち切りであった。博多駅前の道路陥没事故である。ニュースでは道路が陥没するシーンが映し出されており不謹慎な言い方ではあるが迫力のある映像であった。
d0183174_08395766.jpg
福岡市の発表によれば、市営地下鉄の延伸工事が原因だそうだ。NATM工法でトンネル工事をしていたそうで、どうも事前調査が不備であったという。福岡市は以前にも同種の陥没事故を起こしているそうで、事前調査が十分でなかったようだ。
都市の地下には何が埋まっているかわからない。最近工事したものであれば、正確な図面が残されているが、昭和30年代の工事では今ほど正確に図面化されていなかったようで、地下ケーブル配線など、1m以上も図面とずれて配線されていたという事実もあったという。今回の陥没事故は大規模、繁華街という目立つ場所であっただけに早急な復旧工事と原因追及が望まれる。
さて海の向こう、米国では大統領選挙が行われ、日本時間で午前9時から開票作業がはじまる。稀にみる不人気候補同士の決戦とあってTV討論会ではお互い足の引っ張り合いであった。
d0183174_08400430.jpg
事前の世論調査ではクリントン氏が若干有利と言われているが、選挙は水物、どちらの候補が勝利するかは最後までわからないようである。
プロ野球の世界では守備の達人に贈られるゴールデングラブ賞が発表された。日本ハムからはパリーグ最多となる、大野、中田、陽の3名が選出された。得票結果をみると、田中賢介や西川もそれぞれかなりの得票を得ており後一歩で受賞というところであった。
来年は陽岱鋼は他球団の選手となりそうなだけに新たな選手の出現を期待したい。岡大海など外野に定着すればゴールデングラブ賞に値する守備は魅せているのだが、問題は定着できるかである。

by motokunnk | 2016-11-09 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

プロ野球ドラフト会議、今年は豊作のようだが

今日夕方、プロ野球ドラフト会議が行われる。今年はどんなドラマが起こるのか楽しみである。昨年は高山外野手を指名したヤクルト、阪神がくじを引き、真中ヤクルト監督が間違えてしまった経緯があった。d0183174_08502551.jpg
今年はこのようなことがないようにするそうである。昨年から創価大・田中投手の評判が高いが今朝の新聞では最大8球団が指名するだろうとも言われている。果たしてどの球団が射止めるのであろうか。
日本ハムの栗山監督は取材で明言は避けたが、投手を1位指名するとのこと、毎年1位指名はその年で話題になった選手を指名しているだけに創価大・田中投手を指名しそうである。
ドラフト会議で思い出すのは1012年である。MLB志望だった大谷翔平を単独指名し、プレゼ資料も用意して入団させた日本ハム、このことが今年のリーグ優勝に結びついているだけにドラフト会議で指名することも重要な戦力補強である。
果たして創価大・田中投手はどの球団が指名権を獲得できるのであろうか。
今日は米大統領選挙の最後のTV討論会である。前回の討論会ではお互いの候補が政策論争ではなく、誹謗中傷論に偏ってしまっただけに今回は「移民」や「経済」、それに「海外の紛争地」や「大統領としての適性」など、6つのテーマについて論戦をしっかりとしてほしいと思う。
またお互いの候補が足の引っ張り合いをするのでは米国大統領としての資質を問われてしまうような気がする。

by motokunnk | 2016-10-20 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

米大統領選、トランプ候補の痛手となるか、そして日本ハムは紅白戦

後1か月にせまった米大統領選挙、クリントン氏、トランプ氏いずれの候補が大統領となるのか予想が難しい状況のようだ。そんな中、トランプ氏に不利な報道が続いている。
TV討論会でクリントン氏に指摘された確定申告の公表問題、それに対する「税逃れは賢い」という文言に対して批判のキャンペーンがはられている。
d0183174_09275142.jpg
時期を同じくしてトランプ氏の慈善団体「トランプ財団」が、適切な認可をを受けないまま寄付金集めや勧誘活動をしていたことが州法に違反するとして、州内での活動を差し止める命令が出されてしまった。
トランプ氏については暴言でも問題が露見しており、9日に開催される第2回目のTV討論会でどんな発言をするかが注目である。失言を繰り返して一気に人気下落となってしまう可能性もある。
先日パリーグ制覇した日本ハムの栗山監督インタビューを聞いていて納得することがあった。それはインタビューアーの「何故大谷翔平をほめないのか」という問いに対しての答えであった。
「100の才能がある選手が80の才能を出して完封したとしても人は褒めないのと同じで大谷翔平の能力は計り知れないものがある。それで私は褒めないことでその才能を極限まで出させようとしている。ただ優勝決定の試合で大谷翔平は100%近い能力を発揮したと思うので褒めただけだ。」
こんなニュアンスのことを発言していたと思う。大谷翔平の能力は計り知れないレベルにあることを暗示しているようにも思え、今までのプロ野球選手という枠では測れない規格外の能力を持った選手といえるかもしれない。
その大谷翔平、今日の非公開の紅白戦で登板するようである。どんな投球をしてくれるのか注目である。

by motokunnk | 2016-10-05 09:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

大統領選挙のTV討論会、東京五輪施設計画変更か

史上初とも言われる不人気候補同士となった米大統領選挙恒例のTV討論会の第1回目が行われた。お互いに相手候補の弱みを引き出し支持率を低下させようとする戦術だったようで、トランプ氏はクリントン氏の私用メール流用事件を取り上げ、クリントン氏はトランプ氏が確定申告文書を公開していないことに疑問をはさんだ。
d0183174_08215610.jpg
ただどちらが有利だったかというと、メディア関係者はクリントン氏優勢との判断であったが、ネットの世界ではトランプ氏有利の声も多くあり、決定的な差はつかなかったようだ。2回目そして最終のTV討論会、どちらの候補が有利にすすめるか、はたまた失言してしまうか注目である。
豊洲市場移転問題に決着していない東京都であるが、今度は2020年東京五輪施設建設に変更がうまれそうである。新聞によれば、カヌー・スプリントやボートの競技会場になる東京湾岸の「海の森水上競技場」を含む複数の施設について、建設中止を含む抜本的な見直しを提言することがはっきりしたそうだ。
他にも整備費683億円の水泳会場の「オリンピックアクアティクスセンター」(江東区)、404億円が投じられるバレーボールの「有明アリーナ」(同)などについても、予算が当初計画を大幅に上回り、代替施設の検討がささやかれているようである。コンパクト五輪が売りの東京五輪であったが、開催施設が点在してしまう可能性がかなりの確率でおきそうな事態となっているようだ。
日本ハムのパリーグ制覇はお預けとなってしまった。昨日の西武戦、0-3で負けてしまい、優勝は今日の試合に持ち越しとなってしまった。今日の先発予定は大谷である。西武戦は今季2連敗と相性はよくないが、いずれの試合も春先だったので参考にはならないと思う。今日の試合、高校の先輩である菊池との投げ合いとなりそうだが、先制点をとられることなく最終回まで投げ切って見事栄冠を勝ち取ってほしい。

by motokunnk | 2016-09-28 08:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)

7月の日本ハムは連敗ゼロ、米民主党大会では

首位を追いかけるチームにとっての避けなければいけないことは連敗しないことである。その意味で昨日の西武戦は重要な試合であった。西武の先発は岸、7月に入り2連勝と好調である。
岸に対して日本ハムは勝ってはいるがいずれも苦戦しての勝利、特に前回6月27日はこの試合と同じメンドーサ対岸の対決であった。先にメンドーサが攻略され、3-7とリードされてしまった試合であった。
7回に大逆転したものの岸を打ち崩したイメージはなかった。立ち上がりの岸は制球もよさそうでまずまずの投球であった。一方のメンドーサもまずまずの序盤であった。
試合が動いたのは2回、一死後大谷が出塁すると二死となってから岡がヒットでチャンスを拡大(岡は岸との相性がよいようでプロ入り初ヒットを岸から打っているという)、二死1、2塁から大野がレフトにタイムリーを放って先制した。
一方の西武は3回に連打で無死1、3塁のチャンスをつくったが、後続が三振、併殺に倒れメンドーサは無失点におさえた。この日の西武は攻撃がチグハグで日本ハム守備陣に合計5併殺をきっしてしまった。
ピンチの後にはチャンスありの格言通り、4回に中田、大谷の連続2塁打で2-0とリードを拡げた日本ハムであったが、その裏に中村のタイムリーで2-1とされてしまった。
試合は小康状態となり、7回からは両チームともブルペン陣の勝負となった。谷元、宮西、マーティンと無安打リレーをした日本ハムに対して西武は野田、大石までは無失点に切り抜けたがセットアッパーとして安定した投球を魅せていた牧田からレアードが値千金の26号をはなって待望の3点目をあげ、最終回にも陽岱鋼の犠飛で4点目、これで勝利を決定づけた。メンドーサはこれで7勝目、2年連続しての2桁勝利が実現しそうなここ数試合の好投劇である。
d0183174_09082733.jpg
d0183174_09083504.jpg
20打席以上ヒットがでなかった田中賢介であったが、第3打席にレフト前に運ぶとそこから3安打で猛打賞、完全復活を印象づけた。大谷翔平も3安打と打撃は好調を維持し、打点も自身過去最高を記録した。最近不調だったレアードにも1発がでて打線はどこからでもチャンスがつくれそうな気配である。
そして今日の先発は吉川である。吉川といえば開幕直後の西武戦で序盤に8失点してしまった嫌な思い出が頭をよぎる球場である。
ここ数試合も投球内容は決して安定しているとはいいがたいがここは打線が先制して吉川をリラックスさせる試合展開がベストであろう。
米国では民主党大会がはじまり、予備選挙で戦ったサンダース氏がクリントン氏の応援演説をした。共和党のクルーズ氏は大会で演説はしたがトランプ氏を応援するとは決して言わなかった。これに対してサンダース氏はクリントン氏を応援し、トランプ氏を打倒しようという文言をいれて明確にクリントン支持を明らかにした。
サンダース氏を応援した支持者の中にはトランプ氏に投票すると意思表明している人も多くあり、民主党としては結束してクリントン氏支持を表明したものの支持者の囲い込みは11月までの課題として残りそうだ。
クリントン氏が大統領となるには、サンダー氏を支持した人をどれだけ多く取り込めるかにかかっていそうである。

by motokunnk | 2016-07-27 09:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

未明を騒がす大事件、民主党大会がはじまった

今朝、寝ながらニュースを観ていると、ニュース速報で「相模原で障害者施設が襲われた」と流れていた。すぐにキャスターの人が取り上げて簡単に今わかっていることを話したが、侵入者は刃物で多数の人を殺傷したようである。
d0183174_08395796.jpg
午前2時半の出来事というから被害者は就寝中であったと思う。犯人は自首してきたようで元施設の職員だったとか、今後事件の真相が解明されるであろうが何とも猟奇的な犯罪である。
さて米国大統領選挙に向けて先週の共和党大会に続いて民主党大会がはじまった。クリントン氏が民主党の大統領候補に選出されるわけで、すでに副大統領候補にもケイン上院議員が指名される予定である。
d0183174_08400787.jpg
11月の大統領選挙にむけてクリントンvsトランプの熱い戦いの幕があくわけだ。どちらも党内一致団結して選ばれていないだけにたいへんであろう。サンダース氏が大会でクリントン氏支持を訴える演説をするそうだが、サンダース氏を支持した人たちは大会会場でデモをしているようだし、民主党の全国委員長のワッサーマンシュルツ氏が全国大会後に辞任するとの報道もあり、民主党も決して一枚岩ではないようだ。
クリントン、トランプどちらの候補も積極的に投票するというモチベーションがわかない候補のようでどれだけ支持を拡大できるか、不支持をへらすことができるかにかかっているようだ。
参考URL → 障害者施設で入所者刺される
参考URL → 民主党大会始まる

by motokunnk | 2016-07-26 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ジブリの大展覧会と2つの選挙

ジブリの大展覧会が六本木ヒルズで開催されている。天空のラピュタの模型も展示されているとのこと、先週に観に行ってきた。夏休み前に出かけようと観にいったのだが、会場の六本木ヒルズ・スカイギャラリーはけっこうな人で盛況であった。
d0183174_09033032.jpg
d0183174_09032274.jpg
展示してあるポスターな新聞記事など、立ち止まって観るのが憚れる程度の込み具合であった。展覧会の大部分は撮影不可であったが、最後のパートは撮影可であった。そこには天空の城・ラピュタで描かれていた飛行船がモデル化されており、浮き沈みしながら観客(撮影する人)を出迎えてくれる演出はなされていた。ジブリファンには素晴らしいプレゼントをもらったような気分であった。
さて米大統領選挙、共和党の党大会がはじまった。トランプ氏が指名を得るのは間違いなさそうだが、ブッシュ親子など共和党を支えてきた大物が欠席する大会のようだ。そんな中でちょっとした問題(大問題となるかもしれない)がおきたようだ。
それは人気回復を狙ったのか、トランプ夫人が登壇して演説を行ったまではよかったのだが、その演説内容が問題となった。2008年に大統領となったオバマ大統領夫人がその党大会で演説した内容と良く似ており盗作の疑いもでてきているという。人気回復策がとんだ波紋をよんでしまったトランプ氏、今度はどんな手をくりだすのであろうか。
一方、首都東京の首長を決める都知事選挙、マスコミ各社の第1回の調査が終わり予想が発表された。小池さん、鳥越さんがトップを争いそれを増田さんが追う展開だそうだ。
ただ、小池さんの発言を鳥越さんがきびしく追及しているが、ガン患者の再発率はけっこうな数字であり、都知事という激務、76歳という年齢、4年の任期を前職2名が果たしていない現状を考えると今度の知事には4年間を全うしてほしいと思う。知事人気満了の際には80歳となる鳥越さん、やはり投票するには年齢がネックとなってしまう。
プロ野球、パリーグが面白くなりそうである。ソフトバンクが後半戦連敗スタートである。それも2試合連続して無得点、オリックス投手陣の踏ん張りもあるがちょっと歯車がかみあっていないようだ。
これで日本ハムとのゲーム差は4.5、今日の日本ハムの試合に注目である。吉川が先発する楽天戦、午後1時帯広でプレイボールである。

by motokunnk | 2016-07-20 09:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

米大統領選候補決定、交流戦も中盤戦

米大統領予備選挙の最後の山場となったカリフォルニア州他の予備選挙が終わり、民主党の大統領候補にクリントン氏が選出されることが決定した。d0183174_09041032.jpg
7月の党大会で正式決定されるのでサンダース氏はまだ選挙戦を続行するようだが逆転勝利は望めない状況だ。クリントン氏が選出されることで民主党・クリントン氏と共和党・トランプ氏が大統領の座を争うことになる。
この両候補、よく似ている側面を持っている。まず第一は党内をまとめきっていないことである。クリントン氏は党内左派勢力をまとめることはできずにサンダース氏を応援する勢力を掌握することができていない。今後どこまでまとめあげるかが選挙戦を有利に戦ううえで重要だ。
一方のトランプ氏も共和党主流派に根強い反発がある。あくの強さが毛嫌いの原因ともいえるが、かえってその強さが支持されている部分もある。
そして決定的なのは両候補とも米国民に嫌われていることである。世論調査では半数以上が嫌いと回答しているという。嫌いでないほうの候補を選ぶという消極的な選挙となる様相が高い。
日本にとってみればオバマ路線を当面は継承していくであろうクリントン氏が大統領に選出されることが望ましいのであろうが、果たしてどんな結果となるのだろうか。
プロ野球交流戦に突入してもイマイチ調子のでない日本ハムである。接戦をものにできていない(2点差以内の敗戦が19もある!)のが不調の原因である。昨日は高梨が今季初先発のマウンドにあがった。一方の広島はジョンソンである。こちらはセリーグハーラートップの6勝をあげているだけに日本ハムとしては苦戦が予想された。
高梨は調子がいいようで広島打線をおさえていたが、4回につかまってしまった。2本の2塁打で先制点を奪われ、二死2塁からライト前にヒットを打たれた。2点目もやむなしと思ったが、この日から復帰した杉谷の好返球で2点目を阻止することができた。
このプレイがよかったようで、その裏ジョンソンから連打、盗塁で一死1、3塁のチャンスをつくると、大野がきっちりスクイズを決めて同点に追いつき、つづく一死満塁のチャンスで陽岱鋼がライト前にタイムリー、西川の押出し四球もあり3-1と試合を逆転した。
d0183174_09041890.jpg
日本ハムは早めの継投でその後の失点を1点におさえ、味方打線は8回にまたまたスクイズで貴重な追加点をあげて4-2で勝利した。これで交流戦にはいってからの成績は4勝4敗の五分、今日の試合に勝越しをかけることになった。
交流戦も今日が終了すると折り返しである。出だしはもたつきが目立ったパリーグもこのところは勝ちはじめ昨日段階で26勝21敗1分と5つ先行している。やはり地力が違うのか巨人が6勝2敗と気をはいている以外の5チームはすべて負け越している。
d0183174_09042652.jpg
セリーグの奮起を期待したいが果たして今日の結果はどうなるのであろうか。パリーグがリードを拡げるか、セリーグが縮めるか注目である。個人的にはDeNAがソフトバンクに一矢報いるかどうか注目している。

by motokunnk | 2016-06-09 09:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

レアードの月間MVPを祝せず有原3連敗、ようやくクリントンさん指名獲得か

日本ハムのレアードがプロ野球5月の月間MVP(パリーグ打者部門)を獲得した。本塁打(12)、得点(19)、塁打(68)、長打率(.791)がリーグトップの成績である。
d0183174_09074820.jpg
文句なしの受賞であったと思う。本人は初受賞、日本ハムでは通算67度目の受賞で、昨年4月度の大谷翔平投手以来、野手としては2012年9月度の糸井嘉男選手以来、外国人野手としては2006年9月度のフェルナンド・セギノール選手以来となるという。
さて旭川スタルヒン球場で開催された昨日の試合、スタルヒン生誕100周年記念試合として行われ、始球式は孫娘のナターシャさんが行った。
d0183174_09075594.jpg
試合は連敗中の有原が先発、2回に月間MVPを受賞したレアードの先制タイムリーで日本ハムがリードしたが、すぐに広島に同点に追いつかれてしまった。得点した後のイニングはゼロに抑えることが勝利への近道であるが、嫌な流れであった。
昨日の有原は前回登板に比べて丁寧に投げていたように思えたが、5回に被弾された球は不用意だったと思う。それでも7回無死1塁のピンチで次打者のバントを2封したのはお見事であった。勝利への執念が感じられるフィルディングであった。
d0183174_09080405.jpg
しかし結果は勝利につながらなかったが、断面をみる限り、大谷翔平も最後に16試合連続安打を放って1点差に詰め寄るなど勝利への執念はチーム全体で感じられた。しかし1点差の敗戦が多すぎると思う。野球は勝ってなんぼのスポーツであるので、接戦での敗戦は一番ダメージが残りそうだ。
今日の先発は高梨である。キャンプから先発候補と言われていたが、ようやく先発の順番がまわってきた。ここでいい投球をして勝利することで先発の椅子を確保できるかもしれないと思う。頑張って勝利へ導いてほしい。
アメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びで、アメリカメディアはクリントン前国務長官が代議員の過半数を確保し、党の指名を獲得することが確実になったと伝えた。有利といわれてきたクリントン氏がようやく指名を獲得できたことで、共和党のトランプ氏との一騎打ちの様相である。
d0183174_09074020.jpg
アメリカで主要な政党の大統領候補に女性が指名されるのは初めてであり、アメリカ初の女性大統領誕生が現実のものとなるかもしれない。
これで共和党のトランプ氏との一騎打ちとなりそうだが、両陣営とも身内を固める(党内にはかなりの反発があるようだ)のに一苦労しそうである。大統領選挙までまだまだ選挙戦は厳しさをまして続いていく。

by motokunnk | 2016-06-08 09:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)