人気ブログランキング |

タグ:女子サッカー ( 19 ) タグの人気記事

ロンドン五輪/なでしこジャパン、4強へいざ聖地ウェンブリーへ

いささか寝不足である。未明に行われた女子サッカーの準々決勝を見てしまったからである。試合はマスコミ報道では快勝と伝えられているが、どちらが勝ってもおかしくない試合内容であったと思う。
ブラジルは当初の予想とは違うフォーメーションで戦いを挑んできた。3-5-2ではなく、4-3-3であった。その結果、3-5-2を想定していたと思われるなでしこジャパンは前半はほとんどボールを支配できずに、ブラジルの猛攻を耐える展開となってしまった。
それでも決定機は1、2回であり、GK福元以下、DF岩清水、熊谷の判断のよい動き出しでピンチを防いでいた。そして、前半27分に中央付近で得たFK。沢の素早い蹴りだしに反応した大儀見が相手ディフェンスラインの裏に飛び出してGKとの1対1を冷静に判断して先制ゴールを決めた。
考えてみれば、ねでしこジャパンの決定的なチャンスは前半はこの1回だったような気がする。ワンチャンスをものにしたなでしこジャパンの成長に感心した前半であった。1点先取して落ち着いたのかなでしこジャパン本来のパス回しがでるようになり、前半の後半部分は安心して試合をみることができた。
ハーフタイム後の後半が開始される。またまた前半開始直後と同様にブラジルに攻め込まれるが、決定機までいくことはそれほどなかった。1点のリードがこれほどチームに余裕を与え、ブラジルチームにあせりを感じた。そして、2点目もカウンターからであった。
自陣でゴールを奪取したねなでしこジャパンはFWの大儀見にパス、そして大儀見がワンタッチで前を走る大野にスルーパス、そして大野が相手DFを交わしてシュート、見事にゴールネットを揺らして2点目が入った。
その後は安定した守備もあり、晴れてベスト4に進出である。予選リーグの3試合目で引き分け狙いの試合をしたことで批判をあびた佐々木監督、面目躍如である! さあ準決勝はサッカーの聖地ウェンブリーでのフランス戦。直前の練習試合で敗戦を喫しているだけに是非リベンジして、多分アメリカがでてくるであろう決勝戦で五輪でも金メダルを獲得してほしい。
数日前のスポーツ新聞で熊谷のこんな記事がでていた。親友との約束が果たせる舞台での活躍も期待したい。

サンスポ → なでしこ4強!大儀見V弾でブラジルに快勝
スポニチ → “旧友”の無念晴らす!熊谷、ブラジル戦へ必勝を誓う
オリンピック委員会 → ウェンブリー・スタジアム
by motokunnk | 2012-08-04 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロンドン五輪/なでしこジャパン、カナダ戦に勝利

ロンドン五輪開会式前から、サッカーの競技はスタートするようである。昨日、女子サッカーの予選リーグが揃って開催され、ロンドン五輪の幕が切って落とされた。
なでしこジャパンの初戦の相手はカナダ、世界ランク7位の強豪である。なでしこジャパンが世界ランク3位なので、果たして強豪といっていいのかは迷うところであるが、身長などの体格面ではなでしこジャパンは劣っており、試合は何があってもおかしくないと戦前のマスコミでは言われていた。
試合は今朝未明に行われたので生では見ていないので、新聞などの論評からの感想であるが、初戦としてはまずまずの結果がでたようである。
勝因としては、大野をFWに川澄を左MF、宮間を右MFに配置したことをあげている論評が多い。確かにINAC神戸では大野がFWで川澄はMFである。慣れたポジションでの五輪初戦を戦わせるという佐々木監督の作戦だったのかもしれない。その大野と川澄で先制点を取ったのであるから作戦がまんまと的中したようである。
その後も前半で2点をあげて、後半の失点を1点におさえてカナダ戦勝利、非常にいい滑り出しといえる。第2戦はスウェーデン戦である。これに勝利して予選1位通過をして決勝トーナメントに進出してほしいものである。
そして今日は男子サッカーの初戦である。こちらは優勝候補のスペインとの対戦である。なでしこジャパンの勢いでどこまでスペインに食い下がれるか見ものである。

Google News → 検索結果一覧
by motokunnk | 2012-07-26 19:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパンの五輪組み合わせが決定

NHKのニュースでも取り上げられていたのでビックリである。それもロンドンからの生放送で抽選風景が映し出されていた。それほど注目されているのであろう、確かに日曜日になでしこリーグで沢が復帰したことも夜のニュースで取り上げられていた。
なでしこジャパンは予選リーグではシードされて、英国、米国とは対戦しないことが決まっていたが、悪くすればブラジルやスウェーデンと同一の組となってしまう可能性もあった。
さて、決勝までの道筋である。予選は3グループで上位2チームは決勝トーナメントに進出でき、3位の中から勝点トップの国が残された1枠に入り、8チームで決勝トーナメントを戦うそうだ。
なでしこジャパンのいるF組はカナダ(7位)、スウェーデン(5位)、南アフリカ(65位)となった。過去の対戦成績を見ると5分の国がカナダとスウェーデンであるが、ワールドカップ優勝後のなでしこジャパンの進化を思えば、予選突破は問題ないのではないか。ただし油断は禁物である、18人に絞られるメンバーはなでしこジャパンの誇りを持って金メダル獲得目指して頑張ってほしい。
ちなみに男子代表は、スペイン、ホンジュラス、モロッコと同じD組に入ったそうである。

日刊スポーツ → なでしこ同組カナダ、南ア、スウェーデン記事を印刷する
日刊スポーツ → 女子五輪1次リーグ 組み合わせ一覧
スポニチ → 関塚ジャパンはスペイン、ホンジュラスなどと同組
by motokunnk | 2012-04-24 20:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、キリンカップ優勝!

昨日の女子サッカーキリンカップ、なでしこジャパンvsブラジル戦を見て、なでしこジャパンの強さを再認識したファンも多かったと思う。それほど昨日のなでしこジャパンはたくましく、強かった。
試合は前半13分にブラジルのオウンゴールでなでしこジャパンが先制した。宮間のFKをDFがクリアミスした結果のオウンゴールであったが、宮間のFKがゴール前のいやらしいところに上がったのがオウンゴールを引き出した要因と考えるのがいいのかもしれない。それほど宮間のFKは素晴らしかった。
前半のロスタイムにブラジルの直接FKで同点にされたが、後半は一方的な試合展開であった。まずは宮間のCKに永里が頭で合わせて勝ち越すと、その数分後には永里のシュートを相手GKが弾いたところに宮間が飛び込んで3点目、そして終了間際に近賀のクロスに菅澤がスライディングで足に併せて4点目! 終わってみれば4対1でアメリカを総得点で上回り、キリンカップに優勝してしまった。
試合前に佐々木監督が4点とって優勝しますということを言っていたが、有言実行してしまうところになでしこジャパンのすごさを見てしまった。1対1でもあたり負けない選手が多かったこと、沢を欠いても戦力が落ちなかったこと(レギュラーと準レギュラーの差がほとんどなくなっている)などなでしこジャパンはワールドカップ優勝後に着実に進歩していることが感じられる。特にキリンカップの2連戦でそのことを実感したファンも多かったのではないか。ロンドン五輪が楽しみになってきたキリンカップであった。

わくサカ → なでしこ、ブラジルに4得点でキリンチャレンジ杯優勝
by motokunnk | 2012-04-06 19:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、米国相手に惜しい引き分け

昨日の仙台で開催されたキリンカップのなでしこジャパンvsアメリカ代表戦は1対1のドローであった。昨年のワールドカップ決勝、先日のアルガルベカップ戦のアメリカ代表戦と比較しみることにする。
まず、ワールドカップのときはボール支配率で圧倒的に負けていた。そして試合も2度のリードを挽回してのPK勝ち。どちらかというと運がよかったと言えそうな試合であった。
アルガルベカップのアメリカ戦はワールドカップのときと比べると、ボール支配率などはまだアメリカ代表が半分以上であったが日本もチャンスメイクはできてそれが90分間での勝利に結びついた。
そして昨日の試合である。少なくとも前半は5分以上にアメリカ代表と互角以上に戦っていたように思えた。その結果として近賀のゴールが生まれたのだと思う。そして後半はアメリカがボールを持つ時間が増えたが、日本もカウンター攻撃でアメリカゴールに攻め込み、川澄のシュートの精度がよければ2点目というシーンを演出した。
しかし、一瞬のスキをモーガンに決められて、結果は1対1の引き分けとなったが、収穫も多い試合だったと思う。ワールドカップ優勝の立役者の沢と岩清水を欠いての引き分けであるから、佐々木監督としても大満足の結果だったであろう。次のブラジル戦が楽しみである。

サンスポから → 川澄「金」の輝き!なでしこ、米国とドロー
サンスポから → ノリさん上機嫌「W杯決勝よりもよかった」
by motokunnk | 2012-04-02 19:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

アルガルベカップ決勝は実りある敗戦

女子のサッカーは日程がタイトである。1日おきに試合が開催されている。昨日はドイツとのアルガルベカップ決勝が行われた。結果は周知のとおり、後半ロスタイムに決勝ゴールを決められて、惜しくもなでしこジャパンは準優勝に終わった。
ただ、主将の宮間は昨年の沢に引き続いて大会のMVPを獲得した。なでしこジャパンも脱澤穂希が加速していくかもしれない。そう思える試合内容であった(と偉そうなことをいう資格はないが)。
さてアルガルベカップというのは変則的なグループ分けをしており、これも開催するポルトガルに配慮したグループ分けと言われている。グループCにはポルトガルがいるので、必然的にグループAとBにランキング1桁の国がはいり、その結果A、Bそれぞれの1位チームが優勝を争い、2位チームが3位を争うのだそうだ。
これもポルトガルを強化しようとする思惑からでてきているようである。このあたりはウィキペディアにも詳しくでている。
ドイツには負けてしまったが、なでしこジャパンはレギュラーと控えの差が着実に埋まってきているようで、今回もレギュラー陣を温存した(いろんな選手を試したというのが正解であろう)状態でも見劣りすることはない試合内容であった。本番のロンドン五輪が楽しみになってきたと感じた大会だったといえる。

アルガルヴェ・カップ → いつものウィキペディア
日本サッカー協会 → アルガルベカップ特設ページ
by motokunnk | 2012-03-08 19:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、アルガルベカップでアメリカから90分で初勝利

なでしこジャパンがまたまた快挙というべき仕事をやってのけた。今まで90分の試合時間では1度も勝利したことがなかったアメリカに1-0で勝利したのである。
それも大黒柱の沢が試合直前の体調不良でベンチ入りもできない状況での勝利は非常に価値があるように思う。この大会から沢にかわり主将となった宮間の談話ではアメリカチームはドイツW杯のときとは雲泥の差があり、身体にキレがなかったという。
確かに試合前半しか見なかったが(睡魔にはかてずに寝てしまった)、その間W杯に比べて、なでしこジャパンはボールの獲得率は高かったように思うし、解説もそのような話をしていた。唯一のピンチはFKからヘッディングでゴールされたことぐらいであった。このゴールもオフサイドでノーゴールとなったが、ピンチといえるのはこの程度であった。
新聞によると後半はけっこう押されたようであるが、途中出場のMF高瀬のヘディングで先制点をあげ、その1点を守りきっての勝利、レギュラーとはいえない高瀬が決勝点をあげた点や、沢抜きでも戦えたことなど実り多いアメリカ戦であったといえる。
決勝はドイツと決まったそうであるから、W杯の再現をドイツ戦でも見せて優勝を勝ち取ってロンドン五輪へのはずみをつけてほしいものである。

スポーツ報知 → なでしこ、米国に初!90分勝ち!
by motokunnk | 2012-03-06 19:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

女子選手初の快挙、沢が最優秀選手!

全国のサッカー担当記者の投票による2011年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に、女子日本代表の沢穂希が選ばれた。
これは史上初のことだそうだ。投票総数202票のうち、澤は138票を集めた。2位は長友佑都(インテル・ミラノ)とレアンドロ(柏)で14票。香川真司(ドルトムント)が6票で4位だったそうだ。
ダントツでの最優秀選手賞獲得である。沢のことだから、謙虚に自分がうまいのではなく、まわりが助けてくれたから受賞できたというであろうが、まだまだ女子サッカーは世間ではブームとしてしかとらえられていない気もするので、ロンドン五輪でまたメダル獲得してブームをブームだけでなく、しっかり根付かせて欲しい。
それが沢の役割だろうと思うし、本人もそのことがよくわかっていると思う。おめでとう沢穂希、そしてがんばれ沢穂希!

新聞記事 → 沢、女子選手初の年間最優秀選手
by motokunnk | 2012-01-27 19:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

これはすごいこと、FIFAの3賞を独占!

今朝未明に開催された国際サッカー連盟(FIFA)の2011年年間表彰式で、日本に3つの栄誉ある賞が与えられた。d0183174_19253019.jpg澤の最優秀選手賞は確実との予想が日本では流れていたのでまず受賞するであろうと思っていた。
また監督賞に選ばれた佐々木則夫もなでしこジャパンを率いて女子W杯で優勝したのでそれほどの驚きはなかった。一番ビックリしたのは日本サッカー協会がフェアプレィ賞を受賞したことである。確かに男子代表がアジアカップで優勝したこと、そして女子代表がW杯で優勝したことは勿論であるが、受賞理由に「3月11日の東日本大震災からの復興の焦点として特に若者の間でサッカーを後押しした功績」があげられていた。
東日本大震災は全世界に地震・津波の恐怖を教えたことは間違いない。それを支援する動きもサッカー界を問わず、世界中で、また色々な業界で取り組んできている。女子W杯で試合が終わると、選手・スタッフが東日本大震災支援のお礼が書かれた横断幕をかかげてお礼の意味もあり、グランドを一周まわっていた姿を思い出す。
それらの活動が評価されてのフェアプレィ賞受賞であったのかと思う。新聞では号外が出されるほどのビッグニュースとなった。
澤の座右の銘が「夢は見るものでなく叶えるもの」という。この夏のロンドン五輪でも一番輝く色のメダルが期待できそうである。女子の世界で連続してW杯と五輪のチャンピオンとなった国はないという。是非なでしこジャパンが初のダブル世界一を達成して欲しいものである。

THE WALL STREET JOURNAL → 澤選手にFIFA最優秀賞、日本に栄誉ある3賞
by motokunnk | 2012-01-10 19:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

五輪切符決定、北朝鮮戦には惜しくもドロー

生放送は見ていないが、後半ロスタイムに同点ゴールを決められて、1-1の引き分けとなりロンドン五輪の切符は御預けとなってしまった。
ただ、ネットニュースでの情報を見る限り、試合は前半開始直後はなでしこジャパンのペースだったが、その後は北朝鮮にペースを握られて防戦一方だったようである。
後半の先制点もFW永里のシュートがGKにセーブされたが、そのボールが北朝鮮DFにあたってのオウンゴールでラッキーなゴールと言えばゴールであった。これで試合に勝っていたら、オウンゴールしてしまった北朝鮮のDFは祖国に帰れなかったのではないかのではと思う。
まあ、結果はドローとなってしまったが、未だにグループ首位の座は守っているわけで、日本時間午後8時から行われる中国VSオーストラリア戦でオーストラリアが勝つか、引き分けると日本のオリンピック出場は決定するわけで、他力本願ではあるが今日決定の道も残されているわけである。
午後10時には結果がわかっているので、その頃のニュースを楽しみにすることにする。

新聞記事から → Google News記事一覧

私の関連するブログ → 今度は五輪最終予選、なでしこジャパン初戦は3-0
私の関連するブログ → なでしこジャパン、韓国戦は2-1、これで2連勝
私の関連するブログ → ロンドンへ1歩前進、なでしこジャパン、豪州に1-0

9日朝追記:
昨晩の8時から行われたオーストラリアvs中国戦はNHK-BSで予定を変更して放送されていた。その生放送を後半から見ていた。後半15分過ぎにオーストラリアが決勝点となるゴールを決めたとき、なでしこジャパンはどのような心境でこの試合を見ているのか考えてしまった。後で知った話であるが、佐々木監督はスタンドで観戦していたそうで、「正直出場権獲得できてホッとしている」よの談話があった。澤もホッとしているとの談話を発表しており、W杯優勝から続いた超過密スケジュールの影響がでてこの最終予選はベストどころでない最悪の体調で出場していたのではないかと想像できた。
とりあえず、ロンドン五輪出場おめでとう! 団体競技で参加決定第1号のオマケつき、あとは本番目指してベストな体調と一段高い戦術を磨き上げてロンドンの地でも光輝いて欲しい。
by motokunnk | 2011-09-08 19:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)