人気ブログランキング |

タグ:安倍首相 ( 3 ) タグの人気記事

改造内閣発足、五輪で野球・ソフトが復活

昨日、安倍内閣が発足した。防衛大臣に稲田朋美氏が就任したほか、女性は高市総務大臣(留任)、丸川東京五輪担当の合計3名が就任した。
稲田さんについては昨日ふれたので割愛するが、丸川五輪担当は小池東京都知事対策のためなのかもしれない。しかし先の都知事選挙で丸川さんは小池知事をぼろくそに酷評しており、そのしこりはかなりあるように感じる。
ただですら課題満載の東京五輪、森委員長との相性も芳しくないようなので、小池知事の手腕が試される時期は早いかもしれない。
東京五輪といえば、未明に開催されたIOC総会で組織委員会が提案していた5競技すべての開催が承認された。2020年東京オリンピックでは野球・ソフトボールの他に空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技が開催される。
d0183174_8465772.jpg

NPBのホームページでは早くもありがとう動画(4種類も!)がアップされていた。多分、事前に収録されていたのであろうがもし不採用となったらどうしたのであろうか、勘ぐってしまう。すでにNPBは東京オリンピック期間中の公式戦は中断としているのでNPB所属選手のオリンピック出場は問題ないだろうが、練習期間など課題は残る。
ソフトボールも上野選手がコメントを書いているが、東京五輪まで現役を続行するとなると38歳となってしまう。監督兼選手での参加も考えられそうだ。
日本ハムがロッテを撃破したが、連敗してもおかしくない内容の試合であった。2-2の同点に追いつかれて4回、一死1、3塁のピンチでリリーフした榎下が後続をおさえていなければどうなっていたかわからなかった試合であった。今日の先発予定は増井である。先月27日のロッテ戦(ファーム)では5回を投げ2安打7奪三振無四球無失点の投球内容であったが、果たして1軍相手にどんな投球を披露してくれるのであろうか。立ち上がりに注目である。
参考URL → 改造内閣
参考URL → 野球とソフトが東京五輪で復帰
参考URL → 日本野球機構
参考URL → 千葉ロッテ 対 北海道日本ハム(ファームの試合)
by motokunnk | 2016-08-04 08:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

NFLも第16週、NFCは6チーム決定、そして慰安婦問題決着

NFLも第16週、MNF1試合はまだはじまっていないが、プレイオフ進出を決めたチームが続々とでている。まずNFCは6チームすべてが決まった。
TNFのサタディエディションで試合があったレッドスキンズは同地区対決を制して地区優勝を決めたことはすでに書いたが、昨日の試合でバイキングスがジャイアンツ相手に快勝してプレイオフ進出を決めた。
第13週でシーホークスに大敗したときはどうなることかと思ったが、ここ2試合は攻撃陣が好調で2連勝、QBのブリッジウォーターも安定しており、最終戦のパッカーズ戦に地区優勝がかかる。
これでNFCはプレイオフ進出チームがすべて決定、パンサーズ、カージナルス、レッドスキンズ、パッカーズ、バイキングス、シーホークスの6チームである。ただパンサーズの連勝が止まってしまったのが惜しかった。パンサーズは前戦でも大量リードを追いつかれるなどチーム状態が下降線をたどっていそうな点が心配ではある。
d0183174_08452357.jpg
AFCは混戦が続いている。チーフスが勝ち、スティーラーズが敗れたので、チーフスのプレイオフ進出が決まったのが先週からの動きで、いまだに南、西地区の優勝は決まっていないし、ワイルドカード1枠も決まっていない。優勝争いは南地区がテキサンズとコルツ、西地区がブロンコスとチーフスが争っており、ワイルドカードはジェッツと西地区のブロンコスの争いとなっている。いずれも最終週に結果がでるが、果たしてどのチームがプレイオフに進むのであろうか。
日韓関係で課題となっていた従軍慰安婦問題が決着した。昨日行われた日韓外相会談で最終合意したそうである。ただ、韓国メディアの報道によればお互いの政府が歩み寄りをみせ合意したことに反発(韓国の主張が100%認められたわけではないこにと)しているコメントが多い。
「最終的かつ不可逆的な解決」と韓国外相が公式の場で発言しているだけに慰安婦問題を蒸し返すことは韓国政府としてはできないが、国民に対して弱気な政府であるのでどうなるかはまだまだわからないようである。
安倍首相もこれで枕を高くして年が越せそうである。
参考URL → NFL第16週
参考URL → 「慰安婦」解決合意

by motokunnk | 2015-12-29 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

古舘伊知郎が報道ステーション降板、そして岸田外相が年内訪韓

古館伊知郎が来年3月をもって報道ステーションのキャスターを降板することが発表された。記事では契約満了による降板と伝えられているが、実際はどうだったのかは本人しかわからないことである。
昨年からいろいろ噂されていただけに、報道されたときやはりと思ってしまった。とにかくやたら安倍政権の批判をしまくっていた報道ステーションである。ことあるごとに自民党から「偏向報道だ!」と抗議を受けてきたそうだ、そして 今年3月には、コメンテーターを務めていた元経済産業省官僚の古賀茂明氏が自らの降板をめぐり番組中に激しいバトルを繰り広げたあたりから番組作成の意欲がなくなりつつあったのではないだろうか。会見で「唯一やりたいことがあるとしたら、とりあえず制約のないところでしゃべり倒したい。」と言っていたので12年の重圧から解き放たれ、コードをぶっちぎった発言を繰り出すことを期待したい。
d0183174_08453475.jpg
そして安倍政権といえば、年内に岸田外相が韓国を訪問することが決まったそうで。28日に日韓外相会談が行われるようで、従軍慰安婦問題の決着について話し合われるようである。この会談ですべてがまとまるのかどうかは不明であるが、この時期に会談することは異例であり何らかの進展はあったのではないかと思われる。
今年もあと1週間、年の瀬をむかえて政治の世界もドタバタしだしたようだ。

by motokunnk | 2015-12-25 08:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)