人気ブログランキング |

タグ:審議会答申 ( 1 ) タグの人気記事

今日の毎日新聞社説から

今日の毎日新聞の社説は「情報公開法 「知る権利」さらに尊重を」と題して、政府の「行政透明化検討チーム」(座長・蓮舫行政刷新担当相)が、見直し案をまとめたことについて書かれている。
速いもので情報公開法が制定されたのは、2001年の4月。ちょうど10年が経過したわけである。当時、官庁の方とこの法律が施行されると、法的に保管が義務付けられていないグレー文書は廃棄処分となり、情報公開法制定の真の意味が薄れてしまうというような話をした記憶がある。あれから10年、時の経つのは早いものである。
さて、情報公開法が施行されたのはいいが、行政の裁量範囲が広く、特に国防に絡む部分は公開すれば国の安全などを害するおそれがあるとして、行政側の判断で不開示とする裁量が広く認められてきた。
また国民が申請すると、その公開までには最大で30日がかかってしまい、またコピー費用もとられてしまうなど不条理な面があった。
今回の今回の見直し案に沿って、政府は来年の通常国会で情報公開法を改正する方針だ。成立すれば、公文書管理法と車の両輪となり、国民の「知る権利」を実質的に保障する道具となることが期待できる。と社説ではまとめている。与野党で反対する法案ではないと思うのでぜひ、可決して国民の知る権利を保障して欲しいものである。
by motokunnk | 2010-08-26 19:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)