人気ブログランキング |

タグ:将棋 ( 102 ) タグの人気記事

名人戦第2局はじまる、バドミントンはアジア選手権

将棋の第77期名人戦七番勝負第2局がはじまった。初日が終了してが過去のタイトル戦では珍しく序盤戦の戦いで初日が終わった。
佐藤名人は過去3回の名人戦でこの第2局を勝利して対戦成績を五分に戻しているだけに2日目にどこで攻勢をかけるか注目である。
d0183174_09315747.jpg
封じ手は豊島二冠の5六歩、いよいよ2日目がはじまり戦いがスタートした。
バドミントンのアジア選手権が今日からスタートする。日本代表が出場するこの大会、先週のシンガポールオープンで好調だった日本勢だけにかなり期待がもてそうだ。23日は混合ダブルスの1回戦が行われる。
そして週末はWRC第5戦のラリー・アルゼンティーナがはじまる。昨年はこのラリー・アルゼンティーナで優勝したトヨタヤリスWRC、その後の快進撃のスタートとなったラリーだけに今回、どんな戦いをしてくれるのか注目である。
d0183174_09320779.jpeg
第4戦では3台ともパンクによるタイムロスをきっしてしまったトヨタチーム、この対策をどうしたかがラリーを制するポイントとなりそうだ。今年はラリー・アルゼンティーナの後初開催のラリー・チリが行われる。南米グラベルでの2連戦、トヨタチームがトップにたてるのだろうか注目してみたい。

by motokunnk | 2019-04-23 09:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段大逆転勝利、大谷屋外打撃再開

将棋の第32期竜王戦4組ランキング戦が行われた。藤井聡太七段にとっては今季の最終対局である。相手は中田宏樹八段であった。
振駒の結果、後手番となった藤井七段、中田八段は矢倉戦に持ち込み力戦となった。序中盤は互角ですすんだが、夕食休憩前後から徐々に中田八段が優勢となり最終盤となった。ここで藤井七段の銀のただ捨ての妙手がでて形勢は一気に逆転し藤井七段が110手で中田八段を破った。これで今季の成績は45勝8敗(未放映のテレビ対局を含む)となった。
d0183174_09112005.jpg
年間最高勝率更新こそならなかったものの勝率部門の1位は確定となった。また勝数も45勝となり佐々木大地五段と並んでトップとなった。佐々木五段が年度内にテレビ棋戦の対局を残しており、この結果によって順位が確定する。
竜王戦は3期連続しての優勝も視界にはいってきた今回の勝利であり来季に結びつく大きな一勝であったようだ。
5月中の打者としての復帰を目指してリハビリ中のエンゼルスの大谷翔平、その大谷についてオースマス監督が「大谷は外での打撃練習をもうすぐ開始するだろう」と語った。
d0183174_09113046.jpg
いつからと日時は明らかにしなかったが屋外での打撃練習となると室内よりも自然と力が入ることが予想され、医療チームもよち慎重な判断が必要とされてきた。それが解禁されるということはリハビリが順調であることを示しているといえる。後1か月でグランドで躍動する大谷翔平を観ることができそうだ。

by motokunnk | 2019-03-28 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

二冠対決は渡辺二冠、吉田輝星まずまず

将棋の第32期竜王戦1組ランキング戦が行われた。注目の渡辺二冠と豊島二冠の対局である。渡辺二冠は先ごろ王将位を奪い、棋王も7連覇と好調を維持している。一方の豊島二冠も棋聖位を奪取してタイトルホルダーの仲間入りをすると、王位も奪っての二冠、先ごろA級順位戦でトップとなり佐藤名人への挑戦権を得ている。今季ブレイクした棋士ともいえる。
d0183174_08591255.jpg
その人気棋士同士の対局であったが渡辺二冠が109手で勝利して準決勝に進出した。豊島二冠は出場者決定戦にまわり、4位での本戦出場を目指すことになった。
そして今日は第32期竜王戦4組ランキング戦中田宏樹八段と藤井聡太七段の対局が行われる。年間最高勝率は惜しくも逃してしまった藤井七段であるが、今季の最終局となる本局ではどんな将棋を魅せてくれるのか楽しみである。対局はネット中継されるので楽しみである。
日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星がイースタンリーグのロッテ戦に登板した。中継ぎ2イニングの予定は前回登板と同様であった。
6回からマウンドにあがった吉田輝星、立ち上がりこそいきなり安打を打たれたが後続を連続三振に打ち取り無失点で切り抜けた。
d0183174_08592503.jpg
続く7回、先頭打者に死球(変化球がすっぽ抜けて頭部にいってしまった!)を与え、無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
安田にタイムリーを打たれたものの、走塁ミスに助けられ、二死をとると最後は香月を空振りの三振にきってとった。2回3安打3三振1失点の内容であったが、直球で勝負と登板前に本人が言っていたように33球中29球が直球であった。最速も148kmを記録し荒木二軍監督も「今までで一番良かった。力まずに投げる形に入れていた」と評価した。
次回の登板は4月3日の巨人戦、先発もありえるとのことだけに注目したい。

by motokunnk | 2019-03-27 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

羽生九段新記録、ホンダ表彰台、金子が好投

羽生善治九段が新記録を達成した。昨日放送された第68回NHK杯決勝、郷田真隆九段に77手で勝利して通算11回目の優勝を飾った。
d0183174_09005371.jpg
この優勝で一般棋戦優勝回数が45回となり、故大山康晴十五世名人の持つ44回を抜いて歴代トップとなった。竜王位を失って無冠となってしまったがA級順位戦などで活躍している羽生九段だけに、タイトル通算100期も可能性は大きいと思う。ぜひ頑張ってほしい。
そして将棋の第44期棋王戦五番勝負の第4局も行われた。タイトル防衛に王手をかけていた渡辺明二冠が145手で広瀬章人竜王に勝ち、タイトル防衛に成功した。これで棋王位7連覇である。
d0183174_09010508.jpg
昨年は不調だった渡辺二冠、今年は順位戦B級1組も全勝でA級復帰を決めるなど絶好調といえる活躍である。来年どんな将棋を指してくれるのか楽しみだ。
今シーズンからレッドブル、トロロッソの2チームにPU(パワー・ユニット)を供給するホンダ、F1開幕戦のオーストラリアGPでレッドブル・ホンダのフェルスタッペンが見事に3位表彰台を獲得した。ホンダにとって2015年に復帰して初の表彰台獲得となった。
d0183174_09011554.jpg
トロロッソ・ホンダのクビアトも10位入賞し、両チームともポイント獲得と幸先のよいスタートをきった。ただホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはまだまだメルセデスとの差は大きく表彰台のトップを目指すには開発が山ほどあると語っており浮かれた様子はなかった。第2戦以降の活躍が期待できそうである。
日本ハムはアスレチックスと東京ドームでプレシーズンマッチを行った。20日からMLBが開幕、今シーズンは日本でその開幕戦が行われる。そのプレシーズンマッチとしてアスレチックス戦2試合が17、18日に行われることとなった。
日本ハムの先発は有原航平、初回いきなり3塁打を打たれてしまい1失点、2回もランナーをだすがなんとか無失点に切り抜けたが3回は5連続安打で3失点してしまった。4回に無失点におさえたがMLB打者のすごさを魅せつけられてしまった。しかし2番手としてマウンドにたった金子弌大が魅せてくれた。4回を投げ3安打3四球9奪三振無失点の快投を魅せてくれた。
d0183174_09012496.jpg
前回登板のオリックス戦ではピリッとした投球ができなかった金子であったがこの日はMLB打者相手に完璧な投球であった。「ストレートはコースに投げられましたし、チェンジアップも腕を振って投げられたので、空振りを取れて三振につながった」とは本人の登板後のコメントであるがこれが本来の金子弌大の投球術、開幕第2戦でこの投球を再現してほしいものだ。
試合は1-5で敗れてしまったが、MLB相手に何かを得た選手も多かったようで今日の試合も楽しみである。

by motokunnk | 2019-03-18 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

同時昇級ならず、今日から全英オープン

将棋の第77期順位戦C級1組第11局が行われた。藤井聡太七段、杉本昌隆八段(先日八段になった!)の師弟同時昇級が注目された。師匠の杉本八段は勝利すれば昇級決定であったが藤井七段は同時に行われている他の対局の結果に依存した対局であった。
d0183174_10332403.jpg
その結果、藤井七段は都成竜馬五段との対局、126手で勝利したが他の1敗の棋士が勝利したため昇級はならなかった。9勝1敗の好成績を残しながらの残留は過去では渡辺二冠など数例ある。しかしいずれの棋士もその後A級棋士となっていることから悲観するべきことではない。
藤井七段は勝利してことで今年度の成績が41勝7敗となり勝率も8割5分1厘まで上昇した。8日の棋王戦4組ランキング戦・畠山成幸八段との対局に勝利すると中原誠永世名人の記録を抜くことになる。まだまだ目が離せない藤井七段の対局である。
今日からバドミントンの全英オープンがはじまる。昨年は混合ダブルスで渡辺勇大/東野有紗ペアがノーシードから勝ちあがって初優勝を飾った。その後の活躍で今や混合ダブルスのトップ3まで上り詰めた。
d0183174_10333433.jpg
d0183174_10334378.jpg
今年は第3シードとして登場する同ペアの活躍に期待したい。今後ダブルスではもう一組、権藤公平/栗原文音ペアにも密かに期待している。今年からA代表となった権藤/栗原ペアはまだ実績は残していないが昨年の渡辺/東野ペアの例もあり、この全英オープンで大活躍してほしいものである。
日本ハム・清宮幸太郎が昨日、都内の病院で右有鉤(ゆうこう)骨の骨片摘出手術を受けた。手術は成功し、12日からはリハビリを開始するそうである。早ければ交流戦中の復帰が考えられるが、ここはあせらずじっくりとしたリハビリを行って再発しないことを確認したうえでの実践復帰を果たしてほしい。

by motokunnk | 2019-03-06 10:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渡辺棋王二冠奪取、日本ハムキャンプ打ち上げ

第68期王将戦七番勝負第4局が行われた。ここまで3連勝で王将位獲得に王手をかけた渡辺明棋王が久保利明王将を96手で破って4連勝で王将位を奪取した。
d0183174_09010257.jpg
渡辺棋王にとっては5期ぶりの王将位で通算では3期目となる。昨年度は不振でA級陥落、そして竜王位も奪われてしまったが今期は昨年の不振がウソのような快進撃でB1組も11連勝して早々とA級復帰を決め、15連勝もマークしている。
同時進行している棋王戦も2連勝とタイトル防衛に王手をかけており、二冠は確実かと思われる。将棋界は豊島将之二冠に続き、渡辺明二冠誕生と一時期8大タイトルを8棋士が1つずつ持ち合う群雄割拠の状態であったがその中から豊島二冠、そして渡辺二冠が抜け出したようだ。来季はここに藤井聡太七段が食い込んでいくのだろうか注目である。
日本ハムが1軍キャンプを打ち上げた。今日のヤクルトとの練習試合を行ってからいよいよ沖縄を離れ、オープン戦を消化しながらチーム力を整えていく段階となっていく。
d0183174_09011258.jpg
d0183174_09012151.jpg
その中で注目したいのは王柏融、紅白戦、練習試合、そしてオープン戦と出場した試合すべてでヒットを放つ大活躍であった。
さすがに台湾球界で2度の4割をマークしただけのことはありそうだ。近藤健介、王柏融と並ぶ打線は破壊力抜群となるだけに今年の日本ハムからは一層目が離せないようである。

by motokunnk | 2019-02-26 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

王柏融、初打席で快音、渡辺棋王連勝、高梨今季初優勝

日本ハムのアリゾナキャンプで初の紅白戦が行われた。紅組3番レフトで先発した王柏融は初回二死無走者で打席にたった。先発西村に2ストライクと追い込まれてしまったが、その後は粘って甘く入ってきた5球目をうまくミートしてレフトに運ぶクリーンヒットを放った。
d0183174_09002809.jpg
いきなりの安打に栗山監督も「内容が良かった。4割を打つ打者の形なんだな、と思った」とコメント、2打席目も四球を選んで出塁、唯一の守備機会もなんなくフライを捕球して上々のデビューであった。
将棋の第44期棋王戦五番勝負第2局が行われた。渡辺明棋王、広瀬章人竜王の対戦は午前中から駒がぶつかる大熱戦となった。
d0183174_09001825.jpg
若干有利と観られた広瀬竜王であったが、渡辺棋王の的確な受けの前に徐々に形勢は互角となり、終盤は逆に渡辺棋王が優勢となって119手で渡辺棋王が勝ち2連勝をかざった。後1勝でタイトル防衛、王将戦も後1勝でタイトル奪取、二冠獲得が視野に入ってきた渡辺棋王である。
スキーの女子ジャンプW杯の15戦目がスロベニア・リュブノで開催された。高梨沙羅は今シーズン、ここまで未勝利であったが同じ台で行われた14戦は優勝したルンビにわずか5ポイント差の2位入賞、そして団体戦ではルンビを2本とも上回るジャンプを魅せており初優勝の期待は高かった。
d0183174_09003679.jpg
悪天候の中で行われた第15戦は1回目に89.5mを飛んだ高梨がトップにたち、2回目は82.5mにまとめて今季うれしい初優勝を飾った。
このところ悩んでいた助走姿勢がまとまりつつあり20日から開催される世界選手権に向けて調子があがってきたようだ。

by motokunnk | 2019-02-11 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今朝は大谷登場、そして棋王戦

日本ハムのアリゾナキャンプに大谷翔平が登場した。2017年まで在籍していただけにチームメイトも多く、栗山監督以下と親しげに談笑していた。
d0183174_08441209.jpg
30分ほどの滞在時間ではあったが日本ハムナインにとっては有意義な再開(と初顔合わせ)であったと思う。そして紅白戦がはじまった。
紅組3番には注目の王柏融がレフトで先発、第1打席には2ストライクと追い込まれながらレフトへ安打を放って非凡な才能の一端を魅せてくれた。
将棋の第44期棋王戦五番勝負第2局が行われる。渡辺明棋王が防衛するかどうかに注目が集まっているタイトル戦、挑戦者は広瀬章人竜王、竜王となって初めてのタイトル戦である。
第1局は先週行われ渡辺明棋王が先勝している。果たして第2局はどうなるのであろうか。渡辺棋王は現在王将戦も戦っており、3連勝して王将位に王手をかけている。タイトル戦で大忙しの渡辺棋王、日曜日の対局は珍しいと思うが多忙な渡辺棋王にあわせた日程なのであろうか。いずれにしろ注目な対局である。

by motokunnk | 2019-02-10 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渡辺棋王3連勝、トップリーグカップ

将棋の第68期王将戦七番勝負第3局が行われた。ここまで2連勝している渡辺明棋王が久保利明王将を107手で破って3連勝し、王将位獲得まで後1勝にせまっている。
d0183174_09131481.jpg
このところの渡辺棋王の強さには目を見張るものがある。15連勝後に菅井七段に敗れてしまったがその後は棋王戦で広瀬竜王に快勝するなど昨年の不調がウソのようである。
第4局は24、25日に沖縄で行われるが、4連勝でタイトル獲得(通算3期目、5期ぶりだそうだ)なるか注目である。その前に棋王戦第2局が10日に行われる。こちらも勝利して朝日杯将棋オープン戦準決勝に臨んでほしい。
9月からラグビーW杯が行われるが、日本ラグビー協会は、トップリーグの16チームとトップチャレンジリーグの8チーム、計24チームが参加する「ジャパンラグビー トップリーグカップ2019(仮称)」を6月22日~8月10日の日程で開催すると発表した。
d0183174_09132231.jpg
従来9月から開催されていたトップリーグが今季はW杯終了後の来年1月開催となるため、今季限りの対策のようである。
24チームを4グループに分けて各グループで予選を行い、トップチームが決勝トーナメントに進出する。プールAにはサントリー、パナソニックという強豪チームがはいっており熱戦が期待できる。

by motokunnk | 2019-02-08 09:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハムキャンプイン、棋王戦第1局、ラグビー親善試合

日本ハムのアリゾナキャンプがはじまった。日本との時差が16時間ということで2日早朝からのキャンプインであった。
暖かい気候に恵まれ、初日からブルペンでは投手陣が投げ込みを行い、首脳陣に積極的にアピールしていた。野手では王柏融が日本ハムのユニフォームを着て初めてのフリー打撃を行った。
d0183174_09005866.jpg
半分程度の力ではあったがどのコースでもバットの芯でとらえる打撃技術の高さには驚いた。さすがに台湾球界で4割を打っただけのことはある実力者だ。
将棋の第44期棋王戦五番勝負の第1局が行われた。渡辺明棋王と広瀬章人竜王の対局、両棋士ともに好調なだけにどちらが勝利するか注目の対局であった。
双方、互角の指しまわしで中盤まですすんだが、若干有利だったのは渡辺棋王であった。そして45分長考して指した73手目の広瀬竜王の4四歩が緩手だったようでここから一気に攻め込んだ渡辺棋王が84手で広瀬竜王に快勝した。
d0183174_09011437.jpg
後手番での先勝だけにかなり防衛に有利となった。第2局は10日に行われるが、渡辺棋王は王将戦も2連勝しており、3月までにタイトル戦だけで最大12局を戦う過密スケジュールとなっている。今の調子であれば二冠獲得も十分可能かと思う見事な勝利であった。
ラグビートップリーグ選抜がフランスの強豪倶楽部のASMクレルモン・オーヴェルニュに挑んだ。試合はいきなり2トライ(&ゴール)を奪われる展開となってしまったが、ここから力強い突進を魅せたPRの木津悠輔の頑張りでトライを奪うと、自陣奥深くからパスをつないでのトライとあっという間に12-14と追いついたトップリーグ選抜であった。
d0183174_09012192.jpg
しかし、その後はハンドリングミスなどもあり3トライを追加されて12-31で前半を終えた。
単発的に光るプレイは魅せてくれたトップリーグ選抜であったが、点が線につながる攻撃とはならずに29-50で敗れてしまった。ただ木津悠輔など日本代表候補に選出されそうな選手の発掘もでき、あと数か月に迫ったW杯に向けての収穫はあったと思える試合ではあった。

by motokunnk | 2019-02-03 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)