人気ブログランキング |

タグ:将棋 ( 107 ) タグの人気記事

豊島二冠竜王挑戦へ、侍ジャパンカナダ撃破

将棋の第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第3局が行われた。王位戦七番勝負でも戦っている豊島将之二冠と木村一基九段の対局である。
先手番となった豊島二冠、王位戦第5局に引き続いて、角換わり腰掛け銀の出だしから始まった。午前、午後と駒組みがすすみ盤面が動いたのは夕食休憩後であった。豊島二冠が攻め、木村九段が守るという将棋は徐々にではあるが豊島二冠が優勢となっていった。そして115手で豊島二冠が木村九段を破ぶり、広瀬章人竜王への挑戦権を獲得した。
d0183174_09124751.jpg
将棋界に8つあるタイトルの中でも、最高峰に位置する竜王、名人を同時に保持した棋士は、長い棋界の歴史の中でもわずかに3人。谷川浩司九段、羽生善治九段、森内俊之九段で、いずれも永世名人の有資格者でもある。はたして10月から行われる竜王戦七番勝負で偉業は達成されるのだろうか、非常に楽しみな竜王戦となってきた。
第29回WBSCU-18ベースボールワールドカップもいよいよスーパーラウンドに突入した。昼に行われた2試合はアメリカがオーストラリアに2-1で勝利し、また台湾も地元韓国に7-2で勝利した。
グループBで戦った2チームがともに勝利をあげ、2勝1敗としたことで侍ジャパンも負けられない試合となった。カナダ戦の先発は星陵の奥川恭伸であった。「緩急に弱い」というカナダ打線の研究により、奥川はストレート、スライダーの緩急を交えたピッチングを披露し、カナダ打線を翻弄した。3回までアウトはいずれも三振であった。
しかし4回、連続三振で二死としたものの続く打者に甘く入ったストレートを強振されてしまい、打球はライトフェンスを越えるソロ本塁打となった。
一方の打線はカナダ投手の荒れ球に四球は選ぶもののタイムリーがでずに抑え込まれていた。しかし5回、連続四球で無死1、2塁と反撃のチャンスをつかむと、犠牲バントを投手が3塁へ悪送球し同点とした。
続く韮澤雄也がセンター前にはじき返して2-1と一気に逆転した。しかし無死1、3塁のチャンスに後続が打ち取られ2点しかとれなかったのは惜しかった。しかしこの日の奥川は絶好調で一発は打たれたもののその後は三振の山を築く圧巻のピッチングで7回18奪三振の好投であった。
d0183174_09125777.jpg
打線は連続四球で無死1、2塁としてチャンスをつくったが、続く打者が打ち取られ、二死となり石川が打席にたった。この試合はここまで無安打の石川、打った打球は遊ゴロであったが、エラーを誘い貴重な追加点となった。
8回からは飯塚脩人がマウンドにあがり2回を無失点におさえて5-1でカナダに勝利した。ただ打線は3安打と抑え込まれてしまっただけに一抹の不安が残る試合内容ではあった。
そして今日は韓国戦である。2敗と後がなくなった韓国がどんな試合をするか、日本相手には実力以上のものを見せつけられてきただけに油断は禁物である。
大船渡の佐々木朗希もブルペンで投球練習を行っていただけに韓国戦での登板が考えられる。はたして今日の韓国戦、結果はどうなるのだろう。

by motokunnk | 2019-09-06 09:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段4連勝、侍ジャパン降雨コールド勝ち

将棋の第78期将棋名人戦・C級1組順位戦4回戦が行われた。藤井聡太七段は高橋道雄九段との対局であった。タイトル通算5期の実績があるベテランに対してどんな将棋を挑むのか注目であった。
後手番でありながら、角銀交換を仕掛けて攻めはじめると、そのまま攻めをきらすことなく高橋九段を押し切り72手で快勝し順位戦開幕4連勝をかざった。昨季は昇級を逃してしまっているだけに今季こそ昇級という思いがでた一局だったように思える。
d0183174_08365662.jpg
毎週対局(夏休みに集中して対局させたのかも?)があった藤井七段であったが今後予定は決まっているのは10月の順位戦のみ、ちょっとお休みのようである。
第29回WBSCU-18ベースボールワールドカップのオープニングラウンドは降雨にたたられているようで、雨が大幅に試合を順延させている。その中で降雨コールド負けをしてしまった侍ジャパンのラウンド最終戦のパナマ戦も雨中の中での試合となった。
2回にミスで先制点を許してしまった侍ジャパンであったが、そぐに取り返し、1-1のまま試合は中盤をむかえた。どちらかというとパナマが試合を優勢にすすめている状況で侍ジャパンはわずか1安打でチャンスメイクに苦労しているようであった。
試合は5回、侍ジャパンが一死から森の3塁打でチャンスをつくると二死1、3塁で石川が勝ち越しの3ランをレフトに放って4-1とリードした。そして6回に1点を奪って無死満塁とチャンスをつくって攻撃中のところ降雨コールドゲームとなってしまった。
d0183174_08370578.jpg
2試合連続しての降雨コールドゲームであったが4勝1敗でオープニングラウンドを勝ち抜け、スーパーラウンド進出を決めた。1日空いてからスーパーラウンドでは別グループから勝ち上がった3チームとの試合がある。初優勝にむけ、全勝でスーパーラウンドを勝ち上がってほしい。

by motokunnk | 2019-09-04 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

豊島二冠まず1勝、泥沼日本ハム7連敗

第32期竜王戦挑戦者決定三番勝負の第1局が行われた。同時期に行われている王位戦七番勝負と同じ顔合わせとなった三番勝負、振り駒の結果、木村一基九段が先手番となり対局がはじまった。
後手となった豊島将之二冠であるが、先手番の木村九段の積極的な攻めをあわてずに受け、徐々に優勢な局面をつくりあげていった。そして82手で勝利し、竜王挑戦権獲得まで後1勝となった。第2局は23日に行われる。
d0183174_09393264.jpg
木村九段としては新発想での攻めを完封されてしまっただけにショックの残る敗戦だったようだが、この両者の対局は王位戦七番勝負もあり、まだまだ目が離せない対局が目白押しである。
オリックス、そしてソフトバンクと2カード連続して3連敗してしまった日本ハム、気がつけば順位も4位、5位のロッテとは2ゲーム差と迫られてしまった。その日本ハム、中田翔が右手の怪我により登録抹消となってしまった。
東京ドームでのロッテ戦、4番には清宮幸太郎を抜擢した。高卒2年目以内での4番で先発出場するのは1959年の張本勲以来60年ぶり4人目のことだそうだが、新打線が機能するか注目であった。
d0183174_09394246.jpeg
いきなり初回に先制した日本ハムであったが、チャンスはつくるが追加点がとれずにもどかしい展開で試合はすすんだ。清宮は4回にヒットを打ったものの5回、二死1、2塁のチャンスでは凡退してしまった。1点のリードで試合は終盤にはいり、7回に登板した石川直也がつかまって同点にされてしまった。
こうなると試合はロッテペースとなり、9回に守護神秋吉亮がつかまってしまい1-6で負けてしまった。これで7連敗、貯金もなくなり5割となってしまった日本ハム、今日の先発予定は吉田輝星である。
今回はオープナーとしての登板予定らしいが何回投げるかわからないがきっちりと無失点で投げ切りいいリズムをチームに与えて連敗を脱出してほしい。

by motokunnk | 2019-08-14 09:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

豊島二冠の相手は木村九段、今日は藤井七段順位戦登場

将棋の第32期竜王戦決勝トーナメント、挑戦者決定三番勝負に臨む椅子を目指して木村一基九段と永瀬卓也叡王が対戦した。
先手番となった木村九段、いつもの受け重視の将棋ではなく積極的な攻めを展開して永瀬叡王を圧倒し、87手で勝利した。
d0183174_08051298.jpg
この結果、竜王戦挑戦者決定三番勝負は豊島将之二冠と木村一基九段の間で行われることとなった。この両者、現在王位戦七番勝負でも戦っており2連勝した豊島二冠が一歩防衛に向け有利な状況となっている。
両者のこれまでの対戦成績をみると、ほぼ互角の成績だけにこの三番勝負、どちらが勝ちぬけ広瀬章人竜王に挑戦するのか見逃せない。
そして今日は第78期順位戦C級1組3回戦が行われ、藤井聡太七段は金井恒太六段と対局する。これまで順位戦では2連勝と幸先のよいスタートをきっているだけにこの一局も勝利して無傷の3連勝とし昇級目指して頑張ってほしい。

by motokunnk | 2019-08-06 08:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

F1復帰、2勝目をゲットしたホンダエンジン、今日から王位戦

レッドブルとジョイントしたホンダエンジンがシーズン2勝目をあげた。マクラーレン・ホンダとして華々しくF1フィールドに復帰したホンダであったが優勝はおろか、表彰台も獲得できなかった時期もあった。
マクラーレンとの契約を破棄してトロロッソとジョイントしたことがホンダにとっては復活の第一歩だった。表彰台こそ手が届かなかったが、速さは確実にアップして今年はトロロッソとレッドブルの2チームに供給する体制となった。
そしてF1復帰初優勝をオーストリアGPでとげ、その2戦後のドイツGPで2勝目をあげた。オーストリアGPは酷暑の中、そして今回は雨と天候を味方につけた勝利だったのかもしれないが、いずれもチーム戦略が重要となるレースであったことも間違いない。
d0183174_08441645.jpg
戦略を理解し、実践したドライバー、そしてピットワークなどが勝利の要因だった。フロックでは1勝はできても2勝することはむずかしい。ホンダエンジン、いよいよチャンピオン獲得に向けて始動したといえるのではないか。3勝目はぜひ、晴天の中であげてほしいと思う。
将棋の第60期王位戦七番勝負第2局が今日からはじまる。豊島将之二冠が先勝してむかえる第2局であるが、先手番となる木村一基九段の巻き返しがなるか注目である。個人的には木村九段の巻き返しに期待したいのだがタイトル戦では力を発揮できていないだけに一抹の不安がある。

by motokunnk | 2019-07-30 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

名人戦第2局はじまる、バドミントンはアジア選手権

将棋の第77期名人戦七番勝負第2局がはじまった。初日が終了してが過去のタイトル戦では珍しく序盤戦の戦いで初日が終わった。
佐藤名人は過去3回の名人戦でこの第2局を勝利して対戦成績を五分に戻しているだけに2日目にどこで攻勢をかけるか注目である。
d0183174_09315747.jpg
封じ手は豊島二冠の5六歩、いよいよ2日目がはじまり戦いがスタートした。
バドミントンのアジア選手権が今日からスタートする。日本代表が出場するこの大会、先週のシンガポールオープンで好調だった日本勢だけにかなり期待がもてそうだ。23日は混合ダブルスの1回戦が行われる。
そして週末はWRC第5戦のラリー・アルゼンティーナがはじまる。昨年はこのラリー・アルゼンティーナで優勝したトヨタヤリスWRC、その後の快進撃のスタートとなったラリーだけに今回、どんな戦いをしてくれるのか注目である。
d0183174_09320779.jpeg
第4戦では3台ともパンクによるタイムロスをきっしてしまったトヨタチーム、この対策をどうしたかがラリーを制するポイントとなりそうだ。今年はラリー・アルゼンティーナの後初開催のラリー・チリが行われる。南米グラベルでの2連戦、トヨタチームがトップにたてるのだろうか注目してみたい。

by motokunnk | 2019-04-23 09:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井七段大逆転勝利、大谷屋外打撃再開

将棋の第32期竜王戦4組ランキング戦が行われた。藤井聡太七段にとっては今季の最終対局である。相手は中田宏樹八段であった。
振駒の結果、後手番となった藤井七段、中田八段は矢倉戦に持ち込み力戦となった。序中盤は互角ですすんだが、夕食休憩前後から徐々に中田八段が優勢となり最終盤となった。ここで藤井七段の銀のただ捨ての妙手がでて形勢は一気に逆転し藤井七段が110手で中田八段を破った。これで今季の成績は45勝8敗(未放映のテレビ対局を含む)となった。
d0183174_09112005.jpg
年間最高勝率更新こそならなかったものの勝率部門の1位は確定となった。また勝数も45勝となり佐々木大地五段と並んでトップとなった。佐々木五段が年度内にテレビ棋戦の対局を残しており、この結果によって順位が確定する。
竜王戦は3期連続しての優勝も視界にはいってきた今回の勝利であり来季に結びつく大きな一勝であったようだ。
5月中の打者としての復帰を目指してリハビリ中のエンゼルスの大谷翔平、その大谷についてオースマス監督が「大谷は外での打撃練習をもうすぐ開始するだろう」と語った。
d0183174_09113046.jpg
いつからと日時は明らかにしなかったが屋外での打撃練習となると室内よりも自然と力が入ることが予想され、医療チームもよち慎重な判断が必要とされてきた。それが解禁されるということはリハビリが順調であることを示しているといえる。後1か月でグランドで躍動する大谷翔平を観ることができそうだ。

by motokunnk | 2019-03-28 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

二冠対決は渡辺二冠、吉田輝星まずまず

将棋の第32期竜王戦1組ランキング戦が行われた。注目の渡辺二冠と豊島二冠の対局である。渡辺二冠は先ごろ王将位を奪い、棋王も7連覇と好調を維持している。一方の豊島二冠も棋聖位を奪取してタイトルホルダーの仲間入りをすると、王位も奪っての二冠、先ごろA級順位戦でトップとなり佐藤名人への挑戦権を得ている。今季ブレイクした棋士ともいえる。
d0183174_08591255.jpg
その人気棋士同士の対局であったが渡辺二冠が109手で勝利して準決勝に進出した。豊島二冠は出場者決定戦にまわり、4位での本戦出場を目指すことになった。
そして今日は第32期竜王戦4組ランキング戦中田宏樹八段と藤井聡太七段の対局が行われる。年間最高勝率は惜しくも逃してしまった藤井七段であるが、今季の最終局となる本局ではどんな将棋を魅せてくれるのか楽しみである。対局はネット中継されるので楽しみである。
日本ハムのドラフト1位ルーキーの吉田輝星がイースタンリーグのロッテ戦に登板した。中継ぎ2イニングの予定は前回登板と同様であった。
6回からマウンドにあがった吉田輝星、立ち上がりこそいきなり安打を打たれたが後続を連続三振に打ち取り無失点で切り抜けた。
d0183174_08592503.jpg
続く7回、先頭打者に死球(変化球がすっぽ抜けて頭部にいってしまった!)を与え、無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
安田にタイムリーを打たれたものの、走塁ミスに助けられ、二死をとると最後は香月を空振りの三振にきってとった。2回3安打3三振1失点の内容であったが、直球で勝負と登板前に本人が言っていたように33球中29球が直球であった。最速も148kmを記録し荒木二軍監督も「今までで一番良かった。力まずに投げる形に入れていた」と評価した。
次回の登板は4月3日の巨人戦、先発もありえるとのことだけに注目したい。

by motokunnk | 2019-03-27 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)

羽生九段新記録、ホンダ表彰台、金子が好投

羽生善治九段が新記録を達成した。昨日放送された第68回NHK杯決勝、郷田真隆九段に77手で勝利して通算11回目の優勝を飾った。
d0183174_09005371.jpg
この優勝で一般棋戦優勝回数が45回となり、故大山康晴十五世名人の持つ44回を抜いて歴代トップとなった。竜王位を失って無冠となってしまったがA級順位戦などで活躍している羽生九段だけに、タイトル通算100期も可能性は大きいと思う。ぜひ頑張ってほしい。
そして将棋の第44期棋王戦五番勝負の第4局も行われた。タイトル防衛に王手をかけていた渡辺明二冠が145手で広瀬章人竜王に勝ち、タイトル防衛に成功した。これで棋王位7連覇である。
d0183174_09010508.jpg
昨年は不調だった渡辺二冠、今年は順位戦B級1組も全勝でA級復帰を決めるなど絶好調といえる活躍である。来年どんな将棋を指してくれるのか楽しみだ。
今シーズンからレッドブル、トロロッソの2チームにPU(パワー・ユニット)を供給するホンダ、F1開幕戦のオーストラリアGPでレッドブル・ホンダのフェルスタッペンが見事に3位表彰台を獲得した。ホンダにとって2015年に復帰して初の表彰台獲得となった。
d0183174_09011554.jpg
トロロッソ・ホンダのクビアトも10位入賞し、両チームともポイント獲得と幸先のよいスタートをきった。ただホンダの田辺豊治テクニカルディレクターはまだまだメルセデスとの差は大きく表彰台のトップを目指すには開発が山ほどあると語っており浮かれた様子はなかった。第2戦以降の活躍が期待できそうである。
日本ハムはアスレチックスと東京ドームでプレシーズンマッチを行った。20日からMLBが開幕、今シーズンは日本でその開幕戦が行われる。そのプレシーズンマッチとしてアスレチックス戦2試合が17、18日に行われることとなった。
日本ハムの先発は有原航平、初回いきなり3塁打を打たれてしまい1失点、2回もランナーをだすがなんとか無失点に切り抜けたが3回は5連続安打で3失点してしまった。4回に無失点におさえたがMLB打者のすごさを魅せつけられてしまった。しかし2番手としてマウンドにたった金子弌大が魅せてくれた。4回を投げ3安打3四球9奪三振無失点の快投を魅せてくれた。
d0183174_09012496.jpg
前回登板のオリックス戦ではピリッとした投球ができなかった金子であったがこの日はMLB打者相手に完璧な投球であった。「ストレートはコースに投げられましたし、チェンジアップも腕を振って投げられたので、空振りを取れて三振につながった」とは本人の登板後のコメントであるがこれが本来の金子弌大の投球術、開幕第2戦でこの投球を再現してほしいものだ。
試合は1-5で敗れてしまったが、MLB相手に何かを得た選手も多かったようで今日の試合も楽しみである。

by motokunnk | 2019-03-18 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

同時昇級ならず、今日から全英オープン

将棋の第77期順位戦C級1組第11局が行われた。藤井聡太七段、杉本昌隆八段(先日八段になった!)の師弟同時昇級が注目された。師匠の杉本八段は勝利すれば昇級決定であったが藤井七段は同時に行われている他の対局の結果に依存した対局であった。
d0183174_10332403.jpg
その結果、藤井七段は都成竜馬五段との対局、126手で勝利したが他の1敗の棋士が勝利したため昇級はならなかった。9勝1敗の好成績を残しながらの残留は過去では渡辺二冠など数例ある。しかしいずれの棋士もその後A級棋士となっていることから悲観するべきことではない。
藤井七段は勝利してことで今年度の成績が41勝7敗となり勝率も8割5分1厘まで上昇した。8日の棋王戦4組ランキング戦・畠山成幸八段との対局に勝利すると中原誠永世名人の記録を抜くことになる。まだまだ目が離せない藤井七段の対局である。
今日からバドミントンの全英オープンがはじまる。昨年は混合ダブルスで渡辺勇大/東野有紗ペアがノーシードから勝ちあがって初優勝を飾った。その後の活躍で今や混合ダブルスのトップ3まで上り詰めた。
d0183174_10333433.jpg
d0183174_10334378.jpg
今年は第3シードとして登場する同ペアの活躍に期待したい。今後ダブルスではもう一組、権藤公平/栗原文音ペアにも密かに期待している。今年からA代表となった権藤/栗原ペアはまだ実績は残していないが昨年の渡辺/東野ペアの例もあり、この全英オープンで大活躍してほしいものである。
日本ハム・清宮幸太郎が昨日、都内の病院で右有鉤(ゆうこう)骨の骨片摘出手術を受けた。手術は成功し、12日からはリハビリを開始するそうである。早ければ交流戦中の復帰が考えられるが、ここはあせらずじっくりとしたリハビリを行って再発しないことを確認したうえでの実践復帰を果たしてほしい。

by motokunnk | 2019-03-06 10:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)