タグ:将棋 ( 75 ) タグの人気記事

菅井王位が3勝目、アジア大会400mリレー金、錦織3回戦へ

第59期王位戦七番勝負第5局2日目が行われた。2日目にはいって菅井王位が駒得を優勢に結び付けて133手で快勝した。
d0183174_10394726.jpg
菅井王位は3勝目をあげ王位防衛に王手をかけた。これで今回の王位戦はすべて先手番の棋士が勝利をあげている。第6局は豊島棋聖が先手番、3勝目をあげ逆王手をかけるのか菅井王位が勝ち王位を防衛するのか第6局は9月10、11日に神奈川県秦野市で開催される。
アジア大会の陸上競技は最終日をむかえ、男子400mリレー決勝が行われた。d0183174_10395721.jpgこのリレー、2020年東京オリンピックでの金メダルが期待されるだけに日本チームとしては優勝はもちろん、タイムも重要なリレーであった。
レースは日本チームの圧勝であったが、タイムは38秒台と平凡に終わってしまった。ただバトンパスなどに改善の余地もあるレースだったので今後どこまで連携を強めていくか楽しみも感じるレースであった。
全米オープン2回戦が行われた。錦織圭はモンフィスと対戦、第1セット、いきなりモンフィスのサービスゲームをブレイクした錦織が6-2でセットを奪うと第2セットはモンフィスが錦織のサービスゲームをブレイク、0-3とリードされてしまった。
d0183174_10400769.jpg
第7ゲームを錦織がブレイクしたがこの時モンフィスは右手首を痛めたようで、その後第9ゲームを再びブレイクされたところで棄権した。3回戦では世界ランク13位のディエゴ・シュウォーツマンと対戦する。

[PR]
by motokunnk | 2018-08-31 10:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)

上沢10勝目、王座戦挑戦者決定、ラリー・フィンランド2日目

楽天に連敗してむかえたオリックス戦、首位西武の試合がないので、この試合はぜひとも勝ちたい試合であった。先発は上沢直之、オリックスは西であった。
初回、一死から大城に死球を与えてしまった上沢、続くロメロにはセンターオーバーの大飛球を打たれてしまった。抜ければ1点というところを西川がジャンプして好捕し、ダブルプレイを成立させた。この好捕が試合の流れを決めた。
d0183174_09031010.jpeg
その裏、西川、松本剛の連打、近藤の四球で無死満塁から中田がきっちり犠飛で先制、レアードも続いて2-0とリードした。
上沢は絶好調ではなかったが要所はしめて無失点ピッチングを続けた。追加点は4回、一死満塁のチャンスから中島卓がライトオーバーの3塁打で3点を追加し、松本剛、近藤のタイムリーもでて一挙5点をもぎ取って勝利を決定づけた。
試合は13-2で大勝、上沢は自身初となる10勝目をあげた。そして今日は昨年のドラ1の堀瑞樹が先発する。ファームではいい投球を魅せているだけにどんな投球を披露しててくれるか注目である。
将棋の第66期将棋王座戦の挑戦者決定戦が行われた。藤井聡太七段に勝って決勝に進んだ斎藤慎太郎七段と渡辺明棋王の対局となった。
将棋は渡辺棋王優勢のまま終盤戦になったが、斎藤七段が勝負手を連発して劣勢を挽回し117手で渡辺棋王を破って中村太地王座への挑戦権を獲得した。
d0183174_09030051.jpg
昨年の棋聖戦でタイトルに初挑戦して以来、2回目のタイトル挑戦である。現在行われている王位戦、そしてこの王座戦、タイトル争いは若手棋士による戦いとなった。若手棋士の躍進は素晴らしいものがある。
ただ、中堅、ベテラン棋士の活躍もぜひみてみたいもの、羽生竜王以下に頑張ってもらいたい。
WRC第8戦ラリー・フィンランドデイ2が行われた。初日トップにたったトヨタのタナックであったが、2日目はスタート順に泣かされ(順番が早いほど不利となってしまう!)、シトロエンのオストベルグと熾烈な首位争いを展開した。
d0183174_09031928.jpg
それでもSS9でトップにたったタナックはリードを守ってデイ2も首位で終え、勝負のデイ3をむかえることとなった。初日8位のラトラバは3位、ラッピは8位とそれぞれポジションアップを果たしてデイ3へ。地元での連覇はなるかデイ3の走りに注目だ。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-28 09:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

群雄割拠の将棋界

将棋界は8つのタイトル戦があるが、その8つのタイトルホルダーがすべて別の棋士が保有している。このことは31年ぶりのことだそうで、将棋界も群雄割拠の時代に突入してかのように思える。
d0183174_13194738.jpg
今までは羽生善治竜王が二冠以上を保持していた時代が長かったが、その羽生竜王が棋聖位を豊島将之八段に奪取されてしまった。
タイトル100期獲得まであと1つと迫っている羽生竜王であるが、このまま99期で終わってしまうことも十分考えられるこのことろの不調である。
その羽生竜王から棋聖位を奪取した豊島棋聖、現在王位戦の真っ最中である。昨日の第2局、菅井王位を105手で破って1勝1敗のタイに持ち込んだ。このところの豊島棋聖、勝ちまくっているような印象を受ける。
d0183174_13195815.jpg
6回目のタイトル挑戦で初タイトルをゲットした勢いで王位戦でもタイトルを奪取してしまう勢いを感じる。
将棋界、藤井聡太七段にばかりスポットライトが当たっているが豊島棋聖を筆頭に、菅井王位、中村王座など若手棋士にもスポットライトをあてて将棋界を盛り上げていってほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-26 13:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

MLBオールスターはアリーグ6連勝、藤井七段快勝

MLBオールスターが行われた。前日に行われたHR競争で200発以上のHRが記録されていたことから想像はできたことだが、試合も双方のHRが乱れ飛んだ。
アリーグが2回にジャッジ、3回にトラウトのHRで2-0とリードするとナリーグも3回にコントレラスが反撃の狼煙をあげた。試合は2-1とアリーグリードで終盤をむかえると一気に乱打戦(HRの打ち合いといったほうが正確かもしれない)となった。
d0183174_09521773.jpg
7回にストーリーのHRでナリーグが追いつくと8回、一死1、2塁からセグラに勝越3ランが飛び出して5-2とアリーグが勝ち越した。実はセグラHRを打つ前に1塁ファールフライを打ち上げており、ナリーグ・ボットが落球していなければアウトとなっていた。
まさに命拾い後の1発であった。これでアリーグ勝利と思えたが8回にイニエスタ、そして9回はマリナーズの守護神のディアスからジェネットが起死回生の同点2ランを放って試合は5-5の同点となり延長戦にもつれ込んだ。
d0183174_09522755.jpg
そして試合を決めたのはアストロズのメンバーであるった。10回にブレグマンがレフトに勝越しソロを打つとスプリンガーもライトスタンドに2者連続のHRで7-5とリードした。その後連打、犠飛で8-5としてが8点目がこの試合でHR以外であげた得点となった。ナリーグも10回、ボットに意地の一発がでたものの試合は8-6でアリーグが勝利し、これでアリーグ6連勝である。通算成績も44勝43敗2分と1歩アリーグがリードした。見ていて10本のHRが乱れ飛びなかなか迫力のある試合であった。
将棋の銀河戦予選に藤井聡太七段が登場した。今日が16歳の誕生日だそうで、15歳最後の対局となるそうだ。対局相手は藤原直哉七段であった。藤原七段の先手番ではじまるった対局は、藤原七段のうまい指しまわしで序盤は藤原七段優勢の局面であった。
解説の阿久津八段も藤原七段有利としていた。しかしこの後局面が一変した。飛車先の歩交換後、2三歩と誰もが打つと思った手(阿久津八段もそのように予想していた)のかわりに藤井七段は2三歩と飛車の鼻面に歩を打った。この手を境に攻守は逆転し、藤井七段が怒涛の攻めを繰り出して快勝した。
d0183174_09523627.jpg
d0183174_09524556.jpg
7八金打ちなど見事なもの(ただながら取ると飛車の一手詰)であった。藤井七段はこの勝利で銀河戦の本戦トーナメント進出が決まった。
日本将棋連盟の記録によると、藤井七段の15歳の1年間(2017年7月19日~18年7月18日)の公式戦の成績は51勝14敗、勝率は7割8分5厘だったそうだ。7割以上の勝率をあげてしまう素晴らしさに感銘してしまった。
藤井七段、16歳初戦は明日のC級1組順位戦である。地震の影響で延期となっていた森下卓九段との対局、どんな対局とあんるのであろう注目である。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-19 09:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)

タイトル100期ならず、将棋界は8人の王者

将棋の第69期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第5局が開催された。羽生善治棋聖の通算100期目のタイトル獲得がなるか注目の対局であった。
豊島将之八段にしても5度目のタイトル挑戦であり、なんとしても初タイトル獲得と思っていたはずである。
将棋は豊島八段が若干リードする状況ですすんだがリードもごくわずかで羽生棋聖にとって逆転のチャンスはおおいにある展開であった。その中で豊島八段は最善手を繰り出して108手で勝利し初タイトルを獲得した。
d0183174_08481818.jpg
d0183174_08480448.jpg
竜王位との二冠だった羽生竜王は一冠に後退した。この結果、将棋界にある8つのタイトルを8人の棋士が一つずつ保持することになった。全タイトルが分かれるのは、1987年に7タイトルを7人で分け合った時以来約31年ぶりとなる。
藤井聡太七段の活躍が目覚ましい将棋界、豊島八段以外にも佐藤名人、中村王座、菅井王位、高見叡王など20代(30歳になった棋士もいるが)のタイトルホルダーが半数のタイトルを保持する群雄割拠の時代に突入したのかもしれない。
羽生善治竜王は一冠となってしまい、通算100期のタイトル獲得は10月からの竜王戦となってしまった。最近の羽生竜王、一時の絶対的な強さはなくなるってしまった可能性がように思える。このままではタイトル100期も夢と終わってしまう可能性もでてきた。
ただ苦境におちいると不死鳥のごとく復活をとでているだけにまた復活して棋戦を盛り上げてくれることに期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2018-07-18 08:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

オールスターファン投票結果、藤井七段9連勝

プロ野球オールスターのファン投票結果が発表された。セリーグ先発投手部門では松坂大輔が選出された。12年ぶりのことであるが今季の活躍を考えれば選出も当然のことかもしれない。
一方で、阪神からの選出者はいなかった。2009年以来のことだそうだ。やはり現在下位に低迷するチーム事情からなのかもしれない。
日本ハムからは中継ぎ部門で宮西、DH部門で近藤の2選手が選出された。いずれの選手もファン投票による選出は初めてのことである。
宮西は「いい中継ぎ投手が多い中、ファン投票1位に選んでもらい、すごく感謝しています。」とコメント、近藤も「オールスターに1度出てみたいと思っていたので、本当にうれしいです。」と話している。
d0183174_09015524.jpg
d0183174_09020498.jpg
選手間投票、監督推薦であと何名の日本ハム選手が選ばれるか楽しみである。
将棋の第31期竜王戦決勝トーナメント1回戦が行われた。5組優勝の藤井聡太七段と6組優勝の都成竜馬五段の対局であった。過去の対局は藤井七段の3連勝と都成五段には相性がよさそうな藤井七段である。
先手番となった都成五段の相居飛車で対局がはじまり、互角の戦いが午後まで続いた。その中で消費時間は都成五段が多く、ほぼ藤井七段の2倍を消費していた。
夕食休憩近くなると徐々に藤井七段ペースで戦力はすすみ、午後9時以降は藤井七段が勝勢となった。そして午後10時過ぎ、藤井七段が104手で都成五段を破り2回戦に進出した。
d0183174_09021220.jpg
2回戦は29日に対局予定、相手は増田康宏六段である。昨年の竜王戦トーナメント1回戦と同じ組み合わせである。このときは藤井七段が勝利しているが今回はどうであろう。また昨年の2回戦では佐々木勇気六段に公式戦30連勝を阻まれているだけに何としても2回戦を突破して昨年のリベンジを果たしてもらいたい。
そして藤井七段、今季もこれで負けなしの9連勝である。昨年の29連勝も素晴らしいが今季の9連勝も対局相手を考えると素晴らしい戦績であると思う。どこまで連勝をのばしていくのかも注目である。

[PR]
by motokunnk | 2018-06-26 09:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ヒーニーがチーム初完封、豊島八段先勝

エンゼルスのヒーニーが素晴らしいピッチングでロイヤルズをわずか1安打に抑える完封劇を魅せてくれた。27歳の誕生日登板となった左腕は5回に安打を許した以外はわずか1四球という完璧なピッチングであった。
d0183174_08260966.jpg
打線は5回にダブルスティールで1点をあげたのみであったがこの日のヒーニーにとっては十分な得点だったようだ。
ただ、3割を超す打撃好調だったシモンズが試合前にダグアウトの階段を降りる際に右足首を捻挫したそうで、2~3日の静養が必要だそうだ。ただですら不振な打線にとっては痛手である。
さて今日は大谷翔平が先発予定である。ヒーニーに続いての連続完投、そして完封劇は生まれるのだろうか、期待してTV観戦することにしよう。
将棋の第89期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の第1局が行われた。羽生善治棋聖に豊島将之八段が挑戦する今回の棋聖戦、昼食休憩後から盤面は豊島八段優勢となり、そのまま羽生棋聖の逆転を許さず99手で先勝した。
d0183174_08261943.jpg
豊島八段にとっては悲願の初タイトル獲得に向けて幸先のよい勝利であった。一方の羽生棋聖、最近のタイトル戦は名人戦に続いて連敗である。通算タイトル100期獲得が難しくなりつつある棋戦戦第1局の敗戦であった。
エンゼルスの大谷翔平選手の兄である龍太選手が所属するトヨタ自動車東日本が第89回都市対抗野球大会の第2次予選東北大会第1代表となった。昨日行われた決勝戦で日本製紙石巻を4-2でくだしての代表決定であった。
d0183174_08262886.jpg
大谷龍太選手(兼任コーチだそうだ)にとっては7年目での悲願達成だという。大谷家にとっても父親も社会人野球選手でありながら都市対抗野球大会の出場はなく、今回が初の全国大会出場だそうだ。
大谷翔平にとって追い風となりそうな兄の都市対抗出場だと思う。

[PR]
by motokunnk | 2018-06-07 08:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

豊島八段が王位挑戦権獲得、オールスターファン投票中間発表

将棋の第59期王位戦挑戦者決定戦が行われた。羽生善治竜王対豊島将之八段の一戦であった。対局は大熱戦となり、若干優勢気味に手をすすめた豊島八段が126手で勝利し、初の王位挑戦権を獲得した。
d0183174_09063947.jpg
豊島八段、タイトル戦には王将戦など数回登場しているがまだタイトルは獲得していない。菅井竜也王位とは昨年の挑戦者決定戦で敗れているだけにそのリベンジを果たす絶好の舞台となった。若者同士の王位戦、どんな結末が用意されているのだろうか。
そして今日は第31期竜王戦5組の決勝戦が行われる。藤井聡太七段が登場、対局相手は石田直裕五段である。果たして2期連続して竜王戦決勝トーナメント進出ができるのだろうか、ネットで生中継されるようだ。
プロ野球オールスターのファン投票がはじまっており、毎日ホームページでは中間結果が発表されている。パリーグでは首位を快走する西武から多数の選手が得票を伸ばしている。日本ハムでは投手・中継ぎ部門で宮西尚生、DH部門で近藤健介が得票をのばしてトップを維持している。また外野手部門では大田泰示が3位と健闘している。まだまだ締め切りまでには順位が変動すると思うが、贔屓のチームからは1名でも多く選ばれてほしいものである。
週末はWRC第7戦ラリー・イタリア サルディニアが開催される。期待していた第6戦が思いも寄らない結果に終わってしまっただけにトヨタチームも第7戦は必勝体制で臨むのではないか。事前テストでは好調さが聞こえてくるので心配なさそうだ。
d0183174_09064931.jpg
また3人のドライバーも前年はタナック優勝(所属チームはフォードであった)、ラトラバ2位、そしてラッピが4位となっており、今年は表彰台独占の期待さえありそうでだ。今週末はラリー・イタリア、そして2週後はルマン24時間レース、モータースポーツもビッグイベント目白押しの6月である。

[PR]
by motokunnk | 2018-06-05 09:08 | 日記 | Trackback | Comments(0)

羽生竜王3敗目、大坂、錦織は3回戦進出

将棋の第76期名人戦第5局が行われた。羽生竜王が84手目を投了して3敗目となり、名人位奪還に黄色信号が灯ってしまった。
d0183174_10372059.jpg
2日目の封じ手以降苦しい展開になってしまったようで、先手番を活かすことなく投了してしまったことで、佐藤名人にとっては3期連続しての防衛が見えてきたようだ。
第6局は6月9日から天童市で開催される。佐藤名人が勝って名人位を防衛するか、羽生竜王が逆王手をかけるか注目である。
テニスの全仏オープン2回戦が行われた。大坂なおみはディアスと対戦、第1セットを6-2であっさり奪った。第2セットもこのままあっさりと奪うかと思われたが、ディアスの粘りにあってなかなかサービスをブレイクすることはできなかった。
d0183174_10365883.jpg
そしてディアスのサービスゲーム、このゲームをキープすればタイブレイクであったが、大坂は見事にブレイクに成功し、7-5でこのセットも奪ってストレート勝ちで2年ぶりの3回戦進出を決めた。
d0183174_10370975.jpg一方の錦織圭、難敵のペールとの対戦は第1セットを6-3と奪ったものの第2セットは2-6、第3セットも4-6と奪われて後がなくなってしまった。ここから錦織が粘りをみせて6-2で第4セットを奪って勝負はファイナルセットまで持ち込まれた。
ファイナルセットは先にサービスをブレイクした錦織がブレイクバックされながらも再度ブレイクしてリードし6-3でこのセットを奪って3時間に及ぶ長い試合に決着をつけ、3回戦に進出した。
錦織にとって、フルセット戦えたことがその試合の成果であったといえそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-31 10:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

豊島八段、挑戦権獲得、大谷打者で復帰、清宮1軍

将棋の第89期棋聖戦挑戦者決定戦が行われ、豊島将之八段と三浦弘行九段が対局した。対局は互角の戦いが終盤まで続く大熱戦であった。
午後6時を回って、豊島八段が若干優勢となり、84手で勝利をおさめた。この勝利で86期に続き2度目の棋聖位挑戦である。
d0183174_08531127.jpg
この将棋で豊島八段、オレンジ色の耳栓をしていたが、この耳栓は王将戦からつけていたようで、将棋界ではけっこう知られているそうだ。耳栓をいう新しい武器を得て羽生棋聖にリベンジなるのだろうか、楽しみな対局となりそうだ。
左足首の軽い捻挫で出場を控えていた大谷翔平がオリオールズ戦に5番・DHで先発出場することが発表された。本来の予定では投手としての登板日が今日であったが、投手としては予定が変更され、次期マリナーズ戦での復帰となるようだ。
慎重な発言をしていたソーシア監督が決断したのだから左足首はほぼ完治したのであろう、果たしてヒットはでるのだろうか、またホームランは打つのだろうか、期待が膨らんでしまう大谷翔平の打席である。
一方、日本ハムの清宮幸太郎も今日1軍登録されデビューするようだ。1軍登録は確定しているので、「ベンチに座らせておくなら1軍登録はしない」と明言している栗山監督だけに、DHでの先発出場が濃厚である。d0183174_08532088.jpg
今朝のニュースでは今日が松井秀喜のMLB初ホームランの日だそうで、また野茂の初登板日も今日だったそうだ。そして記憶に新しいのは大谷翔平が開幕戦で対戦したのも今日の楽天の先発予定の岸である。
MLB挑戦が決まり記者会見が行われたとき、質疑で「打者として一番記憶に残っている1球は?」との問いに開幕戦で見逃しの三振を奪われた岸投手の球と言っていたことが思い出された。
当時は西武の岸であったが、今回は楽天の岸である。ただ清宮幸太郎にとっては球界を代表する好投手との対戦だけに気合いも入っていることだろう。自分の打撃をすることを心がけてバッターボックスにはいってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2018-05-02 08:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)