人気ブログランキング |

タグ:恵比寿地区 ( 30 ) タグの人気記事

ガーデンプレイスのクリスマス、そしてサッカー日本代表、日本外国特派員協会

昨日、エビスガーデンプレイスに行ってきた。特別な用事はなく単にバカラのシャンデリアを見に行くことが目的のひとつであった。
d0183174_09130693.jpg
d0183174_09131788.jpg
今年も見事なシャンデリアが広場に飾られており、平日の午前中ではあったが観光客がシャンデリアをバックに記念撮影をしている姿が見受けられた。
ガーデンプレイスのクリスマスはバカラのシャンデリアだけでなく、中央広場を中心とした各種イベントが盛りだくさんのようである。専用のサイトも立ち上げられており、家族連れやカップルなどこれからクリスマスシーズン本番となるにつれて多数の集客が見込まれそうだ。
日本ハム・栗山英樹監督が、日本外国特派員協会で開かれた記者会見に出席した。youtubeにアップされているので見た人も多いと思う。またスポーツ紙でも取り上げられ、夜のスポーツニュースでも紹介されていた。
d0183174_09124724.jpg
私にとっては既知の内容が多かったが、質問は大谷翔平のことが多く、ポスティング制度にまでついて聞かれたことには驚いた。栗山監督は個人的な意見として、「僕が大谷翔平であれば、金銭面について無頓着な性格だけに契約金の大半をお世話になった方々に寄付してくれるのではないだろうか」と思うと述べた。確かに大谷翔平のインタビューを聴いていると、栗山さんでなければ日本ハムにお世話になっていなかっただろうとの発言もある。栗山監督の人柄がでた約1時間の会見であった。
そして夜、ロシアW杯にむけて負けられない日本代表はグループ首位のサウジアラビアと対戦した。前半からチャンスをつくる日本代表であったが、得点は終了間際に決めたPKの1点のみであった。
後半も圧倒的に攻めるが得点にはつながらず、嫌な流れであった。しかし後半35分すぎに追加点をあげ、勝利を決定づけたが、直後からサウジアラビアの反撃を受け、1点を失ってしまい、決定機までつくられてしまった。
d0183174_09125867.jpg
GKのファインセーブで失点は防げたが、あやうく2点のリードがフイになってしまうところであった。この勝利で日本代表は2位(オーストラリアが引き分けたので)にあがった。来年スタートする後半戦5試合にむけ、スキルアップをしてW杯進出切符を早くつかんでほしい。

by motokunnk | 2016-11-16 09:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

金曜日のTVでは懐かしい映画、そしてノルディックスキー女子ジャンプ

ちょっと古い話になってしまうが、先週金曜日の夜BS日テレでは劇場版「あぶない刑事」が放映されていた。初の劇場版である。1980年代後半にTVドラマでヒットしており私も家族とともに観ていたので懐かしくなり観てしまった。ストーリーはドタバタではあるが、今観てもなかなか面白い出来である。中村トオルがまだまだ若かったのには驚かされたが今から30年前の作品ということを考えれれば当たり前のことかもしれない。
映画を観て、当時あぶない刑事でながれていた音楽も懐かしく感じるようになってしまい、サントラ盤をレンタルすることにした。ツタヤでレンタルしているようなので渋谷駅前店は土曜日なので混んでいると思い、ガーデンプレイス店に出かけた。
隣にあるウェスティンホテル東京のエントランスでは昔懐かしい馬車がおかれていた。土日に宿泊客を乗せて回遊するのであおるか、外国人には受けるサービスだと思う。
d0183174_08565457.jpg
レンタルしたCDは懐かしさいっぱいの曲がつまっており、このブログもBGMとしてCDを聴きながら書いている。
さて昨日夜はノルディックスキー・W杯ジャンプ女子個人第11戦のTV中継を観た。高梨沙羅の9連勝なるかに注目していたが、結果は一人だけ違う助走、飛び方、着地と別次元の能力を発揮したかのように90mのジャンプを2本まとまめて2位以下に20点以上の差をつけて見事にW杯初となる9連勝をマークした。
d0183174_08564619.jpg
この勝利でW杯通算勝利も40勝となった。W杯での通算勝利は男子のシュリーレンツァウアーが持つ53勝であるがまだ高梨は20歳前ということを考えるとこの通算勝利更新も視野に入ってきたようだ。とりあえず今年の残り8戦を全勝すると48勝となり、ニッカネンの46勝を抜くことになる。まずは46勝のニッカネンを追い越すことが当面の目標かもしれないがまずは今日開催される第12戦の勝利である。

by motokunnk | 2016-02-07 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今年も例年通りにガーデンプレイスプレイスではバカラのシャンデリア

恵比寿ガーデンプレイスでは、今年も例年通りに先週から中央広場に巨大なバカラのシャンデリアが飾られ、夕方になると点灯している。
点灯していなくても光を映し出したその姿は見事なものであり、観るものを圧倒する迫力がある。ガーデンプレイスではシャンデリアが有名だが、ほかにもクリスマスの飾りつけは随所に施されており、毎年この時期に来るとクリスマスを感じてしまう。
d0183174_09152484.jpg
d0183174_09151601.jpg
さて、ラグビートップリーグの開幕試合が秩父宮競技場で開催された。前売り券は完売されたそうで、超満員のスタンドと思ってテレビを観ていると、映し出されたバックスタンドは中央部分こそ満員であったが、両サイドには空席が目立っていた(というよりほとんどガラガラ状態!)。
ラグビー人気は最高潮と言われていたがどうしたことかと思ってしまった。今朝の新聞によれば、入場券の割り当てが5000枚は一般、他は開催チームの割り当てだったとか、結果としてパナソニック、サントリー両社の割り当て分が消化できなかったようだ。協会が考えるべきことがまたひとつ増えてしまったようだ。
d0183174_09153372.jpg
試合はスコアをみればパナソニックのワンサイドゲームであったと思われるが、試合の局面を切り取ればサントリーにもチャンスはったように思う。ただサントリーはハンドリングミスがパナソニックに比較して桁外れに多く、攻め込んでもミスでチャンスをつぶしてしまう繰り返しであった。パナソニックをみているとミニチュアの日本代表のような戦い方であった。
今日は6試合が3会場で開催されるが、各会場の入場者はどのようであろうか、また試合は白熱したものであろうか、どちらも楽しみである。
個人的にはNTTドコモレッドハリケーンズに新加入した南アフリカ代表のハンドレ・ポラードに注目している。まだ21歳の大型スタンドオフ、どんなプレイをしてくれるか楽しみだ。
そしてニュースを観ていると、航空自衛隊の戦闘機パイロットに女性が登用されることが正式に決まったそうだ。数年後には女性の戦闘機パイロットが誕生しそうである。
d0183174_09154063.jpg
有川浩の「空の中」の武田光稀三等空尉が現実でも実現しそうである。きっと初めての女性パイロットには注目が集めるだろうが、自衛隊を理解するうえではいいことだと思う。

by motokunnk | 2015-11-14 09:17 | 日記 | Trackback | Comments(0)

恵比寿神社の大祭は「べったら市」、W杯で誤審!

10月20日は恵比寿講の日である。江戸時代中期に恵比寿講のお供えものとしてべったらが売られていたことから(?)、この前日からべったら市が開かれるようになったという。
こんな由来があるそうだが、恵比寿駅近くの恵比寿神社の大祭は例年10月19、20日に行われ、「べったら市」も同時開催されている。
d0183174_08570723.jpg
d0183174_08571465.jpg
べったら市といって、実際にべったらを売っている店は神社に向かう路の両脇だけで、その他のお店は他の神社の大祭と同じ、お好み焼きや、焼きそば、たこ焼きなどのお店が並んでいる。
恵比寿神社はこの他にも札幌ビール本社敷地内にもあるが、そちらは単に社があるだけで特に大祭などはやられていないが由来はあるのでりっぱな神社(規模は小さいが)である。
d0183174_08572194.jpgさてワールドカップラグビー準々決勝のオーストラリア対スコットランドはオーストラリアが劇的なPGで逆転勝利したが、どうもそのPGが誤審であったようだ。ワールドラグビーが誤審を認めたことは画期的なことである。
ただ試合結果はそのままで、スコットランドは敗退、オーストラリアは準決勝進出である。ラグビーの世界でもビデオ判定は取り入れられているが、判定の対象はトライ、悪質なファールの検証のみだそうだ。TMO(テレビジョンマッチオフィシャル)の判定範囲も再検討され、いわゆるペナルティかどうか微妙なものも対象とするように検討してほしい。
ただTMOがあまり多くなり、試合時間が長くなってしまう可能性もでてきてしまうが、判定をめぐるトラブルはなくなるであろう。
参考URL → 恵比寿神社
参考URL → 「べったら市」
参考URL → ワールドラグビー、W杯準々決勝豪戦の誤審を認める

by motokunnk | 2015-10-21 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

芸術の秋、岡村昭彦の写真展とMLBで、記録達成の話

秋にはいろいろな枕詞が似合う。スポーツの秋、食欲の秋、そして文化の秋。文化の秋のひとつに芸術の秋があるのかもしれない。
ガーデンプレイスの東京都写真美術館では岡本昭彦の写真展が明日まで開催されているので、昨日鑑賞しに行くことにした。岡本昭彦は報道(特に海外での紛争写真を撮っている)カメラマンという程度の予備知識である。
d0183174_08242935.jpg
d0183174_08243812.jpg
3階が展示スペース、はじめにを読むと、あのキャパの後継者として華々しくデビューしていたようだ(1964年6月12日号の『ライフ』に9ページにわたり掲載されたベトナム戦争の写真によってフォトジャーナリストとしてデビューを果たしとあり、実際にそのライフがショーケース内に展示されていた)。
その他にも北アイルランド紛争やナイジェリア内戦の写真など世界中の紛争をとらえた写真が数多く展示されていた。その他にも日常生活の写真もあり、7つの章に分けて約200枚の写真が簡単な説明付で展示されていた。
ベトナム戦争のところには南ベトナムのキリスト教政権が仏教徒を弾圧したという記載があった。イスラム国がテロ集団と言われているが、南ベトナム解放民族戦線もテロ集団であったのだろうか。どちらもキリスト教以外の宗教をベースにした集団であり、これらをテロ集団というには無理があるのではと感じた展示会でもあった。
出口には写真美術館、大規模改修のお知らせが表示されていた。秋分の日以降、約2年間かけて大規模改修工事を行うようである。2016年に新しくなってリニューアルオープンするそうだ。そういえばガーデンプレイスができて20周年だそうだ。恵比寿駅からの遊歩道には20周年というパネルが掲げられていた。
d0183174_08244792.jpg
さて、MLBではちょっとした記録が生まれている。昨日ヤンキースの黒田が先発し6回2/3を投げ3失点で11勝目をあげた。これにより今年のMLB日本人投手があげた勝利数が63となり2002年の62勝を更新した。内訳は岩隈14勝、田中12勝、ダルビッシュ10勝、上原6勝、和田4勝、松坂3勝、そして田沢が3勝である。昨日救援で田沢が勝ったそうなので日本人投手の勝利数は64、シーズン終了までに岩隈、黒田、そしてマー君の登板はあるという。
d0183174_08250460.jpg
どこまで勝利数を上乗せできるのか、こちらもまた楽しみではある。

by motokunnk | 2014-09-21 08:28 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

20周年をむかえた恵比須ガーデンプレイス

4連休も最終日となってしまった。子どもの日、そして今日と東京地方は外出時には薄手の上着が必要だと感じる肌寒さである。恵比須駅から10分ほどのところに恵比須ガーデンプレイスが開業して早いもので20年が経過したようだ。今年が20周年ということでGWにかけてイベントがやられている。
恵比寿駅からガーデンプレイスにむかう遊歩道には「ドリームガーデン」「ブリティッシュスタイルフェア」の紹介がなされていた。ドリームガーデンは著名な庭園デザイナーの手によるポケットパークがあるようだし、ブリティッシュスタイルフェアもハッピーガーデンという庭があるようだ。ハッピーガーデンはピーターラビットを模してつくられているそうなのでちょっとした期待もありガーデンプレイスまで散歩と洒落こんだ。
d0183174_12233438.jpg

まずはハッピーガーデンが目にはいってきた。ピーターラビットハッピーガーデンというだけあり、ピーターラビットが各所にちりばめられて草花と調和したポケットパーク的なアレンジがされていた。ホリディカフェという喫茶が併設されており、ホットドックやパンケーキといった軽食が食べられる。晴れていれば野外で軽食はこの季節にはもってこいだと思う。
d0183174_12234869.jpg

さてドリームガーデンはセンター広場にあり、こちらはりっぱな設えである。ガーデン自体は小さいものだがガーデン内に路もできており散策可能となっている。子ども連れが遊んでいる姿やカップルの姿も見られた。また、アジサイのプランターも目についた。アジサイといえば梅雨時の花であるが、TVでは沖縄が梅雨入りしたと報じられていたので関東地方も1~2週間もすると梅雨入りするのかもしれないと思ってしまった。
d0183174_122433.jpg

4連休は今日までだが、定年退職した身にすれば連休というイメージはなく、たまたま散歩にでたら人が多かったというイメージでサラリーマンからみれば極楽トンボなのかもしれない。
参考URL → 「ドリームガーデン」
by motokunnk | 2014-05-06 12:24 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩の途中で見つけた2つの寺院

天気がよいときは散歩も気持ちがよいもので、ふだん歩かないような路地裏などを散策してみたくなるものである。この路はどこにでるのだろうなどとあきらかに行き止まりの路以外に足を運んでみたくなる。
そんな途中で見つけた寺院を紹介する。まずは室泉寺である。この寺院は明治通りからちょっと入ったところにある寺院で私は気がつかなかったが、寺院からの参道(というのかどうかは不明)が明治通りまで伸びていた。明治通りに沿った路地を散歩していて見つけた寺院である。
d0183174_911481.jpg
d0183174_9111799.jpg

歴史もありそうで、本殿のつくりも立派である。弘法大師をお祀りしてあるので真言宗系の寺院と見受けられる。新旧の仏像などもあり由緒正しき寺院のようだ。ネットで調べると「創建は不明だが、当初浄土真宗西本願寺派の寺院として芝金杉にあったものを、松平外記忠益が抱屋敷を和泉神鳳寺中興快圓比丘に寄附した際に、寺蹟を譲り受け、真言宗に改め寶泉寺と号して和泉神鳳寺中興快圓比丘の宿寺としたという。」とある。無断駐車厳禁の貼紙が目立つ寺院であった。
そしてこの寺院より恵比須よりにあるのが東北寺である。室泉寺と異なっていることは墓地を持っていることのようだ。境内は広くはないが囲いで囲われた箱庭もありなかなかの風情を感じさせる寺院である。これまたネットで調べると「至道無難(俗名相川源左衛門、延宝4年1676年没)が至道庵を営み、寛永6年麻布桜田町に創建、上杉弾正大弼の室(法名生善院慶巌栄余)が中興開基となり、元禄9年(1696)当地へ移転し、寺号を東北寺に改めたという。」とある。
d0183174_9113723.jpg
d0183174_911508.jpg

また別のサイトによれば、この寺院は島津家の菩提寺となっているそうで、島津家の墓がかなりの数あるようだ。墓地には島津以外にも有名人の墓があるそうで、戦国武将の坪内家定の墓もあるという。かわったところでは吉良上野介の正室富子の墓もあるそうだ。
我家の周りには由緒正しき寺院が数多くあるようだ。渋谷の地も若者ばかりが来る街ではなく、歴史を紐解く人たちの街であってもいいような気がした散歩であった。
参考URL → 猫のあしあと(東京の神社仏閣ガイド)

今未明に行われたMotoGP第2戦では初戦に続いてマルケスが開幕2連勝を飾ったそうである。史上最年少のチャンピオンとなったマルケスの勢いはとどまることを知らないようだ。どこまで連勝を続けていくのであろう、ロッシの再来ではなく、既にロッシを超える存在になっているのかもしれない。
by motokunnk | 2014-04-14 09:13 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

恵比寿神社はべったら市

今朝は首都圏に限らず、日本全国雨のようだ。町内では運動会が開催されるようだが、学校のグランドから体育館に変更されて実施されるそうだ。
さて世の中は恵比寿講である。ネットではえびす講は今日、10月20日とされているが、神社によっては19日から大祭をしているところもある。恵比寿駅近くにあるその名も恵比寿神社でも大祭は昨日から行われている。
そもそものえびす講とは「神無月(旧暦10月)に出雲に赴かない「留守神」とされたえびす神(夷、戎、胡、蛭子、恵比須、恵比寿、恵美須)ないしかまど神を祀り、1年の無事を感謝し、五穀豊穣、大漁、あるいは商売繁盛を祈願する。」ことであったそうだ。
d0183174_9102852.jpg
d0183174_9104596.jpg
d0183174_911054.jpg

現代では「えびす講=べったら市」というほどえびす講が行われる神社ではべったらが売られているが、この風習は江戸時代中ごろからはじまったそうだ。なんでもある神社でお供え物としてべったらを売ったところその売れ行きがよかったから、毎年べったらを販売するようになり、それが今日まで続いているとか、何事も最初は単なるアイディアではじめられているようだ。
今日は雨なので散歩は中止だが、TVではMLBが放送される。上原、田沢が所属するレッドソックスがワールドシリーズに出場できるかどうかが決まる一戦である。そしてTV放送はないが、富士スピードウェイではWECの6時間耐久レースが行われる。昨年トヨタのハイブリッドカーがアウディを破って優勝したレースである。
予選ではアウディがポール、トヨタは2、3番手である。昨年の再現があるか注目したい。そして京都では牡馬クラシックの最後のレース・菊花賞が開催される。エピファネイアが断然の1番人気となっている。騎手の福永祐一にとっては優勝すれば初の牡馬クラシック制覇である。これも注目したい。というわけで今日はTV三昧になりそうである。
参考URL → 日本橋べったら市
by motokunnk | 2013-10-20 09:11 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

写真美術館の「ネコライオン」展

恵比寿の東京写真美術館で開催されている岩合光昭写真展「ネコライオン」を観てきた。先日ヒカリエで開催されている同氏の写真展を観たが、両方観ると割引となるメリットがある。そういうわけではないが、夏季休暇ということもあり、健康維持をかねて恵比寿まで出かけることにした。
d0183174_8443442.jpg
d0183174_8444926.jpg

「ネコライオン」展というだけあって、写真は全てネコとライオンを対比させた形で展示されていた。普段は注意してみていなかったが、写真で観るとネコとライオンは同じ種別ではあるが、よく似た仕草をしていることがわかる。耳のかたちが違うことを除けば(大きさはもちろんそうだが)、顔付きや身体もそっくりといっていいかもしれない。
ホントによく似ていると感心してしまった。写真の中にはヒカリエで観たものもあったが、場所がかわって引き伸ばされたサイズも違い、対比している写真も違うとまた別の印象を受けるのは何故かなと思った。岩合氏の腕のよさかネコの持つ特性かはわからないが、不思議なものである。
d0183174_845663.jpg

今日は昨日までの猛暑と違い、若干過ごしやすそうな天候である(それでも35度近くにはなりそうだが)。ちょっと電車に乗って気になる展示会にでも行ってみようかと思っている。
参考URL → 岩合光昭写真展
by motokunnk | 2013-08-13 08:46 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/きれいな花には毒がある?

先日のこと、いつものように散歩をしながら路肩の植え込みを見ていると綺麗な花が咲いている場所を発見し、写真に撮って帰宅した。一見すると百合の花のように見えたので百合が都心の真ん中で咲いていると感激したのであるが、よくよく見るとどうも百合の花ではなさそうである。
d0183174_18522614.jpg

いろいろ調べていくと、木立朝鮮朝顔の一種であることがわかった(これも友人からの書き込みで知ったのであまり大きなことはいえないが)。そして恐ろしいことにその花には毒性があって注意するようにと書かれていることである。
Googleでチョウセンアサガオと入力すると、毒性という関連語がでてくることから毒をもっているのだなあということが類推できるがこんなきれいな花にも毒があるということは何か不思議な感覚である。きのこを例にとれば、毒キノコと言われるものはカラフルで綺麗なものが多いのでキノコであれば納得するのだがどうもキノコと花は私の中では一緒にはしにくい。
ただ、いろいろ調べていくと厚生労働省の中に「自然毒のリスクプロファイル」というページが用意されていた。その中に、当然「チョウセンアサガオ」の項目もあり丁寧に毒性について説明されていた。別に死に至るような猛毒なものではなさそうである。有川浩の「植物図鑑」ではないが、食用の野草とそうでないものとの区別は必要だなあとこのページを見て改めて実感したしだいである。
ページを見ていて気付いたのだが、今がシーズンのアジサイも毒性があるようだ。まだ毒の成分について解析が終わっていないようだが、症例が報告されており要注意な植物のようである。「きれいな花にはトゲがある」とはバラをさしていったことわざのようだが、きれいな花には毒があるということわざもできそうである。
さて今夜はサイタマスタジアムでサッカーW杯アジア地区最終予選日本VSオーストラリアが開催されている。渋谷エリアはハチ公前などで通行規制がひかれているようだ。外出せずに自宅でTV観戦することにしよう。観戦結果などは明日以降のブログで紹介できればと思う。
参考URL → 木立朝鮮朝顔
参考URL → 自然毒のリスクプロファイル
参考URL → 渋谷スクランブル交差点、W杯で通行規制へ-斜め通行禁止
by motokunnk | 2013-06-04 18:53 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)