タグ:感染症 ( 17 ) タグの人気記事

ノーベル賞に大村氏、錦織圭連覇に向け初戦勝利

スウェーデンのカロリンスカ研究所は5日、2015年のノーベル医学生理学賞を大村智・北里大特別栄誉教授と米ドリュー大のウィリアム・キャンベル博士、中国中医科学院の女性科学者の屠ゆうゆう首席研究員の3氏に授与すると発表した。
受賞理由は、大村氏とキャンベル氏が「寄生虫によって引き起こされる感染症の治療の開発」、屠氏が「マラリアの新規治療法に関する発見」だそうで、開発途上国での感染症対策に大きく貢献していることが受賞の理由だそうで、中国人のノーベル賞受賞は自然科学分野では初めてだそうだ。
日本人としては、昨年の赤崎勇・名城大終身教授、天野浩・名古屋大教授、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授(米国籍)=いずれも物理学賞=の3氏に続き2年連続で、医学生理学賞は利根川進MIT教授(1987年)、山中伸弥・京都大教授(2012年)に続き3人目、通算では米国籍も含めると23人目(医学生理学賞3、物理学賞10、化学賞7、文学賞2、平和賞1)の受賞となった。
d0183174_08414317.jpg
大村さんは1935年、山梨県韮崎市生まれで山梨大を卒業後、都内の定時制高校の教員をしながら東京理科大で博士課程を修了、山梨大助手をへて北里大教授、1990~2008年まで研究所長を務めた。美術にも通じ、今年5月まで女子美術大の理事長を計10年以上務めたそうである。
ヘキスト・ルセル賞(85年)、上原賞(89年)、ローベルト・コッホ・ゴールドメダル(97年)、ガードナー国際保健賞(14年)、朝日賞(15年)など受賞しており、今回のノーベル賞受賞も関係者の間では当然と思われていたようである。まずは受賞、おめでとうございます。
次はスポーツ、テニスの楽天オープンがはじまった。連覇のかかる錦織圭は第2シード、初戦の相手はコリッチであった。第1セットを失ってしまったが、続くセットを連取して初戦を突破、2回戦に進出した。
地上波ではテレビ東京がベスト8以降を中継放送するようである。なお2回戦はクエリーと対戦する。
参考URL → 大村氏、ノーベル賞・写真転載サイト
参考URL → 錦織は次代の王者候補コリッチに逆転勝ち
[PR]
by motokunnk | 2015-10-06 08:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

アジア隣国での客船転覆、MERS感染、MLBでは田中が復帰

今朝、右手首の炎症と右前腕部の張りで故障者リスト(DL)入りしていたヤンキースの田中将大がマリナーズ戦で復帰した。
80球を目処にしての登板といわれていたが、初回からマリナーズ打線を抑えつけて行った。味方打線も2回に先制するなど連勝している勢いを感じさせた。
3回に連続して長打を打たれてしまい同点に追いつかれてしまったが、好守備もあり逆転は許さなかった。すると4回にも2ランで勝越し点をもらうと、4回~7回までを完璧に抑えた。特に7回シーガーに対しての投球は圧巻で最速154kmのストレートで三振を奪った。
7回78球、3安打9奪三振無四球1失点のピッチングで今シーズン3勝目をあげた。インタビューでは「すごく良かったと思いますけど、また、次どうなるか分からないので、良かったところをしっかり次につなげて行きたいと思います」と、淡々と振り返った。
確かに1日あけて明日、痛めた個所が何ともないかの確認が必要だが、見事な復帰登板といえた。
さて、大型客船の転覆事故は大惨事となりそうだが、客船運行を担当している企業が国営企業ということもあって、中国政府の対応に関心が集まっている。数年前の列車事故のときは脱線した車両をすぐに埋めてしまった前歴があるだけに、海外メディアは特に事故原因についての追及がきびしいようだ。
今のところ中国政府は竜巻が原因ではないかと言っているが、客船の度重なる改造が転覆を誘発させたのではないかなどとも言われている。中国政府の真摯な対応を期待したい。
そしてお隣の韓国ではMERSウィルス感染が拡大しているそうだ。ウィルス感染拡大阻止のためには初期対応が感染拡大防止の対応策として考えられているが、どうもこの初期対応を間違えた(しなかった?)ため、今回のような大騒ぎになったようだ。
いまのところ日本への感染は報告されていないが、こちらも気をつける必要がありそうだ。
ところで一時期あれほど騒がれていたエボラ出血熱感染はどうなったのであろう。最近ニュースで報道されなくなっているが、厚生労働省のホームページを見ると5月中旬以降は更新されていないようで一応沈静化しているようだ。デング熱もあるし今年の夏もいろいろ予防でたいへんな夏となりそうだ。
参考URL → 復帰戦で今季3勝目
参考URL → 客船転覆
参考URL → MERSとは?

[PR]
by motokunnk | 2015-06-04 08:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

エボラ出血熱、MLBそしてなでしこジャパン

エボラ出血熱の疑いがあったジャーナリストは陰性でよかったが、そのことで我が国のエボラ出血熱対策が脚光をあびるようになった。マスコミ等でエボラ出血熱対策を特集するようになり、いろいろなことがわかってきた。
d0183174_19034536.jpg
また、Q&Aのサイトもあるし、日本人看護師で西アフリカに行き、エボラ出血熱患者の看護をした人のインタビューも掲載されるようになった。記事を読むと数々の修羅場に遭遇したようだ。ただまた西アフリカに行く計画だそうで、看護師の鏡のような人である。
さてMLBのワールドシリーズ第6戦、後がなくなったロイヤルズ、地元に帰ってどう戦うかが興味であった。あいにく出勤日だったので中継はみていない(夜のダイジェストを観ることにしよう)が、2回裏に打線がつながって一挙に7点をあげて試合を決めてしまったようだ。
打撃不振であった青木も2回裏にはタイムリーを放って打点をあげる活躍だったという。これで3勝3敗の五分となりいよいよ残すは1試合。
d0183174_19035151.jpg
明日の試合でチャンピオンが決定する、どちらが勝つにせよいい試合であることを期待したい。本音を言えば、ロイヤルズが勝つほうがうれしいのだが。
そしてなでしこジャパンのカナダとの親善試合も行われた。こちらも新聞情報であるが、大儀見、永里姉妹がそろってゴールをあげたそうだ。試合はロスタイムに同点に追いつかれたあと、鮫島のゴールで3-2でカナダを連覇したそうだ。
d0183174_19035810.jpg
やはり、W杯組はいざというときに力を発揮するようだ。あと1年で本番のW杯であるが、メンバーの底上げは大丈夫であろうか、ニュースで流れるのはW杯、五輪組の選手である、ちょっと心配である。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-29 19:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本でも感染危機、エボラ出血熱

昨晩のトップニュースはこれ一色であった。昨日午後羽田空港に到着した旅行者の一人がエボラ出血熱で注意が喚起されている西アフリカからヨーロッパを経由して入国したが、その人が発熱していた。
本人はエボラ出血熱患者との接触はしていないとのことであったが、念のため、隔離さら血液検査を行うこととなった。ここまでが夜のニュースで今朝のニュースではエボラ出血熱ウィルスは陰性だったそうだ。
d0183174_08271398.jpg


ほっと一安心というところだが、今後このような事象は頻繁に起こりえることだと思う。今回感染を疑われた人はカナダ国籍のジャーナリストで西アフリカでは2カ月にわたってエヴボラ出血熱に関しての取材活動をしていたそうだ。
医療関係者に限らず、ジャーナリスト、報道関係者などが西アフリカに取材に行くことはあるだろうし、取材を終えた後日本に立ち寄ることも考えられる。水際での予防が大事であり、疑わしきは検査する姿勢は大切だと思う。
今回は羽田空港であったが、地方の国際空港でも同様の対応が可能だろうが、若干心配ではある。
エボラ出血熱はこの程度にして後はNFLについて書こうかと思う。NFLもレギュラーシーズンも折り返しをむかえ、好調のチーム、不調のチームが色分けされつつある。
私の応援するマイアミドルフィンズであるが、初戦で同地区の優勝候補であるニューイングランドペイトリオッツに勝ったのはよかったが、その後連敗してしまい、勝率は5割を行ったり来たりであったが、第8週のジャクソンビルジャガーズ戦に勝ち、今シーズン初の連勝をマークして4勝3敗と開幕以来の勝越しとなった。
ただ試合をハイライト動画で見る限りは2度のインターセプトTDが前半にでたおかげでジャガーズの士気がさがり勝利したのではないかと思える内容であった。
d0183174_08191552.jpg
試合を左右するQBであるがマイアミのQBタネヒルの出来も先々週のシカゴブルズ戦とは雲泥の差でQBレーティングは73.3と今シーズン最低であった。タネヒルはどうも2試合連続していい数値を残せないようだ。
ディフェンスはNFLでもトップクラスと言われるマイアミである。あとはオフェンス、タネヒルが奮起してオフェンス陣を引っ張り連勝をのばしてプレイオフ進出を目指してほしい。
参考URL → 発熱男性:エボラ検査で陰性
参考URL → エボラウイルス検出されず・図転載サイト
参考URL → ジャガーズ 13-27 ドルフィンズ・写真転載サイト
参考URL → ベアーズ 14-27 ドルフィンズ
[PR]
by motokunnk | 2014-10-28 08:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)

世紀の万能薬なのか、最近の富士フイルムGの薬と今日の木曜時代劇

昨日ネットを見ていると、富士フイルムの関係会社が開発した「アビガン錠」がエボラ出血熱に効果があるという記事を見つけた。
何でも同様の症例があるそうで、にわかに注目を浴びている。この「アビガン錠」とは抗インフルエンザウイルス薬だそうだ。一般的な「タミフル」や「リレンザ」などは、ウイルスの遺伝子が細胞内で複製された後の放出を阻害して感染の拡大を防ぐ。これに対してアビガン錠は、ウイルスの遺伝子複製そのものを阻害するという特徴がある。
d0183174_08325132.jpg
2014年8月ごろから、インフルエンザウイルスと構造が似ているエボラウイルスの治療に、この薬が有効ではないかという説が持ち上がり、富士フイルムのアメリカでの提携相手であるメディベクター社は「アビガン錠」をエボラ出血熱感染者の治療に使えるよう申請する意向で、アメリカ食品医薬品局と協議している模様。
そんな中、今朝のニュースでは「アビガン錠」がノロウィルスにも効果があるという研究成果がイギリスで発表されたという。一躍万能薬として注目をあびてしまったようだ。富士フイルムは最近はフイルム事業ではなく、化粧品や医薬品分野で業績を伸ばしているようだ。そろそろ社名からフイルムをとってしまったらどうだろうか。
さて今晩はNHK木曜時代劇「ぼんくら」の2話目が放送される。木曜時代劇をみるのはこのシリーズで4作目となる。
d0183174_08330592.jpg
いずれの作品も原作がしっかりしていて見ごたえのある作品となっている。今作品は時代劇ミステリーだけにどんな展開となっていくのか楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-23 08:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

エボラ出血熱感染と御嶽山捜索中止

エボラ出血熱感染が拡大している。米国で国内で発症した患者さんを担当していた看護師が感染したのに続いて同じ病院の医療関係者の感染も確認されたそうだ。その人、感染が発覚する前に民間航空機に搭乗していたそうだ。
d0183174_08553905.jpg
エボラ出血熱感染者に対応するには肌は隠すのが普通だが、感染した看護師は肌を露出した状態で対応していたそうだ。米国であればエボラ出血熱対応マニュアルがあると思うが、そのマニュアルにそって対応していたかどうかが疑われる。米国CDCの対応の遅れも指摘されているがまず対応マニュアルの徹底が急務ではないか。感染してしまったあとの薬などはその次のような気がする。
国内では富士山初冠雪のニュースが届いてきたと同時に御嶽山噴火事故の行方不明者捜索活動の年内中止が決定された。御嶽山は標高3000m以上あり、富士山が冠雪すれば緯度も同程度の御嶽山も冠雪してもおかしくはない。
実際に頂上付近では雪が降り、冠雪しているそうだ。雨が降ると火山灰は固まって粘土質になり、捜索が困難になってしまうことはニュースで報道されているが、雪山の捜索活動も困難さは一緒である。苦渋の選択であったとは思うが、これも致し方ないのかもしれない。
d0183174_08554674.jpg
春になり、雪が解けてからの捜索再開を祈ることにしよう。ただそのころはマスコミも騒がず、今ほど大規模な捜索隊は編成されずにひっそりとした活動になってしまうことは間違いないであろうが。
昨日のブログでプロ野球のファイナルステージのことについて書いたがその続編を最後に書こうと思う。
CSファイナルステージ、セリーグは阪神が2連勝して巨人をリード、巨人はまだこのステージでの勝利はない。CSでファーストSから勝ち上がったチームの1、2戦勝利は05年ロッテ、07年中日、12年中日、そして今年の阪神とと4球団目だそうで、12年の中日以外はファイナルステージを勝ち抜いているとか、阪神の突破が現実味を帯びてきた。
そしてパリーグは日本ハムが勝った。1回に内川のホームランで先制され、味方打線は武田に抑えられてチャンスらしいものは作れず、一方のソフトバンクはチャンスを作る展開であった。分岐点は4回裏一死満塁の追加点のチャンスをつぶしてしまったことが日本ハムを立ち直らせてしまったようだ。6回表にエラーがらみで逆転し、中田が3試合連続のホームランで追い打ちし、小刻みな投手リレーでファイナルステージ初勝利をあげた。
d0183174_08555466.jpg
昨日も書いたことだが、投手にしろ野手にしろ日本ハムの選手は若手中心で、特に投手はシーズン最終盤に登板した選手が主体である。来シーズンを見据えて栗山監督が若手に経験を踏ませているとしか考えられないが、これでファイナルステージを突破することができればすごいことである。

[PR]
by motokunnk | 2014-10-17 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

広く世界に目を向けると

昨日10月1日は東京都民の日であった。都内の小中学校は休みだったので、都心などは子どもたちがたくさんでていたようだ。そして世界に目を向けると、お隣の中国は国慶節、日本でいう建国記念日であり、連休がスタートした。
ただし、中国政府はそれどころではないようだ。火種は香港にある。香港が英国から変換されたとき、英国との間には「一国二制度」の原則を認めるという契約が存在した。
一国二制度とは中国に存在するもので、本土領域から分離した領域を設置し、主権国家の枠組みの中において一定の自治や国際参加を可能とする構想だそうだ。香港やマカオの場合では、全国人民代表大会が「特別行政区基本法」を制定し、この2つの特別行政区を設置し、その制度を定めたようだ。
このことが今回のデモ行動の発端となっているという。今回、行政長官の選挙があり、全国人民代表大会がリベラルな候補を認めない決定をしたことが原因のようだ。中国にしてみれば香港は外貨獲得や経済収入の源泉であり、できる限り自治権は抑えて中国政府の支配下におさめようという思惑があると思う。
d0183174_15030032.jpg

一方の学生たちは自治権を獲得して自分たちの目指す香港を確立したいという思惑がある。バックには巨大な資本家がついているという噂もあるが、天安門事件の再来にならなければいいと思うのだが。
そして米国からはちょっとショッキングなニュースが流れてきた。国内でエボラ感染者がでたということである。感染者は西アフリカから帰国したときはエボラ感染熱を発症していなかったという。たぶん感染していたが発症はしていなかったのであろう。
発症前に数人とは接触していると思われるので、そこから感染が拡大するかもしれない。日本でも同じことが起こる可能性はあり、心配ではある。
プロ野球では例年であれば消化試合の季節だが、今年は熱い戦いが続いている。今日はパリーグの覇者決定戦、オリックス対ソフトバンク戦がある。そして昨日は北海道日本ハム対東北楽天戦が開催されて。この試合は金子誠の引退試合も兼ねていたそうで、金子は9番遊撃で先発して最後の試合1安打2得点の活躍だった。

そして最後は引退の挨拶で「金子誠の野球人生はファイターズという1本の川の流れに乗り、21年の時を経て大海原へ、たどりつきました」と語ったそうである。引退お疲れ様でした。
仁川のアジア大会サッカー女子決勝、なでしこジャパンは北朝鮮相手に1-3で敗れてしまった。2点を先制される苦しい展開でミスも多く課題満載の結果であった。欧州組が不参加の大会ではあったが、W杯優勝時からメンバーの底上げはほとんどできていない。

そのことが今回のアジア大会の目標であったが、その目標はクリアできなかったようだ。本番まで1年をきり、どう底上げをしていくかが問われることとなった。
参考URL → 国慶節の連休に入った民主派デモ
参考URL → 米国初のエボラ感染者
参考URL → 引退メモリアルグッズ
参考URL → なでしこ負けた

[PR]
by motokunnk | 2014-10-02 08:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

デング熱対策に蚊を利用?

昨晩、NHK-BS国際報道を観ているとブラジルからの報告でデング熱対策に蚊を利用するという試みが紹介された。映像は毎朝容器の中から蚊を逃がすシーンからスタートした。ウィルス感染している蚊をなぜ離すのかと不思議に思っていると、ナレーションがながれてきた。
d0183174_08310757.jpg
「ウイルスの働きを抑えるバクテリアの一種で「ボルバキア」と呼ばれる物質を注入した蚊ははなしている、この物質には蚊が吸った血液の中にあるデング熱ウイルスの増殖を抑える効果があり、蚊を通した新たな感染を防ぐことができるうえ、殺虫剤などと比べほかの生物への影響が少ないのが特徴だ」ということである。
この取組が成功すれば日本でもデング熱撲滅に効果はあるだろう。デング熱ウィルスを媒体する蚊がデング熱ウィルスの増殖を抑えるのであるし、その蚊のこどもも同じバクテリアをもっているというのであるから一石二鳥である。デング熱感染者は一時期ほどの伸びはないが、全国各地に拡大していっている。重症者はでていないのが幸いだが、長袖を着ての外出は面倒なのではやく「ボルバキア」というバクテリアの研究を日本でも開始してほしい。
参考URL → ウイルス抑える蚊
参考URL → ボルバキア

[PR]
by motokunnk | 2014-09-26 08:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

デング熱感染は都内全域に拡大か、そしてプロ野球は偉大な記録

デング熱感染者で代々木公園に行ったことがない人が現れた。その人は新宿中央公園で蚊にさされたそうだ。代々木公園と新宿中央公園は2km離れており、蚊が飛んでいくとは考えにくい。
厚生労働省の担当者は、蚊にさされた感染者が別の蚊にさされてその蚊がたまたま新宿中央公園にいた人を刺して感染させた可能性が高いと言っていたが、このことが事実とすれば、デング熱感染者がいる都道府県全部にいる蚊がデング熱感染源(感染者を刺したことがある)ともいえそうだ。
d0183174_08233049.jpg
今日、関係者会議が開催されるらしいが有効な対策はでてくるのであろうか。
夜のプロ野球で偉大な記録が達成された。中日の山本(昌)が阪神戦に先発し、5回を無失点におさえて、先発投手としてプロ野球記録を更新した。従来の記録は48歳10か月で山本(昌)は現在49歳25日、最年長登板、最年長出場、最年長先発のプロ野球記録を塗り替え、自らの持つ最年長先発勝利の記録も伸ばした。今年の初登板での大記録達成、見事であるしまだ登板機会もあるであろうから再度の記録更新にも期待がかかる。
d0183174_08233813.jpg
49歳の大ベテランから20歳の若武者にも記録達成の期待がかかる。日本ハムの大谷翔平昨日のオリックス戦、5番DHで出場して初回に第9号ホームランを打ち、プロ野球記録となる10勝10本塁打に王手をかけた。先日の先発では7回2失点と好投したが敗戦投手となってしまったが、この試合は打撃でチームの勝利に貢献した。大記録達成は近そうである。
d0183174_08234507.jpg
そして、アギーレ新監督を迎えたサッカー日本代表の初戦が行われ、2回のDFが犯したミスがともに失点につながり0-2で初陣は飾れなかった。それ以外は新戦力も出番があったがシュートの精度がイマイチで残念ながら満点の活躍をした選手はいなかった。9日にはベネズエラ戦がある。この試合の結果をみてアギーレ日本の評価がくだされそうだ。
今日はMLBではマリナーズの岩隈が先発予定である。相手は同地区のレンジャーズ、地区優勝、ワイルドカード争いで負けられない一戦である。
参考URL → デング熱:新宿中央公園でも
参考URL → 49歳山本昌、最年長勝利
参考URL → 10勝10発に王手弾
参考URL → アギーレ日本、初陣完封負け
[PR]
by motokunnk | 2014-09-06 08:26 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

デング熱で代々木公園閉鎖、MLBとNFLの話題

やはり代々木公園は閉鎖された。やや遅きに失した感もあるが、デング熱発症者がすべて代々木公園、およびその付近に行ったことがある人が全員であったのでやむを得ない措置だったと思う。
d0183174_14053016.jpg
ただ、野外ステージや陸上競技場のある通称B地区は閉鎖されていない。東京都の説明によればB地区はアスファルト舗装されており、土がむき出しになっている地面が少なく、蚊の生息に適していないとのこと、蚊は風向きによって数百メートルの行動範囲を持つといわれているだけにちょっと心配ではある。
現に、同公園で週末開催予定の日本インドネシア市民友好フェスティバル2014は主催が中止の決定をしている。日程変更されたイベントや開催場所変更のイベントもあり、秋のイベントシーズン、代々木公園で開催されるイベントは中止や日程変更など、大打撃をこうむってしまった。まあ来場者がデング熱感染の予防から来ないことを思えばいいかもしれないが。
海の向こうではテニスの全米オープンの他にもMLBでは黒田投手が5年連続の2桁勝利をあげた。日本人投手としては初めての快挙だそうだ。そして今年は同僚のマー君、ダルビッシュ、岩隈に続いて4人目の2桁勝利、これも初めてではないかと思う。
d0183174_14053830.jpg
ヤンキースといえば、地区優勝絶望の状態ではあるが、ワイルドカード争いではまだ残っており、負けられない試合が続いている。黒田も貴重な先発として頑張ってほしい。
そして今日からNFLがはじまった。開幕戦は前年のスーパーボール覇者が戦うのが恒例で今年はシーホークスがパッカーズと戦った。
パッカーズにはNFL屈指のQBの一人であるロジャーズがおり、ロジャーズ対シーホークスディフェンスの戦いになるだろうとの下馬評であった。試合は前半開始直後は両チームとも開幕戦特有の硬さからかミスが目立ち、ミスがらみで失点するケースがあり、第1Qはパッカーズが7-3とリードした。第2Qに入るとシーホークスの攻撃が冴え、RBリンチのTDもあり前半を17-10とリードして後半に突入した。
d0183174_14054720.jpg
後半に入っていたかったのは、ロジャーズからのパスがインターセプトされてしまったことである。味方レシーバの手にあたってのあとだけに惜しまれるインターセプトであった。
しかし、この攻撃をFGの3失点で抑えたことはよかったと思うが、その次にまたミスがでてしまった。味方ゴール前からの攻撃でロジャーズがサックされかけ、ファンブルしてしまったボールがゴールに転がり、セイフティの2点を献上してしまった。
これでシーホークスが22-10とリードを広げた。試合は前後半を通じてシーホークスの攻撃、守備ともが機能してミスも少なく、解説者によれば、昨年以上のまとまりがあり、チーム力も昨年以上ではないかとのこと、シーホークス連覇の可能性が高いと思える開幕戦の結果であった。
私の応援するドルフィンズの開幕戦は同地区のペイトリオッツである。地区6連覇を狙う強豪相手に一泡吹かせてくれるとうれしいのだが。これから来年2月まで月曜日はNFLの試合で楽しめそうだ。
参考URL → 代々木公園北側エリア閉鎖
参考URL → 黒田が日本人初の5年連続2ケタ勝利達成・写真転載サイト
参考URL → NFL開幕戦・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-09-05 14:09 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)