人気ブログランキング |

タグ:斉藤佑樹 ( 8 ) タグの人気記事

札幌ドームでのオープン戦、そしてスーパーチューズデー

3月にはいりプロ野球もいよいよ開幕目指して各チームがオープン戦を戦う時期となった。日本ハムも本拠地札幌でのオープン戦である。
先発はバース、新外国人投手で先発を任せる予定だそうだ。立ち上がりいきなり死球、安打でピンチを招き、タイムリー、3ランで無死でいきなり4失点である。
その後は3回を無失点で切り抜けたが、ちょっと不安の残る登板であった。
「初回は緊張して投げ急いでしまいましたが、2回以降は立て直すことが出来たのでよかったです。きょうは変化球も試しましたが、もう少しカーブの精度を高めていきたいと思います。」とコメントがあるように立ち上がりは緊張していたようだ。次回の登板を注目したい。
そして2番手で登板したのは斎藤佑樹であった。2イニングの予定だそうだ。4回は先頭打者にヒットを打たれ、二死1、2塁のピンチを招いたが坂本を三振にしとめるなど無難な投球であった。しかし5回がいけなかった。
この回も無死から連打でピンチを招くと一死2、3塁から2塁ゴロ失策で失点すると、巨人の売り出し中の岡本に2塁打を打たれるなど4失点を献上してしまった。
札幌ドームでのオープン戦、そしてスーパーチューズデー_d0183174_09044651.jpg
登板後のコメントによれば投げミスもあったというが、エースという称号を仮にも得ていた投手としては、味方の失策をカバーする投球があってこそだと思う。精神面から改造していく必要があると思った昨日の登板であった。
日本ハムで心配な選手は中島卓也である。打撃に自信がないのか2ストライク後の粘りが昨年のようになくあっさり三振してしまう。また空振りも多いのが気になる。このことが守備に連鎖して3回にはなんでもないゴロをエラーしてしまった。
札幌ドーム初戦ではあったが、横尾、井口など今年のルーキーははつらつとしたプレイを魅せてくれたのが救いであった。今日は開幕投手の大谷翔平が登板するそうだが、ファンを納得させてくれる快投を魅せてほしい。
そして全米注目の大統領予備選挙、前半の山場であるスーパーチューズデーの開票がそろそろはじめる。民主党はクリントン氏とサンダース氏、共和党はトランプ氏とクルーズ氏、ルビオ氏が指名権を得るため戦っているが、多くの州では民主党はクリントン氏、共和党はトランプ氏がリードしているようである。
札幌ドームでのオープン戦、そしてスーパーチューズデー_d0183174_09045341.jpg
予備選がはじまった当初はトランプ氏の人気は高かったが、実際の票には結びつかないだろうと言われていたのがウソのような絶好調さである。このスーパーチューズデーで勝利をおさめると指名争いがますます有利になり政治経験皆無の大統領候補となってしまう前代未聞の展開である。ただトランプ氏に言わせれば、政治家が選挙のときに言ったことは全然実現していないということも事実であるからトランプ氏の発言がすべて実現されるというわけではないようだ。
いずれにしろ後数時間で大勢は明らかになるのだが。

by motokunnk | 2016-03-02 09:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日からF1日本GP、そしてMotoGPはアラゴンGP

今日は全国的に雨降りだが、鈴鹿サーキットではF1第14戦の日本GPが開幕する。鈴鹿サーキットのある三重県は今日の午前中は雨であるが、明日以降は晴れの予報である。
日曜日の決勝は晴れの中でバトルが展開されそうだ。ホンダはエンジンサプライヤーとしてであるが7年ぶりの地元GP復帰である。今季は不振なシーズン(わずか3回の入賞のみ)を過ごしているが地元での復活はあるのだろうか。
今日からF1日本GP、そしてMotoGPはアラゴンGP_d0183174_08403295.jpg
残念ながらその期待は小さいようだ。パワーが優先するサーキット特性にマクラーレン・ホンダは必ずしもマッチしていないようである。ただ地元の声援をバックに予選、決勝で快走するマクラーレン・ホンダをファンの一人としては夢見てしまうのは私でけではないと思う。
そしてMotoGPも第14戦アラゴンGPが開幕する。こちらはMoto2クラスの中上貴昌に2戦連続の表彰台の期待がかかる。2戦連続して表彰台をゲットして10月11日からはじまる日本GPに挑戦してほしいと思う。
また今夜は日本ハムの斉藤祐樹が今季の2勝目をかけてオリックス戦に先発する。
今日からF1日本GP、そしてMotoGPはアラゴンGP_d0183174_08404038.jpg
9月16日のロッテ戦のような投球ができれば2勝目は可能と思うし、クライマックスシリーズでの戦力として数えられそうな気がするが果たしてどうであろうか。こちらも楽しみである。

by motokunnk | 2015-09-25 08:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

蔦屋代官山店が「スターウォーズ」一色にそして1年ぶりの勝利

先月末から9月18日まで『代官山 蔦屋書店全館フェア「STAR WARS READY FOR NEW ADVENTURE」』と題して蔦屋書店代官山店では館内8か所でスターウォーズ関連フェアを開催している。
R2D2やC3POのフィギュアから当然スターウォーズの映画のDVDなどどの売り場にいっても必ずスターウォーズ関連商品が展示されていたり、販売されていたりする。
蔦屋代官山店が「スターウォーズ」一色にそして1年ぶりの勝利_d0183174_09172650.jpg
変わり種は蔦屋書店オリジナルの手ぬぐいだそうだ。数百円の手ぬぐいにはオリジナル商品のタグがついていた。
私が必要だったのはファイルボックス、年金関連の書類を整理しておくために必要だったので、購入して帰宅し早速整理した。
蔦屋代官山店が「スターウォーズ」一色にそして1年ぶりの勝利_d0183174_09173435.jpg
もう一つのファイルボックスにはMRIやCTなどの検査結果をいれておうことにした。これでちょっと棚が綺麗に整頓された感じである。
さて夜のプロ野球、日本ハムはロッテ戦、斉藤祐樹が先発した。前回の登板時には何年ぶりかでプロ野球観戦にでかけた日であったのでそのとき以来の先発である。
そしてQVCスタジアムは4月以来、そのときは日本ハム打線が爆発して序盤に8点の大量リードを奪った試合であった。ただこの時の斉藤はピリッとした投球ができずに4回に3失点、5回にも連打で一死1、3塁のピンチをつくったところで降板している。
なんとなく嫌な球場であったが、斉藤裕樹はそんな雰囲気は感じさせず、1回はヒットを打たれたが併殺で切り抜け、まずますのピッチングであった。相手先発は石川、ここ2試合連勝して波にのっている注意すべき投手であったが、2回二死からのレアードに投げた1球が命取りであった。真ん中の失投をのがさず、レフトスタンド一直線の30号である。
その後、浅間にヒット、二死から陽岱鋼、中島卓也に連続長打を打たれてしまい、2回で3失点とちょっと乱調気味であった。前回の日本ハム戦とは別人のような序盤であった。
蔦屋代官山店が「スターウォーズ」一色にそして1年ぶりの勝利_d0183174_09174299.jpg
2、3回とランナーはだすが要所をしめて無失点に抑えていた斉藤であったが、4回に二死1塁から四球、ヒットで失点したしまった。これで流れがロッテに傾いたように感じたが、5回、先頭打者の陽岱鋼がバックスクリーンに6号を放ち、4-1とリードをまた3点に拡げたことが斉藤祐樹を楽にさせたようだ。
結局、斉藤祐樹は6回を投げ、5安打1失点の好投で今シーズンの初勝利をあげた。昨年9月29日の西武戦以来、352日ぶりの白星だった。
この勝利で来週のソフトバンク戦の先発も決まったようなので、次戦のソフトバンク戦も好投すればひょっとしてクライマックスシリーズでの日本ハムの秘密兵器となるかもしれない。
今日のロッテ戦は大谷翔平先発予定であるが、首都圏は朝から降雨、何となく試合中止となりそうである。そうなると大谷の先発は飛ばしとなるのかスライドするのか、こちらも注目ではある。

by motokunnk | 2015-09-17 09:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)

東京ドームで試合観戦

本当に何年振りかでプロ野球の試合を観戦した。場所は東京ドーム、試合は日本ハム対オリックスである。
お昼を食べていざ東京ドームへ、以前であれば中央線各駅停車で水道橋まで行くのだが、地下鉄網が便利なので南北線で後楽園まで行くことにした。
東京ドームに着き、チケット交換して球場内へ。相変わらずの手荷物検査を受けてスタンドへ足を運ぶ。試合開始前というのに球場は多数の観客がはいっていたのにちょっとビックリ。斉藤祐樹先発の影響なのか、プロ野球人気なのかは不明であるがたぶん後者のほうであろう。
東京ドームで試合観戦_d0183174_08314038.jpg
東京ドームで試合観戦_d0183174_08314806.jpg
試合は斉藤祐樹がランナーはだすが粘りのピッチングをして5回を終えて0-1とゲームは後半勝負の様相であった。
オリックスの先発・西は完璧なピッチングでチャンスといえば、2回に近藤がヒットして盗塁、送球エラーで三進して一死3塁のチャンスをつくった程度であった。
6回をおさえれば、斉藤祐樹もローテーションの仲間入りと思って観ていた。外人二人をぼ凡打に打ち取りあっという間に二死をとったがその後がいけなかった。駿太にヒットを打たれたまではよかったが、その後の四球が余計であった。
パスボールで二死2、3塁のピンチを招いてしまってヒットで追加点を奪われてしまった。そしてその後のホームランでこの回4失点で降板である。あと一死をとればまあそこそこのピッチングと評価されたと思うのだが、その一死を取ることのむずかしさを味わう試合となったと思う。
残念な結果であったが、久しぶりの野球観戦、堪能させてもらった。
そして今日はF1ベルギーGP決勝である。なんだかんだと言われながらメルセデスがワン・ツゥで1列目を独占して決勝スタートである。マクラーレン・ホンダは約1カ月のインターバルでの改良が成果として結びついていないようで、予選Q2へ進出することなく17、18番グリッドに沈んでしまった。今日の決勝、どんなレースをしてくれるのだろうか。

by motokunnk | 2015-08-23 08:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織はベスト8どまり、斉藤佑樹は?

昨日、私が注目していた日本ハムの斉藤祐樹が千葉ロッテ戦に先発した。千葉ロッテの先発は唐川侑己、昨年785日ぶりに勝利をあげたときの対戦相手とそのときの先発投手である。
ゲンをかつぐわけではないがいい感じで試合がすすんでいくような気がした。そして試合も予感通りにいい流れができてきた。2回に下位打線で二死満塁のチャンスをつかむと、一番で先発した谷口が先制タイムリー、田中賢介も続いて一挙に3点をあげ、この試合も先制した。そして3回には中田翔が2号ホームラン、4回も3点をあげて8-0と一方的な試合となった。
ここまで斉藤祐樹は無失点の好投であったが、4回に突如リズムが崩れてしまった。相性のよくない角中をアウトにしたのはよかったが、今江、井口、クルーズに3連打を浴びて2失点、二死後から肘井にもプロ初ヒットを打たれてしまい3点目を献上してしまった。8点をリードしているとは思えない乱調ぶりでこの試合はどうなるのだろうかと若干不安となってしまった。
続く5回も斉藤祐樹の調子は不安定で角中、今江に連続ヒットを打たれたところで投手交代、せっかくの勝利投手に権利獲得まであと少しだったのをふいにしてしまった。代わった藤岡はこの回はぴしゃりと抑えたが続く6回にクルーズにホームラン、根元に2塁打と連続長打を浴びて谷元にマウンドを譲ったが、ロッテに傾いた流れは谷元にも止めることは出来ずについに8-0から8-8と追いつかれてしまった。
錦織はベスト8どまり、斉藤佑樹は?_d0183174_08535674.jpg
8点差を追いつかれた試合を観るのはたぶん初めてだと思う。これで流れは一気にロッテとなりそうだったが、7回の攻撃で近藤、岡の連打で勝越し点がとれたのが大きかった。先頭打者の谷口の振り逃げも飛び出し、不調だった陽のライト線に落ちる2塁打もあってこの回4点をあげ、12-8と再び4点差をつけ、その後は必勝パターンの投手リレーで12-9と乱戦を勝利、開幕2カード連続して勝ち越した。
不動の先頭打者と目論んでいた西川が不調(開幕3戦目で終盤にレフトファールフライを取ろうとしてフェンスにぶつかり足にダメージを受けてしまったこともあるのか)の交替として出場した岡、谷口がこのロッテ戦では大活躍、新外国人選手2人も3割近くの打率をあげて開幕から好調である。今年は近藤の捕手として先発して打撃好調で、この試合に限らず投手陣を打撃がサポートという昨年とは違う試合を魅せている。
今後は接戦も多くなるであろうが、接戦に強くなることもチーム力アップの大きな要因、若手の多い日本ハムにとって成長力も大きいはず、ぜひ接戦に強いチームに変身していってほしい。
開幕して2カードが終わったばかりだが、プロ野球解説者の予想したパリーグの2強であるソフトバンク、オリックスがスタートダッシュできずにパリーグは西武が5連勝、日本ハムが4勝2敗と上位にきている。そしてセリーグも私が注目している横浜DeNAがこちらも首位候補と下馬評が高かった広島に3連勝と4勝2敗と好調である。巨人、広島相手にこの成績、今年はかなり期待していいのではないだろうか。
さて今朝行われたATPマスターズ・マイアミオープン準々決勝、錦織圭対イズナーの試合は4-6、3-6のストレートで錦織が負けてしまい、2年連続してのベスト4進出は夢に終わってしまった。
この試合、イズナーはこのトーナメントに入って1度もサービスゲームをブレイクされていないそうで、その調子によさが錦織戦でも発揮された。そしてサービスの良さに加えてフォアハンドのよさも目立ち、ほとんどミスなくパスが決まるイズナーにとってはいいリズムで試合が運べた。
一方の錦織は得意のリターンが打てずにサービスをブレイクすることができず(ブレイクポイントも結局とれない完敗であった)、いいところなく負けてしまった。これでマスターズ大会の優勝はまた次戦ということになってしまった。ちょっと残念な結果である。

by motokunnk | 2015-04-03 08:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

御嶽山噴火、なでしこジャパン、そして斉藤佑樹

朝のトップニュースは御嶽山の噴火~救出活動である。救出活動が進むにつれて死亡者の数が増えていくことに悲しみを感じる。火山灰の下に埋もれてしまった登山客が発見されたのかもしれないし、登山道の途中で息絶えてしまったのかもしれない。
噴火直後と思われる山小屋の中の映像が映し出されていたが、見る間に噴煙で窓の外が暗くなり、その後噴石が屋根をたたく音が入っていた。地獄絵を見るような思いであったのではないか、あのような状況におかれてしまったら、死を意識したかもしれない。
いまだに家族、友人と連絡がとれない人も多数いるという。山頂付近は有毒ガスが発生しているようで救助は困難という情報がある。噴火が静まり、一刻も早く行方不明者の安否が確認されることを祈ろう。

仁川で開催されているアジア大会女子サッカー準決勝、なでしこジャパンはベトナム相手に3-0のスコアで快勝し、7大会連続してメダルが確定した。この試合、前半からボールを支配しベトナムゴールに押し寄せるが、ツメが甘いのか、ベトナムGKのよみが鋭いのかゴールを決めることはできなかった。
先制点は24分にCKから増矢がGKと競り合いこぼれた球を阪口が落ち着いて右足シュート。ゴール中央上へ入り先制した。

前半はこの1点のみであったが、後半も8分に宮間のCKを、ゴール前で相手が頭でクリアした球は自陣ゴールへ。クロスバーに当たり右サイドへ流れた球を北原がダイレクトボレーで中央へ。長船が頭で押し込み2点目をあげた。
この後、3点目も同じセットプレイからであった。得点すべてがセットプレイをいうのは若干気がかりではあるが、セットプレイからの流れで得点しているので問題はなかろう。
決勝は北朝鮮に決まった。ぜひ勝って、来年のW杯に弾みをつけてほしい。
そして夜のプロ野球、北海道日本ハムvs埼玉西武戦、当初は大谷翔平先発の予定だったそうだが、風邪で体調を壊して登板回避し、斉藤祐樹が先発のマウンドにあがった。2012年の開幕投手でもあり、栗山監督が期待している一人である。今年はいいときと悪い時の差が極端であったが、昨日は1回にホームランを打たれただけで本人も今年一番の投球ができたと言っていた。

その斉藤の好投で試合は4-1で勝利し、遅ればせながらCSへの進出を決めた。ソフトバンク、オリックスがもたついているのでチームコンディションからいけば日本ハムがベストではないだろうか。10月12日からCSがスタートするが、楽しみなCSとなりそうである。

by motokunnk | 2014-09-30 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

785日ぶりの勝利、斉藤佑樹が復活した?

一昨日のスポーツニュースでは日本ハムの斉藤祐樹が話題となっていた。その斉藤祐樹が昨晩のロッテ戦で先発した。相手先発はこれも今シーズン不調の唐川侑己である。字は違うが、同じ「ゆうき」対決であった。
あいにくTV放送はなかったので、ネットで試合速報を見ながらウオッチしていたが、いずれの先発投手もピリッとした内容とは程遠いピッチングであったようだ。そんな中2回に斉藤が角中の先制ホームランを打たれ失点してしまった。
785日ぶりの勝利、斉藤佑樹が復活した?_d0183174_851517.jpg

その後、2死満塁まで攻め込まれるが、三振で切り抜け、最小失点で切り抜けたことが勝因のひとつであったと思う。スポーツニュースで見た限りでは、ハーフスイングは微妙で空振りともそうでないともいえる判定でこの判定に助けられたのかもしれない。
斉藤はその後もピンチの連続であった。スコアリングポジションに毎回走者を背負い、後1本許せば失点となるところをおさえていく。ベンチリポートでは、厚澤投手コーチ(3回裏、3回までの斎藤佑選手)「先頭打者にヒットを打たれているように、決して状態がいいわけではない。ただ、まっすぐは頑張って投げていると思う。相手に「これなら行ける」と思わせておいて要所を締めるという持ち味を、ここまでは出せている。このあとも粘りを見せて欲しい。」とのこと、これが斉藤祐樹のよさということか。
さて一方の唐川も毎回のようにランナーをだすが、無失点で切り抜け復活の兆しを感じさせていた6回、こちらも微妙な判定がリズムを乱してしまったようだ。一死からの近藤の遊ゴロが内野安打となった。一塁セーフは見方によればアウトともいえるホントに紙一重の判定であった。そして大引のセンターオーバーの三塁打がうまれ、代打小谷野の逆転ヒットを生み出した。
本当に野球は一つの判定、プレイで流れが変わってしまうメンタルスポーツともいえる。斉藤祐樹の素晴らしかったことは逆転してもらった裏のロッテの攻撃を三者凡退に抑えたことかもしれない。この試合唯一の三者凡退をリードしたもらった直後の回に実現するところがいい。
1点差の試合は何があるかわからない意味では8回の追加点の意味は大きい。そして最後はクロッタが占めて斉藤祐樹、実に785日ぶりの勝利を勝ち取った。
スポルティバに書かれていたが、「後半戦のキーマン!? あの斎藤佑樹が戻ってきた」のかもしれない。次の登板でも結果が出せれば後半戦の真の意味でのキーマンとなりそうである。
参考URL → ロッテ対日本ハム
参考URL → 後半戦のキーマン!? あの斎藤佑樹が戻ってきた
by motokunnk | 2014-08-01 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

「持ってる」から「背負ってる」?

昨日プロ野球の開幕戦がセパ12球団同時にプレィボールとなった。6試合ともワンサイドゲームはひとつもなく、それぞれ見所満載の面白い試合だったようである(どの試合もTV観戦したわけではないのであくまでスポーツニュース情報ではあるが)。
その中で、けっこう注目していたのは日本ハムVS西武戦であった。栗山新監督率いる日本ハムが開幕戦をどう戦うか、また開幕投手をまかされた斉藤祐樹がどのようなピッチングをするかが注目するポイントであった。
試合前の栗山監督のコメントでは「選手はみんな落ち着いている、緊張しているのは僕と祐樹だけじゃない」とのこと、やはり新監督だけでなく開幕戦は緊張するのであろう。一方の斉藤祐樹は初回、中島、中村に対して四球を与えて、5番の島にライトポール際に大きな飛球を飛ばされてしまう。もしこれがホームランであったとしたら、この後の展開は大きく変わっていたのであろう。
初回のピンチをゼロに抑え、なおかつその裏の攻撃で2番に入った稲葉の2塁打、そして糸井のタイムリーなどで都合3点をとった打線の援護もあり、斉藤はスイスイと自分の投球をして終わってみれば自己初となる完投勝利となった。
ヒーローインタビューでは持ってるから背負ってる発言もでて、日本ハムのエースは俺だという斉藤流の宣言まで飛び出した。
この勝利、誰がうれしいといって登板を指名した栗山監督だと思う。新監督としていろいろ悩む場面もあったろうし、オープン戦では満足といえる結果を出していなかった斉藤祐樹を開幕戦で投げさすことを決断したわけでもしKOされていたら今日のスポーツ紙は一斉にたたいたのではないかと思う。
ただ、開幕前にいろいろなネットでは斉藤&栗山監督についての記事がながされており、その中で興味をひいたものに
『「まだ本当の良さが出てない……」栗山監督が斎藤佑樹にこだわる背景。』
があった。ドラフト会議を前にした日本ハムのGMの話を引用して斉藤祐樹の持っているものについて書かれているのであるが、斉藤祐樹という人間は期待をかけるとその期待に対して結果を必ずだしてくれる人間のようである。

SANSPO.COM → エース襲名!!佑ちゃん、プロ初完投白星
NumberWeb → 「まだ本当の良さが出てない……」栗山監督が斎藤佑樹にこだわる背景

PS:私事ではあるが、2009年3月31日のことである。システム更新作業が終わり、旧システムの撤去作業に立ち会うため、クライアントのところへ同僚と二人で向っていた途中に脳梗塞を発症してしまった。同僚がいたからすぐに救急車を手配してくれて大袈裟にいえば命を取り留めたのかもしれない。
その後のリハビリ、まだ残る後遺症などあるが、今は普通に生活をしていることに感謝をしなければいけないのかなあと思う。今日一日はゆっくりを過ごそう! 3月の土曜日は毎週雨といっていたが、まだ雨は降っていないし空模様は晴れである。これで本当に雨が降るのであろうか?
by motokunnk | 2012-03-31 08:20 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)