人気ブログランキング |

タグ:日本選手権 ( 4 ) タグの人気記事

テニス、ラグビー、そしてF1合同テスト

テニスのメキシコ・アカプルコで開催されているアビエルト・メキシコ・テルセル準決勝、錦織圭の相手は先のメンフィスオープン決勝で対戦した南アフリカのアンダーソンであった。
前回は2-0のストレートで勝利をあげているが、今回はどうであろうか、相手も対策を練っているであろうからその点を注目していた。試合は第1セット第3ゲーム、アンダーソンのサービスゲームをブレイクして錦織がリード、第7ゲームもブレイクしてこのセットを6-2と簡単にセットをとった。
このまま錦織のペースで試合は進められると思ったが、第2セットはお互いにサービスゲームをキープして一進一退の試合展開であった。そして第6ゲームに錦織はサービスゲームをブレイクされ、このセット3-6で奪われてしまった。今大会初めてセットを失ってしまった。
悪い流れは第3セットまで引きずってしまい、最初のサービスゲームをブレイクされてしまった。しかし折り返しのゲームをブレイクバックしたことが大きかったようだ。その後のサービスゲームをキープして第3ゲーム、錦織のリターンが浅く、アンダーソンのチャンスボールとなってしまったが、このボールを打ち損ねてしまった。このプレイがこのセット重要なターニングポイントとなったと思う。
その後このゲームをブレイクされ、結局6-3でこのセットをとり、2戦連続して決勝に進出することとなった。
また、この勝利で世界ランクも4位以内が決まり、日本人選手としてはクルム伊達公子に並んで男子選手としては最高位まで上り詰めたことになった。
d0183174_08365535.jpg
決勝の相手は先の全豪オープンでも対戦したスペインのベテランといっていいフェレールである。ここはぜひ2戦連続優勝を果たしてほしい。
ラグビー日本選手権決勝も見ごたえある一戦であった。決勝での顔合わせは初めてとなるヤマハ発動機ジュビロ対サントリーサンゴリアスである。試合はサントリーが攻め、ヤマハが守る展開ではあったが、ヤマハはチャンスをつかむと攻撃に転じて前半7分に先制のトライを奪った。そして13分にもセンターライン近くからのPGを決め、10-0とリードを拡げた。その後サントリーにPGを決められたが、26分にバックスに回して最後はウイングの中園が左スミにトライを決め、前半を15-3で折り返した。
後半にはいり、10分にFBの五郎丸が相手選手のパスキャッチの瞬間に飛び込むプレイがラフプレイと判断され(確かにアーリータックルというよりも体全体でぶつかっていったラフプレイであった)シンビンとなりヤマハは1人足りない人数で10分間を耐え忍ばなければならないピンチとなった。
d0183174_08370202.jpg
この一人少ないピンチをなんとか切り抜け、後半はスコアレスであったが結局15-3で初の日本一の栄冠を勝ち取った。試合後のインタビューでヤマハの清宮監督はバックスタンドを眺めてあの応援団にこのシーンを見せたかったといった言葉が印象的であった。
そしてF1開幕まであと2週間、最後の合同テスト3日目のマクラーレン・ホンダはアロンソの代役マグヌッセンが登場し、MP4-30のステアリングを握った。初めてステアリングを握ったマグヌッセンであったがすぐに習熟し、MP4-30のよさを確認したことはよかったが、また重要なときにオイル漏れが発見されこの日のテストはわずか39周で終了となってしまった。
d0183174_08370867.jpg
明日は開幕前テストとしては最終日である。レースシミュレーションが今チームにとって最も必要だと思うし、チームもそう感じているはずである。バトンがステアリングを握り、レースシミュレーションするマクラーレン・ホンダの姿をみたいものである。

by motokunnk | 2015-03-01 08:38 | スポーツ全般 | Trackback(28) | Comments(0)

ラグビー日本選手権準決勝、F1バルセロナテスト、そしてスキー世界選手権

日曜日もスポーツ中継がTVでオンエアされたのでそれを観て過ごすことができた。チャンネルを選びながらスポーツ番組のハシゴをしたがその中で印象に残ったのはラグビー日本選手権準決勝であった。
特に第2試合のサントリーvsパナソニックは文字通り1点を争う試合展開であった。パナソニックは連戦の疲れか、レギュラーメンバーを数名欠く構成であったが、メンバーが変わっても迫力は抜群であり、試合はサントリーがPGで先制したがすぐに逆転のトライをあげた。
d0183174_08484496.jpg
このまま試合はパナソニックがリードを拡げるかと思ってみていたが、今日のサントリーは一味違い連続してPG、トライを取り再逆転、前半を13-12とわずか1点リードで折り返した。
後半に入り、お互いにPGを取り合い、19-18とパナソニックがリードを許してして逆転するために、攻撃をしていたが、残り時間10分となったとき、パナソニックの攻撃をブレイクしてサントリーが連続してトライをあげて31-18とリードを拡げた。
残り時間は5分、これで勝負あったかに思われたが、ここからパナソニックが底力をみせ、残り3分、反撃のトライをあげ、ゴールも決めて6点差とした。1トライ、ゴールを決めれば逆転である。残り時間もパナソニックは必死に攻め続けたが、最後はファンブル、そのボールをサントリーが蹴りだして80分に及ぶ熱闘は終わった。ちなみに今年にはいってからサントリーは全勝である。
これで土曜日はヤマハvsサントリーという新鮮な組み合わせで決勝が行われる。きっと決勝も白熱したいい試合となるのではと今から期待している。
F1合同テスト最終日、マクラーレン・ホンダにアクシデントが発生した。この日は午前アロンソ、午後バトンというドライバー構成に変更してテストに臨んだ。
d0183174_08485158.jpg
そして午前のセッション終盤にコース前半の大きく右に回り込むコーナーを過ぎたところでコントロールを失い、内側のコンクリートバリアにマシンをヒットさせた。
マシンは大破しなかったが、アロンソは脳震盪を起こしたようでヘリで病院に搬送された。その結果、マクラーレンホンダの午後のテストはキャンセルされ、残るテスト期間は来週の4日間となってしまった。
もともと黄色信号が灯っていたマクラーレン・ホンダであるが、これで赤信号となってしまい、開幕のオーストラリアGPにはテスト終了した段階でのF1マシンは投入できそうもないようだ。開幕戦も少なくとも予選はテストに費やす可能性が大きそうだ。
日本時間深夜に開催されたノルディック世界選手権大会のジャンプ混合団体戦、前回は金メダルに輝いていたが今回は銅メダルに終わってしまった。
この大会、今年のW杯で好調であった葛西選手の調子があがらなかったこと、女子では伊東選手が個人では最高の成績をあげたが団体では気負ってしまったことが敗因といわれているが銅メダルをとったことは立派であり、最低でもメダル確保という目標は達せられたと前向きに考えたい。

by motokunnk | 2015-02-23 08:51 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

腹部MRIの検査結果とガラケーとラグビー日本選手権

今朝は先週腹部MRIの検査をしたのでその結果を聞きに日赤医療センターまで行ってきた。検査結果は半年前と変わらず、変化なしということである。
変化なしという言葉が医師から発せられると安心してしまう。変化なしが歳をとるとこのうえもなくいい言葉に聞こえてしまう。半年後に再検査の予約をして帰宅した。次回はCT検査になるのも例年通りである。
さて昨日ニュースを見ていると、従来の携帯電話、いわゆるガラケーといわれる携帯電話の出荷台数が7年ぶりに増加したそうだ。私もガラケー愛用者の一人であるが、家に帰ればPCがあり、ネット検索などは何も小さな画面で行う必要はないと感じている。
d0183174_11345470.jpg
最低電話とメール機能があればいいと思っているので、ガラケーで特に不便を感じたことはない。ニュースによればスマホのの月額料金の高さがガラケーに変更する要因にあげられているそうだ。ガラケーも便利な通信手段であり、見直されてもいいのではと思う。
昨日からラグビーの日本選手権がはじまった。現行の方式にかわって10年以上たつが、大学勢がトップリーグ勢を破るのは2005年度に早稲田大学がトヨタ自動車を破って以来のこととなる。大学選手権六連覇を達成し、今シーズンの目標はトップリーグ勢から勝利をあげることだったそうだ。
d0183174_11350153.jpg
日本選手権初戦はトップリーグ10位のNEC相手に大学選手権ではほぼ無敵であった、セットプレイが機能しないということはあったが、前半を五分で折り返し、後半はNECに勝負が決した後にトライを奪われたが、それまではノートライに抑えて見事に31-25で勝利した。
次は東芝、トップリーグ3位の実力者である。夜のNHKスポーツニュースではラグビー特集が組まれ、東芝・大野がゲストとして出演していたが、大野もトップリーグ相手と思って試合すると言っていた。次の試合ももし勝つと学生ラグビー史上、最強のチームという称号が与えられそうだ。

by motokunnk | 2015-02-09 11:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ベテランと新鋭の争いとなった陸上日本選手権

ロンドン五輪まであと2ヶ月弱となり、各競技でオリンピック代表が続々と決定している。団体競技は国別となるので、選ばれるには国対抗の予選を勝たなければならずにたいへんであるが、個人競技は各団体で選抜基準がマチマチのようである。
さすがに、参加することに意義があるということで選手を送り込む競技団体は皆無に近いと思うが、競技自体でメダルを狙うのか、入賞を目指すのかは種目それぞれで異なっているようである。
そして一昨日からオリンピックの華と言われている陸上競技の代表選考を兼ねた日本選手権が開催されている。そして昨日、注目の競技が開催された。まずは男子やり投げである。この種目は長らく村上幸史の独壇場であった。過去13連覇をなしとげ、また世界選手権でも銅メダル獲得という、いわば、やり投げ界の室伏広治のような存在であった。
その村上幸史にライバルが出現した。ディーン元気である。現在大学3年生のディーン元気は伸び盛りで記録も84mを超え、単純に記録だけ見ると村上幸史を凌駕して日本人トップである。その二人が争ったやり投げは見ごたえのある熱戦であった。やり投げは全部で6回投げてベスト記録を競うのだが、まず村上幸史がリードし、3回目に自己新となる83.95mを投げ、この時点でトップとなった。
それに対してディーン元気も負けてはいない。続く4回目に84.07mを投げわずか8cm村上幸史の記録を上回り、これがベストとなって代表の座を射止めることとなった。陸上競技の場合は標準記録というものがあり、その記録をクリアーしている選手は各国3名まで選ぶことができるそうで村上幸史も月曜日に陸連から発表される五輪代表には間違いなく選出されるはずである。
村上幸史の談話によれば、日本人同士で世界に挑戦できることはうれしいと言っているので、今年のオリンピックの陸上競技はハンマー投げ以外にもやり投げにも注目である。
それ以外にも昨日は標準記録を上回っている選手が優勝して代表に選ばれている。彗星のように現れた高校生に競り勝った女子100mの福島千里、最後まで九鬼と競り合った男子100mの江里口匡史、為末の後継者と目される400m障害の岸本鷹幸そして最後はフラフラとなってしまったが世界を意識下走りを魅せた400mの金丸祐三、これらの選手がオリンピックの代表の座を射止めた。そしてこの他にも箱根駅伝を沸かせたランナーが多数参加した男子10000mでは佐藤悠基が最後の接戦を制して優勝し、代表の座に近づくなどそれぞれの競技で多数のドラマが生まれた。
最終日には女子5000mなどがあり、これまた多数のドラマがうまれそうである。

96回日本陸上選手権 → トップページ
96回日本陸上選手権 → 第2日目 フラッシュクォーツ
by motokunnk | 2012-06-10 08:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)