人気ブログランキング |

タグ:映像技術 ( 6 ) タグの人気記事

六田知弘写真展「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」

昨年、施設改修のため休館していた渋谷区立松濤美術館が改修が終了してリニューアルオープンした。リニューアルオープン後、最初の展覧会は地元の小中学生による作品展(毎年開催されており、今回が32回目となる)と六田知弘写真展「3・11 時のイコン」の2つである。
d0183174_829734.jpg

d0183174_8292228.jpg
還暦を過ぎると、渋谷区では(他の区もそうかもしれないが)区の文化施設の入場料が無料となるのはいいこと、歳をとったことの恩恵である(ただ、今回の展示会は全員無料である)。「渋谷区小中学生絵画展」であるが、公立の学校だけでなく私立の学校からの応募作品(というのかどうかはわからない)も展示されていた。どちらも渋谷区にあるわけだから公私の区別をつける必要はないのかもしれない。
2階の展示室では六田知弘写真展「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」も併催されていた。六田知弘なる人物を知らなかったし当然彼の写真展を見るのは初めてであったが、今年の3月で3年目をむかれる東日本大震災の記憶を留めておく写真が数々展示されていた。
「被災地で見つけたモノを、持参した白い紙の上に置いて撮った。」とホームページに書かれているようにすべての写真、物が被写体となって映し出されている。いろいろな物が写真となって展示されていたが、印象に残ったのは壊れたハーモニカ、汚れてしまったドラゴンボール「フリーザ」のフィギュアであった。いずれもたぶん被災してしまった小学生の持ち物であったと思う。
「写真を見て、写されたモノたち自身が語る声に耳を傾けてほしい。」とあるように写真に移されたものからその持ち主を想像し、その持ち主が今どうしているのかなどを考えてしまう、ある意味で考えさせられる展覧会であった。なお平凡社から写真集「3・11 時のイコン」も発売されているので写真に興味のある人はぜひどうぞ。
参考URL → 東京都渋谷区松濤の住宅街にある白井晟一設計の美術館
参考URL → 六田知弘
参考URL → 「3・11 時のイコン」
by motokunnk | 2014-01-26 08:31 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

写真美術館の「ネコライオン」展

恵比寿の東京写真美術館で開催されている岩合光昭写真展「ネコライオン」を観てきた。先日ヒカリエで開催されている同氏の写真展を観たが、両方観ると割引となるメリットがある。そういうわけではないが、夏季休暇ということもあり、健康維持をかねて恵比寿まで出かけることにした。
d0183174_8443442.jpg
d0183174_8444926.jpg

「ネコライオン」展というだけあって、写真は全てネコとライオンを対比させた形で展示されていた。普段は注意してみていなかったが、写真で観るとネコとライオンは同じ種別ではあるが、よく似た仕草をしていることがわかる。耳のかたちが違うことを除けば(大きさはもちろんそうだが)、顔付きや身体もそっくりといっていいかもしれない。
ホントによく似ていると感心してしまった。写真の中にはヒカリエで観たものもあったが、場所がかわって引き伸ばされたサイズも違い、対比している写真も違うとまた別の印象を受けるのは何故かなと思った。岩合氏の腕のよさかネコの持つ特性かはわからないが、不思議なものである。
d0183174_845663.jpg

今日は昨日までの猛暑と違い、若干過ごしやすそうな天候である(それでも35度近くにはなりそうだが)。ちょっと電車に乗って気になる展示会にでも行ってみようかと思っている。
参考URL → 岩合光昭写真展
by motokunnk | 2013-08-13 08:46 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

都議会議員選挙と世界文化遺産と世界報道写真展

今日は、東京都議会議員選挙の投票日、朝からテレビで夏の参議院選挙の前哨戦として各党も力を入れていると放送されている。
私の住んでいる渋谷区でも2名の定員に6名の候補が立候補して熾烈な選挙戦を繰り広げている。熾烈といっても自民党の現職は圧倒的有利なポジションのようで(公明党は立候補していない)、地元の商店会では月曜日の祝勝会の段取りをしているようである。
一方で民主党は分裂、みんなの党と維新の会は独自候補で選挙戦と残る1議席を巡って共産党も含めて5人が熾烈な争いをしているようだ。私自身もまだ誰にいれるか決めかねている。ブログを書き終えたら投票に行こうかと思っているのでそれまでには決めなくてはいけないのでちょっとどうすすか悩んでいる。
昨日、富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されることが決定した。当初は三保松原が外されていたが、本審査で場で委員から復活の声があがっての三保松原込みでの登録のようである。自然遺産ではなく文化遺産ということであるので、日本における富士山信仰が認められたと解釈すべきであろう。いずれにしろ明るい話題はいいことなのではと思ってしまう。また会場の一角でVPを利用したスライドショーも実施されており、東日本大震災の写真やオリンピックの写真などが撮影者のインタビューを流しながら映し出されていた。この写真をみていくと、いまだに復興道なかばだということが実感できるし(写真撮影年月は定かではないが、ニュース報道によれば)、まだまだ震災の爪痕は色濃く残っていると言うことを実感させられた。
d0183174_820444.jpg

最後に昨日、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている世界報道写真展2013に行ってきた。ある新聞のコラムであったと思うが、この写真展のことが書かれており、コラムでは戦争(紛争)の悲惨さを報道写真は訴えており、そのことが後世への伝言であるとも言っていた。
d0183174_8202275.jpg

会場に行くと、入口からしばらくはシリア内戦の紛争写真が展示されている。写真としてみると私は何故か現実感が乏しいと感じてしまうが紛れもなくこの写真の事実が今も起こっていることに心を痛める。
これも出典はさだかではないが、人間だけが殺し合いをする生物らしい。ライオンや熊もオス同士でけんかはするが相手を殺してしまうことはないそうだ。写真をみて、早く平和な社会が来ることを思ったが、同時になぜ人間は殺戮を繰り返すのであろうと考えさせられてしまった。
d0183174_8204834.jpg

また今日はルマン24時間レースがフランスで開催されている。8時間経過段階で、トヨタは2、3位と昨年はリタイアであったが今年はトップ争いをアウディとしている。午後10時フィニッシュまでアウディとトップ争いと繰り広げてほしい。
参考URL → 富士山:世界文化遺産決定 世界が認めた
参考URL → 世界報道写真展
by motokunnk | 2013-06-23 08:22 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を観て

横浜美術館で開催されている「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を観てきた。今月初めのNHKスペシャルを見て、ロバート・キャパとゲルタ・タローなる戦場カメラマンの存在を知り、彼らの作品が横浜美術館で展示されていることを知り観てみたくなったのが本音である。
また恵比寿で開催されていた「第5回恵比寿映像祭」の際、写真美術館で飾られていたキャパの写真を観たのも動機の一因でもある。
横浜美術館は入館するのは初めてである。割引券がヒカリエ8階にあったのでそれを活用、千円で入場券を購入して展示会を見ることにした。
d0183174_1955131.jpg
d0183174_196926.jpg

まず、ゲルタ・タローの作品から展示されていた。NHKスペシャルでも沢木耕太郎が語っていたが、タローは正方形に写るローライを使用していたので写真は全て正方形で正方形ゆえの演出(空を大きく捉えていた!)も考えられていた。それと人物(子どもや女性活動家)を構図として選んでいた写真が多かった。彼女自身、初めての女性戦場カメラマンとして活動していたので、女性の活動家を積極的にPRしたいという思惑もあったのではないかと説明には書かれていた。
スペインで死ななければ、多数の作品を残したと思うので非常に残念である。パリでの葬式は数万人が参列したそうで当時としては超有名人だったようだ。
そして次はロバート・キャパの193点(美術館保有)の写真の展示である。193点を5つの時代にわけて展示されていた。「崩れ落ちる兵士」や「Dディ」の写真など迫力あるものばかりであった。ヘミングウェイと親交があったそうで、ヘミングウェイの写真も展示されていた。日本にも死ぬ直前に来日して数多くの写真を残していたようで、その中からも作品がピックアップされて展示されていた。
d0183174_1963117.jpg
d0183174_1965016.jpg

ちなみにキャパもタローも本名ではなく、ロバート・キャパはアンドレ・フリーマン、ゲルタ・タローはゲルタ・ポホリレというそうである。タローというネーミングは岡本太郎から拝借したという説が通説となっているそうである。
館外では「アーティストの言葉たち展」も開催されており、著名な人の一言が飾られていた。けっこう有意義なときを過ごした。
d0183174_197955.jpg
d0183174_1972116.jpg

参考URL → 横浜美術館 - ヨコハマ・アートナビ
参考URL → キャパとタロー
参考URL → Magnum Photos
参考URL → Gerta Pohorylle
参考URL → ~"戦場"写真 最大の謎に挑む~
by motokunnk | 2013-02-26 19:08 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

第5回恵比寿映像祭開催中

2月8日から東京都写真美術館を中心として、第5回恵比寿映像祭が開催されている。第5回ということは毎年開催されていたわけであるが気づいたのは今回が初めてである。早速、見学に行ってきた。
d0183174_953747.jpg
d0183174_955088.jpg

恵比寿ガーデンプレイス内にある東京都写真美術館は何回か訪れたことがある。けっこう広い展示スペースがあったように記憶しているが、そこの中でどんな展示がなされているのかが楽しみであった。行ってみると3階から降りる形で展示紹介がなされており、映像ということもあり、最近の映像技術を駆使した作品が展示(上映といった方が適切か)されていた。
第5回のテーマはパブリックVSダイヤリーということで、「日記」をキーワードに、映像の力について考えるとのこと、当然映像の比重が大きくなっている。なかでもヒト・スタヤルの作品「紛争地域で誘拐され命を奪われた20人。捜査の末、その中に誰も身元を特定できない男が一人浮かび上がる。本作でスタヤルは、情報社会の盲点に消えた男の不確かな痕跡をたどる。」 を見て映像技術もさることながら、このような事実が起きていることの重大性についてビックリした。
世界の各地では私の知りえない事が起きていることに驚きを感じると同時に恐れもいだいてしまった。他にも興味ある作品が多数展示されていた。写真美術館をでて気づいたことがある。タワーとの間の小路に展示されている大きな写真の中にロバートキャパの作品が展示されていた。3日のNHKスペシャルで見た作品であったので記憶に鮮明に残っていたのですぐにわかった。テレビ画面と違って引き伸ばされた写真を眺めると迫力があり、戦争ということの悲惨さが伝わってくる1枚の写真であった。
d0183174_961055.jpg

屋外や他のエリアでも映像祭も開催されているので連休中にそちらも見に行こうと思っている。
d0183174_963787.jpg
d0183174_981789.jpg
恵比寿ガーデンプレイスやアトレイでもバレンタインディに向けての商戦活動が繰り広げられていた。
参考URL → 恵比寿映像祭
参考URL → ガーデンプレイスでの紹介記事
参考URL → ガーデンプレイスのバレンタインディ
参考URL → ロバート・キャパ/ゲルタ・タロー 二人の写真家
by motokunnk | 2013-02-10 09:09 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

3Dテレビの次は4Kテレビ?

つい先日、地デジ放送にきりかわり、その次に3Dテレビがブームといわれ、そして今年の米国家電EXPOでは4Kテレビがこれからの主流だと日本メーカーが言っている。一体4Kテレビとはどんなテレビなのか調べてみた。
「表示パネルの画素数が、フルハイビジョンの4倍ある高画質化を追求したテレビ。横(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)という単位で表されるため、4Kテレビと呼ばれる。
現在主流のフルハイビジョンテレビの画素数は、横(水平画素)1920×縦(垂直画素)1080で、縦横合計で207万3600あるが、4Kテレビは、横3840×縦2160で合計829万4400。つまり、フルハイビジョンの4倍の画素数となる。2010年は立体映像が楽しめる3Dテレビが話題となったが、国内メーカーが韓国メーカーとの価格競争で苦戦を強いられたため、価格は発売当時の半値以下に暴落。当初国内メーカーが期待したほどの利益は見込めない状況となっている。
そのような中、11年10月に日本で開催されたアジア最大級の家電見本市「CEATEC(シーテック)JAPAN」で登場したのが4Kテレビである。「CEATEC」では、東芝が11年12月中旬発売予定の4K2Kテレビ「レグザ(REGZA)55X3」を展示。シャープは、ベンチャー企業のI^3(「I」に3乗の印)(アイキューブド)研究所が開発したICC(Integrated Cognitive Creation)技術を採り入れた「ICC 4K液晶テレビ」のデモを行った。「ICC 4K液晶テレビ」は、4Kの高画質化技術に、人が直接目にする風景を生成するというICC技術の使用を合わせることで、より映像の精細感を増やすことができるテレビである。
また、テレビではないが、ソニーは、フルハイビジョンの映像を4K画像に変換し投影する家庭用プロジェクターを12月下旬に発売する予定。同時に、4Kテレビの発売も視野に入れている。
いずれも大画面で高画質が売りで、4Kほどの解像度になれば、あたかもそこに実体があるかのようなリアルな映像が楽しめるのだが、はたして、一般家庭の多くがそれほどの画質を望んでいるのかは定かではない。」
ネットのサイトではこのように説明がなされている。昨年から試作品は日本のイベントで展示されていたとは気がつかなかったが、はたしてコンテンツはついていけるのであろうか。映像媒体は確かに格段に綺麗になっていくが写す素材がないことには綺麗さが実感できないのも事実である。コンテンツ製作会社はどこにターゲットを絞っていくのだろう。映像の世界は謎だらけである。先発メーカーのホームページでは大々的に広告宣伝活動をしているようだ。
d0183174_19562584.jpg

参考URL → 世界最大の家電見本市「CES」が開幕
参考URL → International CES
参考URL → ソニー・平井社長が見据える4K、TV、PlayStationの今後
参考URL → 世界初(*)の家庭用「4K“SXRD”」プロジェクター
参考URL → 大画面テレビなら大迫力!超感動!
by motokunnk | 2013-01-10 19:59 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)