人気ブログランキング |

タグ:横浜市 ( 17 ) タグの人気記事

1年ぶりのパシフィコ横浜、そして侍ジャパンは

1年ぶりのパシフィコ横浜である。今年も図書館総合展に行ってしまった。現役を引退して数年経つが、招待券をもらってしまうので足がむいてしまう。
d0183174_09170296.jpg
展示会場に行くと懐かしい顔の面々と1年ぶり(もしくは2年ぶり)の再会を喜び、また来年も来てしまうような感覚に陥ってしまった。
展示そのものはほとんど見なかったので何とも言えないが、みんなが利用できる専門図書館のコーナーがあった。10数年前、まだ有楽町の東京フォーラムで図書館総合展が開催されていたとき、一度出展したことがあり、そのときブースに紹介したのが同じテーマのパネルであった。
d0183174_09171052.jpg
当時は一覧表だったが、今回は1館1枚の写真付きパネルとなっており、どんな場所かがわかる紹介となっていた。ぜひ続けてほしい企画であった。
夜は侍ジャパン強化試合、メキシコ戦をTV観戦。先発の武田が連打、四球でいきなり無死満塁のピンチを招いてしまった。このピンチは後続を3者三振に打ち取るとその裏、侍ジャパンも3四球で一死満塁のチャンスをつくり、筒香が押出しの四球を選び先制した。
しかし小久保監督が課題のひとつとしていた筒香の後を打つ打者の内川が併殺打を打ってしまい追加点のチャンスをつぶしてしまった。侍ジャパンは3回も3四球で二死満塁のチャンスをつくるが、ここも内川が凡打して追加点のチャンスをつぶしてしまった。非常に嫌な流れであった。
すると4回、武田が四球、エラーで一死1、3塁のピンチを招いてしまい、タイムリーを打たれて同点とされてしまった。
そして5回、投手が千賀にスイッチされた。千賀といえばフォークボールであるが、滑るボール(MLB公認球のため、若干握った感触が違うようだ!)に影響されフォークボールは投げずに直球主体でのピッチング、その直球を打たれ1-2と逆転されてしまった。
直後の攻撃で筒香が侍ジャパンの初安打を放って2-2の同点に追いついたが、6回に四球で二死1、2塁とされ、1塁手、2塁手、ライトの中間に落ちる不運なヒットで追加点を取られてしまった。これで2-4となり敗色濃厚となってしまった。
8回裏に鈴木のヒットで1点差にせまり、大谷が代打出場した瞬間が一番球場が盛り上がった瞬間であった。
d0183174_09165381.jpg
しかし大谷は三球三振に打ち取られ、9回マウンドにあがったクローザーの山崎が連打されて3失点、結局3-7でメキシコに完敗した。
侍ジャパンの懸念事項、筒香の後を任せられる打者、抑え投手の2点がクローズアップされた試合であった。今日もメキシコ戦である。先発は野村とのこと、筒香の後は坂本が打つようだが、打線の組み換えは功を奏するのか、また抑えに誰がでてくるのか注目したいポイント満載の第2戦となった。
参考URL → 図書館総合展
参考URL → メキシコに完敗・写真転載サイト

by motokunnk | 2016-11-11 09:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ウルトラマン生誕50周年、放送ライブラリーのイベント

先月から横浜市の放送ライブラリーでは「ウルトラマン 時を超える珠玉のストーリー展 ~未来へ繋ぐメッセージ~」と題した企画展が開催されている。
ウルトラマン世代の私としてはぜひ観ておきたい展示であった。先日、横浜まで出かけてきた。みなとみらい線・日本大通り駅から直結しているとのことで日本大通り駅に降りると3番出口が目指す放送ライブラリーの場所だ。
d0183174_08415540.jpg
d0183174_08420271.jpg
歩いていくと、三塔広場なるものがあり、横浜を彩る三つの塔が描かれた壁画が展示されていた。放送ライブラリーは横浜情報文化センターの8、9階にあり、新聞博物館も併設されていた(現在は改修中)。
目指す企画展は9階で開催されている。ウルトラマン展は第一話から最終話までがそれぞれ大きなパネルで説明されており、パネル前には実際、撮影に使われた怪獣が置かれていた。なかなか迫力のある展示であった。
ウルトラマンシアターも開かれており、過去の放送作品からピックアップされた作品が朝から放映されている。その中で「私が愛したウルトラセブン」という番組があった。
d0183174_08421020.jpg
私個人からすると「ウルトラマン」より「ウルトラセブン」のほうが好きだったのでこの番組を観たかった。放送ライブラリーでも視聴可能マークがついていたので、8階の専用ブースで観ることにした。
2話構成となっており、2話まとめて観たのでと3時間(ブースは2時間までなので延長してしまった)となってしまった。アンヌ役に田村英里子、ダン役には松村雄基と当時の売れっ子が出演していた。
d0183174_08414688.jpg
アンヌ役が急きょ交替したエピソードは違っていたが、TVで放送されたシナリオも再現されており、またポインターも実際に製作されていたのには驚いた(ただし右ハンドルの国産車を改造したものであったが)。また観たくなる力作であった。NHKアーカイブで観ることができるようだ。

by motokunnk | 2016-03-12 08:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

三菱みなとみらい技術館のMRJ、そしてひな祭り

昨日、横浜まで出かける用事があったので、その帰りに三菱みなとみらい技術館に行ってきた。この場所を訪れるのは十数年ぶりだと思う。
d0183174_09063340.jpg
d0183174_09064143.jpg
d0183174_09064840.jpg
ビルが竣工して間もなく見学した記憶があるがそれ以来だと思う。見学の目的はMRJの実物大模型が展示されていることである。
入館してすぐの航空・宇宙ゾーンに模型は展示されており、内部にはフライトシミュレーターと座席のモックアップも用意されていた。
また実物大のエンジンも併せて展示されており、説明パネルでエンジン性能、機体性能などが紹介されている。社会科見学会と思しき小学生の団体が熱心に見学している姿を見かけた。
久しぶりにきた技術館はICTを活用した展示真っ盛りで各所に液晶パネルとアニメーションの組み合わせで新技術を紹介している。わかりやすさからみればいいのだろうが、古い人間としてはやはり模型で説明されているほうが実感がある。
d0183174_09065627.jpg
その意味では、乗物の歴史コーナーに展示されていた船や飛行機の模型は圧巻であった。
ランドマークタワーを抜けて、桜木町から帰宅したが、途中の県民共済プラザにはひな人形が展示されていた。
d0183174_09070264.jpg
3月3日はひな祭り、むすこ2人の家族構成なのでとんと縁がないがひな人形は早く片付けないといけないなどという言い伝えがあることを思い出してしまった。
参考URL → 三菱みなとみらい技術館

by motokunnk | 2016-03-04 09:08 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

今年もこの時期、図書館総合展

毎年この時期になると足が横浜のほうを向いてしまう。図書館総合展が開催されているからである。ただ、今年は惰性で図書館総合展に行くのではなくある種目的があっていくことが今までとは違う。
その目的とは、現役時代にいろいろ教えていただいた先輩がセミナーの講師をするのでその話を聞きにいくというものである。初日の2コマ目にそのセミナーはセットされていた。
d0183174_08333211.jpg
d0183174_08334106.jpg
彼女が前半部分を受け持ち、後半は事例紹介2例であった。なかなかしゃべりもうまくとても古希が近いとは思えない元気な姿に自分も老け込まないようにしようと感じてしまった。
年に1度、この場でしか顔を合わせない友人も多く、挨拶をしながらお互いの健康などについて情報交換をしてある意味有意義な半日をすごした。
帰宅し、ニュースを見ていると、MRJの初飛行が11日午前に行われるとのことであった。午前8時半からライブ配信されるというのでネット中継を楽しみにしようと思う。
そして2015ユーキャン新語・流行語大賞の候補50語が公表された。12月1日に決定するそうだが、ラグビーの五郎丸ポーズもノミネートされている。何かの賞がとれればラグビー人気に貢献するのではないだろうか。

by motokunnk | 2015-11-11 08:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

また行ってしまった、図書館総合展

昨年までは、ブースの説明員をしていた関係で毎年行っていたパシフィコ横浜でこの時期開催される図書館総合展に昨日行ってきた。
昨日が最終日だったので、久しぶりに友人たちにも会えるかなと思ったこともあり足が向いてしまった。今年は出展者という立場ではないので好き勝手な時間に展示会に行くことができ、また帰ることもできるのでその意味では気楽な立場である。
d0183174_08122496.jpg
会場では見慣れた顔が多数おり、挨拶していて時間があっという間に過ぎてしまい、肝心の展示はほとんど見ずじまいであった。
11月にはいり、ランドマークタワーのショッピングモールは早くもクリスマスの飾りつけがなされてクリスマス商戦突入といった雰囲気であった。年の瀬はあっという間に近づいてきてしまう。
d0183174_08123394.jpg
参考URL → 第16回 図書館総合展

by motokunnk | 2014-11-08 08:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ハロウィンが終わって、街はクリスマス!

11月になると街は早くもクリスマスシーズンに突入したようである。1週間前はハロウィンの飾りつけがしてあったウィンドウは様変わりしてしまっている。
d0183174_7452140.jpg

先日、訪れたみなとみらいでもランドマークプラザでは20周年の幟やポスターは貼られているなか、中央に素晴らしいクリスマスツリーが飾られている。先週行ったクィーンズスクエアでは、クリスマスツリーがシートで囲われていたがそのシートも取り外されてツリーが出現している。
d0183174_7454447.jpg

ツリーの目の前のイベント会場ではこれまたブロック細工の展示が準備されていたが、目立つところにはサンタクローズの細工品が飾られて、こちらもクリスマスを演出している。
d0183174_7455998.jpg

日が落ちるとそとはイルミネーションで華やかになると思う。今年も年末はクリスマス、そしてイルミネーションがはでになりそうである。
by motokunnk | 2013-11-06 07:46 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

今年は1日、ブースで店番

毎年のことであるが、この時期はパシフィコ横浜で図書館総合展が開催される。私の属している団体も3年連続して出展しており、毎年ブースの説明員として借り出されている。
d0183174_2027545.jpg
d0183174_20281033.jpg

過去2年は半日であったが、今年は1日ブースで店番をすることになった。昨日から図書館総合展ははじまって今日が2日目である。3日間のフェアの場合、2日目は中だるみ状態で来場者が少ないものであるが、このフェアもそのような感じであった。
初日の説明員であった過去2年と明らかに来場者は少ないように思えた。武雄図書館の検証など、図書館員にとってみれば興味のあるシンポジウムもあるのだが、どうもお客の入りは?であった。ただし正確な数値はわからないのであくまでの感覚である。
なんだかんだで1日立っていると腰が痛くなってしまう。歳のせいだろうが、一緒に店番をした人(彼女は20代だが初日から店番をしている)も腰が痛いといっていたので、一概に歳のせいではないかもしれない。なんだかんだで1日ご苦労様でしたと自分で言ってしまった。
参考URL → 第15回図書館総合展が開幕
by motokunnk | 2013-10-30 20:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)

みなとみらいで見つけたパブリックアートと横浜音祭

仕事で横浜に行く機会があった。前から気にはしていたものがあり、打合せが終わったあとでそこを訪ねることにした。場所はみなとみらいにある横浜銀行前にある彫刻である。
よく見ると上部が回転しており、凝ったつくりとなっていることがわかる。彫刻は1階部分から立ち上がっているので、作品名などは階段をおりないとわからないようだ。デッキ部分からランドマークプラザを眺めるとプラザの前にも彫刻があるのでそちらも近くで観ることとした。
d0183174_19415042.jpg

まず1階におりて横浜銀行の彫刻名を確認すると「水面の鳥」という作品名で高田洋一作とあった。帰宅後にネットでしらべると「役に立つ物ばかりでは人間は生きていけないのではないか?」「役に立つものに囲まれた街の中に、何の役にも立たない彫刻を置くことで、私達は救われるのではないか?」という作者の願いが込められた作品です。風でゆっくり回転するこの作品は、強風でも、ある一定速度より速くは回らないように仕掛けもされています。1998年に完成した横浜国際総合競技場の<<呼吸する色彩>>も手がけた作家です。」という説明があった。
d0183174_19421025.jpg

確かにそうかもしれないと感じてしまった。道をわたり、ランドマークプラザにある彫刻を観る。作品名「無限(飛翔)」とあり、名知富太郎作という彫刻であった。こちらもネットでしらべると「リヒト・キネティック(光と動きの彫刻)と呼ばれ、ステンレスの表面が光を反射することで、動きを意識しています。また、周囲の風景をも反射させることによって、実際の色よりも美しい色を出現させています。d0183174_1944540.jpg「みなとみらい21彫刻展ヨコハマビエンナーレ’86」での受賞作品です。」と説明されていた。
この他にも彫刻は数多く展示されており、帰宅してネットで調べてみると、一覧でまとめているサイトを発見した。またPDFファイルで地図にプロットして展示されている彫刻がわかるファイルもあったので、今度暇を見つけて地図片手に彫刻作品を観てまわろうかと思う。
また彫刻作品を眺めていると、「横浜音祭2013」というポスターを各所で見かけた。無料のガイドブックを観ると、9月下旬から開催されているようで期間は11月末までのようだ。公式ホームページも開設されており、スケジュールをみると各種イベントが目白押しで開催されている。あと会期は1か月近くあるので、参加したいイベントなどを探してみるのもいいかもしれない。
d0183174_19465454.jpg

公式ガイドブックには、横浜おさんぽ案内なるページも用意されている。横浜をとりまく私鉄沿線の名所が取り上げられて写真と説明が書かれている。これも暇をみつけて沿線めぐりをする価値がありそうだ。
参考URL → みなとみらいにあるパブリックアート
参考URL → みなとみらいのパブリックアート一覧PDF
参考URL → 横浜音祭り2013
by motokunnk | 2013-10-22 19:48 | 街の風景 | Trackback(46) | Comments(0)

横浜駅で見つけたパブリックアートなど

最近、副都心線でのパブリックアートを見てから、なんとなく駅のパブリックアートに気がつく機会が増えたように思える。街の中には絵画だけでなく、彫刻などのパブリックアートが各所に展示されているようである。最近、気がつくということはそれだけ心が広くなってきたのか、はたまた街中をきょろきょろ歩いているのかもしれない。
さて先日も横浜へ行った際、東横線横浜駅の中にパブリックアートを発見した。渋谷駅にあるパブリックアート(壁画タイプのもの)に雰囲気がよく似ているなあと思い、作者の名前を確認すると同一の作者であった。絹谷幸二「VIVA YOKOHAMA」と題された作品は2004年と印字されているので、例の副都心のパブリックアート作品(2008年)の4年前に製作された作品のようである。
d0183174_83629.jpg

作品の説明によれば、横浜を代表する食料品会社からの要請により、みなとみらい線開通に合わせて壁画の原画を製作したようである。中央に富士山が描かれた見事な作品といえるのではないかと思う。
そして横浜駅にはもうひとつのパブリックアートの壁画がある。すべてを網羅してうぃるわけでないので、たまたま見つけたものだけを紹介しているので、この他にも壁画があるのかもしれない。そのときはまた紹介しようと思う。他ひとつの壁画は横浜駅西口をでてダイヤモンドシティに向かう途中に飾られている。
d0183174_833282.jpg

「太陽とこども」という題がある壁画である。利根山光人という画家の作品のようでこちらは1982年4月に製作された作品のようで、飾られている場所の関係か、けっこう埃っぽい状態であったが、デザイン的には優れた作品をいう印象を受けた。これで綺麗な状態であればもっと目立つだろうにと若干惜しいような気持ちになったことも事実である。
帰宅し、作者である利根山光人なる人物をネットで調べると、マヤ文明をテーマにした作品を数多く残している画家で別名「太陽の画家」と言われたそうである。この作品も太陽をベースにしているので作風をそのまま反映しているし、どことなく中南米のカオリがする作品でもある。また、利根山光人記念美術館なるものが北上市に開設されているようだ。生前のアトリエを逝去後に個人美術館として公開したものだそうである。
パブリックアートは何も絵画だけでなく、いろいろな芸術作品が含まれるはずである。街歩きする際にはもっときょろきょろしながら目にはいったものを紹介していければと思っているのだが。
参考URL → 絹谷幸二
参考URL → VIVA YOKOHAMA
参考URL → 利根山光人
参考URL → 利根山光人記念美術館
by motokunnk | 2013-03-02 08:05 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を観て

横浜美術館で開催されている「ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー 二人の写真家」を観てきた。今月初めのNHKスペシャルを見て、ロバート・キャパとゲルタ・タローなる戦場カメラマンの存在を知り、彼らの作品が横浜美術館で展示されていることを知り観てみたくなったのが本音である。
また恵比寿で開催されていた「第5回恵比寿映像祭」の際、写真美術館で飾られていたキャパの写真を観たのも動機の一因でもある。
横浜美術館は入館するのは初めてである。割引券がヒカリエ8階にあったのでそれを活用、千円で入場券を購入して展示会を見ることにした。
d0183174_1955131.jpg
d0183174_196926.jpg

まず、ゲルタ・タローの作品から展示されていた。NHKスペシャルでも沢木耕太郎が語っていたが、タローは正方形に写るローライを使用していたので写真は全て正方形で正方形ゆえの演出(空を大きく捉えていた!)も考えられていた。それと人物(子どもや女性活動家)を構図として選んでいた写真が多かった。彼女自身、初めての女性戦場カメラマンとして活動していたので、女性の活動家を積極的にPRしたいという思惑もあったのではないかと説明には書かれていた。
スペインで死ななければ、多数の作品を残したと思うので非常に残念である。パリでの葬式は数万人が参列したそうで当時としては超有名人だったようだ。
そして次はロバート・キャパの193点(美術館保有)の写真の展示である。193点を5つの時代にわけて展示されていた。「崩れ落ちる兵士」や「Dディ」の写真など迫力あるものばかりであった。ヘミングウェイと親交があったそうで、ヘミングウェイの写真も展示されていた。日本にも死ぬ直前に来日して数多くの写真を残していたようで、その中からも作品がピックアップされて展示されていた。
d0183174_1963117.jpg
d0183174_1965016.jpg

ちなみにキャパもタローも本名ではなく、ロバート・キャパはアンドレ・フリーマン、ゲルタ・タローはゲルタ・ポホリレというそうである。タローというネーミングは岡本太郎から拝借したという説が通説となっているそうである。
館外では「アーティストの言葉たち展」も開催されており、著名な人の一言が飾られていた。けっこう有意義なときを過ごした。
d0183174_197955.jpg
d0183174_1972116.jpg

参考URL → 横浜美術館 - ヨコハマ・アートナビ
参考URL → キャパとタロー
参考URL → Magnum Photos
参考URL → Gerta Pohorylle
参考URL → ~"戦場"写真 最大の謎に挑む~
by motokunnk | 2013-02-26 19:08 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)