人気ブログランキング |

タグ:民主党 ( 10 ) タグの人気記事

史上最低の投票率で自民・公明党連合が全議席数の2/3を確保した総選挙

昨日の午後8時、衆議院議員の総選挙が終了した段階から各TV局の選挙特番は自民党の過半数確保、民主党の歴史的大敗を報道しはじめた。衆議院議員選挙の出口調査や独自分析に基づくものと説明されたが本当によく当たるものである。ある意味、完璧な予測ができるのであれば景気予測もしてほしいものである。
ただ、自民党の圧勝かというとそうでもないようだ。こんな分析もある。「全国の比例得票数を集計したところ、自民党は1662万票で、05年の2588万票を大きく下回り、09年の1881万票にも及ばなかった。得票率も27.6%で09年の26.7%とほぼ変わらなかった。投票率が09年より約10ポイント低かったことも影響しているが、全国的に自民党支持が広がったとは言い難い。自民党の小選挙区候補の得票数を合計すると2564万票で、大敗した09年から165万票減っている。12政党の乱立で民主党と第三極勢力が非自民票を食い合った結果、相対的に自民党候補の当選する小選挙区が増え、自民党の獲得議席を押し上げた形だ。」
昨日の選挙はどの政党に投票するかが有権者にしてみれば悩んでしまう多さだったのではないかと思う。昨日投票に行く前に「日本版 ボートマッチ -2012総選挙版-」を利用して自分の考えとマッチする政党を選んだところ日本維新の会がトップとなった。橋下徹が立ち上げて「みんなの党」との統合が進みそうな段階であれば「維新の会」は私の支持する政党として1票の価値はあったと思うが、何を血迷ったか「太陽の党」とのジョイントしたのが敗因であった。
石原慎太郎個人との連携であればまだしも平沼赳夫率いる「たちあがれ日本」のメンバーまでいれてしまうとは、公約が反対の両党が合体するのは選挙目当てといわざるを得ないような気がした。それでも比例区では「日本維新の会」と投票用紙には記入したが。
また未来の党も同様に「国民の生活が一番」の傀儡政党との噂が断ち切れずに失速してしまったようだ。もう少し、第三極がまとまれば、自民党圧勝のシナリオはくずれたのではないかと思う。比例代表の得票率は前回とそれほど変わっていないという。小選挙区で自民党以外にいれる候補がいなかったから(また民主党が分裂して候補者が結果として乱立してしまったので)、結果として小選挙区で記録的な大勝をあげたのであろう。公明党も堅実に議席を獲得し、両党を合わせると衆議院定数の2/3以上を確保し、参議院で否決された法案も衆議院で再可決することが可能となってしまった。
憲法改正など、公明党と自民党で政策の一致をみていないものについては問題はないとは思うが、それ以外の法案(消費税などなど)はこの2/3以上の勢力を得たころでゴリ押しがなされてしまう危険性がある。十分に配慮した国会運営を期待したい。
決して信任されて選ばれた自民党ではなく、消去法で仕方なく自民党を選んだ有権者が多数いると思われるのだから。また、安倍総裁が首相になるわけだが、今回は途中で辞任するようなことは絶対ないようにしてほしい。「潰瘍性大腸炎」という難病を克服して総裁に復帰したわけであるから、言い方は悪いが、死ぬまで首相の座を放棄しないでほしい。国民はそれを望んでいるし、安倍総裁もそのことは十分理解したいるはずなのだから。
一方ですっかり影が薄くなってしまったが、東京都知事には猪瀬さんが圧倒的多数を獲得して新知事となった。こちらは石原都政を継承していくそうだが、これで2020年のオリンピック招致活動は継続されるらしい。それでTVで川渕さんが万歳三唱の音頭をとっていたのだろうか?
選挙ポスターもいつまで貼られているのだろうか。落選した候補者が泣いているようにも思えるが。
d0183174_19381621.jpg

参考URL → 毎日新聞社説
参考URL → 読売新聞社説
参考URL → 安倍晋三自民総裁の横顔
参考URL → 川淵氏が都教育委員辞任 猪瀬氏の選対本部長へ
by motokunnk | 2012-12-17 19:39 | 日記 | Trackback(2) | Comments(0)

今週は家族の週、そして鳩山さんもやっと引退

鳩山元首相がやっと政界を引退するようである。この人は首相在任中に首相を引退したときに代議士も引退すべきである。私がその例となると言った人であり、よく前言を反故にすることに対して、何の罪悪感もない人間である。自分の選挙情勢がまずくなってたまたま、民主党のマニフェストを承認しないと公認しないという党の方針がでたので、清く引退するといっているだけかもしれない。「国民の生活が一番」などが鳩山家の選挙資金目当てに擦り寄ってきたら、またまた前言を反故にして選挙に立候補するかもしれない。どうも代議士というものはご利益がたくさんあるようである。
そんな話はさておき今日、当社は家族の日ということでノー残業ディであった。全国的に家族の日だという説明なのでネットで調べてみると、家族の日は今週の日曜日の11月18日のようである。
内閣府のホームページによれば、家族の日は11月18日でその前後に家族の週間がセットされている。これは11月11日~11月24日めでなので、今日も家族の週間の1日という意味合いではノー残業ディだということもありなのかもしれない。
d0183174_1926248.jpg

では家族の日、家族の週はいつから設定されたのかを調べてみた。内閣府には『「家族の日」「家族の週間」のあらまし』というページがあり、それによると、「新しい少子化対策について」(平成18年6月20日少子化社会対策会議決定)等に基づき平成19年度から11月の第3日曜日を「家族の日」ととし、さらに、その前後1週間を「家族の週間」と定め、この期間を中心として、生命を次代に伝え育んでいくことや、子育てを支える家族と地域の大切さが国民一人ひとりに再認識されるよう教宣してきたそうである。
ホームページでは、家族の日に併せたシンポジウムの案内や各自治体へのリンク集など用意されており、もう少し早く気づいていれば、週末の過ごし方が変わっていたのかもしれない。来年は「家族の日」が11月の第3日曜日ということを覚えておこう!
その中で、東京都のページをみると、心の東京革命推進協議会が運営しているようであり、いろいろなパンフレットがダウンロードできるようになっている。その中で「大人が変われば、子どもも変わる 子どもが変われば、未来が変わる」の文字が躍るパンフレットを見ると次のような言葉があげられている。
心の東京ルール ~7つの呼びかけ~
● 毎日きちんとあいさつさせよう
● 他人の子どもでも叱ろう
● 子どもに手伝いをさせよう
● ねだる子どもにがまんをさせよう
● 先人や目上の人を敬う心を育てよう
● 体験の中で子どもをきたえよう
● 子どもにその日のことを話させよう
確かに、我が家でも子どもが小さいときは夕食などを一緒にとりコミュニケーションを図ったが、最近はとんとご無沙汰である。まあ社会人となってお互いにコミュニケーションをとる必要もないのかもしれないが、確かにこのパンフレットにはなるほどとおもわせる事柄(示唆)が書かれている。
参考URL → 家族の日、家族の週間
※内閣府・少子化対策のホームページの中にあるページ。過去の経緯やイベント案内などが紹介されている、ロゴマークはこちらから転載した
参考URL → 心の東京革命
※上記サイトからのリンクで飛ぶ東京都のページ、心の東京革命推進協議会が運営している、心の東京ルールのパンフが掲載されている
by motokunnk | 2012-11-21 19:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

田中大臣の言うことにも一理はあるが、唐突なやり方に批判が集中!

先週の金曜日、田中文科大臣の大学設置認可の在り方についての発言から文部科学省はその対応に大わらわである。なんと、新設3大学の認可を否としたのである。その理由は明らかにせず、一般論として大学が多すぎるとか、堀越学園への解散命令を行ったことなどをあげている。大手マスコミなどは、また田中大臣の暴走がはじまったと報道しているが、そもそも大学設置基準があまかったのではないかなどの本質論について言及しているところは数少ない。
個人が開設しているブログを読んでいると、今回の一件に対して、批判的な意見を書いているところは少なく、文科省のやり方や学校法人のやり方について批判しているサイトがことのほか多いことにビックリする。
前々から感じていたことなのだが、大学の新設だけでなく、審議会答申が必要な手続きに対しての文科省からの回答が遅いと思う。11月回答であれば、それから新設に関する手続きを開始するのであれば間に合わないことは自明である。校舎建設だけでなく、教員の採用や生徒募集など、最低でも1年はかかるというものである。
そもそも審議会の答申が大臣に伝えられたのが11月1日、法的手続きの尊重を書くのであれば、もっと早く答申をする必要があるのではないか。また今まで答申すればすべてOKとなっていることも問題が多い。このことから、企業で問題視されている青田刈りが開始され、認可されていないのに教員採用や生徒募集の案内、校舎建設などに着手している学校法人に落ち度はなかったのかを問題にしたところは少なくとも皆無である。
またあるマスコミの記事では、秋田公立美大を応募したいという神奈川県の生徒の談話をだしていたように記憶するが、この公立大学は地元の美大志望の生徒のために新設したいといっている。受験生の夢がつぶされたと書くには神奈川県の生徒の話を載せるのは筋違いではなかろうか。神奈川県にも美大はあるはずでそこを受験するのでは何故まずいのかなどをしっかり取材すべきである。
また、大学として認められないなら専門学校として開校する道はないのだろうか。専門学校についての認可もあるようだが、無認可での開校でもかまわないのではないか、これほどマスコミで注目されたのであるからこれを逆手にとって無認可での開校という手段もあるように思う。ただし、私学助成などは当然もらえないので、これをあてにして大学新設をするのであればおかしな話である。どこかひとつでもだったら専門学校でスタートしますというタンカをきってもいいような気がする。
11月6日の朝日新聞の天声人語ではこんなことが述べられている。「『象牙の塔』にも例えられる権威や閉鎖性のゆえか、大学は往々、皮肉めいて云々(うんぬん)されてきた。評論家の大宅壮一は、戦後の新制大学を「駅弁大学」と揶揄(やゆ)した。駅弁を売っている駅のある所は大学があるという、急増ぶりへの当てつけである。」
確かにそうである。大学卒業という証書が意味を持たなくなった現在、果たして大学へ進学する意味はあるのでろうか。こんなことも書かれている「いまや大学は全国で800近くに増え、一方で少子化が進む。私大の4割は定員を割って、「広き門」を入ってくる学生の学力はおぼつかない」
真剣に大学進学を考えている受験生も数多いであろう。不認可となった3大学を受験しようと思っていた生徒の中にもいるであろう。そして天声人語のまとめとして絞められた言葉は「昨今、大学は就職予備校のようになり、本来の教育が空洞化しているともいう。憂える人は多いはずだ。一石投じたのを良しとして、覆水を盆に返す手も、なくはなかろう。」
そのとおりだと思う。確認したわけではないが、認可を受ける条件として文科省からの天下りを受け入れている学校法人もあるという。これが事実であればこれこそが問題であり、事実確認をする必要があるのではないか。これこそ官僚主導ではなく、政治主導のありかたであり国民が民主党政権に期待したことだと思うのだが。
参考URL → 天声人語(50日はリンクされている)
参考URL → 社説:私学解散命令 最悪事態を避けるには
参考URL → 大学新設不認可 文科相の独断が混乱を招いた(11月4日付・読売社説)
参考URL → 大学設置不認可/学生の立場を考えていない
参考URL → 社説:秋田公立美大新設 不認可撤回強く求める

参考URL → 堀越学園(群馬県)の在学生と保護者の皆様へ
by motokunnk | 2012-11-07 19:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

国連演説で領土問題に言及

今朝、野田首相が国連の場で演説を行った。その内容については各マスコミが報道しているのでそちらを見てほしい。領土問題についても言及し、要約すると「我が国固有の領土であることは明々白々だ。領有権の問題は存在しないのが基本で、そこから後退する妥協はあり得ない」と発言したようである。
確かに、尖閣諸島や竹島にしろ日本固有の領土であることは間違いない。尖閣諸島については、まだ沖縄が米国から変換される前には米国軍の訓練が実施されていた。それがある時から中国が固有の領土であることを主張してきた。
また竹島についても、こちらは1951年のサンフランシスコ講和条約締結時に日本の領土として認められている。これに不服であった韓国が李承晩ラインなるものを1952年に発表し、竹島の実効支配を開始したという経緯がある。
竹島問題に対しては、日本は国際司法裁判所に提訴する手続きをとるとしているが、尖閣諸島についても同様の手続きをとってもいいのではないかと考える。
ただ、国際司法裁判所について調べてみると、国連の外郭団体であることは間違いないが、著作権法と同じようにどうも紛争時に双方の了解が必要のようである。
正確には、強制管轄権というそうだが、これを受諾する必要がある。国連加盟国198カ国のうち、日本を含む67カ国が受諾しているらしいが、日本を領土問題を起こしているロシア(北方領土)、中国、韓国は受託していないようだ。
これもネットで読んだのであるが、週刊朝日では「新聞・テレビが言わないなら、本誌が言おう ことの発端は石原都知事にある!」と題した記事を発表している。
この中では、中国の反日デモに対して「百貨店の略奪というのは、1960年代のシカゴ、あるいは中東での暴動を思い起こさせます。世界第2位の経済大国、5大常任理事国の一つで今あんなことが起こってしまうとは……」と書かれており、先進国の仲間入りをした中国とはとても思えない行為であり、これがGDP世界2位に国かと思ってしまう。
貧富の差が著しいことの表れかと思う。また記事では「中国が自国の領土と主張するなら、日本は『国際司法裁判所で受けて立つ』と大きく構えればいいのです。中国が提訴できないなら、漁船を尖閣の水域までよこすような姑息な真似(まね)をするなと言うべきです。現状では中国は争っても負けますから、訴えてはこないでしょう。日本が尖閣に港を造って実効支配を進め、『裁判に負けたら港も含めてすべて渡す』と、交渉で、それくらいのことを言ってもいい」と言う外交評論家の岡崎久彦氏の話を引用している。
まことにその通りであり、外交についてはどうも弱腰であるような気がする。それは民主党政権だけでなく、自民党政権であっても同じようである。事態の沈静化を図ることも重要であるが、ここは尖閣諸島については海保による警備を強化して実効支配を強めていく必要があるのではないか。
一方で、竹島については国際司法裁判所に提訴して、日本の正当性を国際社会に訴える必要がある。どうも日本は韓国や中国のように社会科教育で領土について教えていないようで、中国では尖閣諸島は中国固有の領土であると教宣されていた若者が多数いるようである。韓国でも同じであり、何やら戦前の日本の教育「日本は神国」ということを言葉は悪いが実践しているようである。
外務省のホームページでは、丁寧なことに、それぞれ韓国語、中国語のページが用意されている。一度、中国おの人、韓国の人も読んでみて判断をして欲しい。自国が誤った解釈をして教えていることを理解するはずである。韓国もいい加減、竹島の実効支配をやめて欲しいものである。


日本経済新聞 → 領土、国際法で解決 野田首相が国連総会で演説
週刊朝日 → 新聞・テレビが言わないなら、本誌が言おう 発端は石原都知事にある
ウィキペディア → 李承晩ライン
ウィキペディア → 国際司法裁判所
日本経済新聞 → 国際司法裁判所の判決、拘束力はどのくらい?
外務省 → 竹島問題(韓国語のページあり)
外務省 → 尖閣諸島の領有権についての基本見解(中国語のページあり)
外務省 → 北方領土問題(パンフレットあり)
by motokunnk | 2012-09-27 19:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本の政治は国民不在!

野田首相の問責決議案が可決され、重要法案は棚上げされ、国会は空転し、民主党も自民党も党首選挙に全力投球、日本の政治は国民不在を絵に描いたようである。
三年前に民主党政権ができたときに、期待した思いはどこに行ってしまったのだろう。「トラスト・ミー」といってオバマ大統領にタンカをきった総理もいたし、原発事故の後始末で失態を演じた総理もいた。ホントに民主党にはろくな人材がいなかったとようである。国会が空転してもいいが、地方交付税の配布が延期されるという決定がなされて、国民の生活に影響をでてしまうのはお断りである。
これとて、民主党は野党の責任に、そして自民党は政府の責任と責任の擦り付け合いをしており国民を馬鹿にしきっている。
こんな政党に飽き飽きして世論調査では橋下維新の会が1番高い支持を得ている。ただ、維新八策を見ると、衆議院の定数半減は当たり前として、TPP積極参加、沖縄の米軍基地の分散など、総論賛成、各論反対のものが織り交ぜられており、国民が本当に橋下維新の会を支持しているかはわからない。人気投票ではないので、もっと日本の将来のことを考えて世論調査といえども1票を入れて欲しい。
そんな中、政治評論家の三宅久之氏や、評論家の金美齢氏ら民間人有志が、「国家的危機を乗り越えるには、安倍総理の再登板しかない」として、檄文を手渡すという記事がでていた。
その中で宰相としての資質は
(1)周辺諸国の挑発外交に歯止めをかけながら、日本の国益を追求するという、強さとしたたかさ、バランス感覚を兼ね備えた外交をできる。
(2)民主党政権3年間の「素人政治主導」により混迷する国政をすみやかに回復できる。
(3)その場しのぎ、場当たり的な、古い政治に決別して、明確な国家観に基づいた新しい政治ができる。
(4)「平成の保守再編」の旗頭となり得る。

をあげている。まさしく資質としてはその通りである。これを満足している代議士であれば、日本の行く末をまかせられるのであるが、果たして今、名前の上がっている人でこの資質をクリアーしている人はいるのであろうか?
by motokunnk | 2012-09-05 19:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)

消費増税法案が可決した

d0183174_19434853.jpg今日の午後の衆議院で消費増税法案が賛成多数で可決され、参議院での審議が開始されることになった。新聞では、民主党の大量造反議員が取り上げられているが、法案に反対した議員もいかがなものかと思う。
小沢一郎、鳩山由紀夫の代表経験者が反対票を投じたわけであるが、マニフェストを守らなかったことで反対ということでは筋が通らない。議員定数の是正、議員給与の見直しなど、まず自らの立場を厳しくしてから国民にお願いすることが筋ではないか。
実際に衆議院は1票の価値が5倍以上の格差があり、憲法違反となっているので、定数是正は待ったなしであるはず、それを差し置いて消費増税とは国民として納得がいかない。衆議院は今の半分の議員でも十分に機能するはずであるからまずは自分たちから率先して税金の無駄使いを正して欲しい。
今の政治化は、東京電力の電力料金値上げに対して文句をいう資格がない人ばかりだと思う。日本の政治はもうよくならないのかもしれない。嘆かわしいことである。

毎日新聞 → 消費増税法案:衆院通過 民主反対57人
by motokunnk | 2012-06-26 19:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

国民新党が連立離脱し、党は分裂だが

どっちもどっちのようなドタバタ騒動のようである。亀井代表が言っていることもわかるけれども、今まで彼が自分の言った公約を全て実行してきたかと聞けば、「はい」という答えはかえってこないはずである。
ただ、増税の前に国会議員定数の削減や、国会議員の報酬カット、公務員の削減など民主党政権が誕生した際に公約として国民の前に発表したことはどれひとつ実行されていないことを猛反省すべきであるし、どれかひとつでもいいから自ら苦しむ姿勢を見せてほしいものである。
AIJ問題から表面化した天下り問題もしかりである。民主党政権になって天下りが増えたようであるが、この責任は誰がとるのであろうか。政権の公約として天下り是正などといわなければよかったのではないか。また官僚主導から政治主導への転換もできていない実態もある。
国民新党の分裂が話題となっているが、民主党も分裂の危機が迫っているように思えるのであるがどうであろうか。まあ、対抗する自民党も谷垣総裁、石原幹事長では行動力、吸引力が今一歩なので政治の世界はこの先も真っ暗のようである。
小沢一郎のグループも分裂という噂もあり、ホントに民主党政権はどこにいってしまうのであろう?
by motokunnk | 2012-03-30 19:07 | 日記 | Trackback | Comments(0)

野田財務大臣が民主党代表へ

今日の新聞などマスコミ各社は民主党の代表選挙一色であった。まあ民主党代表=内閣総理大臣であるから当たり前といえば当たり前であるが、誰がなっても同じという声もささやかれる中、各新聞とも特定の候補者を応援するわけでなく、言ってみれば玉虫色の論評をしているだけであった。
そんな中、野田財務相が一回目の投票で2位を確保、決戦投票では小沢派の支持を受けた海江田経済産業相を破り、見事新代表の座を射止めた。
ポスト菅が言われ始めたとき、真っ先に名前の出たのが野田財務相だったので順当な結果といえばそうである。ただし前原前外務相が立候補を表明して支持層がダブると言われたり、海江田経済産業相が小沢派の支持を得たりなど両候補に遅れをとっているなどと報道され危機感を背負っての代表選挙であったと思う。その意味では、順当な結果ではなく波乱の結果なのかもしれない。
とはいえ、新代表になったのだから、挙党態勢をとりこの難局を乗り切って欲しい。幹事長を小沢系以外から選べば、小沢派は決して野田体制を支えていくとは思えない。しかし、自分たちが推した候補が負けたわけであるからここはおおきなところを見せて震災復興に力を注いで欲しいと思う。そうすれば、国民の小沢一郎を見る目が変わってくるかもしれないと思うのだが。
とりあえず、野田新総理には頑張ってもらいたいものである。1年の短命内閣にそろそろ終止符を打ってほしいものである。

新聞記事は → Google News Indexあまりに多いのでGoogle Newsのインデックスをリンクした。
by motokunnk | 2011-08-29 19:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日の社説は各社の特徴がでている?

今日の社説であるが、日本経済新聞を除いて民主党の代表選挙について論説されている。ただそのタイトルは微妙に異なっている。
「代表選に問う―復興増税から逃げるな」(朝日新聞)「民主党代表選 日米関係再構築の方策を語れ」(読売新聞)「民主党代表選 どうする原発 将来像を明確に語れ」(毎日新聞)となっている。
どれも来週月曜日に投票される民主党代表選挙について書かれているが、その内容は微妙に異なっている。今、日本が抱えている数多くの問題のうち、どれに重きをおいて欲しいかで社説は書かれているのかもしれないと勝手に考えてしまった。
JCASTのテレビウオッチでは「挙党一致」と「挙党態勢」、微妙に違う小沢と前原と題して論評されているが、これと同じではないが、各社で政策の重点が微妙に異なっていることが面白い。
ただ、民主党の代表選挙の説明会に9人の候補者予備軍が参加したというのが記事になるぐらい、今回の民主党代表選挙は政策論ではなく、多数の候補が立候補するというのが話題となっているのである。そして各陣営とも小沢グループから如何にして支援を引き出すかが焦点のようである。
まあ100人規模の大集団であるから敵には回せないが、またまた小沢一郎が代表選挙のキャスティングボードを握るのかと思うとやるせない気持ちとなってしまう。結局誰がなっても同じ民主党の代表選挙をなったしまいそうな予感がする。

各社の社説・朝日新聞 → 代表選に問う―復興増税から逃げるな
各社の社説・読売新聞 → 民主党代表選 日米関係再構築の方策を語れ
各社の社説・毎日新聞 → 民主党代表選 どうする原発 将来像を明確に語れ
by motokunnk | 2011-08-25 19:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

民主党も古い政治体質なのか

今日の夕刊の一面は「与野党で退陣論 予算と引き換え」というニュアンスの記事で埋め尽くされているようである。菅総理のクビを差し出すので予算の通過をお願いすると言う古い政治体質丸出しの戦術がまかり通っているようである。
菅総理は当然のことながら否定しているが、周りの側近の口からこの話が公明党に流れているようである(朝日新聞によると)。これを考えると、民主党も崩壊寸前なのかもしれない。もう少し菅総理が頑張ってくれるといいと思うのだが。

朝日新聞のトップ記事
by motokunnk | 2011-02-18 22:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)