人気ブログランキング |

タグ:澤穂希 ( 5 ) タグの人気記事

有言実行、澤穂希有終の美


年の瀬が迫ってくると、各スポーツで日本選手権が開催され、日本一が決定する競技もある。昨日は女子サッカー、そして男女バレーボールの日本一が決定した。
また海の向こうのNFLでも地区優勝が決まった地区がある。まずNFLの試合から振り返る。NFC東地区は3チームが優勝を争う激戦、そのうちの2チームが直接対決した。レッドスキンズ対イーグルスである。
イーグルスは勝たねばいけない重要な試合である。またレッドスキンズは勝てば地区優勝が決まる一戦でもあった。レッドスキンズが優勢に試合をすすめ、前半終了間際に相手ゴール前まで数ヤードまでせまった。ここでFGを決めれば19-10とリードを拡大できる場面、残り数秒、タイムアウトはない状態でレッドスキンズのQBカズンズはなぜかニーダウン、スパイクすれば時間が残ったがニーダウンでは時間も進み、プレイも終了してしまうまさかの行為であった。
d0183174_09090962.jpg
結局16-10で前半を終えたレッドスキンズは後半も着実にリードを拡大して38-24で勝利し2012年シーズン以来の地区優勝を勝ち取った。
これで激戦と思われたNFCもプレイオフ進出チームは後1チームとなった。ひょっとしてその1チーム(バイキングスかファルコンズ)も今日決定するかもしれない。
そして日本では現役引退を発表した澤穂希のラストゲーム、サッカー皇后杯決勝が行われた。皇后杯史上初となる2万人を超える観衆が見守る中キックオフ、前半は両チームともチャンスはつくるが決めることはできずに0-0で後半に突入した。
後半に入ってINAC神戸が攻める機会が増えたように思えたがなかなかゴールを決めることができずに迎えた33分のCK。川澄が蹴ったボールはゴール前の澤に届き、澤のヘディングシュートがゴールに吸い込まれてINAC神戸が先制した。
d0183174_09091833.jpg
準決勝終了後のインタビューで決勝は自分もゴールを決めたいといっていた澤のゴール、2011年W杯決勝の同点ゴールといい、この人は大事な試合で必ずゴールを決めるなにかを持っているようだ。
アルビレックス新潟も1点を取り返すために攻めまくったが、INAC神戸の守備を崩すことはできなかった。試合は1-0でINAC神戸が優勝、澤穂希は有終の美を自らのゴールで演出するという最高の結末で現役サッカー人生の幕をおろした。
バレーボールも男女で決勝が行われ、男子は豊田合成は初優勝し、女子は久光製薬が4連覇を成し遂げた。
久光製薬はこの大会で1セットも失うことなくすべての試合で3-0のストレート勝ちを収めており、チームの完成度の高さを感じることができた。中田監督の優勝インタビューでの涙は意外であってが、彼女、今年椎間板ヘルニアの手術で不在となる期間があったそうだ。その時期にチームが低迷してしまったそうで、この大会は「一人ひとりが強くなろう」を合言葉に試合に臨んだそうだ。
その言葉通りの試合ができてほっとしたのかもしれない。

by motokunnk | 2015-12-28 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパン、連覇はならず

すべてアメリカが一枚上だったことを思い知った一戦であったようだった。試合開始直後となるCKで高いボールを警戒していたなでしこジャパンに対して、まさかのゴロに近い低いボールを蹴られてそのボールをロイドにシュートされて先制されてしまった。
そして数分後、また同じサイドのFKから同じロイドにこぼれ球を決められてしまいわずか開始5分で早くも0-2とされてしまった。
前回W杯敗戦から、なでしこジャパンとのW杯決勝での再戦をイメージしていたアメリカ代表の作戦勝ちといえる先制ゴールと2点目であった。
2失点で抑えておけばよかったなでしこジャパンであったが、前半14分にDFの中途半端なクリアをホリデイにダイレクトで蹴り込まれ、また16分にはまたまたロイドがハーフライン付近からGK海堀のポジションを確認したの超ロングシュートが決まってしまいこれで0-4、アメリカの勝利は決定的なものとなった。
その後、大儀見のシュート、相手DFのオウンゴールで2点を返すが、アメリカにも追加点を取られて2-5で試合終了、なでしこジャパンの連覇は夢と終わった。
この試合がW杯ラストゲームと公言している澤穂希、前半早い時間からの登場であったが、後半には相手DFのオウンゴールを誘うなどの活躍、試合終了後にはアメリカ代表と挨拶するなど最後のW杯を楽しんでいる雰囲気であった。
d0183174_11041580.jpg
負けて進歩するのがスポーツの世界である。この敗戦を糧にして、来年のリオ五輪ではぜひ新生なでしこジャパンで金メダルをとってほしい。

by motokunnk | 2015-07-06 11:06 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

女子選手初の快挙、沢が最優秀選手!

全国のサッカー担当記者の投票による2011年度のフットボーラー・オブ・ザ・イヤー(年間最優秀選手)に、女子日本代表の沢穂希が選ばれた。
これは史上初のことだそうだ。投票総数202票のうち、澤は138票を集めた。2位は長友佑都(インテル・ミラノ)とレアンドロ(柏)で14票。香川真司(ドルトムント)が6票で4位だったそうだ。
ダントツでの最優秀選手賞獲得である。沢のことだから、謙虚に自分がうまいのではなく、まわりが助けてくれたから受賞できたというであろうが、まだまだ女子サッカーは世間ではブームとしてしかとらえられていない気もするので、ロンドン五輪でまたメダル獲得してブームをブームだけでなく、しっかり根付かせて欲しい。
それが沢の役割だろうと思うし、本人もそのことがよくわかっていると思う。おめでとう沢穂希、そしてがんばれ沢穂希!

新聞記事 → 沢、女子選手初の年間最優秀選手
by motokunnk | 2012-01-27 19:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

Sportivaのサイトのこんなコラム

スポーツ関連サイト(特にコラムのような読ませる記事)をよく見ているが、最近なるほどなあと感心した記事があるので紹介しようと思う。
それはLove Sports Web Sportivaのサイトにあった「【小田嶋隆】澤穂希が駆け抜ける「先駆者」という野蛮な道」という内容の記事というかエッセイというかコラムというかいいたいことを言っている記事である。
この人のコラムはけっこう独自の視線があって面白く読んでいるが今回はなでしこジャパンの澤穂希について書かれていた。
まず冒頭から昨年末の紅白歌合戦のことが書かれていた。私は紅白は見ていなかったが、澤をはじめINAC神戸所属の選手が紅白の審査員で出演したようである。その際、INACのユニフォームを着ていたのに「なでしこジャパン」の澤選手と紹介されていたそうで、このことについて言及してある。
詳しくはサイトを見て欲しいがこの話題が山口百恵のプレィバックパート2にまで及んでいることにはビックリである。私と同世代なので、このことはしっかり印象に残っていたのだと思った(ちなみにポルシェを車と言い換えて歌ったことである)。そういえば同時期に庄野真代の歌にもタバコの名前ででていたが、この歌も紅白で歌ったはずだが、そのタバコの名前がどうなったのかは定かではない(知ってる人がいたら教えて欲しい)。
話がまたまた横道にそれてしまったが、澤穂希は女子サッカーをメジャーとしたいと願っている先駆者であり、男子サッカー選手でいえば三浦知良と同じとまとめている。女子サッカーの人気を高めるためには「今の時期の女子サッカーには必要な試練なのだということを、彼女は、去年の夏、ワールドカップを手にした折に、覚悟したわけだ。」と書いている。
確かに本人はどう思っているかわからないが、彼女の言動をみているとそう思えるようなことがある。先駆者とはそういうものなのかもしれない。

コラム記事 → 【小田嶋隆】澤穂希が駆け抜ける「先駆者」という野蛮な道
by motokunnk | 2012-01-20 19:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパンのW杯トロフィー

今日から5週にわたり(間で走でない日もあるが)、勤務している会社では夏の節電対策の一環で年休取得推進を奨励している。奨励といってもエアコンはつかず、社員食堂も閉店しており、急用のない者は出社するなといっているようである。
これも東京電力からの強い要請なのであろうと思う。私個人にしてみれば3連休となるわけだが、出席しなければいけない外部の委員会もありその日程をいれてもらうことで年休を有意義に活用することとした。午前中はその委員会に出席した。さて午後はどうしたかというと、ニュースで報道されていたので知っている人は多いと思うが、なでしこジャパンのW杯優勝トロフィーがサッカーミュージアムで公開されているということでそちらを見学することにした。
d0183174_19105089.jpg

恥ずかしながら、サッカーミュージアムがどこにあるのか知らなかったので、ネットで場所を確認していざ本郷三丁目へと足を向けた。平日ということで空いていると思っていたのが間違いで夏休みのせいか、子供連れの家族が多数来館しており、トロフィー見学まで待ち行列ができていた。さすがに初日ほどの混雑ではなかったが、「トロフィー見学まで小1時間はかかりますよ」と場内整理をしている担当員が話していた。
また、展示は地下の有料フロアで行っているのであるが、たまたま私の数人後から入場制限がかかったようで、入場券発券装置が売り切れ表示となったようである。
d0183174_19111350.jpg

ミュージアム自体は1階に澤が獲得したMVPと得点王のトロフィーが飾られている。また「優勝おめでとうのランの鉢植え」がところ狭しとおかれていた(多分、そうだと思う)。そして地下の有料フロアは先の2002年W杯の記念展示がメインで、当時の記憶が呼び戻されてなつかしく感じた。トロフィーまで1時間程度であったが、そんなに退屈せずに各コーナーの展示内容をじっくりと読むことができ、ある意味では有意義な時間が過ごせた午後であった。
d0183174_19112940.jpg

トロフィー自体はTVでみたものと同じ(当たり前!)であるが、やはり実物は何とはいえない迫力があった。
明日はもっと来館者が多いのではと思うが、私も含めて女子サッカーがブームで終わらないように継続して応援していかなければならないとサッカーミュージアムを訪れて感じたしだいである。なでしこリーグの開催場所が大人数が収容できる会場に変更になったとの記事もあり、一時の人気だけでなく、定着した人気となってほしいし、そのためには9月開催のオリンピック予選で結果をだし、ロンドン行きの切符を手にすることが必須である。なでしこジャパンには休む暇はないと思うが頑張ってほしいし、今のなでしこジャパンを見ている限りでは大丈夫とは思うが、、。

サンスポの記事 → なでしこ世界一トロフィー“4時間待ち”
サッカーミュージアム → 公式ホームページ

私の関連するブログ → なでしこJAPN、ワールドカップで初のベスト4進出
私の関連するブログ → なでしこJAPANが快挙、ワールドカップで決勝進出!
私の関連するブログ → おめでとう、なでしこJAPAN、世界一!
私の関連するブログ → TVと新聞、ネットはなでしこジャパンの話題でもちきり
by motokunnk | 2011-07-29 19:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)