タグ:目黒川周辺 ( 17 ) タグの人気記事

ドイツのエアバスがアルプスで墜落、目黒川の桜はまだ1分咲き

ドイツの格安航空会社のエアバスが墜落してしまった。ルフトハンザ航空の格安航空部門、ジャーマンウィングスの旅客機が24日、フランスアルプスの山岳地帯に墜落し、乗客乗員150人全員が死亡したそうである。
遭難場所が海抜2000mのアルプス山中であることから捜索活動は難航が予想されるが、捜索にむかったヘリからの情報によると機体が散乱し、損傷を免れた翼や胴体部分は皆無だとのこと、フランス警察は、生存者はいないと説明、地形が複雑な上、悪天候が予想されるため、遺体収容まで数日間かかると話している。
航空機事故の場合、連絡が途絶えてから捜索活動が開始されるが、今回の場合、Flightraderなる仕組みがあるそうで遭難場所が特定されたことが墜落場所の特定が迅速に行えた結果だそうだ。
Flightraderなる仕組みは初耳なので調べてみると、「Flightradar24(フライトレーダー24)は飛行中の民間航空機の現在位置をリアルタイム表示するWebサービスならびにスマートフォン・タブレット向けアプリケーション。FR24、あるいは単にフライトレーダーなどと略されることもある。」とウィキペディアに書かれていた。
d0183174_08512390.jpg
URLも書かれており、そのURLを指定してみると、自分のいる場所が特定され、世界地図上に航空機のアイコンが多数表示されている。航空機をクリックすると便名、発着情報、現在の高度、フライトの軌跡などが表示される優れものである。ADS-B(Automatic Dependent Surveillance-Broadcast:放送型自動従属監視)という装置からだされる電波を追尾して表示する機能だそうだ。
日本では民間機に設置義務はないそうだが、アメリカ合衆国では2020年までにADS-Bの搭載が義務付けられており、ボーイング社やエアバス社の最新機には搭載されている。今回もエアバス社の機体であったので、Flightradarで追尾されていたようだ。
事故に戻るが、日本人乗客も2名搭乗していたとの情報もあり、確認が急がれるし、ドイツの高校生16名と引率の先生2名も同機に乗っていたとの未確認情報もある。
話はかわり、昨日目黒川にお花見気分で散歩にいったが、まだ桜は1分咲き程度であった。菅刈公園から中目黒駅まで歩いたが、満開となっている桜は皆無でどの樹木もつぼみ段階が圧倒的に多かった。
d0183174_08513044.jpg
ただ、木の中には花が咲いている枝もあり、それを探しながら散歩するのもまたいいものであると思うように心掛けながら歩いたしだいである。今日からライトアップが開始され、目黒川の花見も本格化するそうだが、週末にかけて3分から5分咲きの桜が多くなりそうだ。また来週にでも出かけてみようと思う。
参考URL → エアバスがフランス南部で墜落
参考URL → Flightradar24・ウィキペディア
参考URL → Flightradar24

[PR]
by motokunnk | 2015-03-25 08:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

目黒川の桜見物は大賑わい

昨日は平日であったが、目黒川の桜見物には多数の人が来ていた。私もその一人であったが、一人の人、グループの人など様々な単位とおじさん、おばさん、学生さんなど年齢層も様々、目黒川の桜が有名になって数年以上であろうが、平日でこの賑わいであれば休日はさぞかしであろうと想像がつく。
d0183174_8215170.jpg

簡易トイレがいたるところにあったり、ゴミに関するお願いの貼紙があるのも頷ける。中目黒駅から池尻大橋駅までが一般的なルートかと思うが、川沿いの桜は切れることなく満開となっており、各橋の上にはにわか写真家となった人が構図をきめて写真撮影している姿が見られた。
私の場合、駒沢通りから目黒川側道にはいり、桜見物をしたのだが、池尻まではいかずに菅刈公園で目黒川とは「サヨナラ」した。公園内にも桜があり満開となって、家族連れが桜の木のしたで遊んでいる姿が見られた。
d0183174_8221953.jpg
公園を抜けてもう一つの西郷山公園に行くと、こちらの桜も満開となっていた。
菅刈公園ではシートを敷いての桜見物は禁止と掲示されていたが、こちらの公園ではブルーシートが芝生の上に敷かれており、家族連れが遊んでいるではないか。同じ区の公園であっても運営は違うということを知ってしまった。近くに2つ公園があるのだから、それはそれでいいのかもしれない。
d0183174_8223238.jpg

さて4月となって、アルバイトではないが、毎週1回、近くの公益財団でホームページ等について、メンテする仕事をすることになり今日が初日である。これから支度してでかけるのだが、果たしてどんな仕事が待っているのか楽しさ半分、怖さ半分である。
[PR]
by motokunnk | 2014-04-02 08:23 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

桜が開花、早咲きの桜がある公園

東京地方の昨日は、気温が20度を上回り、春本番の暖かさであった。桜の開花宣言もなされて一気に春本番である。早咲きの桜を探しに散歩に出かけたが、代官山にある小学校の桜がすでに花をつけていた。
d0183174_9171346.jpg

開花宣言がだされてから満開となるまでは1週間程度だそうなので、入学式頃は満開の桜の木のしたでの記念写真が撮れそうである。空を見上げるとメットライスアリコの飛行船が飛んでいた。CM飛行だろうが、塗装にいくらかかってしまうのかと余計な心配をしてしまった。
d0183174_9172923.jpg

早咲きの桜は西郷山公園の芝生にあった。すでに満開となっており、ソメニヨシノに比べるとピンク色ではあるが綺麗さはひけをとらない。桜ではないが、白い綺麗な花をつけた木もあり、花見をするにはこれからが絶好だと感じた。また、西郷山公園近所の菅刈公園にも早咲きの桜があった。こちらは遊技場のそばにあり、子どもたちが遊んでいる姿が見受けられた。
d0183174_9174392.jpg

菅刈公園は花壇も充実しており、色とりどりの花が咲いており、ピクニック気分で散歩するにももってこいかもしれない。目黒川にも近く、花見宴会禁止の貼紙も見られた。やはり目黒川の花見の場合、歩きながら花を見るのが定番のようで、上野公園とは違うようだ。
今日は午後から旧友と昼食をとる約束である。あいにく雨が降り出す予報だが、それほど強くはなさそうなので滑らないよう気をつけることにしよう。
参考URL → 菅刈公園と西郷山公園
[PR]
by motokunnk | 2014-03-26 09:19 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

目黒川沿いに美術館が!

先週のTVで、目黒川沿いの桜は昨年あたりからフィーバーして花見見物の観光客が大挙押し寄せているとのアナウンスがあった。目黒川は中目黒周辺では遊歩道も整備されて、お散歩コースとしてはもってこいであり、ちょっと散歩をしようかと思ったときに出かけることがある。
そんなわけで日曜日に目黒川まで散歩にでかけてみた。代官山をぬけて中目黒あたりから目黒川遊歩道に行く道すがら、とある美術館を発見した。郷さくら美術館というところで「第2回桜花賞展」開催中と紹介されている。桜花賞といっても競馬の祭典ではなく、どうも日本画の祭典のようである。新築(2012年竣工)して2年のようだが、私にとっては初めて見た美術館であった。
d0183174_855878.jpg
d0183174_8561511.jpg

入館料を払い入場すると1階は常設展示会場であった。さくらが美術館名にあるように桜を題材とした日本画が複数点飾られていた。どれも見事な作品であり思わず見とれてしまった。2、3階が特別展会場で3階までエレベータであがるよう順路が設定されていた。桜花賞展は気鋭の日本画家30名弱に依頼して作品を製作していただいたようだ。審査もしっかりやられて、「桜花賞大賞」「桜花賞優秀賞」「館長賞」「奨励賞」その他が展示されていた。
「桜花賞大賞」は田島周吾作《蒼い桜》であった。キャンパス(日本画でもこういうのかどうか?)が蒼い背景で塗られている中で桜の花が円形に咲いているところを表現した作品であった。他にも見ていてうっとりする作品も多く、風景画を好む人にとっては目の保養になる空間ではないかと思う。暇を見つけてちょくちょく足を運ぼうかと思った。
さて本題の目黒川の桜であるが、すでに桜祭りの提灯はあったが、まだ桜はつぼみ段階で週末頃にやっとほころびそうな状態のようだ。
d0183174_8564147.jpg
d0183174_8565371.jpg
私と同じような人もいるようで、つぼみを写真に収めている人も見受けられたが、「遊歩道一杯の人だかり」というわけではなかった。随所に仮設トイレも設置されており、週末から来るであろう花見見物客の受け入れは万全のようであった。
d0183174_8571071.jpg
4月6日に「桜まつり」が開催されるそうでそのお手伝い募集の貼紙も町会掲示板に貼りだされていた。現在の予報によればちょうど桜が満開となりそうな日程で桜まつりは開催されそうだ。
今週末から来週にかけてお花見シーズンがはじまりそうである。
参考URL → 郷さくら美術館
参考URL → 全国の桜名所と開花情報
[PR]
by motokunnk | 2014-03-25 08:58 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/花見のシーズン到来か?

今朝は昨日までの「春!」という暖かさから一変して「冬!」という寒さに逆戻り、特に北風が強くコートを着ての出勤であった。さて昨日夜、NHKBSで放送された「東京地下迷宮」は期待していた内容(相直運転による工事の模様を期待していた。それでも数分は紹介された)とはかなりズレていた(私の期待がズレていたと思う)が、内容自体はなかなか興味をそそるものであった。中でも地下鉄の路線の複雑さ、駅の構成(新宿三丁目駅のなだらかなスロープしていること)などにビックリした、というよりは技術開発の進歩に感銘を受けた気がする。
さて、桜の開花宣言が東京地方でもだされ、近所でも桜の花が咲きはじめている。このブログでもたびたび紹介しているが、隠れたスポットである渋谷駅の馬券売場わきにある桜の花も見事な花をつけて咲きはじめている。
d0183174_19365721.jpg
まだ満開というわけではないが、今週末には満開となりそうな勢いである。
昨日は代官山まで行ったついでに目黒川まで足を延ばしてみると、すでに桜祭りが開かれており、多数の桜見物の人を見かけた。思えば東日本大震災のときは目黒川の桜祭りも自粛していたが、それから2年が経過し桜祭りも再開しているのであろう。特に今年は東横線と副都心線が3月16日から相互運転を開始したので埼玉エリアからの観光客を狙ったキャンペーンも実施されているようである。
d0183174_1937484.jpg

5つの路線がつながって、キャンペーン切符も販売されているようなのでその切符を利用してくる人もいるのかもしれない。中目黒商店会でも「桜祭り」が開催されるようだがその時期(4月7日!)まで果たして桜は花をつけているのであろうかは「神のみぞ知る」というところであろう。
毎年恒例となっている東京のお花見特集のホームページも用意されており、レッツエンジョイのページの中の渋谷区をみると、金王八幡宮も紹介されている。
d0183174_19381440.jpg
毎年3月の最終週の土曜日に「金王桜まつり」が開催されることが決まっており、今年は3月30、31日に開催される。年に1回「金王丸尊像」が開帳されることもあり、私も昨年初めてこの金王丸尊像を拝見することができた。金王桜は今朝通勤時に遠くから見かけると花は咲いているようであるが、まだ満開とはいかないようである。満開となるのはいつかわからないが願わくば3月30日までは葉桜状態とならないことを祈るのみである。
また22日から3日間、東横線旧渋谷駅を利用したイベントが開催される。「TOYOKO LINE SHIBUYA Station Park ~『ありがとう』と『さよなら』の3日間~」と題されて、旧・東横線渋谷駅を「公園」に見立て、プラレールのジオラマ展示や、東急線をはじめとした鉄道関連グッズの販売などが行われます。と紹介されている。
d0183174_19383771.jpg
子どもは無料だそうなので(大人は初乗りとおなじ120円だそうだ)、週末にヒカリエなど渋谷に来る機会がある人は顔をだされてはいかがであろうか。
参考URL → 中目黒桜まつり
参考URL → レッツエンジョイ東京のお花見特集
参考URL → 金王八幡宮
参考URL → 東横線渋谷駅が「公園」になる!
[PR]
by motokunnk | 2013-03-21 19:41 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/目黒川船入場とフリーマーケット

先日の日曜日、カミさんに頼まれてちょっと離れたペット用品専門店へあるものを買いにいってきた。目的地はペット専門店の「コジマ」目黒店である。
我家からは代官山をぬけて槍が崎から駒沢通りをくだり、山手通りを左折していくことになる。ちょうどいい散歩なのでテクテクと散りかけた桜を見ながら歩を進めて目黒川をわたり山手通りにでた。
以前は車で買物に行っていたのであるが、今は車の運転はやめて移動はもっぱら徒歩か公共交通である。車ででかけていたときは山手通りにでてすぐに「コジマ」だったような気がしていたが、歩いてみると結構な距離であり、車の便利さを痛感した。ただ、車の維持費の高さもまた半端ではないので、今考えると車を所有すていたことが果たしてメリットがあったのかは定かではないが。
d0183174_1926950.jpg
話が毎度おなじみの横道にそれてしまったが、山手通り沿いにフリーマーケットを開催している広場があった。区の公園のようで「目黒川船入場」と表示されていた。公園としてはそれほどの広さはないが、ちょうど真ん中で仕切られており、左右がバラバラに利用できるようである。先日も片側ではフリーマーケットが開催されていたが、残りのエリアはご近所と思われる人たちがノンビリと休憩している姿を見かけた。
d0183174_19263251.jpg

その先には「川の資料館」なる施設が建っていたので見学できるのかと入口を探すと、この3月31日で閉館されたとのこと、もう少し早くこの資料館の存在を知っていれば見学できたと残念に思ってしまった。一応、目黒区のホームページにはそのことがでているが、展示内容などについてはふれられていなかった。
そうこうするうちに「コジマ」に到着、目当ての品物を購入し、帰路についた。購入したものはネコのベット3個である。タオルでできていて猫が昼寝などをするときにその中に入り込んで寝るのが楽しいらしい。今あるものがヨレヨレとなってしまったのでそのかわりに新品購入とのことだそうだ。我家のネコは恵まれている!

コジマ → 目黒店紹介
目黒区 → 目黒川船入場
[PR]
by motokunnk | 2012-04-18 19:27 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/週末のお花見

土曜日に首都圏で雨が降らなかったのはいつ以来だったか忘れてしまうほど、週末といえば天候不順な1ヶ月であった。
昨日は晴れということもあり、各地でお花見がさかんに行われたようである。ただし気温は3月中旬ということもあり、オーバーではないが、外出には防寒対策が必要であった。
d0183174_8424334.jpg

土曜日の散歩も復活し、昨日は付近の花見スポットのハシゴをしてみた。まず最初に出かけたのは西郷山公園である。代官山のはずれではないが、旧山手通りに面しており、格好の花見スポットということもあり、芝生の上にはブルーシートで花見の場所取りをしているグループが多数見受けられた。
d0183174_843291.jpg

付近の企業のお花見を午後からするのか、はたまた仲良しグループの花見のためか、ブルーシートの上には留守番と思える人がポツンと陣取りしている場所もあった。また雑誌の撮影とも思えるような集団の姿も見かけた。ふだんはのんびりと日向ぼっこをしているネコたちも今日は落ち着かない様子で茂みの中にひっそりと隠れているようであった。
d0183174_8431431.jpg
続いて近接する菅刈公園へ足を運んだ。こちらも桜は満開であるが、西郷山公園と違い、芝生での宴席は禁止という貼紙が貼られてあった。その影響か、芝生内部は立ち入り禁止の場所も多く、花見目当ての人は周遊路を散策して花を楽しむという手段をとっていた。「ほどがや」という旗をもっている集団を見かけたが、横浜の保土ヶ谷からきているのだろうか。区立公園といって規制する公園、しない公園の判断基準はどうなんであろうかと思ってしまった。
最後はこれは全国的に知られている(と勝手に思っているのだが)目黒川の桜である。
d0183174_8433550.jpg
昨年もこのブログで取り上げたが東日本大震災の直後とあって自粛ムード一杯であったが、今年は提灯も川沿いを彩り、何といっても人の多さにビックリである。昨年とは比べようもない人の多さであった。
d0183174_8434644.jpg

特に、橋の上では記念写真を撮る人だかりが各所で見られ、花見をするより、花を見ている人を見物するのがある意味で面白いと感じてしまう光景であった。

目黒区ホームページ → 目黒区の公園一覧
[PR]
by motokunnk | 2012-04-08 08:44 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/山手通りの小さな公園

先日のこと目黒川を通って山手通りにでて渋谷方面にちょっと歩くと、通り沿いに小さなポケットパークを発見した。通りすがりであれば見落としてしまいそうな小さな公園である。
d0183174_194055100.jpg

ちゃんと名前がつけられており、「目黒区立菅刈街かど公園」というりっぱなプレートが貼られていた。目黒区のホームページでも他の公園と一緒に紹介されている。「山手通りに面した憩いのスペースです。」と紹介文は短いが、今の時期はちょっと寒いが、気候のよいシーズンあhちょっとベンチで一休みという憩いのスペースにはもってこいの広さかもしれない。ただし、排気ガスに敏感な人には道路沿いであるので要注意かもしれない。

目黒区 → 区立公園紹介ページ
[PR]
by motokunnk | 2011-12-15 19:41 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

目黒川の桜は冬も咲く?

先週のこと、TVニュースを見ていると、大崎駅周辺の目黒川では廃油を利用して電気を作り、それをイルミネーションとして利用しているという報道があった。
確かに、帰宅時にJR線大崎駅をでて渋谷方面に向うと車両の右側にピンク色をしたイルミネーションが華やかにあたりをてらしている光景を目にする。
そこで、昨日帰宅時に大崎駅で途中下車してこのイルミネーションを見ることにした。GateCityから目黒川にでて歩いてくと、前方にピンク色に輝く並木道とそれを見に来ている人たちを発見した。
d0183174_1851328.jpg

皆さん、デジカメで写真を撮っている! かくいう私も写真を撮ったが、旧式のデジカメのため、テブレがはげしく綺麗な写真は撮ることはできなかった。目黒川のイルミネーションは協賛企業が多々あるようで、それぞれの木には協賛企業のプレートがかけられていた。
d0183174_1854413.jpg

イルミネーションを見て、大崎駅に向ったのだが、その道の歩道にはヒートアイランド対策を施していますという説明板がいたるところに飾られていた。これも教育の一環なんかもしれない。
d0183174_18552131.jpg

大崎駅周辺には、以前紹介したイルミネーションの他にも街区毎に凝ったイルミネーションを施しているようで、機会があればまた紹介できたらと思う。

みんなのイルミネーション → 公式ホームページ
全国イルミネーションガイド → 全国にはたくさんの見所がある!
関連する私のブログ → クリスマスシーズン到来!そしてイルミネーション
[PR]
by motokunnk | 2011-11-29 18:56 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

目黒川に架かる橋・その2

今朝から首都圏は雨が降っている。これから雨脚は強まると先ほどの天気予報では言っていたが、今は若干小振りとなっているようである。
明日は統一地方選挙の第二弾であるが、イマイチ盛り上がっていない気がする。やはり東日本大震災の影響ではでな選挙戦は差し控えているのであろう。いつもであれば選挙カーからながれてくる騒音(私には候補の名前の連呼が騒音以外の何者でもないように聞こえる)がないことが平和である一方、誰が立候補しているのかポスターを見なければわからないというデメリットもある。
さて今日は先日目黒川に花見に行った際に橋の写真を撮りためておいたのでその橋の写真を紹介していくことにする。前回は山手通りに架かる目黒橋まで紹介したのでその次に架かる中の橋からはじめることとする。
d0183174_92312.jpg
この橋は何故架けられているのかよくわからなかったが、桜の季節にきてその存在がわかるような気がした。歩行者専用の橋であり、橋の中央から川沿いに茂る桜を鑑賞することができる絶好のポイントであることがわかった。多分この目的で架けられた橋ではないかと思う。
d0183174_925972.jpg

南部橋はその橋のたもとに記念碑があることは紹介した。菅刈公園への入口が橋から見え、この公園に散策に出かけるにはこの橋を覚えておけば迷わないと思う。
d0183174_93123.jpg

柳橋を渡り山手通りへ出るところには安売りで有名な「ドンキホーテ」がある。花見の際にはこの建物裏に屋台がでていた。
千歳橋はもうひとつ普段散策している私にとっては行きつけの公園への入口となっている(というよりは目印かもしれない)。その公園は西郷山公園である。このブログにも何度も登場しているので説明する必要はないかもしれない。
d0183174_9112441.jpg
d0183174_984571.jpg

天神橋そ過ぎ、朝日橋に向かうことにする。この朝日橋のそばに以前紹介した北野神社がある。東京コカコーラの大きな工場があるそばの路地に面しているので、わかりづらいかもしれないが、この周辺をぐるりと回れば発見できると思う。
d0183174_94368.jpg
d0183174_945764.jpg

宿山橋と書いてしゅくやまと読むそうである。次は文字通りの桜橋、この橋の上からも桜の花が手に取る距離で咲き誇っている。そして別所橋へと進んでいく。
d0183174_951818.jpg
この橋の山手通り沿いには古くから「東急ストア」が立地している。東横線の中目黒駅から見えるので中目黒の東急ストアは地元ではかなり古くから有名なお店であると私は思う。
d0183174_953769.jpg

そうこうするうちに川の上を東急東横線の電車が走っている姿をみながら日の出橋へとたどりつく。
d0183174_955019.jpg
橋の左手は老舗の店が並び、山手通り側は再開発されたのか、新しい店舗が並んでいる。
今回紹介するのはこの橋まで、これで撮ってある写真は全てなのでこの先紹介することはかなり先の話となりそうであるし、地図で見る限り、この先には橋自体が至近距離では架けられておらず散策がけらというわけにはいきそうもなさそうである。
[PR]
by motokunnk | 2011-04-23 09:06 | | Trackback | Comments(0)