人気ブログランキング |

タグ:競馬 ( 251 ) タグの人気記事

日本馬大活躍、日本は惜敗、高梨3位

12月といえば競馬の世界では香港国際競争がメジャーである。1日に複数のG1レースが開催され、日本からも多数の調教馬が参戦している。以前はさほど注目されていなかったがここ数年は賞金額からも注目されるようになり多数の国から参戦してきているので日本馬も勝つことは困難となってきた。
香港では民主化勢力が選挙で大勝して政府に対する抗議活動がエスカレートし、この日も大規模デモが行われたそうだが、シャティン競馬場は安全だったそうだ。そんな中で行われたレースは何と3レースで日本馬が勝利する結果となった。
日本馬が香港国際競争で勝利したのは2016年のモーリス、サトノクラウン以来のことだそうだ。また香港カップを制したウインブライトは春に行われたクイーンエリザベス2世カップに続いての香港G1で勝利であった。香港との相性がばっちりの馬のようである。
d0183174_09214989.png
また中央競馬でも記録が生まれた。中山のメインレースG3のカペラSで藤田菜七子騎手がJRA所属女性騎手として初のJRA重賞制覇を果たした。交流重賞ではすでに勝利していたコパノキッキングでこの日は好位からの競馬をすすめ、直線一気に突き抜ける競馬を魅せてくれた。
d0183174_09220031.jpg
この勝利は今季JRA42勝目、女性騎手ではなく、美浦所属の騎手の堂々10位にランクされる見事な数字である。通算勝利も交流競走を含めると99勝目となり年内にも100勝目が達成されそうである。
ハンドボールの世界選手権、メインランドにすすんだ日本代表の初戦の相手はモンテネグロであった。予選ラウンドの成績が持ち越されるだけに2敗からのスタートとなる日本代表にとってはベスト4進出のてめには負けられない一戦であった。
立ち上がりからモンテネグロにリードされ、8分過ぎには5-1と4点をリードされてしまった。ここから挽回する日本代表であったが、得点差は3点差まで追い上げ、11-14で前半を終了した。
後半は日本代表のスローオフで開始され、幸先よくゴールを決め2点差に迫った日本代表ペースで試合は進められた。後半5分過ぎには16-16と同点に追いつくものの逆転まではいかなかった。その後もリードされては追いつく展開で試合は進み、19-22の3点差から大山などがシュートを決め16分過ぎにはて一気に22-22の同点に追いついた。
d0183174_09221035.jpg
しかし反撃もここまでであった。日本代表はゴールキーパーをさげて7人攻撃を図ったが、逆にボールをインターセプトされ無人のゴールに決められるなど悪いリズムでの失点を重ねてしまった。
試合は26-30で敗れてしまったが、ハンドボールの面白さを体験できた試合でもあった。これでベスト4の夢は敗れてしまった日本代表であるが、残り2試合も全力プレイで勝利を目指してほしい。
スキージャンプ女子ワールドカップ第2戦が行われた。開幕戦では不本意なジャンプで9位となってしまった高梨沙羅であったがこの日は1回目に133.5mのジャンプを飛び、3位と好スタートをきった。2回目はジャンプに不利な追風の中で126.5mを飛び3位を守り今季初の表彰台となった。
d0183174_09222136.jpg
優勝したのはノルウェイのルンビ、一人飛びぬけた存在で開幕2連勝を飾った。今シーズンもルンビの独走は続きそうである。

by motokunnk | 2019-12-09 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

オールブラックス強し、栗山監督続投、藤田菜七子重賞初V

ラグビーワールドカップ日本大会、オールブラックスの強さが際立っている。昨日行われたカナダ戦、話題の中心はバレット3兄弟であった。
兄弟3人そろって先発出場するのはワールドカップ史上で2組目だそうで、オールブラックスでは初だそうだ。それも3兄弟そろってトライをあげるおまけつき、試合も63-0で圧勝した。
d0183174_09503408.jpg
グループBに属するオールブラックス、決勝トーナメント進出時は日本代表の属するグループAと対戦することが決まっている。すでに南アフリカ代表に勝っているだけにトップ通過する可能性は高い。
日本代表もあと2勝してトップ通過してできればオールブラックスとの対戦は決勝まで残しておいてほしいものである。
日本ハムの栗山英樹監督の続投が球団から発表された。リーグ終盤では今季限りでの辞任をほのめかす発言が多かった栗山監督であったが昨日日本ハム株式会社東京支社に畑佳秀オーナーを訪ね、シーズン終了を報告した。
d0183174_09504267.jpg
席上、畑オーナーと川村社長から来季続投を要請。栗山監督がこれを受諾したそうだ。今季は5位という成績であったが、キャンプ終盤でクリーアップを期待していた清宮幸太郎が骨折して出遅れ、また上沢直之も試合中に打球を膝に受けて骨折してしまった。選手の負傷欠場など様々なアクシデントがあっての5位だけに来年の巻き返しが十分期待できそうだ。秋季キャンプから若手の底上げなどを行って戦力を整えて頑張ってほしい。
大井競馬場で行われた第53回東京盃(JRA交流重賞)で1番人気コパノキッキングに騎乗した藤田菜七子がスタートから先頭にたち、最後の直線でも後続を寄せ付けずに2位に4馬身をつける圧勝であった。
d0183174_09505097.jpg
コパノキッキングは重賞3勝目、藤田菜七子にとっては重賞初優勝であった。2016年にデビューして毎年勝星を増やしている藤田菜七子、今年も9月末までに30勝をあげておりリーディングでも上位に顔(全国29位)をだしている。コパノキッキングは優先出走権を獲得した「第19回JBCスプリント・Jpn1」に出走する予定だそうで、藤田菜七子も騎乗予定だそうでG1初勝利も十分期待していいと思う。

by motokunnk | 2019-10-03 09:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ディープインパクト死亡、王位戦初日、タイオープン初日

史上2頭目の無敗の三冠馬となったディープインパクトが死亡した。頸椎骨折で安楽死処置がなされたという、競馬界にとっては出現も衝撃的であったが去っていくときもあっという間であった。
無敗で三冠馬となり、その翌年に凱旋門賞に挑戦、3位に敗れてしまったが(その後禁止薬物使用で失格)、ジャパンカップ、有馬記念と連勝して引退した。
d0183174_10190394.jpg
種牡馬となってもディープブリランテ、ワグネリアンなどのダービー馬を輩出するなど種牡馬としても超一流であった。2歳世代でもラインベックなどがオープン入りしており来年のダービーにも多数の産駒が出走しそうだ。惜しい馬を亡くしてしまった競馬界である。
将棋の第60期王位戦七番勝負第2局がはじまった。豊島将之王位先勝でむかえた第2局、先手番となった木村一基九段の巻き返しが期待された。初日は52手目を豊島王位が封じたが、消費時間が2時間近く豊島王位が消費しており盤面も木村九段が優勢となっている。豊島王位が巻き返すか、木村九段がそのまま優勢から勝勢とすすめられるか注目である。
d0183174_10191487.jpg
バドミントンのタイオープン(スーパー500)がはじまった。今週発表された世界ランキングで女子シングルスでは山口茜が1位に返り咲き、男女共ランキング1位となって日本勢も弾みがつきそうな大会である。
初日はシングルス予選、ダブルス1回戦が行われた。女子ダブルスは松本麻佑/永原和可那ペアが地元タイの1番手ペアと対戦した。第1ゲームを失ったものの、その後の第2、3ゲームを取り返して逆転勝利、2回戦い進出した。タカマツペア、福島由紀/廣田彩花ペアらも格下ペアを相手にストレート勝利を収めて初戦突破を果たした。
d0183174_10192371.jpg
2日目は男女シングルスが行われる。残念ながら桃田賢斗は棄権となったが、大堀彩は地元のチョチュウォンと対戦する。

by motokunnk | 2019-07-31 10:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)

初志貫徹でワグネリアン

皐月賞のとき本命をワグネリアンとした。コースも府中にかわり距離も2400mとなる。やはり本命はワグネリアンとした。
d0183174_18520616.jpg
そして対抗はダノンプレミアム、3番手にブラストワンピースとした。この2頭は皐月賞に出走していないので候補とした。
おさえは皐月賞で対抗、3番手にしたキタノコマンドール、ステルヴィオ、ジャンダルムとした。
はたして明日は願いがかなうのだろうか。17番は大谷翔平の背番号、あやかりたいものだ。

予想
◎ ワグネリアン
〇 ダノンプレミアム
▲ ブラストワンピース
△ キタノコマンドール、ステルヴィオ、ジャンダルム


by motokunnk | 2018-05-26 18:53 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

オークスの予想

フサイチパンドラの願いを孝行娘がかなえてくれる。オークスはこんな形で決着しそうだ。アーモンドアイの桜花賞の差し足の素晴らしさはオークスでも活きると思う。
d0183174_20164920.jpg
ラッキーライラックはやり桜花賞で連勝が止まったので盛り返すのは苦しいとみた。三番手はオールフォーラヴ、おさえにはサトノワルキューレ、パイオニアバイオ、ランドネとした。
明日の府中、どんな風がふくのだろうか。

予想
◎ アーモンドアイ
〇 ラッキーライラック
▲ オールフォーラヴ
△ サトノワルキューレ、パイオニアバイオ、ランドネ


by motokunnk | 2018-05-19 20:17 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

天皇賞・春の予想

今朝の新聞にはスペシャルウィークが亡くなったという記事がでていた。武豊に悲願であった日本ダービーを取らせた馬として記憶に残っている。
d0183174_18093915.jpg
ということで明日は武豊騎乗の馬を本命にしようと思ったが、武豊が騎乗停止中なので、騎乗予定だったクリンチャーを本命とした。鞍上も三浦皇成、武の新人勝ち数を破った男だけにこの馬でのG1初制覇があってもいい。
対抗はやはり実力があるシュヴァルグラン、キタサンブラックの後継として立候補のチャンスである。3番手はガンコ、おさえはチェスナットコート、サトノクロニクル、レインボーラインとした。
淀の3200m、最後に笑うのはどの馬なのか?

予想
◎ クリンチャー
〇 シュヴァルグラン
▲ ガンコ
△ チェスナットコート、サトノクロニクル、レインボーライン


by motokunnk | 2018-04-28 18:10 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

皐月賞の予想

ダノンプレミアムが勝つだろうとおもっていた皐月賞だったがまさかの回避で俄然本命となったワグネリアン、やはりこの馬が皐月賞を制するのであろう。
d0183174_17050814.jpg
1枠2番と内枠を引いてしまったことが懸念材料ではあるが、スタートも悪くない馬なので、スタートよく飛び出して好位につけばそのまま楽勝もあるのではないだろうか。
対抗はキタノコマンドール、すみれ賞の勝ち方がハンパではなかった。鞍上もM.デムーロになることも好条件であろう。3番手はステルヴィオ、そしておさえはタイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノとした。
明日は大雨が予想されるが、不良馬場での皐月賞だけにはならないことを祈ろう。

予想
◎ ワグネリアン
〇 キタノコマンドール
▲ ステルヴィオ
△ タイムフライヤー、ジャンダルム、ジェネラーレウーノ

by motokunnk | 2018-04-14 17:06 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

桜花賞の予想

競馬には八大競争といわれるものがある。その八大競争の予想をしていくことにしようと思う。
d0183174_21232261.jpg
まずは桜花賞、東京の桜はすでに散ってしまったが阪神は桜本番、ちまたではラッキーライラックが1番人気のようだ。
ただこのところ桜花賞の1番人気は勝てないといわれているので、私はリリーノーブルを本命とした。一部では勝負付けは終わっているといわれているが、私には秘策があるように思える。
対抗はラッキーライラック、3番手はフィニフティ、おさえにはトーセンブレス、アーモンドアイ、プリモシーンをあげておく。
明日はどの馬が先頭でゴールするのだろうか?
予想
◎ リリーノーブル
〇 ラッキーライラック
▲ フィニフティ
△ トーセンブレス、アーモンドアイ、プリモシーン

by motokunnk | 2018-04-07 21:24 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

エンゼルス連勝、ドバイWCデイ

初戦はサヨナラ負けと出足をくじかれてしまったエンゼルスであったが第2戦はしぶとかった。まず初戦無安打に終わってしまったトラウトが、初打席での今季初ホームランで先制した。
d0183174_08591514.jpg
先発のスカッグスも好投し、アスレチックス打線に的を絞らせずに無失点イニングを続けた。一方の打線はこれまたアスレチックスの先発マナイアの前に凡打の山を築いてしまい、試合は投手戦となってしまった。
そして9回、待望の追加点がはいった。キンズラーの初ヒットを足場に、ランナーがトラウトにかわってアプトンのレフト前のライナーを後逸してトラウトが激走、追加点をあげた。
その裏のアスレチックスの攻撃も見事だった。クローザーのパーカーを打ち込んで無死1、2塁のチャンスをつくると二死となったがルクロイがタイムリーで1点差としてなお1、3塁と同点、サヨナラのチャンスとなったが最後の打者を2ゴロに打ち取ってエンゼルスが今季初勝利をあげた。
そしてさきほど終了した第3戦もエンゼルスが序盤から得点を重ねて8-3で勝利したようだ。そして明日未明はいよいよ大谷翔平が先発である。打線も好調なだけに序盤から得点して大谷の初先発を盛り上げたほしいものだ。
昨日深夜から未明にかけて競馬の祭典ドバイワールドカップデイのG1レースが行われた。ここ2年はリアルスティール、ヴィブロスなどの日本馬が勝利をしているだけに今年もどんなレースを魅せてくれるのか期待していた。
そして今回は過去最高の14頭が参戦するので複数レースでの優勝も十分可能かと思っていた。ただ捕らぬ狸の皮算用、各レースともそんなに甘いものではなく3年ぶりの未勝利に終わってしまった。
やはり期待が大きいとダメなのであろうか、日本馬の海外での活躍に期待したいと思うのだが現実はちょっと厳しいのかもしれない。

by motokunnk | 2018-04-01 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

羽生二冠、国民栄誉賞受賞決定、大谷早くも始動、名門厩舎解散

昨年末に報道されていたが、羽生二冠の国民栄誉賞受賞が決定した。囲碁の井山七冠との同時受賞となる。棋士の受賞は初めてのことで棋界にとってうれしい出来事のようだ。
d0183174_09373480.jpg
羽生二冠で思い出すことは「寝ぐせ」である。20数年前、七冠獲得の将棋で見事な寝ぐせをつけて対局を行い、七冠を達成したことである。
羽生二冠の素晴らしい点は初タイトルを奪取した1989年から一度も無冠となった年がないこと、またタイトルも二冠を毎年奪取していることである。たまたま一冠となってしまった年もすぐに二冠を奪取しており、今年度も年初は三冠であったが、8月に王位を失い、そして10月には王座を失い一冠となってしまった。
竜王戦挑戦が決まってはいたが、渡辺棋王は竜王戦は他の棋戦に比べて勝率が高く、奪取は至難ではないかと思っていた。しかし4勝1敗で竜王位を奪取して永世称号を獲得し、今回の国民栄誉賞受賞につながった。
将棋界は藤井聡太四段の登場などで将棋ブームが沸き上がっており、羽生二冠の国民栄誉賞受賞も人気上昇の起爆剤となりそうだ。
エンゼルスの大谷翔平が自主トレをはじめ、マスコミにその様子を公開した。鎌ヶ谷の日本ハム施設を使っての自主トレ、日本ハムの全面バックアップを受けているのも幸せなことだと思う。
d0183174_09374340.jpg
エンゲルスのGMも近々来日し、大谷翔平、日本ハム首脳陣との会見が予定されているという。特に日本ハム首脳陣とは5年間のトレーニング過程など、二刀流を継続していくためのノウハウ取得のための会談のようだ。
2月に渡米する大谷翔平、MLB1年目はどんな活躍をしてくれるのか楽しみだ。
競馬の世界では衝撃的な事件(というのは大袈裟かもしれない)が発表された。関西の角居厩舎が解散するという。2021年2月に解散だという。なぜ今の時期に発表かというと今年生まれる馬を預かってもその馬がデビューするのは2021年6月以降なので角居厩舎から出走することはできなくなるためこの時期の発表ということだそうだ。
数々の記録を打ち立てた角居厩舎、私の記憶に残るレースはシーザリオで制したアメリカンオークスである。好位につけて直線一気に後続を引き離して楽勝したレースが今でも記憶の片隅に残っている。
今日はラグビートップリーグの順位決定戦第1戦が行われる。パナソニックが無敗のまま優勝するのかどうかであるが、今の勢いを考えれば達成しそうである。

by motokunnk | 2018-01-06 09:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)