人気ブログランキング |

タグ:茅の輪 ( 4 ) タグの人気記事

今年も夏越の大祓がやってくる

今年も来週で半年が終わってしまう。歳をとると月日の経つのがあっという間の出来事のように感じてしまう。大祓自体は何度もブログで紹介しているので割愛するが、今年は晦日が土曜日である。
従って、神社で大祓の儀式をするのを29日の金曜日にするところもあるようである。
今年も夏越の大祓がやってくる_d0183174_19372326.jpg

会社の近くにある芝大神宮では29日の金曜日に大祓の神事を行うようで、幟や看板で告知している。今年も夏越の大祓がやってくる_d0183174_19382822.jpgまた我家の近くの金王八幡宮では土曜日の30日に行うようで貼紙が掲示されている。どちらもありのようで、要は氏子さんの集まりやすい日を設定しているのかもしれない。
金王八幡宮ではホームページで告知しており、例年通り「茅輪」も設置されている。ちなみにホームページには「夏越大祓(なごしのおおはらえ)は、人々の心身についた罪穢(つみけがれ)や禍(わざわい)を祓い清め、夏の流行病(はやりやまい)にかからず、幸福に過ごせるように祈る意義深い神事です。大祓は、この夏越大祓と大晦日の年越大祓(としこしのおおはらえ)と年に2度行われます。皆様お誘い合わせの上、ご参加ください。」と書かれている。
そういえば、夏越の大祓というが、夏越という言葉は地方によっては名越ともいうそうである。知り合いに名越姓の人がいたが、どうしているのであろうか。今度メールでもしてみようかと思う。

芝大神宮 → ホームページ
金王八幡宮 → ホームページ
ウィキペディア → 大祓
by motokunnk | 2012-06-22 19:39 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索

昨日のブログで書いたことを実行し、先ほど帰宅した。今朝は曇り空で今にも雨が降りそうであったので、折りたたみの傘持参で散歩にでかけることとした。
朝早い(といっても9時過ぎだが)わりには渋谷駅周辺は人通りも多いように思えた。文化村の前に新しいビルができたようで、その1階にはコンビニがオープンしていた。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11554247.jpg
我家の近所ではコンビニが閉店となっているがこちらは出店、同じ渋谷といっても違うようである。さて鍋島公園に行く途中の民家の駐車場にもクチナシの花が咲いていた。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11555865.jpg
独特の香りがするので注意しいるとすぐわかるものである。
鍋島公園のクチナシの花であるが、先日紹介したものの他に、いろいろな種類のクチナシの花を見つけることができた。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_1157251.jpg
そういえば、公園に入ってすぐ目についたあずま屋風の小屋は撤去されていた。やはり花見の席でのトラブル(なんでも池に飛び込んだ人がいたようである)が原因で撤去してしまったのかもしれない。気がつかなかったのであるが、その付近には藤棚が設置されていたようである。以前からあるようでかなりの年代ものである。来年の春には綺麗にフジの花を咲かせるのであろう。また訪問する言い訳が増えたようである。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11571769.jpg

公園内にはびょうやなぎの花も咲いており、こちらは黄色い花が見事であった。白いクチナシも綺麗であるが、びょうやなぎも美しい。池の周辺にもクチナシの花は咲いていた。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11574799.jpg
公園を後に次の目的地である隠田神社を目指すことにする。途中の松涛中学にもクチナシは咲いていた。今の季節は香りがすごいが、それ以外の季節では意識していないと気がつかない、そんな花なのである。
散歩をしているとコーヒーショップが目につく。松涛地区でも結構洒落たコーヒーショップが開店しているようで、暇があればちょっと一服してみようかと思うたたずまいをかもしだしている。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_1158537.jpg
なんだかんだで明治通りまででると、何やら携帯で木の写真を撮っている女性を発見! 何を撮っているのかと見ると、ビワの木の写真を撮っているようだった。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11583093.jpg
この神宮通り公園にはほかにもポケットパークが奥にあり、多分モミの木(だと思う)が植えられている。こちらも暮れになると飾りつけがなされるのか楽しみである。
隠田神社につくと、まだ夏越の祓のお知らせが貼られていた。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_11584434.jpg
茅の輪もいつもの場所に設置されており、近所の人と思われる男性が参拝していた。早速私も2日遅れではあるが参拝することとした。帰路途中、ちょうどこどもの城に面した通りにはクチナシの花が多数咲いている。
2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索_d0183174_1159369.jpg
多分テナントビルの植栽としてクチナシを選択したのであろう。香りが見事である。
なお、金王八幡神社でも参拝したことを付け加えておこう。

私の関連するブログ → 明日は夏越の祓
私の関連するブログ → クチナシの花
by motokunnk | 2011-07-02 11:59 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

明日は夏越の祓

大祓と書いておおはらえと読むそうである。ウィキペディアによれば、
「6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われる除災行事である。犯した罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)という。6月の大祓は夏越神事、六月祓とも呼んでいる。なお、「夏越」は「名越」とも標記する。輪くぐり祭とも呼ばれる。」
とある。12月の晦日にやる行事は知っていたが、6月の晦日にも祓があるようである。最近私のブログに茅の輪のキーワードで検索して訪問してくれる人がいるようだが、その人たちはきっとこの神事について調べている人たちであろう。私の周りの神社でも六月祓を実施するところがある。
明日は夏越の祓_d0183174_19244230.jpg
過去にこのブログでも紹介している金王八幡宮では明日の午後四時から儀式が開始されるようである。明日は夏越の祓_d0183174_1925892.jpg
また通勤の途中の掲示板には、芝大神宮の夏越の祓の案内は貼られている。東京でも夏越の祓は定着しているようである。そこで他の神社ではどうしているかを調べてみると
神田明神では夏越大祓式のページまで用意されており、こちらも明日の午後3時から夏越大祓式が斎行(さいこうと読むそうである)される。その他では大鳥神社でも大祓のページが用意されている。
いずれの神社でも年中行事としているようで、知らなかったのは私ぐらいかもしれない。ウィキペディアによれば、多くの神社で「茅の輪潜り(ちのわくぐり)」が行われるとあるので、茅の輪をキーワードにして検索したのではと思う。
ウィキペディアでは →  → 大祓
神田明神 → 夏越大祓式
大鳥神社 → 大祓
他の神社でもホームページで紹介しているのではないかと思う。金王八幡宮のホームページにも紹介されている。茅の輪も7月中旬まではあるようなので、週末にでもくぐってこようかと思っている。そうだ、隠田神社にもあったからそちらも週末にチェックしてみよう!

私の関連するブログ → 大祓には茅の輪くぐり
私の関連するブログ → 2日遅れの夏越の祓とクチナシの花探索

追伸:話はかわり、ネットで地方競馬・交流G1の帝王賞を見たが、スマートファルコンの強さにただただ唖然とするばかりであった。エスポワールシティとの一騎打ちと思っていたが、なんのことはない、スマートファルコンがスタートから一度もトップを譲ることなく圧勝したしまった。これは暮れのJCDが楽しみである。トランセンドとどちらが強いか見ものである。
by motokunnk | 2011-06-29 19:25 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

大祓には茅の輪くぐり

数年前から、金王八幡宮では暮れになると境内に茅の輪が出現する(左の写真)。以前調べたところによると茅の輪は夏の大祓で利用されることが多いとのことであるが、時期は違うが冬の大祓でも利用されてもいいようだ。
そもそもの起源は
「善行をした蘇民将来(そみんしょうらい)が素盞鳴尊(すさのおのみこと)から『もしも疫病が流行したら、茅の輪を腰につけると免れる』といわれ、そのとおりにしたところ、疫病から免れることができたという故事に基づきます。」
であるから、年末に来年の無病息災を願う儀式として定着しているのであろう。近所では隠田神社(右の写真)でもご覧のように茅の輪ができていた。
大祓には茅の輪くぐり_d0183174_839743.jpg
ちなみに茅の輪であるがくぐり方に作法がある
(1) 先ず、茅の輪の前に立って軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻る。
(2) 茅の輪の前で軽く礼をします。右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻る。
(3) 茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元の位置に戻る。
(4)茅の輪の前で軽く礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、神前まで進み、二拝二拍手一拝の作法でお詣りする。
ただし、正月の参詣者が全員この作法でくぐると、境内が大混乱する恐れがあるので場所によってはこの作法を掲示していないところもある(金王八幡宮はあるが、隠田神社はなさそう)。
茅の輪をくぐること自体にお祓いの意味があるので、正式なくぐり方ができないからと言って心配には及ばないとのこと、茅の輪を見つけた際はぜひくぐってみてはいかがであろうか。

より深く調べてたい人のために(由来などはほとんど同じ記述である)
→ http://www.shinmeisya.or.jp/html/tinowa01.html
→ http://www.u-kan.jp/chinowa.htm
→ http://jinja.jp/modules/chishiki/index.php?content_id=42

私の関連するブログ → 明日は夏越の祓
by motokunnk | 2010-12-29 08:43 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)