人気ブログランキング |

タグ:選挙 ( 53 ) タグの人気記事

どこへ行く民進党、昨年の勢い日本ハム

安部首相の書いた衆議院解散~総選挙~与党過半数確保~安倍政権安泰のシナリオが崩れそうな雰囲気である。内閣支持率が低下しての内閣改造、仕事人内閣と命名したのはよかったがその内閣一度も国会の洗礼を受けないうちに総選挙となってしまった。
解散の噂がでたとき、民進党は前原代表が就任し、党内のゴタゴタを鎮める段階、細野氏と若狭氏の新党も立ち上げ時期未定とあって今解散すれば与党は安泰と判断し大義なき解散といわれようとたいしたことはないと思っていたようだ。
ところが解散が現実のものとなって激変してしまった。まず細野、若狭両氏の新党に小池知事が代表になり船出することとなった。もともと小池知事の国政進出の足掛かりとしての新党であったのでここまでは問題なかった。
d0183174_09182038.jpg
この「希望の党」と命名された新党に民進党が合流することになった。正しく言うならば、民進党公認候補は一人も総選挙には立候補しない、立候補したい候補は希望の党の公認をとって立候補しなさいということである。
希望の党はもともとは保守、民進党のうち旧社会党系の代議士の方も多いはずでとても相いれないのではないかと思う。全員が希望の党から立候補するとは思えないが希望の党としてはうれしい悲鳴ではなかろうか。
それほど代議士というのはおいしい仕事なのであろう。小池知事、政界の風見鶏だった中曽根元首相に似ていると思ったが、はたして都知事の椅子を投げ捨て代議士に復帰するのだろうか。そうなるとちょっと都民に対して無責任のような気がするのだが。
昨年の勢いを感じさせる昨今の日本ハムである。昨日の楽天戦、先発の加藤が悪いなりに7回を2失点におさえて降板したが、8回に鍵谷が失点してしまった。今までの日本ハムであったらこれで終わりであったが昨日の試合は粘りがあった。
怪我から復帰した近藤が2塁打、中田、レアードが凡退したが今の日本ハムには横尾がいる。
d0183174_09182947.jpeg
二死3塁、2ストライクと追い込まれながら外角に逃げる変化球に食らいついての同点打であった。9回は増井が三者凡退に抑えると、楽天の守護神松井から清水が2塁打で出塁、石井がバントで一死3塁のサヨナラチャンス。
西川がボテボテの二塁脇への内野安打でサヨナラ勝ちをものにした。遅ればせながら3連勝、昨年の強かった日本ハムを観るような感じであった。
d0183174_09183803.jpeg
そして今日はルーキーの堀が先発予定である。ファームでの調整は順調だったようで一軍のマウンドでどんな投球をしてくれるか楽しみである。
足の違和感が心配された大谷翔平であったが、何事もなかったようで順調にいけば10月4日のオリックス戦に先発するようだ。日本での見納めとなってしまう登板となるかもしれない。リアル二刀流もささやかれているが果たしてどうなのであろうか。

by motokunnk | 2017-09-29 09:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハム、ロッテ戦勝越し、WRC第8戦終了、都議選結果

ZOZOマリンスタジアムでのロッテ戦、先発は上沢、ロッテの先発は石川であった。両投手とも出来は良く、投手戦の様相が感じられ、試合もテンポよく3回を終了するのに1時間かからなかった。
4回までパーフェクトに抑えられていた日本ハム、5回は中田、レアードの連続ヒットで一死1、2塁とチャンスをつくり、事件はおきた。石井一を追い込んだ石川の4球目が石井のヘルメットをかすり、石川は危険球退場となってしまった。
一死満塁のチャンスは連続三振で無得点に終わってしまったが、6回大田、松本の連続ホームランで2点を先制すると、その裏のロッテの反撃を1点におさえて上沢は勝利投手の権利を持って降板した。
d0183174_09321193.jpeg
宮西が7回を三者凡退に抑えると、8回はレアードの2ランなど大量5点を奪って試合を決定づけた。結局8-3でロッテに勝利、千葉県出身の上沢にとっては726日ぶりの地元での勝利であった。今日からは西武3連戦、ここで苦手意識解消となる勝利を期待したい。
WRC第8戦ラリー・ポーランドデイ4が行われた。前日メカニカルトラブルでデイリタイアしたラトラバも出走し、すべてのSSで3位以内のタイムをマークする好調さで特に最終のパワーステージ(トップは5ポイント獲得)は2位に4.9秒差をつける圧巻の走りを魅せてくれた。
d0183174_09320088.jpg
デイ3でのトラブルがなければ優勝争いもできただけに惜しいラリーであったが、次戦はラリー・フィンランド、地元での高速グラベルラリーだけにポーランドでの走り、データが参考になると思う。月末開催のラリーは期待が持てそうだ。
東京都議会議員選挙が行われた。都民ファーストの会がどの程度の議席を獲得するのか注目していたが、50人中49人が当選し、圧勝した。推薦候補も6名が当選し、タッグを組む公明党の議席もあわせると79議席と過半数を大幅に上回る小池知事にとってはうれしい誤算であったと思う。
d0183174_09322856.jpg
d0183174_09322062.jpg
一方自民党は23議席の大敗であった。安倍首相のすすめる政治に嫌気がさした有権者も多かったはずでその流れが都民ファーストの会にいったのかもしれない。
私の地元渋谷区も自民党候補は落選し、都民ファースト公認候補と推薦候補の2名の女性候補が揃って当選した。渋谷区で自民党が都議会の議席を失うのは結党以来はじめてのことだそうで、驕る平氏ではないが自民党は自身の態度、政策を見直し、都民に向けて何をすればいいのかを真剣に考えてほしい。

by motokunnk | 2017-07-03 09:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

フランス大統領はマクロン氏、ラグビートップリーグ日程、ポスティング改正

フランス大統領選挙の決選投票が行われ、事前調査通りにマクロン氏が大差でルペン氏を破ってフランス大統領となることが決まった。EUの再建とフランスが経済的繁栄を取り戻すことを公約していたマクロン氏が勝利したことでEUは最悪のシナリオが回避されたがマクロン氏の前途は多難である。
d0183174_09000716.jpeg
今回の決戦投票、約25%が棄権、そして白票、無効票も12.5%近くあったそうだ。マクロン氏へ投票した有権者の本音もマクロン氏支持ではなく、ルペン氏を大統領にさせたくないという消去法的な投票だったようだ。確固とした支持基盤を持たないマクロン氏、今後の政権運営にどんな手腕を発揮してくれるのだろうか。取柄は若さであるが実力は果たして。
ラグビートップリーグの日程が発表された。W杯前年となる2017-2018シーズン、ラグビー界にとって重要な1年である。トップリーグはA、B各8チームに分かれて8月14日から1月14日まで5か月間のリーグ戦を戦う。
d0183174_09001572.jpg
各カンファレンス1回戦総当たりのリーグ戦(各チーム7試合)および別カンファレンスの6チームとの交流戦(各チーム6試合)を行う。
試合会場も今シーズンは2019年W杯会場となるすべての競技場で試合が開催されるよう配慮されており、W杯ムードがもりあがってきそうな機運である。
大谷システムとも言われている今シーズンのホスティングシステム改正提案通知がMLBから正式にNPBへ届いたという発表があった。内容は今後だそうだが、シーズン終了後にMLBへの移籍がほぼ決まっている大谷翔平をめぐっての攻防戦第1ラウンドがもうすぐはじまりそうな雰囲気である。

by motokunnk | 2017-05-09 09:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

本屋大賞2017決定、都議会議員選挙

本屋大賞2017が昨日発表された。ノミネートされた10作品の中から選ばれた大賞にはなんと本年度の直木賞作品でもある「蜜蜂と遠雷」であった。
d0183174_09133825.jpg
もともと本屋大賞がうまれた背景からすると、「打倒 直木賞」を旗印にスタートした賞だけに14回目にして同一作品を選んだことはどうだったのかと思う反面、いい作品は受賞に値するという感覚もある。直近の本屋大賞作品は読んでいないが、「鹿の王」、「村上海賊の娘」、「海賊とよばれた男」、「舟を編む」などは読んでいるしなかなか読みやすいものであった。そして映画化されている作品も多いので、本作品も読んでみようかと思っている。直木賞とダブル受賞なのだからさぞかし読みやすいのであろう。
東京都議会議員選挙が7月に行われるが、選挙の注目点は小池知事が率いる「都民ファーストの会」が何議席獲得するかである。私の住んでいる渋谷区も区長は非自民(長谷部健は自問等の候補を破って当選している)なので、「都民ファーストの会」公認候補が立候補すれば支援するのではないかと思っていた。
今朝のニュースを観ていると、都民ファーストの会からの立候補者が決まり、渋谷区から立候補することが放送されていた。その候補者は「龍円愛梨」さん、元テレビ朝日のアナウンサーという。小池知事と同じ経歴を持つ女性候補であり、シングルマザーとしてダウン症支援活動を行うなど幅広い活動を行っているそうだ。
渋谷区の定員は2名、現職2人(自民党、無所属)の他、民進党、共産党の新人2人が立候補を表明している。今でも激戦が予想されるがこれでますます激戦となりそうだ。
参考URL → 本屋大賞2017
参考URL → 本屋大賞
参考URL → 都民ファーストの会

by motokunnk | 2017-04-12 09:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

未明を騒がす大事件、民主党大会がはじまった

今朝、寝ながらニュースを観ていると、ニュース速報で「相模原で障害者施設が襲われた」と流れていた。すぐにキャスターの人が取り上げて簡単に今わかっていることを話したが、侵入者は刃物で多数の人を殺傷したようである。
d0183174_08395796.jpg
午前2時半の出来事というから被害者は就寝中であったと思う。犯人は自首してきたようで元施設の職員だったとか、今後事件の真相が解明されるであろうが何とも猟奇的な犯罪である。
さて米国大統領選挙に向けて先週の共和党大会に続いて民主党大会がはじまった。クリントン氏が民主党の大統領候補に選出されるわけで、すでに副大統領候補にもケイン上院議員が指名される予定である。
d0183174_08400787.jpg
11月の大統領選挙にむけてクリントンvsトランプの熱い戦いの幕があくわけだ。どちらも党内一致団結して選ばれていないだけにたいへんであろう。サンダース氏が大会でクリントン氏支持を訴える演説をするそうだが、サンダース氏を支持した人たちは大会会場でデモをしているようだし、民主党の全国委員長のワッサーマンシュルツ氏が全国大会後に辞任するとの報道もあり、民主党も決して一枚岩ではないようだ。
クリントン、トランプどちらの候補も積極的に投票するというモチベーションがわかない候補のようでどれだけ支持を拡大できるか、不支持をへらすことができるかにかかっているようだ。
参考URL → 障害者施設で入所者刺される
参考URL → 民主党大会始まる

by motokunnk | 2016-07-26 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

有原10勝目、ハイランダーズ辛勝でベスト4進出

日本ハムはオリックスとの3連戦、有原航平が先発した。オリックスの先発は松葉、6月25日の試合と同じ先発投手の対戦である。その試合は日本ハムの大勝であったが、松葉もその後調子をあげており、投手戦が予想された。
有原は初回いきなり先頭打者に四球をだすが、後続はおさえてまずまずの立ち上がりだが制球力は今一歩のようだ。2回も連打で一死1、2塁のピンチをつくるが併殺で切り抜けた。そして3回も一死満塁のピンチでT-岡田をむかえたがここも併殺で無失点で切り抜けた。
打線はその裏、同じく一死満塁のチャンスをつくるが田中賢介の併殺打で無得点に終わってしまった。両チームともあと一歩の攻撃が続いた前半であった。
そして4回、有原が初めて三者凡退にオリックスをおさえると、その裏、陽岱鋼、中田の連打などで一死1、3塁と先制のチャンスをつくるとレアードが中前ヒットをはなって待望の戦先制点をゲットした。岡が四球で一死満塁のチャンスとなり、市川の内野ゴロの間に2点目がはいった。
d0183174_09170020.jpg
得点はこの2点のみであったが、有原も悪いなりに要所はおさえる我慢の投球で7回を無失点でおさえ、宮西、マーティンとつないでオリックスを零封して4連勝を飾った。ソフトバンクが勝ったのでゲーム差は変わらなかった。
今日の先発は高梨、イースタンの調整先発では大量失点してしまったが調子はどうであろうか、ちょっと心配ではある。
スーパーラグビーは決勝トーナメントがはじまった。昨年の覇者ハイランダーズはブランビーズとの試合である。土砂降りの雨の中、試合ははじまりまずハイランダーズはPGで3-0とリードした。しかしその後はブランビーズに2PGを決められ3-6と逆転される嫌な流れであった。
しかし前半35分過ぎにラインアウトのボールを奪ったハイランダーズはボールを展開して最後はWTBナホロがトライ、ゴールも決まり前半を10-6で折り返した。
後半にはいり、PGで10-9となったが、15分過ぎにパスカットしてボールをつないでCTBファデスがビッグゲイン、最後はNo8のスクワイアがトライを決めて15-9とリードを拡げた。
地元で頑張るブランビーズは残り5分となり、猛攻撃を開始、ハイランダーズゴール前まで押し込み、逆転を狙ったがハイランダーズ守備陣の堅い守りを崩すことはできずにノーサイドとなった。オーストラリア地区代表として唯一残っていたブランビーズが負けたことでオーストラリア勢はベスト8で敗退となってしまった。
d0183174_09170895.jpg
残る3試合は今日開催されるが、私の注目はライオンズ対クルセイダーズである。レギュラーシーズンはホームゲームを37-43と競り負けており雪辱に燃えていると思う。どんな戦いをするのであろうか。
都知事選挙も熱い戦いが続いているが昨日から都議会の補欠選挙が都内4区ではじまった。私の住んでいる渋谷区でも現職の議員が区長選に出馬(そして落選)したための補選である。3名が立候補しているが、そのうちの2名は前回の都議選から引き続いての立候補、他1名は区議からの転職である。
d0183174_09171639.jpg
前回の都議選は旧民主党が分裂選挙であったが、今回は民進党となってはじめての選挙、いずれの候補が当選するのであろうか。こちらも注目していきたい。

by motokunnk | 2016-07-23 09:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム奇跡連発14連勝、そして選挙

参議院選挙が行われた。私は午前中に投票をすませたが、投票所は空いており待たずに投票することができた。
d0183174_09315542.jpg
そして午後は日本ハムの14連勝実現の瞬間をみようとTV観戦した。
ロッテの先発はスタンリッジ、この投手は日本ハム戦は好投しており試合も投手戦となるだろうと思っていた。しかし初回、大谷は明らかに不調にみえた。いきなり先頭打者にストレートの四球、一死後に連打をあびて一死満塁のピンチである。
このピンチを犠飛の1点におさえたのはラッキーであった。大谷は2回にも下位打線に連打され一死1、2塁とピンチを招いたが、遊直の併殺に切り抜けたのが大きかった。この後は悪いながらもロッテに追加点を与えない投球であった。
一方の打線も徐々にチャンスは作っていくがあと一本がでない展開で試合は7回を迎えた。一死後に死球を与えて出塁を許すと、続いて今度は四球を与えて一死1、2塁のピンチを作ってしまった。ここで大谷翔平、中指のマメをつぶしてしまったようで降板である。
ただ後を引きついtだリリーフが二死後に連打をあびてしまい4失点、0-5とリードを拡大されてしまった。残る攻撃のチャンスは3回、5点差を逆転するには厳しいと誰もが思った。しかし今年(最近)の日本ハムは違っていた。一死後に大野が粘って四球を選ぶと、岡が初球を打つと打球はレフトスタンドへ吸い込まれて今シーズンの初ホームランがうまれた瞬間であった。
d0183174_09312408.jpg
このところ一時の好調さが下向きだっただけに本人にとってもうれしい一発だったと思う。これで息を吹きかえした日本ハムは西川から中田までの4連打で4-5と1点差に追い上げて試合をわからなくした。しかし一死1、2塁で同点のチャンスに続く期待の田中賢介、レアードが凡退してしまったことは痛かった。
8回はロッテ、日本ハムともチャンスをつくるが得点までにはいたらず9回、日本ハムは宮西をマウンドに送った。勝ちパターンの投手を送り込むことで士気を高める狙いかもしれない。期待に応えて宮西は3者凡退で最後の攻撃に。
ロッテのクローザーは西野である。今シーズンは3勝5敗と好調とはいえない成績、そして日本ハムはクリーンアップ、期待がこてる打順であった。そして先頭の陽岱鋼の打球はライトフェンス一直線であったが、ファインプレイにはばまれてしまい、中田も遊ゴロで二死となり打席には田中賢介、誰もが敗戦を感じた一瞬であった。フルカウントまで粘った田中賢介の打った会心の打球はライトスタンド前列に飛び込む同点アーチであった。
d0183174_09313488.jpg
起死回生の一打とはまさにこのことをいうのであろうと思える一打であった。これで14連勝のチャンスはうまれた。延長にはいってから日本ハムが押し気味に試合を進めるが得点をあげることはできずに12回の攻撃をむかえた。無得点に終わっても引き分けで14連勝のチャンスは継続であるが、札幌移転後主催試合500勝達成はオールスター明けまで持ち越しである。
先頭打者はレアードであった。3-0となった瞬間、前日のことが思い出された。有利なカウントではフルスイングするレアードである。3-0からはスイングミスしてしまったが、続くボールをジャストミート、打球はレフトスタンド前列に飛び込むサヨナラアーチとなった。
まさに神がかり的な一発であった。これで14連勝達成と同時に札幌移転後の主催試合通算500勝達成である。試合開始が午後2時で修了が午後7時過ぎ5時間以上になる熱戦を制した日本ハムの力の凄さに魅入ってしまった。
d0183174_09314794.jpg
オールスターまで後3戦も連勝街道を驀進していきそうであるが、油断は禁物、今日のオリックス戦は満を持して吉川が先発する。オリックスも西武に連勝しているだけに要注意である。
さて参議院選挙の開票速報を引き続き観ていたが、投票締め切り直後から当選確実者が多数発表され、自公が大勝との前評判通りの結果となった。私の投票した候補者が当選したことが唯一の実績であった(反自公の候補に投票したので)。安倍首相は本当に憲法改正に邁進するのであろうか、今後の政治の動きにも注目していきたい。

by motokunnk | 2016-07-11 09:34 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム11連勝、そして日曜日は参議院選挙

日本ハムの勢いが止まらない。昨日はロードでの楽天戦であった。先発はこのところ勝星に恵まれないメンドーサである。一方の楽天は塩見、5月27日の登板では2-3で負けてしまっている投手である。
試合はオールスターに初選出されたレアードの2ランで日本ハムが幸先よく先制した。しかしこの2点をメンドーサは守り切ることができなかった。いずれも今江にタイムリーを打たれてしまい、2-2の同点とされた。
やはり1か月以上も勝利がないだけにあせりもあったのかもしれない。同点となってからは低めに制球するなどふだんのメンドーサのいい面がでてきて5、6回を無失点におさえ、日本ハムの反撃を待った。
そして7回、下位打線がチャンスメイクした。7番先発で出場した岡大海が三遊間にころがし出塁すると、バントで二進、中島のセンター前ヒットで一死2、3塁のチャンスをつくった。楽天ベンチは陽岱鋼を敬遠して西川勝負を選択したが、初球がよくなかった。
四球後の初球を狙えとはよく言われるが、西川の打った打球はセンターオーバーのタイムリー2塁打となり、4-2と勝越した。続く大谷翔平(22歳の誕生日であった!)もレフト前にしぶとく落として6-2として試合を決定づけた。
横浜DeNA戦から先発復帰した岡大海、ソフトバンク3連戦でも貴重なヒットや四球を選んで勝利に貢献してきた。一時は5割を超えていた打率も4割となってしまったが、安打でチャンスをつくり、快足を飛ばしてホームを駆け抜ける姿は今の日本ハムを象徴しているようだ。このまま頑張ってレギュラー獲得に邁進してほしい。
d0183174_09114025.jpg
3連敗してしまったソフトバンク、相性のよいオリックス相手に零封されてしまい4連敗となってしまった。これで5.5ゲーム差となり、小さいながらソフトバンクの背中が確認できるようになってきた。
今日の仙台は雨だそうだが、夕方からは曇りだそうだ。試合開始が可能かどうか微妙な天気だが、試合をやって連勝を延ばしてほしいものである。
いよいよ今度の日曜日は参議院選挙の投開票日である。今回の参議院選挙はいろいろ争点があって拡散してしまいがちであるが、LGBTの視点で候補者、政党を選んで投票しようかと思っている。渋谷区では全国の自治体に先駆けて同性パートナーを認める条例を制定するなどLGBTについては理解を示してきている。
d0183174_09111592.jpg
G7の中でも同性カップルの権利が法的に守られていないのは日本のみだそうだ。今回の選挙はこの問題に特化して候補者、政党を選ぶことにしようかと思っている。

by motokunnk | 2016-07-06 09:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

参議院選、そして交流戦日本生命賞など

参議院選挙がはじまった。7月10日までの熱き戦いの幕開けである。今回の選挙の争点は何だろう、考えてみると各党バラバラのようである。
d0183174_09372555.jpg
自民党は経済政策、民進党は憲法改正反対などそれぞれがある意味、自分にとって都合のよい争点を見つけ出して戦っているようである。今回の選挙から18歳に引き下げられた選挙権、新しい有権者はどんな尺度で投票するのであろうか。
ケーブルTVでプロ野球ファームの試合の実況中継をしていた。カードは日本ハム対DeNAであった。日本ハムの先発は高梨、先発メンバーもほとんどが一軍経験者であったので観戦することとした。解説者もきっと一軍首脳陣も観ているだろうからそのアピールとして重要な試合だろうと言っていた。
高梨は3回を被安打ゼロ、1四球というほぼ完ぺきなピッチングであった。2番手は斎藤佑樹であった。こちらも2回を1安打におさえ、両投手とも首脳陣へのアピールはできたように思えた。
一方で打撃陣であるが、怪我からの復帰を目指している飯山は2塁打を放ったが、この選手の場合は守備が売りなので守備機会がなかったことは残念であった。松本剛がホームランで先制し、7回に浅間の2塁打、杉谷の犠飛で追加点をとり試合は3-0で完勝した。浅間、杉谷、谷口、岡と並んだ上位陣では浅間、杉谷はそれなりに安打を放ったが谷口、岡は無安打に終わり、首脳陣へのアピールは打撃ではできなかったが、守備では光るものをみせていた。
そして交流戦MVPと両リーグから1人選出される日本生命賞、その日本生命賞に大谷翔平が選出された。3試合登板して3勝、163kmの日本最速をマークしたことなどが受賞理由だそうだ。
d0183174_09373314.jpg
この受賞を起爆点に24日からはじまるペナントレースに挑んでほしい。
参考URL → 参院選
参考URL → 北海道日本ハム 対 横浜DeNA
参考URL → 交流戦日本生命賞・写真転載サイト

by motokunnk | 2016-06-23 09:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

イチローの記録と記憶

MLB・マーリンズのイチローが日米通算で4257安打を記録、P・ローズの持つMLB記録の4256安打を抜いた。日本のプロ野球とMLBを同一に考えることにはかなり無理があるが、安打を打つという行為を考えた場合、それほどの差はないように思う。
d0183174_09002659.jpg
イチロー本人にしてみれば後21本に迫ったMLB通算3000本安打が今シーズンの目標ではないだろうか。いずれにしろ40歳をこえてなお現役を続け、安打を安打を量産するイチローの素晴らしさに脱帽である。
舛添知事辞任で一気に都知事選挙ムードとなってしまったが、どうやら知事選挙の投票日は7月31日となりそうである。7月10日に参議院選挙投票日があり、東京では1か月に2回も大きな選挙があることとなる。
政治家にとって参議院議員というポジションも魅力があるようだが、東京都知事というポストははるかにおおきな魅力があるようで、噂されている各党の候補者はさぞかし悩み多き選択を迫られることになりだろう。
いずれにせよ参議院選挙の公示日が6月22日なのでその日までにははっきりするのではないだろうか。ということは知事選の立候補表明は21日ということになる。日程的にはかなりタイトとなりそうな選挙戦である。
参考URL → ICHIRO 「記録」と「記憶」
参考URL → 都知事選

by motokunnk | 2016-06-17 09:01 | 日記 | Trackback | Comments(0)