人気ブログランキング |

タグ:野球 ( 13 ) タグの人気記事

YS11以来の国産旅客機初飛行、そしてプレミア12は辛勝

国産旅客機として開発が進められていたMRJが昨日初飛行を行い、想定された項目を順調にこなして1時間半の飛行を無事終えた。
県営名古屋空港(小牧空港?)で準備作業され、9時35分に離陸、随伴する自衛隊機などと南に向かい、太平洋上にある自衛隊の訓練空域で上昇、下降、旋回など航空機が持つ基本性能のチェックを行ったそうだ。いずれも設計段階での数値をクリアーしたようで11時2分に着陸してテストは無事終了した。
d0183174_08500447.jpg
再来年の初号機導入を目指して今後はより高度な条件でのテストを実施していく予定だそうだ。YS11以来半世紀ぶりとなる国産旅客機の開発は、実用化に向けて大きく前進することとなった。
夜の世界野球プレミア12、場所を台湾に移動して侍ジャパンの第2戦が行われた。第2戦の相手はメキシコ、先発は前田であった。強風の中での試合、立ち上がりこそ三者凡退に打ち取ったが2回先頭打者にホームランを打たれて先制されてしまった。いやな流れを食い止めたのは中田であった。筒香がヒットで出塁すると、チェンジアップをジャストミートしての逆転2ランをレフトスタンドに打ち上げた。いかにも中田らしいホームランであった。
このホームラン、侍ジャパンの中田にとっては2本目となるもの(だと思う)である。続く3回は一死満塁のチャンスから筒香タイムリー、中田犠飛で4-1と試合をリードした。
しかし、前田の調子はいっこうに上向かない。3回こそ三者凡退に抑えたが、4回に1失点、結局5回で降板することとなった。
侍ジャパン、特に中田は絶好調で5回にも二死1、2塁からタイムリーを放ち、この日ここまで4打点の大活躍であった。試合はその後メキシコ打線の反撃を食い止め5-4で最終回をむかえ、二死までこぎつけたがここで同点に追いつかれてしまった。
いやなムードを払いのけたのも中田であった。先頭打者の山田の2塁打を起点に一死1、2塁とサヨナラのチャンスで中田の打席、ここでもしぶとくライト前にはこび6-5でメキシコにサヨナラ勝ちで連勝スタートを飾った。
d0183174_08501120.jpg
プレミア12は参加チームがすべて2試合を消化して連勝スタートは侍ジャパンとカナダのわずか2チームのみ、A、B両グループとも好試合連発でどのチームが上位4チームに残るか全く予想がつかない。侍ジャパン、今日の相手はドミニカ共和国、2013WBC優勝国である。ソフトバンクの武田が先発予定とのこと、調整登板ではピリッとしなかったが今日はどうであろうか。

by motokunnk | 2015-11-12 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

マー君、敵地でも勝利で3勝目

田中将大投手が今日のレッドソックス戦に先発した。敵地フェンウェイパークでのアウェイでの戦い、立ち上がりが心配であったが、そんな心配も吹き飛びヤンキースの先制攻撃であった。
d0183174_1853426.jpg

レッドソックスのレスター投手といえば、メジャーでトップクラスの左腕投手である。それを初回から打ち崩してしまうヤンキース打線のすごさには脱帽である。よく投手がリズムよく投げると、打者もよく打つといわれるが、マー君が投げるリズムと打者のリズムがシンクロしているのかもしれない。
今日は4回にレッドソックスが誇る3、4番バッターに連続ホームランを浴びてしまったが、それ以外は危なげなく8回途中までを7安打無四球7奪三振2失点で抑え3勝目をあげた。これで通算31連勝である。マー君、このままいくとオールスターに選出されるのではないだろうか。どこまで連勝が続くか楽しみであるとともに新人王も期待してしまう。
参考URL → 宿敵相手に8回途中2失点で今季3勝目・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-04-23 18:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大、ヤンキース入り!

マー君のヤンキース入りが決まった。今朝の一番のニュースはこれであった。ポスティングの期限は1月25日であるが、昨日あたりから期限日より前に発表があるだろうとの憶測が流れていたがまさか今日とは思わなかった。
d0183174_8164635.jpg

新ポスティング制度となって複数球団と交渉できるようになり、選手サイドの選択肢が増えたことがいい契約条件をださせたのかもしれないが7年総額1億5500万ドル、過去に例を見ない大型契約であった。MLB史上でも金額は投手としては史上5番目にあたるという。
日本シリーズ直後は、ポスティング制度が先行き不透明だったことを考えるとこの1カ月間の交渉で契約までこぎつけたことは素晴らしいことなのかもしれない。ヤンキースといえば名門であり、日本人選手を筆頭にアジア人選手も数多く在籍したチームである。ワールドシリーズにはここ数年でていないのでワールドチャンピオン獲得には田中投手獲得はマストだったのかもしれない。
これでアリーグ東地区はヤンキースはイチロー、黒田、田中、レッドソックスは上原、田沢、ブルージェイズは川崎、そしてオリオールズには和田と日本人選手が多数在籍する地区となった。MLB放送を見る楽しみが増えたような気がする。
参考URL → 田中将、アジア人最高額でヤンキース入り!・写真転載サイト
by motokunnk | 2014-01-23 08:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

マー君メジャー移籍希望発言、楽天はどう動く?

楽天・田中将大投手が昨日、楽天事務所で立花陽三球団社長と会談し、メジャーリーグへ挑戦してみたいと正式に申し入れをした。今まで本人の口からは何も語られていなかったが新ポスティングシステムが決まってようやく本人の口からメジャー挑戦の言葉が発せられた。d0183174_8251135.jpg
立花社長は即答をさけ、球団で検討するということになったが、果たして楽天球団はどうするのであろう。昨年までのポスティングシステムであれば数十億年の移籍金が球団に入ったが、新システムでは上限が決められ20億円程度になってしまう。楽天にしてみれば大損となってしまうが考え方を変えれば20億円が収入としてはいる話である。
田中メジャー移籍により、スポンサーなりからの収入減がどの程度になるか、移籍拒否による楽天のイメージダウンはどれほどになるのかを天秤にかけて判断するのであろう。今朝のスポーツ新聞を見ると、楽天・三木谷浩史オーナーも商売人であるので移籍には否定的な発言をしているが最終的には承認するであろうと書かれている。
これからは田中選手のメジャー球団の争奪戦が始まるが、果たして何球団が入札し、どのユニフォームを田中将大投手が着るのであろう、今から楽しみである。
参考URL → 楽天、今週中にも申請手続き マー君は代理人選定・写真転載サイト
参考URL → 大リーグ挑戦表明 東北楽天、田中が記者会見 一問一答
by motokunnk | 2013-12-18 08:26 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

フィリピンを襲った台風被害で思ったことなど

日曜日、台風30号がフィリピンを襲い、甚大な被害がでてしまったことがニュースで言われている。写真を見て、3年前に起こった東日本大震災を思い出してしまった。台風と地震(津波かな)と自然災害の違いはあるがフィリピン・レイテ島の被害状況は東日本大震災の被害状況によく似ている。
ニュースでは、気象津波(台風など強い低気圧によって海面が甚だしく上昇する現象をいい,沿岸に被害をもたらすことがある。暴風津波,風津波,気象津波などということもある)という聞いたことがない言葉で報道されている。
死者もすでに2000名を超えており、フィリピン軍の報道によれば1万人以上となるという。夕方のニュースでは現地にいる邦人約100名と連絡がつかないそうである。通信が寸断されているからとの説明であったが、何人かは災害に巻き込まれてしまったのではなかろうか心配ではある。
そして救援活動も世界規模で行われているようで、日本からも医療を中心とした救援隊がフィリピンにむかったという報道があった。被災地では救援物資不足が言われており世界からの救援が必要なようだ。
東日本大震災で世界各国からの救援にどれほど日本が救われたことか、先日台湾で開催された侍ジャパンの台湾代表戦でもそのときのお礼の横断幕が掲げられていたそうである。
参考URL → 台風被害のフィリピンに世界中から緊急援助
参考URL → 震災で救助にあたった台湾レスキューの始球式や “感謝台湾” の横断幕
by motokunnk | 2013-11-12 18:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

楽天、初の日本一とベッテルの7連勝

昨日夜のスポーツ観戦はみどころ満載であった。まずは日本シリーズ第7戦、楽天美馬、巨人杉内の先発で試合は始まった。
シリーズ第3戦と同じ先発投手であった。杉内は前回の登板でKOされており、その雪辱もあると思うので注目してみていたが初回からつまずいてしまった。2死から死球をだしてしまい、その後AJに2塁打を打たれ、そしてマギーのショートゴロを坂本がはじく不運はあったが1失点。(写真は毎日新聞サイトから転載)
d0183174_8501997.jpg

TVでみているだけであるが杉内に覇気が感じられないように見えた。2回にも岡島のタイムリーで失点してしまい、この段階で降板、非常に悔いの残る日本シリーズだったと思う。その後、試合は楽天ペースで進み、4回には楽天設立当初からのメンバーである牧田がホームラン!、これが大きかったように思う。
2点差と3点差では投手の心理状況は全く違うそうで、牧田のホームランで楽天の日本一が決まったといってもいいようだ。その後はその後は則本、最後はエース・田中が締めて逃げ切った。東北地方に明るい話題を提供した楽天、これで復興が加速すればいいのであるが。
そしてアブダビGP。ウェーバーの走りに期待していたのであるが、その期待はスタート直後に終わってしまった。スタートで出遅れてしまったのである。
出遅れといってもエンジンストールとかではなく、単にちょっとした出遅れなのだが、フロントローからスタートしたベッテルに先を越されてしまい、なおかつロズベルグにも先を越されてしまったのが痛かった。これでベッテルをとらえることは限りなく不可能となり、ベッテルの独走をみるしかなくなってしまった。
d0183174_851118.jpg

ベッテルは異次元の走りでシューマッハに並ぶシーズン7連勝を危なげなく飾った。連勝はどこまで続くのか、今年のF1の興味はこの1点かもしれない。
参考URL → 楽天の「考えられない継投」を可能にした美馬学の好投
参考URL → アブダビGP決勝 ヴェッテルが7連勝を飾る
by motokunnk | 2013-11-04 08:52 | スポーツ全般 | Trackback(4) | Comments(0)

日本シリーズと酉の市とF1と

昨日の日本シリーズ第6戦は楽天のエース田中将大を巨人打線が打ち崩して勝利し、決着は第7戦ということになった。誰もが楽天の初優勝を想像していたのだろうが、これが野球である。
いくらシーズン無敗のエースであっても打たれることはあるし、調子のよくないときもある。今日が正念場、楽天の奮起に期待したい。
さて今日は酉の市である。今年は三の酉まであるので、火事が多いといわれているが果たしてどうなのであろうか。近所の神社では昨日から酉の市の準備に余念があないようで、灯篭など用意され、準備万端のようであった。街は昨日の寒さとはうってかわって、今日は秋らしい陽射しがある暖かな日よりである。文化の日ということもあり、都営バスには国旗が飾られている。子どものころは祝日には国旗を掲揚する家が多かったがいつの時代からこの風習は廃れてしまった。
d0183174_12524837.jpg

今目にすると懐かしく思うのは歳のせいかもしれない。昨日ブログに書いた菊祭りのポスターも路の掲示板に貼られている。こちらの掲示板では本家のポスターも貼られて菊祭りのPRに余念がないようだ。
酉の市が開かれている宮益坂御嶽神社では祭礼に恒例の屋台が数軒でており、営業活動を開始しているが、休日ということもありイマイチのようである。平日夕方であればオフィスの社員目当ての営業もできるのであるが、3連休の中日ではしかたないかもしれない。
d0183174_1253454.jpg

今日夜はF1アブダビGPが開催される。相変わらずにレッドブルがフロントローを独占したが、ポールはウェーバーであった。ベッテルはチャンピオンを決定したので手抜きをしたわけではないだろうが、ウェーバーもF1参戦はアブダビGPを含めて残り3戦、最後に3連勝でF1を卒業するのもいいかもしれない。
参考URL → アブダビGP公式予選 ウェーバーPP、2位ヴェッテル
by motokunnk | 2013-11-03 12:55 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

2001年のワールドシリーズを彷彿させる今年の日本シリーズ

昨晩の日本シリーズ第5戦をTV観戦していて、2001年のワールドシリーズを思い出してしまった。2001年のMLBワールドシリーズは名門ニューヨーク・ヤンキースと1998年球団創設のアリゾナ・ダイヤモンドバックスが戦ったシリーズである。
2001年といえば9.11を思い出すが、私にとってはこのワールドシリーズも記憶に残っている。特に第7戦の記憶が鮮明にある。下馬評ではヤンキースが圧倒的に有利でダイヤモンドバックスはといえば、ランディ・ジョンソンとカート・シリングという2枚看板のエースがたよりであった。
シリーズは1,2戦はダイヤモンドバックスがジョンソン、シリングで2連勝するが、その後は3連敗してしまった。第6戦をジョンソンで勝利し、運命の第7戦となる。たぶん休日だったと思うが、この第7戦を自宅でTV観戦して記憶がある。
試合はシリング、クレメンスの投げ合いでダイヤモンドバックスが先制するが、ヤンキースに同点に追いつかれ、逆転を許してしまった。シリング自身、体調が100%完璧ではなかったようだ。ランディ・ジョンソンに投手交代して、ヤンキースの反撃を食い止め、ヤンキースは守護神リベラを8回から投入しった。
そしてリベラの投球2イニング目となる9回にドラマが起こる。何とダイヤモンドバックスが逆転し、球団創設4年目で初のワールドチャンピオンとなるのである。
この試合を観ていて、この試合を思い出してしまった。巨人と楽天でいえば、まず戦力は巨人が上であるのは自明である。楽天の強さは田中将大というエースの存在であり、則本昂大という新人投手の存在である。
昨日の試合は9回まで楽天がリードをしていたが、9回裏に巨人が執念の同点劇を演出した。そして延長10回、2イニング目にはいった巨人の守護神である西村健太朗が2四死球をだして乱れてしまい、楽天に2点を献上してしまった。西村健太朗といえば巨人の守護神であり、1イニングであれば必ず押さえてくれると思われてる。
よく野球の解説者が言うのであるが、イニングを跨いでの救援ほど難しいものはないそうである。救援投手にとってみれば1イニングは何ら問題ないそうである。巨人の敗因は西村健太朗を10回のマウンドに立たせたことではないかと思う。まだマシソンはブルペンにいたわけでマシソンで10回をしのげばよかったのではと思う。
楽天の則本昂大はもともとが先発投手であるので、イニングを跨いでの投球も慣れており、まして9回に同点に追いつかれての10回であったので、死にもの狂いで打席にたち、四球を選んだと思う。
土曜日、楽天の投手は田中将大であろう。この今シーズン無敗のエースが無敗のままシリーズを制してしまうのか、巨人が一矢報いるのか、野球は最後までわからない、筋書のないドラマである。
参考URL → 2001年のワールドシリーズ
参考URL → 日本シリーズ
by motokunnk | 2013-11-01 19:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

震災乗り越え、リトルリーグ世界一の立役者に

2週間ほど前のニュースセンター9時で、一人の野球少年にスポットをあてたニュースが流されていた。その少年の名前は「小林亨輔」、福島県出身で自宅が東電福島電発から10km圏内にあり家族と東京に避難した避難所で生活をしているという。
その少年が散歩中に野球チームの練習を見かけて志願してそのチームに入団したそうである。チーム加入当初は練習についていくのもままならなかったようだが、本人の努力で撓角を現し、現在は副主将としてチームをまとめ上げるまでに成長したそうである。
その少年が所属するチームはリトルリーグの強豪「武蔵府中」、今年のリトルリーグ・ワールドカップの日本代表である。そのリトルリーグ・ワールドカップの決勝が昨日行われ、見事に武蔵府中が逆転で優勝した。そのときにマウンドにたっていたのが小林亨輔投手であった。
「ピッチングは普段通り、気持ちを曲げないでできたと思う。マウンドから見た最後の二塁上のタッチプレーは一生忘れないと思う。この経験を生かして、シニア、高校ではもっとすごい選手になりたい。」と小林投手は語っており、TVで見る限り身体もしっかりしているので楽しみな存在が現れたと思う。
昨年は元サントリー監督の清宮さんの息子さんのチームが世界一となったリトルリーグ、2年連続の世界一おめでとう!
参考URL → 武蔵府中がリトルリーグ世界一に、日本代表が2年連続で優勝
参考URL → リトルリーグ・ワールドシリーズ
参考URL → 武蔵府中ホームページ
by motokunnk | 2013-08-27 18:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

楽天・田中将大、神様超えのプロ21連勝達成

楽天の田中将大投手が16日、西武15回戦に先発。8回5安打10奪三振の1失点で自身の持つ開幕連勝のプロ野球記録を17に更新した。さらに、昨年8月からの連勝記録も21に伸ばし、自身と1950年代に松田清(巨人)、稲尾和久(西鉄)がマークしたプロ野球記録(20連勝)を塗り替えた。昨日はTV放送はなかったので、ネットで試合情報を確認していたが、実況がないとけっこうイライラするものである。
MLBの記録を探すと、カール・ハッベル(ジャイアンツ)が1936年(16勝)から37年(8勝)にかけてマークした24連勝が記録のようである。近年ではロジャー・クレメンスが20連勝したことがあるそうだが、田中将弘は記録の上ではMLB級といってもよいし、1930年代の記録まで呼び起こすとはある意味ですごいことかもしれない。
あとはチーム初優勝目指すのみである。連勝記録をのばすことでチームが優勝に近づくわけであるから、自身としては今のピッチングを続けていってほしいものである。東北地方に明るい話題を提供し、復興の一助となってほしいと思う。
参考URL → マー君 日本新21連勝 1年間負け知らず「いい緊張感で幸せ」
by motokunnk | 2013-08-17 08:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)