人気ブログランキング |

タグ:銀座線 ( 4 ) タグの人気記事

「人生はニャンとかなる」と三の酉

昨日、1日遅れの誕生日(25日が還暦の誕生日であった!)にカミさんがプレゼントしてくれた本である。d0183174_19135867.jpgもともと猫大好き人間(カミさんが)であるので、本の存在は知っていたが、まさかカミさんからプレゼントされるとは思ってもみなかった。
「人生はワンチャンス」という犬編に続いての刊行ですでに数十万冊を超すベストセラーになっていると帯に書かれていた。本という装丁だが、中は1頁毎に猫の写真を有名人の一言で構成されている。ミシン目がそれぞれにほどこされており、破いて会社のデスクなり自宅の机の前に貼りだして毎日一言を見ながら仕事をすることもできる。
いままさに読んでいる最中であるが、なかなかためになる言葉オンパレードで、どの頁も心にしみる言葉ばかりである。よく著者はこれだけの言葉を収集してそれに見合った猫の写真を探したものである。ちょっとその努力に敬服である。
全体を9パートにわけており、それぞれそのパートにあった内容の一言をピックアップしている。ちなみにスタート01はマリリンモンローの「モンローウォーク」の秘密である。
さていよいよ退職が近づいてきた、お世話になった方々の挨拶周りをしているのだが、ちょうど今日は築地方面のクライアントに挨拶をした。帰りに三の酉であったので、波除稲荷神社にお参りして帰宅することにした。
水曜日は市場が定休日なのでそれほど市場関係者はいなく、場外の店も閉まっているところも多かった。神社は三の酉ということで熊手が売られて、それを買いに来る人がいた、いつもの酉の市の風景であった。
d0183174_19153623.jpg

帰宅時に大江戸線から銀座線に乗り換えたのだが、銀座線は新型車両でブルーリボン賞獲得というステッカーが貼られている。いつも通勤で利用しているのでブルーリボン賞とは何なのかを調べてみたら、鉄道友の会が主催する賞のようだ。ちゃんとホームページで紹介されていた。
d0183174_19155851.jpg

ブルーリボン賞といって、映画の賞だけではないようだ。
参考URL → 人生はニャンとかなる!明日に幸福をまねく68の方法
参考URL → 波除稲荷神社
参考URL → 銀座線ブルーリボン賞サイト
by motokunnk | 2013-11-27 19:16 | 日記 | Trackback | Comments(2)

東急東横店のリニューアルと東京メトロ銀座線

来年3月中旬の東急東横線の副都心線乗り入れに伴って、東横店東館は3月末で一旦閉店となるそうである。「さよなら東館 東横店788年分の全館ありがとうセール!」と書かれた大きなタペストリーが東館側面に貼られており、街行く人にセールの告知をしている。
その横には同じく、「いよいよ1月2日スタート」をバーゲンの開始時期もご丁寧に説明されている。1stステージと書かれているので、2ndステージも用意されていそうである。
d0183174_9462225.jpg
東急東横店のホームページを見ると、「さよなら東館 東横店788年分の全館ありがとうセール!」のページが用意されており、各階での目玉商品が紹介されている。一方で、閉店になった後の店舗の行き場所であるが、ちゃんと考えているようである。
『「東急のれん街」を渋谷マークシティに移設することで「東急フードショー」と地下1階でつながり、大型の食料品フロアが隣接することになる。これに合わせ東急フードショーは、新たなゾーニングとショップを導入しリフレッシュする。』と発表されているそうだ。
またその東館に密接に関連している東京メトロ銀座線の渋谷駅であるが、こちらも「ヒカリエ」方向に移設することが決定しているようで、既に工事が開始されている。また銀座線であるが、開業85年になるそうで、全駅のリニューアルも計画している。リニューアルのコンセプトは「伝統×先端の融合」だそうで、主要駅はコンペが開催され応募が開始されている。まずは、上野・稲荷町・神田の3駅の下町エリアから開始だそうで、こちらの掲示が銀座線のホームや連絡通路に掲載されている。
d0183174_947242.jpg
写真は渋谷駅改札外のデジタルサイネージの広告であるが、ちゃんと応募用のホームページまで用意されているのにはビックリした。
通常の建築コンペ情報はこのような専用のページは用意されないが、東京メトロも周年事業ということもあり、力が入っているようである。となみに渋谷駅~青山一丁目駅までの4駅のコンセプトは「トレンド」だそうだ。まだコンペの日程は発表されていないが、近々発表されるのではないかと思う。
これから渋谷駅周辺は劇的な変化を遂げていきそうである。25日からヒカリエの前にはピンクのクラウンが展示されて通行人の目をひいている。どうも新しいクラウンのイメージカラーはピンクのようである。トヨタの社長が発表の際、うしろにあおかれていたのはピンクのクラウンだったそうだ。
d0183174_9472331.jpg

参考URL → 東急百貨店東横店、改装計画発表-東館営業終了で売り場再編へ
参考URL → さようなら東館 東横店78年分の全館ありがとうセール!
参考URL → 銀座線、全駅リニューアルへ
参考URL → 東京メトロ銀座線・駅デザインコンペ
by motokunnk | 2012-12-29 09:50 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

散歩を楽しく/アースディと新型車両とオープニング

今朝は朝から曇天で午後には雨が降り出すと天気予報が言っていた。昨日のことではあるが、八丁堀まで外出したので、地下鉄を利用することにした。地下鉄といえば銀座線に新型車両が導入されたのでできればその車両に乗ってみたいなあと思い、東京メトロのホームページを見ていると!
何と鉄道マニア向けに新型車両の運行スケジュールが公開されていた。早速このダイヤを頭に入れ、駅に向うこととし、駅までは新しくオープンした連絡橋を利用することとして行くことにした。
d0183174_855456.jpg
26日オープンということもあり、看板などには調整中と貼紙がしてあったが、その他はほとんど開店前の商店街という雰囲気で開店時間がくれば一斉にオープンしそうな状況であった(当たり前のことかもしれないが)。
d0183174_85659.jpg

いつもは歩道橋から眺めている東急東横線のホームであるが、連絡橋から見ると眺め自体も新鮮に見えてしまう。また連絡橋も駅に向う方向から見ると、仮設部分との差がわかり、明らかに細くなっている。東急渋谷駅が移った後に連絡橋工事がスタートするのであろうが、いつごろになるのであろうか。蛇足ではあるが、東急線が乗り入れとなると、4社の車両が同一路線を走ることになるそうで、駅の改修などが必要となるそうだ(東横線は8両編成だが、副都心線は10両y編成で東横線はホームの延長工事が必要となるなど)。
乗り入れといって乗客は便利になるが電鉄会社は改修工事などが必要になってくるのでたいへんのようだ。
さて銀座線の渋谷駅ではカメラを片手にした人は見かけなかったが、駅に入線する電車が入るたびに場内放送で「フラッシュを利用した写真撮影は遠慮してください!」と流れていたので新型車両を撮影する人も多いことが想定された。撮影をしようと思っていたが、自重して枚数を限って撮影したのでろくな写真しか撮ることができなかった。
d0183174_8564724.jpg

何といっても私が感心したのは液晶画面に映し出される情報である。駅情報が掲載されるのだが、新システムではその情報がよりリアルになっており、エレベータやエスカレータが表示され、その横に出口番号と○○方面という文字まで書かれている。初めて利用する乗客には駅のどこの出口を利用すればよいかは知っているが、その出口にはホームのどの場所から上がれば(下れば)いいのか解らない場合も多いので、この情報は親切に感じられた。
d0183174_857358.jpg

またまた話は脱線してしまうが、私のPCはインターネットに接続すると最初に表示する画面をGoogleの検索画面に設定している。今日のGoogleのロゴはアースディのロゴであった。調べてみると昨日からアースディ関連の催しが渋谷の代々木公園で開催されているようである。雨が降り出す前に出かけてみようかと思っている。
何だか、こんなことをブログに書いていると、小学生の調べ学習の成果を発表しているような気分となってしまう。まあ人間、歳をとると幼児化するといわれているので問題ないかもしれないが、若い頃は見向きもしなかった事柄がやけに気になる年齢となったきたのかもしれない。

東京メトロ → 新型車両の運行スケジュール
EarthDay Tokyo2012 → 公式ホームページ
by motokunnk | 2012-04-22 08:57 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

Hikarieいよいよ来週オープン

東急東横線渋谷駅の広告がHikarieに変わっている。いよいよ4月26日オープンであるが、J-CASTの記事には既にオフィス部分にテナントが入居しているようである。そのテナントがDeNA本社、新宿から移転してきたようである。
また渋谷駅からの連絡橋も既にオープンしているようで、毎朝人の波を見て通勤している。そして今日、退社時に渋谷駅の改札から連絡橋を通って帰宅することにした。
連絡橋であるが、渋谷駅方面からは素人がみても仮設とわかるような造りの部分とりっぱに仕上げられたHikarieに接続する部分の2つから成り立っている。やはり、東横線渋谷駅が副都心線渋谷駅に移る段階でこの連絡橋も本当の姿に変身するための工事が行われるのであろう。
そして、埼京線・渋谷駅が現在の東横線の場所にくるのが7年後、銀座線の渋谷駅が宮益坂方面に動いて完成するのが10年後だそうだ。Hikarieができてもまだまだ渋谷駅西口の開発は続いていくようである。

J-CAST → DeNA本社、新名所「渋谷ヒカリエ」に移転
東京メトロ → これからに向けた取り組み
Hikarie → トップページ
by motokunnk | 2012-04-19 19:12 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)