人気ブログランキング |

タグ:高校野球 ( 24 ) タグの人気記事

日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走

全国高校野球選手権準々決勝、日大三高は下関国際に7回途中までノーヒットノーランに抑え込まれていた。試合も0-2とリードされており、今回の日大三高はベスト8止まりと思っていた。
しかし野球はわからないものである。8回裏、飯村、柳沢が初球をとらえて連打で無死2、3塁と同点のチャンスをつくると代打の高木も初球をとらえて中前に同点打をはなって2-2の同点に追いついた。
日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走_d0183174_10132619.jpg
そして二死3塁から主将の日置が一塁手のグラブをはじく勝ち越し打をはなって3-2で逆転勝利をあげベスト4に進出した。
2試合連続しての逆転劇、これはひょっとすると優勝もありえるかもしれない。準決勝は月曜日の第1試合、こちらも逆転で勝ち上がった金足農が相手である。どちらが決勝進出するのであろうか。
上沢が先発した日本ハムであったが、いきなり西武・秋山に先頭打者ホームランを打たれるなど2回を終えて0-3とリードされてしまった。3回に3-3と追いつくがその裏に勝越し点をとられるなど終始西武にリードされてる試合であった。
日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走_d0183174_10141613.jpeg
それでも上沢が4、5回と西武を無失点におさえると、5回に同点に追いつき、6回に勝越しに成功した。6-4と2点リードの8回、トンキンが制球を乱して3失点、結局6-7で負けてしまった。
今日の先発予定はマルティネス、踏ん張ってほしいものだ。
WRC第9戦ラリー・ドイチェランドデイ3が行われた。首位からスタートしたトヨタチームのタナックは最速タイムをだすことはなかったが終始上位のタイムで各SSを走破してデイ3も首位を快走した。
日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走_d0183174_10135456.jpg
日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走_d0183174_10140834.jpg
2番手で首位を追いかけていたオジェであったがSS13でパンクのため大きくタイムロスしてしまった。
かわりにソルドが2位、僅差の3位にラトラバがあがり、ラッピも5位と最終日を前にトヨタチームのワンツーフィニッシュの可能性が見えてきた。
WECも第3戦シルバーストン6時間レースの予選が行われた。先にF1引退を発表したアロンソであったが、今季はWECでチャンピオンを目指すとのことだ。
日大三高ベスト4、日本ハム惜敗、トヨタは首位快走_d0183174_10134624.jpg
7、8号車の順となったがフロントローを独占して6時間レースに臨むこととなったトヨタチーム、果たして勝つのはいずれであろうか。

by motokunnk | 2018-08-19 10:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ

全国高校野球選手権、日大三高が7年ぶりにベスト8に進出した。打撃に注目が集まる日大三高だが、この日は先発の2年生投手がまたまた好投した。2回戦の井上に続いてこの日は広沢が5回を2安打2失点におさえる好投を魅せた。
日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ_d0183174_09382044.jpg
守備も7回に二塁手の木代がファインプレイを魅せるなど守備で平安を翻弄し、4-3で勝利した。なかなか強い今年の日大三高である。
日本ハムは先発の堀瑞輝が粘りの投球を魅せてくれた。6回途中までを3失点は十分なピッチングであった。打線も西武の菊池を攻め、7回に近藤のタイムリーで追いつくと、レアードの勝越タイムリーで4-3とリードした。
日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ_d0183174_09382968.jpeg
日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ_d0183174_09383754.jpeg
そして9回には中田の一発がでて5-3とし、最後は浦野が締めくくり、天王山と目された西武戦の初戦を制した。
WRC第9戦ラリー・ドイチェランドのデイ2が行われた。トヨタチームは第8戦優勝のタナックが絶好調でこの日行われた6つのSSのうち5つのSSでトップタイムをマークし首位の座をキープした。
日大三高ベスト8、日本ハム粘って先勝、トヨタはトップ_d0183174_09381238.jpg
ラトラバも安定した走りを魅せ、4位と僅差の5位につけており、ラッピも7位と3台とも上位進出を狙えるポジションである。デイ3そして最終日にも期待がもてそうなデイ2の走りであった。

by motokunnk | 2018-08-18 09:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍

2試合連続してベンチスタートとなった大谷翔平、6-3とリードした9回に無死1塁で代打登場した。パドレスのリリーフ投手がコントロールが定まらず、ストレートの四球を選んで出塁した。
大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍_d0183174_11055663.jpg
そして次打者の初球に盗塁し、無死2、3塁とチャンスを拡大、エンゼルスの勝利に貢献した。大谷翔平これで今季6盗塁目である。また投手としてもブルペンで打者を立たせてのピッチングを行ったそうで、投手としての復帰も秒読み段階となってきたようだ。
夏の全国高校野球選手権、日大三高が登場した。ただ先発は2年生の井上であった。なんと夏の東京都予選でも投げておらず、いきなりの本番初先発である。ただその速球は折り紙付きだそうで、TVで観る限りではあったが150kmもだすなど投手としては一級品のようだ。
大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍_d0183174_11060598.jpg
打線も初回に2点を先制すると3、6回にも追加点をあげて奈良大付属を圧倒して8-4で3回戦に進出した。東京勢としては記念の300勝目だそうだ。今年の日大三高、強そうである。
日本ハムは1番に起用された浅間の活躍で連敗を阻止しロッテに快勝した。3回に2ランをはなった浅間であるが、今季は故障から出遅れてしまい、オールスター明けから一軍合流し、この日が初の1番起用であった。
その起用に応えるあたりは能力の非凡さを感じさせる。同時に渡邉諒も貴重な追加点をあげる一発を打った。栗山監督が辛抱強く起用していることに報いる形となり西武のあとを追走する形となった。
大谷快速披露、日大三高16強入り、日本ハム若手が活躍_d0183174_11061448.jpeg
今日はロッテから移籍した藤岡貴裕が今季初先発の予定である。素質は高いだけにどんなピッチングを披露してくれるのか期待したい。

by motokunnk | 2018-08-16 11:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

高校野球、ソフトボール、日本ハム

夏の全国高校野球選手権大会がはじまっている。100回の記念大会なのでいろいろな催しも各種用意されているようである。東京地区からは2校が予選を勝ち抜いて甲子園に進出、そのうちの1校が昨日甲子園に出場した。
西東京代表の日大三高である。西東京大会の決勝もTV観戦しており、その試合はサヨナラ勝ちで甲子園行きを勝ち取っていた。
昨日の試合も自慢の強打が炸裂して大勝であった。日置主将、大塚の3、4番が注目されているが、4番大塚は本番でも大会14号となる一発を放っていた。予選の決勝でもサヨナラホームランを打っていた選手、プロも注目しそうである。
高校野球、ソフトボール、日本ハム_d0183174_10393816.jpg
同校の16得点は72年春1回戦の戸畑商戦に並ぶ、同校の甲子園最多得点記録だそうで、2桁得点は11年夏の決勝・光星学院戦以来で、春夏通算14度目だそうだ。このまま2回戦、3回戦と勝ち進んでいってほしいものだ。
ソフトボール女子の世界選手権は決勝トーナメントがはじまり、日本代表はプエルトリコ代表との試合であった。上野が先発した試合、初回に3番山崎が失策で出塁(2進)すると、4番山本は故意四球(NPBでいう申告敬遠)で二死1、2塁のチャンスに5番渥美が中前にタイムリーヒットを打って日本代表が1-0と先制した。2回にも山田の3塁打で加点した日本代表は山本が満塁ホームランを放って一気に6-0と大量リードした。リードに守られ上野は出来はそれほどよくはなかったが5回を無失点でおさえて6回からは勝俣がマウンドにあがった。若い選手に経験を積ませることも重要でその勝俣はプエルトリコ打線を三者凡退に打ち取った。そしてその裏、パスボールで得点した日本代表が7-0のコールド勝ちをおさめて準決勝に進出した。
高校野球、ソフトボール、日本ハム_d0183174_10394869.jpg
これで3位以内が決定したが、日本代表の目標は優勝である。その目標目指してアメリカを撃破してほしい。
日本ハム対ソフトバンクは上沢と千賀というエース同士の投げ合いにを期待したが、上沢の出来は本調子ほどではなく初回に2失点、5回にも満塁からタイムリーを打たれて失点してしまった。
高校野球、ソフトボール、日本ハム_d0183174_10395832.jpeg
打線も千賀からヒットは打つがタイムリーは放てず結局0-5で敗れてしまった。西武が勝ったので5ゲーム差と開いてしまった首位の背中、だんだん小さくなっていってしまう。今日はマルティネスが先発予定、3連敗は阻止してほしい。

by motokunnk | 2018-08-11 10:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

智辯学園が選抜を制し、錦織は大接戦、そして目黒川の桜

さきほど終了したATPマスターズ1000マイアミオープン準々決勝錦織対モンフィスの試合は大熱戦であった。
錦織圭は第1セットの第1ゲームをいきなりブレイクされてしまい苦しい立ち上がりとなってしまった。それでも第4ゲームをブレイクバックしたが直後の第5ゲームをブレイクされ、このセットを4-6と本大会初めてのセットダウンをきっしてしまった。
それでも第2セットにはいり、第4ゲームをブレイクするとこのセットを6-3でとり、勝負は第3セットに持ち込まれた。試合時間も1時間半を超え、消耗戦の雰囲気となりつつあった。その第3セット、先にブレイクしたのは錦織であった。第3ゲームをブレイクしてリードを奪った。
4-3とリードして迎えた第8ゲーム、このゲームをキープすれば準決勝の路が見えてくると思えたがこのゲームをブレイクされ4-4とタイに持ち込まれてしまった。
智辯学園が選抜を制し、錦織は大接戦、そして目黒川の桜_d0183174_09014153.jpg
4-5で迎えた第10ゲーム、いきなり0-40と3本のマッチポイントを握られてしまった。錦織の頑張りもここまでと思われたが、ここから驚異的な粘りをみせ、デュースに持ち込んだ。アドバンテージをとられたポイントもあったが、からくも第10ゲームをキープ、第12ゲームもブレイクポイントを握られる危機はあったがこれをしのぎ切り第3セットはタイブレイクに持ち込まれた。
さきにミニブレイクした錦織はすぐにミニブレイクバックされてしまったが、直後のモンフィスのサーブ2本のポイントを奪取し、6-3としてマッチポイントをむかえ、錦織のサーブとなり、勝利をもぎ取った。2時間を超える大熱戦で勝利をおさめた錦織はこれで2年ぶりのベスト4進出が決まった。明日はナイトセッションでラオニッチ対キリオスの勝者と決勝をかけて対戦する。
選抜高校野球は昨日決勝が行われた。白熱したいい試合であったと思う。両チーム譲らず1-1で延長戦に突入した。8回に同点に追いついてからは高松商が試合を押し気味にすすめ、9、10、11回とランナーをだすが得点することはできなかった。
智辯学園が選抜を制し、錦織は大接戦、そして目黒川の桜_d0183174_09013540.jpg
11回の智辯の攻撃も先頭打者のライト線のあたりを好捕されるなど試合は高松商ペースであった。二死となってセンター前ヒットがうまれ、バッターはこの日すでに150球近く投げている村上選手、この一振りが試合を決定した。センターオーバーのタイムリー2塁打を放ち、見事に初優勝を手繰り寄せた。両校とも決勝に値する熱戦であったと思う。
そして花見である。目黒川は桜が満開となり、平日にも関わらず多数の見物客が繰り出していた。
智辯学園が選抜を制し、錦織は大接戦、そして目黒川の桜_d0183174_09014816.jpg
今週末が桜祭りだが、すでに屋台もでているし、記念写真を撮る人、桜の写真を撮る人など、思い思いのアングルを考えながらファインショットを探している人をみていると自分もあのようなポーズで写真を撮っているのかと照れくさくなってしまう。

by motokunnk | 2016-04-01 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

選抜高校野球がはじまり、サクラも開花

選抜高校野球がはじまった。大会2日目の第1試合はともに21世紀枠で出場する2チームの対戦である。香川県の小豆島高校と岩手県の釜石高校である。選抜高校野球がはじまり、サクラも開花_d0183174_10031482.jpg
小豆島といえば二十四の瞳の舞台というイメージがある(実際は壺井栄に出身地だったから小豆島が映画化の際にモデルとなったらしい)。人口4万人の小さな島で、小豆島高校も来年には統合されてしまうそうだ。
全島民をあげての応援練習をしている風景がニュースで紹介されていたので、興味があったし、開会式の選手宣誓も小豆島高校の主将であったことからも試合を観てみようと思った。
部員が17名だそうで、アルプススタンドに陣取った応援団のウィンドブレイカーには18の文字がプリントされていた。18番目の選手として応援するのだそうだ。
ただ、その思いは伝わらず、試合は1-2で惜敗してしまったが、9回に1点をとり、二死3塁まで攻め込んだことは選手や島民にとって思い出として記憶に残るだろう。来年はなくなってしまう校歌を甲子園球場で聞くことはできなかったが参加することに意味があったのではないかと思う。
さて東京地方は昨日、桜の開花宣言がなされたが我家の周りではぼつぼつと桜の花が咲き始めだしたというレベルである。お墓参りの人が目立つ青山墓地だが、桜並木はまだほとんどがつぼみ段階で花を咲かせている樹はほとんどない状態であった。
選抜高校野球がはじまり、サクラも開花_d0183174_10032672.jpg
西麻布の交差点にあるレストランの桜も花を咲かせている枝はわずかでこれからが本番という雰囲気である。
選抜高校野球がはじまり、サクラも開花_d0183174_10033459.jpg
満開になるのは週末だそうだが、これから寒い日が続くというので花見期間も長くなりそうで楽しむ時期も長くなりそうだ。

by motokunnk | 2016-03-22 10:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

U-18ワールドカップ、宿敵・韓国にコールド勝ち

この一戦に勝利すると決勝進出が決まる侍ジャパン、逆に負けると決勝に進出できない韓国、甲子園球場に舞台を移して伝統の日韓戦が行われた。
静かな立ち上がりから試合が動いたのは2回であった。平沢の四球、オコエのヒットで一死1、3塁とチャンスをつかんだ日本であったがオコエが牽制死してしまった。これで二死3塁となったが、伊藤が起死回生の3塁打をはなち、貴重な先制点を奪った。相手投手は気落ちしたのか連打を浴びてしまい、大量5点のリードを奪った。試合後の勝利監督インタビューで西谷監督も言っていたがこの一打が大きかったようである。
U-18ワールドカップ、宿敵・韓国にコールド勝ち_d0183174_08351838.jpg
上野の投球も見事であったし、ミスを全員がカバーするという姿勢が随所にみられ、監督自身も急造チームが試合を重ねていく間にチームワーク、結束が生まれてきていると結束力の高まりに手ごたえを感じているようだ。12-0という大差のコールド勝ちとなったが、2回の攻撃が零点に終わっていたらどうなっていたかわからないと思う。またオコエが守備で怪我をしてしまったという。4針縫う裂傷だそうだ。侍ジャパン、外野手に負傷者が続いており、ちょっと心配ではある。
この勝利でスーパーラウンド1試合を残して決勝進出が決まったが、今日のキューバ戦も勝利して全勝で日曜日の決勝に進出し、ライバルアメリカに勝ち、初優勝を飾ってほしいと思う。
そしてF1はイタリアGPがはじまった。マクラーレン・ホンダにとっては厳しいといわれるパワー重視の高速サーキット、予想通りフリー走行では苦戦を強いられているようだが何とか予選ではQ2に進出していい予選ポジションを獲得し、決勝レースでは粘りのレースをしてほしいと思う。
日本GPまで後2戦、いい結果を期待したい。
参考URL → 宿敵・韓国も撃破・写真転載サイト
参考URL → イタリアGP開幕
by motokunnk | 2015-09-05 08:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

対象的な戦い、野球とサッカー

ともに世界を相手にして戦っている野球とサッカー、その日本代表がほぼ同一時刻に国内で世界を相手に戦った。
第27回WBSC U-18ベースボールワールドカップで戦う侍ジャパンとW杯アジア2次予選で戦う日本代表である。
まず侍ジャパンはスーパーラウンド(俗にいう決勝リーグ)でカナダと対戦した。関西地区は雨が降って試合開始が2時間以上も遅れてしまった関係でTV中継がはじまったときは、韓国対アメリカの試合がまだ行われていた。
グループBを首位通過した韓国がアメリカ相手に4-2とリードして最終回をむかえていた。このまま韓国が勝つと思っていたら、四球、ヒットで無死2、3塁のピンチを招いてしまった。そしてアメリカに逆転3ランを打たれてしまい、まさかの敗戦である。野球に限らず、スポーツは何が起こるかわからないという言葉を実感した試合であった。
2時間以上も遅れた開始されたカナダ戦も先制される展開となってしまった。しかし、先制されても実力差がある相手、冷静に直後の攻撃で同点に追いつき、その次の回に逆転すると、アメリカ戦で完封勝利した佐藤世那がこの試合も13奪三振を奪う投球を魅せて5-2で勝利した。
対象的な戦い、野球とサッカー_d0183174_08362977.jpg
スーパーラウンド、日本のライバルたちは韓国が敗戦し、またあのキューバもオーストラリア相手に負けてしまったようで、今日行われる韓国戦に勝つと決勝進出が決定する。場所は高校野球の聖地甲子園球場で午後6時からBS朝日で生中継されるのでぜひTV観戦しようと考えている。
そして野球が遅れた関係で観ることができなかったサッカーワールド杯アジア2次予選、カンボジア戦は3-0で日本代表が勝利した。カンボジア相手に3点しかとれなかったことにビックリである。TVのスポーツ放送を観ると、決定機は他にもあったようで、やはりシュートの精度が低かったようだ。
対象的な戦い、野球とサッカー_d0183174_08363718.jpg
あと2~3点は取れていたような気がする。ホームゲームでこの精度だと、かれから続くアウェイゲームでどんな戦いができるのかが心配となってしまう。2次予選で敗退することはないとは思うがかなり心配な日本代表である。シュートを30本以上打って、3点とはやはり情けない!

by motokunnk | 2015-09-04 08:37 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

U-18W杯はコールド発進、日本ハムも鬼門で大勝

第27回U-18ワールドカップが開幕した。高校日本代表はグループAに属しており初戦の相手はブラジルである。
このグループの強敵はアメリカ、オーストラリアと見られ、それ以外には勝利が必須と思われた。
試合は1回から大量得点ダッシュのムードが漂う攻撃であった。先頭のオコエが四球を選び、篠原がライト前に運んで無死1、3塁。ここで平沢がレフトへ犠飛を打ち、オコエが先制のホームを踏んだ。その後一死満塁のチャンスをつくり、勝俣が走者一掃の三塁打を放ち、4-0とリードした。木製バットにも慣れてきているようである。
U-18W杯はコールド発進、日本ハムも鬼門で大勝_d0183174_08314739.jpg
2回に先発上野が満塁のピンチを招いてしまったが、併殺でピンチをしのぐと連続三振を奪うなどブラジルを無得点に抑えていった。
その後、ブラジルのファインプレイに追加点を阻まれることもあったが、着々と得点を重ねて14-0で7回コールド勝ちをおさめた。
今日は強敵、アメリカ戦である。どんな戦いをするのか楽しみである。
さて夜はパリーグの首位攻防戦(といっても10ゲーム弱の差があるが)、ソフトバンク対日本ハムの一戦が行われた。日本ハムは今シーズン、ヤフオクドームでは六戦全敗で一つの勝っていない鬼門の球場である。現実的にみてクライマックスシリーズで戦う球場となりそうな場所での連敗は食い止めたいものである。
しかし悪い流れは引き続いているようであった。初回の一死1、3塁のチャンスで中田が三振、1塁走者の田中賢介も盗塁失敗で無得点で攻撃を終えると、その裏、不振の市川にタイムリーを打たれて先制されてしまった。嫌な流れを断ち切ったのは2回に放たれたレアードの逆転2ランであった。日本ハムの吉川はランナーは出すが要所はしめる投球でソフトバンク打線を抑えるがTV観戦していてヒヤヒヤものである。
U-18W杯はコールド発進、日本ハムも鬼門で大勝_d0183174_08315523.jpg
そして5回、レアードのヒットでつかんだ一死1、2塁のチャンスに陽岱鋼がセンター前ヒット、レアードがホームを狙うが、これは暴走であった。センター・柳田からストライクの返球でタッチアウト、チャンスはつぶれ、流れが一気にソフトバンクに移ってしまったと思った。しかし中島が四球を選んで二死満塁とチャンスを拡げると田中賢介の起死回生の満塁弾が生まれた。これで6-1、ほぼ勝利を決定づける一発であった。
その後、5点差があるにも関わらず吉川の投球は安定せず、日本ハムは谷元、白村をつぎ込む必勝体制で終わってみれば11-1と鬼門ヤフオクドーム今季初勝利である。
日本ハムとしてはこの3連戦3連勝してこそ意味がある。今日は有原、明日はたぶん中村勝が先発すると思われる。まだソフトバンクは今シーズン同一カード3連敗はないというが、ぜひ敵地で3連勝をきめ、奇跡を起こしてほしいものだ。

by motokunnk | 2015-08-29 08:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

全米オープンドロー発表、U-18ワールドカップ開幕、東京駅記念Suica

全米オープンの組み合わせが発表された。錦織圭は第4シード、初戦の相手は世界ランク41位のベール、過去の対戦成績は2勝と相性はいいようだ。
全米オープンドロー発表、U-18ワールドカップ開幕、東京駅記念Suica_d0183174_08425725.jpg
順当に勝ち進むと準々決勝では第7シードのフェレールと戦う可能性が高い。フェレールはその前に前年王者のチリッチとの戦いがある。
今回の組み合わせ、錦織圭にとっては比較的ラッキーだと思うのだが、そのラッキーをどこまで試合に結びつけていくことができるか、ラッキーを利用するのも実力である。注目の試合は31日開始である。
そして忘れてしまっていたが、「東京駅開業100周年記念Suica」の申込票が届いた。以前このブログで9月発送になったことを書いたような記憶があるが、専用の振込用紙が入った封書がJR東日本から届いた。
全米オープンドロー発表、U-18ワールドカップ開幕、東京駅記念Suica_d0183174_08430437.jpg
JR東日本のホームページを見ると、7月分から記念Suicaは発送が開始されているそうで、9月分は8月25日から振込用紙の発送を開始したそうだ。9月14日までに振り込みが確認されない場合は申し込みがキャンセルとなるそうなのでなるべく早く振り込むことにしよう。
今日、U-18ワールドカップが開幕する。27回目だそうだが初の日本開催である。WBCと違って、アメリカが強いそうだが日本にも優勝のチャンスはあるのではないかと思う。初戦の相手はブラジルである。
ここ数年、野球も盛んになりはじめているそうなので油断は禁物、いい試合をしてほしい。

by motokunnk | 2015-08-28 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)