人気ブログランキング |

タグ:DVD ( 8 ) タグの人気記事

シンゴジラDVD発売、WBCは準決勝

日本アカデミー賞作品賞を受賞した映画「シンゴジラ」のDVDが発売された。予約していたので1日早く手元に届いたので早速感動をもう一度味わうことにした。
作品賞以下、監督賞など受賞した作品だけあって編集や音楽の素晴らしさは抜群である。またゴジラが進化していく(形態を変えていく)想定にもビックリした。
劇場で初めて観たとき、これがあのゴジラになっていくとは考えられず、この怪獣がゴジラと戦うのかと思ったほどだ。「蒲田くん」とファンの間で命名されたらしいが何とも怪獣らしくなく愛らしかった。
シンゴジラDVD発売、WBCは準決勝_d0183174_09030709.jpg
ストーリーはその後湘南海岸から再び首都を襲うシナリオとなりゴジラは最終的には撃退されるが最後のシーン(凍らされてしまった!)は続編を予感させるエンディングであった。
シンゴジラDVD発売、WBCは準決勝_d0183174_08363031.jpg
撮影協力では小池東京都知事のキャプションもあり、女性防衛大臣(余さんが演じていた)も出演していた。自衛隊も参加しておりけっこうセリフまわしとかがリアルだったそうだ。
シンゴジラDVD発売、WBCは準決勝_d0183174_08365060.jpg
さてWBCも準決勝、昨日の試合ではWBC3試合目となるタイブレイクまでもつれ込んでプエルトリコが勝ったが試合はどちらが勝ってもおかしくない内容であった。そしていよいよ侍ジャパンが登場する。相手はアメリカ、完全アウェイの中での戦いであるが果たして侍ジャパンに勝機はあるのだろうか。MLB現役選手で構成されたアメリカは初優勝目指して真剣モードであるが闘志が空回りしてしまう可能性もある。
スモールベースボールを貫いてこつこつ得点を重ねていけば勝機はあるのではないかと思うのだが。
参考URL → 『シン・ゴジラ』
参考URL → プエルトリコ 4 - 3 オランダ
参考URL → 日本vsアメリカ

by motokunnk | 2017-03-22 09:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ターミネーター/ジェニシスのブルーレイ

ターミネーターシリーズの最新版である、ターミネーター/ジェネシスのブルーレイが発売された。ターミネーターシリーズのファンである私としては予約してあり、一昨日自宅に届いたので早速観ることにした。ターミネーター/ジェニシスのブルーレイ_d0183174_08391641.jpg
ターミネーターシリーズはT1~T4まで公開されており、今回の作品がT5となるが、時代背景はT1と同じとなっている。ジョンコナーが生まれる前の設定であり、サラコナーとカイルリースの物語である。
過去のシリーズを思い出させるシーンもふんだんに織り込まれており、観ていて懐かしさを感じることがたびたびあった。アーノルド・シュワルツェネッガーもターミネーターとして出演しているが、なんとサラコナーの保護者としてでているのにはビックリした。
どんでん返しが多々あるストーリーで最後までハラハラさせる展開は期待を裏切らなかった。
話はかわり、つくば市にあるベンチャー企業が医療用ロボットHALを開発し、11月10日に薬事・食品衛生審議会 (医療機器・体外診断薬部会)での審議の結果、部会の了解が得られたそうだ。これで医療用としてロボットが認知されて実世界で活躍の場が開かれたわけである。
そしてなんと製作会社の名前はサイバーダイン社である。ターミネーターシリーズでスカイネットを構築した会社と同じ名前であるところも創設者の意図を感じてしまう。
昨年、ひょんなことでHALの見学(写真は見学時に写したものである)をしたが、そのときフルタイプのHALの話を聞いた。
ターミネーター/ジェニシスのブルーレイ_d0183174_10402099.jpg
フルタイプだと、非力な人でも重量物を持ち上げることができるようになるという。もし軍事に利用されると、とえも人の力では運べないもの(重量のかさむ兵器)もたやすく運べてしまう世界が実現する。
テロに利用されて大量殺人などという事件が起きないことを祈るしかないのだが、便利な発明はすぐに悪用されてしまう。

by motokunnk | 2015-11-19 08:40 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

映画「ゴジラ」のDVD発売、そしてF1最終テストが開始

昨年夏に日本公開された「ゴジラ」のDVDが発売された。劇場で見たのであるが、コレクションとしてDVDも欲しかったので購入することにし、予約していたところ昨日宅配で手元に届いた。
映画館で見る迫力はないが、観かえしたりすることができまたトイレ休憩も一時停止ボタンを押すことで自由にできるなどやはりDVDならではといえる特徴が利用できる。
映画「ゴジラ」のDVD発売、そしてF1最終テストが開始_d0183174_08414583.jpg
また吹替版、字幕版も選択できるところは他の映画DVDと同じである。ストーリーはだいたい覚えていたが、細部は忘れてしまっており、この後どうなってしまうのか一瞬ドキドキしてしまうシーンもあった。
ゴジラパート2の制作も発表されたそうで第2作にも注目したい。本家日本の東宝もゴジラを復活させる話もあるそうでこちらは2016年公開、楽しみである。
そしてスペインバルセロナではF1合同テストが今日から4日間の予定で開催される。来月オーストラリアで開幕するF1シーズンテストの最終回である。
前回テストでクラッシュしたアロンソは退院あいてそうだが大事をとって今回のテストには不参加が決定、マクラーレン・ホンダはテストドライバーのマグヌッセンを起用することを発表した。ラインナップも発表されたが初日のバトン以外は未定だそうだ。
開幕までのこされたテストは後4日、果たしてどこまで熟成することができるのであろうか、マクラーレン、ホンダ陣営の努力は報われるのであろうか。

by motokunnk | 2015-02-26 08:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

毎年恒例の七草粥と「栄光への5000キロ」

我家では私が子どもの頃から1月7日の朝は七草粥を食することが定番となっている。今日の朝も七草粥であった。味も昔のままであるが、子どもたちは食ベていないので私たちの代でおこの風習も終わってしまうと思うとちょっと残念ではあるが時代の流れから仕方がないことかもしれない。
さて、今日は私が少年時代に見た映画のDVD版について語ることにする。その映画は「栄光への5000キロ」である。石原プロが製作したモータースポーツ満載の映画で当時からモータースポーツファンであった私が劇場で観て興奮した映画である。石原プロの映画は、ご本人の考え方もあり、長らく劇場公開のみしか行われなかった。
ところが、ひょんなことでDVDが販売されていることを知り、購入したしだいである。ネットで調べてみると、2013年33月下旬に石原プロモーション設立50周年記念として、ポニーキャニオンから『黒部の太陽』(1968年)、『栄光への5000キロ』(1969年)、『富士山頂』(1970年)、『ある兵士の賭け』(1970年)、『甦える大地』(1971年)の5作品が何れも劇場封切時の完全版としてブルーレイ・DVDソフトとして発売されたという。
毎年恒例の七草粥と「栄光への5000キロ」_d0183174_09214265.jpg
映画のストーリーであるが、プロレーサー・五代高行が世界各国のレースで活躍するストーリーとなっている。レースと敷いても主たる映像シーンはもっぱらラリーである。当時のレーシングドライバーはF1やスポーツカーレースを掛け持ちで走っていたドライバーは多かったが、ラリーまで掛け持ちしているドライバーは少なかった。私の記憶ではビック・エルフォードが思い出される。映画でも出ていたモンテカルロラリーで優勝した経験もあり、ラリードライバーとしても超一流、デイトナ24時間レースでも優勝しており、スポーツカードライバーとしても超一流であった。
そんな当時でもスーパーマン的な活躍をする五代であるが、映画の重要なレースシーンが撮影できないという事態が起こってしまった。それは日本GPの開催時期である。当時、日本GPといえば5月にスポーツカーレースの最高峰として開催されていたが、これが1969年から10月開催に変更になってしまった。
石原プロでは協賛していたタキ・レーシングが5月に「フジスピードカップ‘69」というレースを主催して、映画のシーン撮影に協力したらしい。DVDを見るとスタートシーンは1968年の日本GPであるが、その他のシーンではこのレースシーンが使わられているようだ。実際に豪雨の中でこのフジスピードカップは開催されており、映画の中でも雨のシーンが出てきている。
サファリラリーも今は消滅してしまったが、当時は世界一過酷なラリーといわれており、また現地(アフリカ国籍を持つ)ドライバーしか優勝できないラリーであった。ちなみに映画では90番のゼッケンで五代は参戦するが、実際のラリーでも90番のブルーバードは参戦しており、見事5位入賞している(ちなみにその時のドライバーは翌年からサファリを連覇するエドガー・ヘルマンであった)。
レース好きでなくてもアフリカのシーンなどは綺麗だし、映画ファンとしても楽しめる映画である。2時間を超える長編であるが、最後まで飽きずに見られる大作であると思う。お正月に見たDVDの感想であった。
参考URL → 栄光への5000キロ
参考URL → フジスピードカップ‘69

by motokunnk | 2015-01-07 09:23 | 日記 | Trackback(1) | Comments(0)

ゴジラ映画は面白い

昨晩は、NHK-BSプレミアム映画で「ゴジラ×メカゴジラ」が放送された。釈由美子主演のゴジラ映画、メカゴジラが機龍というネーミングで登場するということは昨日のブログでも書いたが、この映画には続編があると思う。
それが次に公開された「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」である。こちらの映画もゴジラは同じゴジラで釈由美子も出演している(ただし、本人は米国留学することになっている)。
ゴジラ映画は面白い_d0183174_18552010.jpg

釈由美子は家城茜という主人公になり、一度は自らのミスで優秀な隊員たちを死なせてしまう役柄を演じている。それから復活して見事にメカゴジラ(機龍)のオペレータとなり、ゴジラを退治する役柄を見事に演じている。
続編である「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」でゴジラの骨からメカゴジラを製作したことが問われてしまうわけだが、そこでも釈由美子演じる家城茜はもう機龍は戦いたくないのではという発言をしている。「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS」は「モスラ」の完結編としても描かれており、けっこう見どころ満載の映画となっている。なんでこんなに詳しいかといえば、実はこの映画のDVDを持っているからなのである。
2編合わせて観ることがベストな映画かもしれない。これでNHK-BSプレミアムで放送されるゴジラ映画は終わりだが、レンタルショップもあるのでこれを契機にゴジラ映画をすべて見てしまおうかとも思っている。
参考URL → ゴジラ×メカゴジラ
参考URL → ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS
by motokunnk | 2014-07-30 18:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

雨の日は映画DVD「20世紀少年」、ソニーオープンで錦織がベスト4入り!

晴耕雨読ではないが、朝から雨の日なので借りてきたDVDを見ることにした。DVDは映画で、2008年から3部作で公開された「20世紀少年」である。
雨の日は映画DVD「20世紀少年」、ソニーオープンで錦織がベスト4入り!_d0183174_15301155.jpg

私は原作を読んでいないので、映画の感想を述べるだけなのだが、とにかく設定が面白かった。「よげんの書」というタイトルも面白いが、そのまま実現してしまうストーリーにも感動ものである。
それぞれ2時間以上あったが、第1章を観終わると第2章をみたくなり、第2章を観終わると最終章を観たくなるという思いになり、7時間近くかけて一気にみてしまった。
ストーリーはともかく、豊川悦司演じる「オッチョ」がかっこよかったし、当然主人公である「ケンヂ」もよく描けていたし、唐沢寿明が好演していたと思う。また「カンナ」もよく描かれていた。トモダチが誰だったかは問題ではなく、1969年当時を思い出すという意味で見ていたのでいろいろ当時を振り返って私なりの思い出をめぐらすことができたことはよかったと思う。
なかなか秀作の3部作であるので、時間のある方は一見の価値はあると思う。
参考URL → 20世紀少年・第1章
参考URL → 20世紀少年・第2章
参考URL → 20世紀少年・最終章

*スポーツニュースでは、錦織がフェデラーを破ってソニーオープンでベスト4入りを果たしたそうだ。昨日は世界ランク4位のフェレールを破っているので連日の快挙である。マスターズ1000大会でのベスト4入りは2011年の上海マスターズ以来だそうだ。今年の目標である世界ランク10位以内も視界が見えてきたかもしれない。
参考URL → ソニーOP、錦織がフェデラー撃破でベスト4
by motokunnk | 2014-03-27 15:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

『MAJORワールドシリーズ編 夢の瞬間へ(完全版)+メッセージ』を購入した

昨日このDVDが発売された。実は、私がはまっているアニメがあり、それがメジャーである。数年前にNHKの教育TVで見たのがきっかけで理由もなく、はまってしまった。
『MAJORワールドシリーズ編 夢の瞬間へ(完全版)+メッセージ』を購入した_d0183174_843130.jpg

原作のコミック版は読んでいないのでただ単にアニメを見ているだけなのでそれほどファンとはいえないかもしれないが、ただ茂野(本田)吾郎の何事に対してもあきらめない(現実離れした)性格に惚れこんでしまったわけである。そんな中アニメ化されなかった原作部分がDVDで発売されると聞き、早速予約をしてしまった。
昨日DVDが届いたので早速梱包をあけてDVDを見ることにした。初回配布版には3種類の絵はがきが同時に梱包されており、メジャーのファンとしてはうれしいかぎりであった。
『MAJORワールドシリーズ編 夢の瞬間へ(完全版)+メッセージ』を購入した_d0183174_8431846.jpg

DVDのジャケットから、佐藤寿也がホーネッツに入団してバッテリーを組んで多分、ワールドシリーズに優勝するのであろうと思っていたが、紆余曲折はいろいろあるが、最後はメジャーのシリーズとしては最初だと思うがシリーズ優勝でエンディングとなる物語である。
ここで一旦DVDは終了するのであるが、その後メッセージというボタンをクリックすると、再び吾郎一家のその後のストーリーがはじまる。
メジャー制覇から数年が経ち、血行障害で投手生命を絶たれた吾郎が日本球界で野手として復活する物語が描かれている。詳細はDVDなり、原作を読んでもらえばわかるが、吾郎の少年時代と同じく、自分の子供たちへ野球の素晴らしさ、面白さを吾郎なりに伝えている。なかなか感動ものである。
野球やアニメに興味がある方は暇つぶしに一見してみてはと思うのだが

NHK → MAJOR
ウィキペディア → メジャー(アニメ)
ウィキペディア → メジャー(原作)
ウィキペディア → メジャー(登場人物)
by motokunnk | 2012-10-06 08:44 | 日記 | Trackback(873) | Comments(0)

ジェリーアンダーソンのDVD

たぶん、今から40年近く前になると思うが、人形劇とは思えない「サンダーバード」という国際救助隊が活躍する1時間番組が日曜日だったと思うが夕方にNHKで放送されていたのを覚えている。私も毎週、楽しみに見ていたものである。その「サンダーバード」があのディアゴスティーニからDVDで発売されたので、創刊号を購入してしまった。
ジェリーアンダーソンのDVD_d0183174_19304139.jpg
ジェリーアンダーソンのDVD_d0183174_1931144.jpg

つらつらと解説を読むと、ジェリーアンダーソンという映像作品プロデューサーがシリーズを手がけたそうで、他にもキャプテンスカーレットやUFOなど日本の特撮映画に多大な影響を与えた人気シリーズのプロデューサーだということがわかった。
ディアゴスティーニのDVDは創刊号が半額なのでちょくちょく購入していたが、第2号まで購入したのはこのシリーズが初めてである。サンダーバード、特に2巻目ででてくるジェットモグラは「ウルトラセブン」のマグマライザーのモデルと思うし、サンダーバード3号はウルトラホーク2号のモデルではないかと思うほど、よく似ている。
確かに、ウルトラシリーズに多大の影響を与えたと思うこのジェリーアンダーソンという人、いろいろネットでも紹介されている。
知らなかったのは私だけかもしれない。これからでも遅くはないのでネットで勉強しようと思う。なお、画像はDVDからキャプチャーしたものである。

ジェリーアンダーソン → ジェリーアンダーソン(ウィキペディア)
ジェリーアンダーソン → Gerry Anderson の世界(作品など)
サンダーバード → サンダーバード公式ホームページ
サンダーバード → サンダーバード(ウィキペディア)
ディアゴスティーニ → ディアゴスティーニ
by motokunnk | 2011-07-06 19:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)