人気ブログランキング |

タグ:F1 ( 192 ) タグの人気記事

数字上ではリオ五輪は可能だがなでしこ負ける、そしてバルセロナテスト終了

リオ五輪出場をかけたサッカー女子最終予選、後がないなでしこジャパンは中国と対戦した。韓国戦では選手間の間隔も適度に保たれいい流れで試合ができていたと思われたが(結果はまさかの引き分けではあったが)、この試合はまた初戦のオーストラリア戦のようにどこか選手に落ち着きのないプレイが随所にみられた。
そして前半の不用意なバックパスを中国選手にカットされての失点につながってしまった。いつものなでしこジャパンであれば、もっとマークが厳しくなるのだが、どうも選手がおとなしくなってしまったようであと一歩近づいてチェックすることができないようだ。2失点目もこのことが起因している。
1点をとるのに苦労するここ数試合のなでしこジャパンでは2点のビハインドは決定的であった。この敗戦で数字の上ではリオ五輪出場は可能ではあるが現実を観るとまず出場できないであろう。
2011年のW杯優勝からブームになった女子サッカーであるが、このときのメンバーがまだ主力であることを考えると、次期女子サッカーを担う選手の育成が重要であろう。
数字上ではリオ五輪は可能だがなでしこ負ける、そしてバルセロナテスト終了_d0183174_09000843.jpg
この試合でゴールを決めた横山久美など有望な若手選手も現れてきているので、ベテランは日本代表から外れて若手中心でなでしこジャパン再生を図る時期だと思う。これで佐々木監督も辞任できるであろうし。
3月20日にオーストラリアで開幕する2016年のF1.その最終合同テストがバルセロナで4日間開催された。この時期ベストラップは問題ではないが、4日間通じての最速はフェラーリのライコネンであった。同僚のベッテルも2番手タイムをマークしており、今年はフェラーリ復活の年となるかもしれない。
マクラーレン・ホンダも2年目を迎えて、昨年とは雲泥の差のテストをこなすことができたようだ。昨年は初期トラブルでテストもできなかったことを思えば格段の進歩である。
バトンも「2回のテストを通してたくさんの距離を走ることができてよかった。パワーユニット、空力、セットアップの作業において貴重なフィードバックを得ることもできた。システムチェックと統合の作業を大量に行うことができたから、準備という点では去年よりも間違いなくいい状況だ。」とコメントしている。
数字上ではリオ五輪は可能だがなでしこ負ける、そしてバルセロナテスト終了_d0183174_09001618.jpg
後はどこまでマシンを熟成していくか、去年とは違ったF1シーンが観れそうな今年F1である。
日本アカデミー賞が発表された。去年は「永遠の0」が各賞を独占したように記憶していたが今年は各賞ともバラバラとなったようだ。
作品賞は「海街ダイヤリー」、主演男優賞は「二宮和也」、主演女優賞は「安藤サクラ」であった。他を圧倒する作品がなかったということかもしれないが、それはそれで映画界のことを考えるといいことかもしれない(話題作が多数あるということで)。来年はどんな作品が選ばれるのだろうか楽しみである。
さて今日は侍ジャパンが台湾との練習試合を行う。WBCに向けての準備試合であるが、開幕を控えて特に投手陣に辞退者がでていることはちょっと残念だ。開始時期など考えて日本最強チームを結成して練習試合といえども戦ってほしい。
スーパーラグビーも第2戦である。サンウルブスはバイウィークのお休みであるが、日本代表選手が所属するチームは公式戦がある。
レッズはツイと五郎丸の両選手が先発出場、チーフスは山下が2戦連続して先発し、リーチもベンチスタートである。ハイランダーズの田中史明が故障のようで2試合欠場なのは残念だが、マレサウもベンチスタートだし第2戦もいい試合を魅せてくれそうである。

by motokunnk | 2016-03-05 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト

昨日午後、数年ぶりで王子の飛鳥山公園にでかけた。所属しているフォーラムの見学会があり、紙の博物館が見学先であった。
飛鳥山公園は平日ということもあり、閑散としていた。ただD51などの展示物は昔と同じで懐かしく感じてしまった。紙の博物館見学は初めてである。
久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト_d0183174_09154204.jpg
久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト_d0183174_09153312.jpg
久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト_d0183174_09154991.jpg
ボランティアの説明員の方の説明を聴きながら展示物を観ていくと理解度も増すような気がした。3フロアに展示コーナーがわかれていたが、それぞれ意味をもたせているのがわかりやすさを増す要因だったのかもしれない。
そろそろプロ野球のキャンプも終盤となり、日本ハムでは韓国KIAとの練習試合が行われた。大谷翔平、新外国人投手が登板するので練習試合といっても注目の一戦である。
解説者の「今日の大谷は調子がよくないですね。」とブルペンでの投球を観て言ったセリフにちょっと不安があったがまさにセリフ通り、不安定な立ち上がりでいきなり2塁打、四球で無死1、2塁のピンチを招いてしまった。
久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト_d0183174_09155853.jpg
久々の飛鳥山公園と日本ハムの練習試合、そしてカタロニアテスト_d0183174_09160695.jpg
続く打者の中前に抜けそうなゴロを中島がダイビングキャッチし、併殺を成立していなければどうなったかわからない立ち上がりであった。
このピンチを切り抜けると、2、3回は三者凡退で切り抜け、3回1安打5奪三振無失点といつもの大谷翔平とかわらない結果であった。新聞ではチェンジアップが話題となっているが、チェンジアップとは思えない速球のような速さがある球であった。
新外国人投手2名もそれぞれ2回、1回を投げ無難な内容で今後に期待を持たせた。また打者では4番中田翔に場外弾、新人横尾が初ホームランなど打線も爆発し、投打とも順調な仕上がりを魅せてくれた一戦であった。
F1カタロニアテストも3日目、マクラーレン・ホンダは再びバトンがステアリングを握ってテストを開始、午前はよかったが午後のレースシミュレーションに入ろうとした際に後部から出火しテスト中断、今年のテストに入って初めてのトラブル発生となってしまった。
マシンに損傷はなく、最終日にアロンソによりテストが行われるそうだ。
アメリカ大統領予備選挙、共和党のトランプ氏の勢いが加速している。ネバダ州の党員集会でもトップとなり、これで3連勝である。過去の2勝は予備選挙で今回は党員集会での勝利、党員集会は熱心な党員が参加する集会でトランプ氏が弱いと言われていただけにこの勝利は大きいのではないだろうか。3月に向けてトランプ氏に大きな追い風が吹いているようである。

by motokunnk | 2016-02-25 09:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

いつものように確定申告、そして錦織圭のATP500初戦、F1テスト2日目

毎年のようにやって来る確定申告のシーズンとなった。今年は退職して丸2年が経過し、国民健康保険の金額や住民税もやっと年金に見合う額となったので、還付金も医療費控除に関する金額となってしまった。
いつものように確定申告、そして錦織圭のATP500初戦、F1テスト2日目_d0183174_09193165.jpg
過去2年が多かったのであるが、もともとは源泉徴収で納めた税金なので得はしていないのだが。例年通り、すぐそばのベルサール渋谷に行ってきた。午前中であったのでそれほど窓口も混んでいなかったので待ち時間は数分であった。
そしてATP500・アビエルト・メキシカーノ・テルセルがはじまった。第2シードの錦織圭の相手はデ・バッカーである。ジュニア時代は歯がたたなかった相手だったそうだが、ランク100位以下とあって、錦織圭はパワー全開、相手サービスゲームを3連続でブレイクし、第1セットは6-0で取ることに成功した。
第2セットも第3ゲームをブレイクし、錦織圭のペースと思われたが、第4ゲームをラブゲームでブレイクされてしまった。メンタル面で余裕がでたのが原因と解説者が言っていた。
いつものように確定申告、そして錦織圭のATP500初戦、F1テスト2日目_d0183174_09194000.jpg
続く第5ゲームはキープされたが、第7、第9ゲームをブレイクし、このセットも6-3で初戦は1時間未満で勝利した。終わってみれば楽勝であり、2大会連続優勝にむけた幸先のよいスタートがきれた。
2回戦の相手はクエリーとセラの勝者であるが、クエリーであればメンフィスオープン準決勝の再戦である。その試合は2-1で勝っているが、第1セットを落としているので油断は禁物である。
女子の大会もはじまり、主催者枠で出場した大坂なおみが初戦の相手ベルテンスと対戦した。4度のブレイクチャンスをしっかりものにした大坂が6-4、6-2のストレートで2回戦に進出した。大坂にとっては全豪以来の勝利だそうだ。この大会でもブレイクしてほしいと思うのは私だけではないと思う。
F1カタロニアテストも2日目となり、マクラーレン・ホンダはアロンソがドライブし、予定されたテスト項目すべてをこなすことができたようだ。
いつものように確定申告、そして錦織圭のATP500初戦、F1テスト2日目_d0183174_09194784.jpg
アロンソもマシンの仕上がりに満足のようで「空力面においてはかなり革新的で新しいパーツが取り入れられている。少なくとも僕らのマシンにとってはということだけど。他チームはそのアイデアを過去に採用していたかもしれないが、僕らにとっては全く新しいものだ。」とのコメントからも快適なテストであったことがうかがえる。
バトン、アロンソともに好感触のマクラーレン・ホンダ陣営、今年は表彰台が狙えそうである。

by motokunnk | 2016-02-24 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

F1合同テストスタート初日はベッテル、マクラーレン・ホンダは6位

今シーズン初の合同テストがスペイン、バルセロナにあるカタルニア・サーキットで幕を開け、初日はフェラーリの新車SF16-Hを駆るセバスチャン・ベッテルが総合トップタイムをマークした。
今年初めてのF1合同テストであるが、有力チームは2016年シーズンを戦うニューマシンを揃えてそれぞれのチームで設定したテストを淡々とこなしているようであった。
F1合同テストスタート初日はベッテル、マクラーレン・ホンダは6位_d0183174_08420691.jpg
F1合同テストスタート初日はベッテル、マクラーレン・ホンダは6位_d0183174_08421459.jpg
2年目をむかえたマクラーレン・ホンダであるが、初日は合計85周と前年の合同テスト4日間を上回る周回をこなした。まずは初日としては上出来であったと思う。
「今日は堅実な一日を過ごした。いい周回を重ねたので、テスト初日としては心強いし、去年と比べると進歩したといえる。今日マシンから得た最初のデータはポジティブなものだ。ファクトリーのデータとコース上のパフォーマンスが一致していた。今日も今後の数日もテストであり、その作業に集中していく。すべてのシステムチェックを完了し、必要なデータを集め、冬の間の準備作業からの予想とデータの確認を行わなければならない。」
とコメントしているが昨年と比べるとチーム全体に明るさがあるようだ。今年はそこそこ期待できそうなマクラーレン・ホンダのテスト初日であった。
そして日本ハム栗山監督が今年の開幕投手を大谷翔平であることを発表した。2月22日午後2時22分とオール2並びの時間での発表には二刀流を達成させるという思いもかねてのことだという。
F1合同テストスタート初日はベッテル、マクラーレン・ホンダは6位_d0183174_08422149.jpg
大谷本人には2月6日に伝えてあるそうだ。2月6日はベーブ・ルースの誕生日でもある。二刀流の元祖というべき球聖の誕生日に伝えたことに今年大谷にかける指揮官の思いの強さが感じられた。
今日からATP500のアビエルト・メキシカーノ・テルセルがスタートする。大会初日から錦織圭は登場し、オランダのデ バッカーと対戦する。BS朝日で録画放送されるのでぜひチェックしたい。最新の世界ランキングは6位となった錦織、昨年は決勝で破れてしまっただけにぜひそのリベンジを果たしてほしい。そのために負けられない初戦である。

by motokunnk | 2016-02-23 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

とりあえず白星発進のオープン戦、マクラーレン・ホンダ新車発表

日本ハムの2016年シーズンがはじまった。昨日、名護で千葉ロッテとのオープン戦で今シーズンをスタートさせた。
ロッテとは開幕戦で当たるチームであり、オープン戦といえども負けると後味が悪い。また昨年のクライマックスシリーズでは負けているのでなおさら勝ってスタートしたい気分である。
日本ハムの先発は吉川、ロッテの先発はチェン、先発メンバーは陽、西川とレギュラーを並べる必勝態勢と思われた。ロッテのチェンには昨年いいところで好投されており、ここで打ち崩して、今年は違うというところをロッテに植え付けたい。
試合は両投手の投げ合いで2回を終了し、日本ハムは2番手として武田勝が登板した。その武田勝、4回にロッテの新外国人選手のナバーロに追い込みながらの失投をホームランされてしまった。ちょっと制球が甘かったための一発であった。
これで0-1とロッテに先制され、嫌な流れとなりそうなところその裏、一気に反撃した。先頭の大谷が中前ヒットで出塁するとレアードレアードが左中間を破る二塁打で続き、松本剛のタイムリー内野安打で同点に追いついた。松本剛の内野安打はファーストゴロであったが、チェンがベースカバーを怠ったラッキーなものであるが、タイムリーはタイムリーである。
続く大野もライト前に運び、中島の内野ゴロでこの回3点を奪取し、3-1と試合を逆転した。ワンチャンスをものにする日本ハムの攻撃は昨シーズンから見られたものであり、今シーズンも流れは続きそうである。
とりあえず白星発進のオープン戦、マクラーレン・ホンダ新車発表_d0183174_09050601.jpg
日本ハムは屋宜、有原と継投、有原が7回失点したが、7回裏には渡邉諒の本塁打もでて、9回瀬川が打たれてしまったが4-3でロッテを抑えてオープン戦とはいえ白星発進である。昨年のオープン戦を考えると上々の出だしである。
先発候補の吉川、有原もまずまずの投球であり、栗山監督も満足のいく初戦であったのではないだろうか。ロッテの新外国人選手のナバーロであるが、オープン戦2試合で2本塁打と絶好のスタートであったが、那覇空港で実弾所有が見つかり、現行犯逮捕されてしまった。開幕戦出場は絶望のようだが、何となく惜しい気がする。
そしてマクラーレン・ホンダが今シーズンを戦うマシンMP4-31を発表した。昨年同様に突起型のショートノーズを採用しているが、インダクションポッドは若干丸みを帯びてサイズもダウンしているほか、サイズゼロを反映したリヤ後端の絞り込みも昨年型よりわずかに余裕をもたせている。
とりあえず白星発進のオープン戦、マクラーレン・ホンダ新車発表_d0183174_09051492.jpg
肝心のホンダエンジンであるが開発担当者の弁によると「今年のパワーユニットは基本コンセプトを変えず、昨シーズンのレースデータを元に、課題となっていたコンプレッサー周りなどを中心に、ハードウェアを進化させています。」とのこと、結果は今日からはじまるカタロニアテストでわかるであろうが期待半分、心配半分といったところか。
松下信治を新たにテスト兼開発ドライバーに起用し、ドライバーはバトン、アロンソがレギュラードライバーテスト、開発ドライバーに松下という布陣となった。カタロニアテスト初日にバトンを起用、フェルナンド・アロンソは2日目と4日目を担当することが同時に発表された。

by motokunnk | 2016-02-22 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

高梨沙羅が最速で今シーズンの王者に決定、なでしこジャパンもメンバー発表

ノルディックスキーワールドカップW杯ジャンプ女子個人第15戦が行われ、高梨沙羅が圧勝して今シーズンのチャンピオンを決定した。
13、14戦とスロベニアで行われたジャンプで連続して勝利を逃し、14戦では4位と表彰台も逃していた(ジャンプ台が特殊だといわれていたが)だけにちょっと心配ではあったが、そんな心配を吹き飛ばす見事なジャンプであった。
高梨沙羅が最速で今シーズンの王者に決定、なでしこジャパンもメンバー発表_d0183174_09185969.jpg
他の選手とは飛距離が数メートルも違う、異次元のジャンプが蘇ったようだ。来年の世界選手権はこのジャンプ台で開催されるそうなので来年に向けていい形の予行演習ができたのではないか。
それは日本チームにも言えることでここ数戦、2桁順位に落ち込んでいた伊藤有希も90m以上のジャンプを2本決めて今シーズン2度目の表彰台を確保した。そして岩渕香里も自己最高となる6位に入賞した。岩渕香里は1本目がいいと2本目は慎重になり失敗ジャンプが多かったがこの日は2本目も大胆に飛び、96mをマークし見事に6位に入った。
勢藤優花は20位に終わってしまったが、復調の気配は感じられるジャンプであったように思う。
高梨沙羅が最速で今シーズンの王者に決定、なでしこジャパンもメンバー発表_d0183174_09190624.jpgリオ五輪最終予選突破を目指すなでしこジャパンの代表候補25名が発表された。昨年のW杯代表メンバーを主体にした構成であるが、安藤と宇津木の2名はコンディション不良で選ばれなかった。かわりに沖縄合宿に招聘されていなかった杉田亜未が選ばれた。
このメンバーから最終的な20名が選ばれると思うが、10日で5試合の超過密日程だけに複数ポジションをこなせる選手ということで杉田亜未に白羽の矢がたったのではと思う。最終予選は29日にスタートする。ぜひリオ五輪出場枠を獲得してほしいと思う。
そして昨日も書いたがF1では22日からの公式テストにむけて今シーズンを戦う新車が発表されている。19日はフェラーリとウィリアムズ、そしてチャンピオンのメルセデスは未発表ながらシェイクダウンを行ったという記事が掲載されていた。
2月22日からはじまるカタロニアでのテストには何チームの新車がお披露目されるのであろうか。こちらも楽しみである。そしてマクラーレン・ホンダの新車発表はいつなのであろうか。

by motokunnk | 2016-02-20 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

モータースポーツシーズン開幕直前、F1そしてWEC、MotoGPなど

モータースポーツシーズンも3月の声を聞くと世界各地で開幕することとなる。そのための体制がワークスチームを中心に発表されてきている。
国内でもトヨタ、ホンダが体制を発表し、2016年シーズンを戦う姿勢がはっきりした。
ますはホンダをみてみると、MotoGPに代表される2輪レースとF1を頂点とする4輪レースの各カテゴリー別に参戦プランが紹介されている。
その中で、Moto3クラスではホンダ・チーム・アジアにワークスマシンを提供していることが目新しいようだ。そしてホンダ・チーム・アジアのMoto2クラスには中上貴晶も参戦する。
そして人材育成と称してイデミツ・ホンダ・チーム・アジアのMoto2クラスの2ライダーをサポートすることが発表された。
この他にF1ではマクラーレン・ホンダとして復帰2年目を戦うこと、そしてインディカーレースでは佐藤琢磨をサポートすることも同時に発表された。
F1といえば先日F1チームのラインアップが発表され22日から始まるF1テストにむけて各チームの新車発表が目白押しとなっている。これもまた紹介していきたい。
トヨタからも参戦計画が発表されている。こちらのメインはやはりWECであろう。チャンピオン奪還に向けて今年も2台体制で全戦参加するが、ドライバーが昨年と変わっている。アレックス・ブルツが昨年引退し、その後任としてではないだろうが、小林可夢偉の参戦が発表された。
今年は5、6番という新しいカーナンバーのもと、5号車はアンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミ、中嶋 一貴がドライブし、6号車はステファン・サラザン、マイク・コンウェイ、小林 可夢偉がドライブすることが決まった。
モータースポーツシーズン開幕直前、F1そしてWEC、MotoGPなど_d0183174_09093286.jpg
マシンもネットで走る姿が公開されており、開幕に向けて準備万端のようである。ニッサンのWEC挑戦は中止となってしまったのは残念だが、アウディ、ポルシェとの3大ワークスの戦いは昨年以上に白熱してほしいと思う。
そしてトヨタといえばWRC挑戦も着々と進んでいるようで2017年参戦に向けてマシンの熟成が進んでいるようである。
3月の声を聞くとモータースポーツも一気にはじまり、週末はどのレースをチェックするかが忙しくなりそうである。

by motokunnk | 2016-02-19 09:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロズベルグの3連勝で今年のF1は終了

今年のF1最終戦、アブダビGPが開催された。いつもと同じトライライトレースはポールスタートのロズベルグがそのままトップにたってポールトゥウィンで優勝した。
ハミルトンがチャンピオンになってからこれで3連勝である。ハミルトンもチャンピオンとなり、無理な競り合いは仕掛けなかったのかもしれないが、重圧(チャンピオン獲得という)から解放されたときのロズベルグは速い。
重圧下でもこの速さが確立できたときF1チャンピオンの称号がついてきそうだ。マクラーレン・ホンダは最終戦もポイント獲得はならず、バトンの12位が最高位であった。
挽回を誓う来季に向け、いい形でシーズンを終えたかった新生マクラーレン・ホンダだが、最終戦をポイント獲得で締めくくることはできず、名門マクラーレンもコンストラクターズ選手権で10チーム中9位という散々な結果で今シーズンを終えることとなった。
参考URL → ロズベルグが初の3連勝

by motokunnk | 2015-11-30 15:55 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

消化試合に強いロズベルグ?

今年のF1も第18戦ブラジルGP。昨年はメルセデスの両ドライバーのチャンピオン争いであったが、今年のGPは野球でいえば消化試合に近いものである。ロズベルグが僚友ハミルトンとの先行争いに勝った時点でこのレースの勝利は決まったようなものであった。
消化試合に強いロズベルグ?_d0183174_08281049.jpg
その後リードを拡げて最終的には約8秒の差をつけてゴールした。3位はベッテル、マクラーレン・ホンダの2台は完走こそしたがそれぞれバトン14位、アロンソ15位であった。
今年もF1もあと1戦、最後のレースはどんなレースとなるのであろうか、マクラーレン・ホンダの来季につながるダブル入賞を期待したい。

by motokunnk | 2015-11-17 08:29 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

肩の力をぬいてロズベルグ完勝

23年ぶりの開催となったメキシコGPはポールスタートのロズベルグがレースを終始コントロールして今季4勝目、通算12勝目をあげた。
チャンピオンも決定したので、ハミルトンの走りが先鋭的でなかったこともあったのかもしれないが、ロズベルグのメンタル面も終始安定していてちょっとしたミスも侵さない完ぺきな走りだったと思う。
肩の力をぬいてロズベルグ完勝_d0183174_08193700.jpg
このメンタルをシーズン最初から維持できればワールドチャンピオンの路も開かれるとおもうのだが惜しいことである。
マクラーレン・ホンダはアロンソが1周目でリタイアしてしまったがバトンは粘り強く最後までレースを走り切り14位完走。完走すればよかったシーズン序盤とは違って結果が求められる終盤戦ではあるが完走しなくてはポイントもゲットできないので仕方ないかもしれない。
長かったシーズンも後2戦、連続ダブル入賞で有終の美を飾ってほしい。

by motokunnk | 2015-11-03 08:20 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)