人気ブログランキング |

タグ:KOBO ( 20 ) タグの人気記事

ソチ五輪はちょっとひと息、「自衛隊」について

久しぶりに深夜から未明にかけてソチ五輪で注目している競技はなく、ゆっくりと睡眠をとることができた。ただしそれまではカーリングの日本VSスイス戦に熱中していた。
7-6でリードして最終エンド、しかも有利な後攻、そして最終投球で真ん中に止めれば日本の勝利となるショットを外してしまいまさかの延長戦となってしまった。
d0183174_912655.jpg

延長戦ではセカンドに起用された吉田選手のスーパーショットなどもあり、最後は小笠原選手が今度は真ん中に止めるショットを決めた。これで準決勝進出に望みを残した3勝目、後2戦はいずれも上位チームとの対戦である。今日午後2時から中国戦があり、それに勝つと次は深夜のスウェーデン戦である。
そて五輪の話題はこのくらいにして、先週終わった東京都知事選挙で田母神候補がなんと61万票の得票を得た。これは新保守層とも言われている20~40代のネット右翼と呼ばれている層が投票したといわれている。現に出口調査(どうやって年齢を調査するのだろう?)の結果でも宇都宮、細川候補を抑えて得票数2位の投票所が多々あったそうだ。
そういうわけではないが、最近読んだ本(KOBOで購入した)のご紹介。こちらもなんか軽い読み物はないかと表紙のデザインのみで買ってしまった「おひとりさま自衛隊」である。
d0183174_914271.jpgこれは岡田真理というフリーライターの人が書いた予備自衛隊入隊記録を紹介した体験談を1冊にまとめている本である。これが読んでいてなかなか面白い。別に右翼の人や自衛隊が嫌いな人でも読むと自衛隊を嫌いではなくなるような気がする出来栄えである。
特に印象に残ったのは「国防論」の中で講師が語っているくだり「武力放棄を歌っている政党本部にも警備員はいる」当たり前であるが、戦争放棄をいうことを厳密にいえば第三国が日本に攻めてきたときに防戦できないことを意味している。憲法解釈にいろいろな議論があるが、憲法が制定されて70年近くたっている。戦略的自衛権についても見直しが必要ば時期にきているのは確かだと思うのだが、どうなのであろうか。
日ごろから自衛隊については災害のときに活躍してくれるという印象が強かったが、この本を読んで認識を改めたし、自衛隊への理解が深まったような気がする。自衛隊も名称変更する(隊→軍へ)時期かもしれない。まあ英訳は早く変更するほうがいいと思うが(SDF:Self Defense Forces)は訳すと己の組織を防衛する隊となり、自衛隊が自組織(日本ではない!)を守るというおかしな意味となってしまう。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
参考URL → 田母神氏を支える「新保守層」
参考URL → おひとりさま自衛隊
by motokunnk | 2014-02-17 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

電子ブックのランキング

電子ブックリーダーのKOBOを購入してから、私の読書をする時間が急速に増大していった。もともと本を読むのが嫌いではなかったので、ある意味では電子ブックが読書熱をさましてくれた引き金になったのかもしれない。
KOBOのサイトを見ていると、年間ランキングなるものが発表されていた。総合順位のほかにいろいろなジャンル別にベスト100が発表されている。私がよく読む小説の分野を見てみるとやはりテレビでブレイクし流行語にも選出された「半沢直樹」シリーズが上位を独占している。これは総合ランキングでも一緒である。
d0183174_8454178.jpg

その次を見ていくと小説部門ではKOBOで読んだ小説がランクインしている。「ホテルローヤル」(5位)、「ビブリア古書堂の事件手帖 ~栞子さんと奇妙な客人たち~ 」(6位)「阪急電車」(7位)「探偵はバーにいる」(8位)「図書館戦争」(9位)「空飛ぶ広報室」(10位)と私の読んだ本が並んでいる。
その中でも有川浩の作品が多いことがわかる。どこかの特集で読んだが、有川浩の小説は主人公の目線以外にその相手となる人の目線にたっての心理状態が描写されているから人気が高いのだと結論づけたいた。確かに言われていることは間違っていないし、私もこの作風は好きである。
他のジャンルを見るとライトノベルの2位に「聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) 」がランクインしていた。このタイトルも第1巻が無料だったので読み始めてしまい、ついに最終巻まで読んでしまった(というよりは面白くて読んだのが実際であるが)。引退して暇ができた今、図書館利用カードも作って電子ブックに限らず読書三昧に足をいれかけた最近の日常となりつつある。
楽天では全体のランキングも発表されていた。それによればB’zのベストCDが堂々1、2位となっていた。B’z人気は相変わらず素晴らしいようだ。
参考URL → Koboイーブックストア年間ランキング2013
参考URL → 2013年楽天ブックス総合ランキング
by motokunnk | 2013-12-12 08:47 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

ビブリア古書堂の事件手帖

最近、ビブリア古書堂の事件手帖を電子ブックで読んでいる。有川浩の本(KOBOで売られているもの)を読みつくしたからではないが、何となく気になっていた本であった。TVドラマ化されたが思うように視聴率が稼げなかったとか、主演したヒロインのイメージが原作とかなり異なっていたとか言われているが舞台が鎌倉ということなので古都と古書という語呂合わせではないが興味を覚えたので取りあえず1巻目を買ってみた。
d0183174_2001198.jpg

読んでみると知っている病院がでてくるではないか。仕事で訪問している学校の隣にある「大船中央病院」である。
d0183174_2005421.jpg
また主人公が大船駅近くに住んでいるという想定なので駅前商店街などが描写されているので読んでいて情景が想像できてしまう。これが「ビブリア古書堂の事件手帖」を暇を見つけて読むことになった理由かもしれない。第2巻ではヒロインの篠川栞子が学生時代に通った書店が紹介されている。多分島森書店がモデルだと思う。残念ながら大船駅前は数年前に閉店されてしまい今はコンビニとなっているが、その当時のが思い出された。
d0183174_201122.jpg

第3巻まで読み終えてこれから第4巻を読むはじめるところであるが、KOBOを買ったおかげではないが、読書が好きなおじさんになってしまったようだ。KOBO購入から1年ちょっとで読んだ本は50冊、それまでは年間で5冊程度だったのですごい読書量だと思っている。ただ本当の読書好きの足元にも及ばない読書量だということはわかっているが、読書嫌い(ではないが)が少なくとも読書をするようになったのだから出版業界としては万々歳であろう。
参考URL → ビブリア古書堂の事件手帖
by motokunnk | 2013-09-27 20:01 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

タミヤと有川浩と桜木紫乃

何のつながりもなさそうな3者であるが、私の中では微妙につながっている。先日仕事で有楽町線にのってふと広告を見ていると、池袋東武で「タミヤモデラーズギャラリー」が開催されている。まだ子どもが小さかったころはミニ4駆がブームでよくタミヤの4駆を買ったものだが、今もまだブームのようである。
ホームページを見ると、ミニ4駆もイベントとしてはあるが、どうもゼロ戦が特集のようである。どうも8月が近づくと第二次世界大戦の記憶を呼び戻させるのかはわからないが、歴史街道などの雑誌でもゼロ戦が特集されている。タミヤに話を戻すと、「模型で見る自衛隊」も特集されているようで、自衛隊の新型戦車の模型も展示されているらしい。
自衛隊というと有川浩を思い出してしまうのは私だけかもしれないが、やはり自衛隊というと有川浩の小説を思い出す。空飛ぶ広報室など作品には自衛隊色が強いものが多いので当然なのかもしれない。ただ陸上自衛隊のことを書いたものは「塩の街」ぐらいしか思い浮かばない。タミヤといって思い出す作家がもう一人いる。
先日直木賞を受賞した桜木紫乃はタミヤのTシャツを着ていた。その理由は桜木紫乃はロックバンド「ゴールデンボンバー」の熱烈なファンでリーダーの鬼龍院翔が愛用しているタミヤのTシャツを着ているのだとか。今日のブログはタミヤの話題から有川浩、そして直木賞作家まで話が飛んでしまった。
d0183174_19135623.jpg

話が飛びついでに、KOBOのベストセラーランキングに桜木紫乃のホテルローヤルが2位で登場していた。ほとんど衝動買してしまった。週末に読むことにしよう。
参考URL → タミヤモデラーズギャラリー2013
参考URL → ホテルローヤル
by motokunnk | 2013-07-26 19:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今朝の新聞記事から

今朝の朝日新聞にちょっと気になる記事がでていた。2面に掲載されていた記事はタイトルが「電子書籍、安売り合戦」である。電子書籍リーダーの売上もイラスト表示されており、キンドル、KOBO(約15万台も売れている!)の順になっていた。
そして記事では、「電子書籍の世界で、マンガや小説を値引きしたり、一部を無料公開したりする販売手法が広まってきた。」とある。また読みたい本の電子版がなかなか発売されないこともある。私の場合KOBOを購入して約1年になるが、最新刊はやはり紙の本が早く電子版は数か月遅れで発売というケースが圧倒的である。
数年先のものや電子版は計画されていないものもあるようなので本当に読みたい本(謎解きはディナーの後で2、3の電子版はいつでるのだろうか?)はやはり紙ベースのものを購入するほうがいいだろうと思う。今年の電子出版EXPOは都合がつかずに行くことはできなかったが、ネットでみる限りは大盛況だったようだ。ただ電子書籍は1兆円市場とも言われているがやはりこと文芸書に限ればやはり紙ベースの単行本が全盛なのだと思う。
d0183174_1923189.jpg

最近、KOBOで「のび太という生き方」を読んだが、ベストセラーとなっただけあって、なかなかいいまとめ方をしているなあと感心してしまった。
電子版書籍は再版制度が適用されないので価格設定が自由にできるとのこと、だから値引きなど拡販にむけていろいろなことがができるのだそうだが、読者からすればこれはこれでいいことなのでぜひ続けてほしい。問題は紙の本もベストセラーしか出版されなくなってしまうことだと記事はまとまているが、もしそうだとしたら大問題だと思う。
会社務めをリタイアして、これからは時間の自由があるので読書でもしようかと思っている身としては時間の過ごし方を一から考えなおさなくてはとなってしまう。
参考URL → 電子書籍、安売り合戦 「ライバルは無料サイト」
by motokunnk | 2013-07-25 19:25 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

「のび太」という生きかたの電子版が発売された!

昨日、久しぶりにKOBOのランキングを見ていると、「のび太」という生きかたがランキングインしているのに気がついた。
「のび太」という生きかたといえば、数年前、このブログで紹介した本である。当時の経緯について話すと、あるニュース記事をみたからで、その記事は逗子開成中学の生徒が読書感想文でこの本をとりあげていた。その読書感想文がネットで公開され、反響をよんでこの本がベストセラーとなったそうである。
d0183174_2132917.jpg

確かにのび太という人物は憎めない性格の持ち主であり、誰もが楽をしたいと思ってはいるが、結局のび太のように苦労して自分でやりとげてしまうパターンとなってしまう。私も早速電子版「のび太」という生きかたを購入した。電子版だと99円で紙ベースのものより格段に安価である。
私もこの本を読んで読書感想文を書くことにしよう。残念ながら逗子開成の彼の感想文はネットからはなくなっていたのでどんな内容であったかは今となってはわからないが。
参考URL → 「のび太から人生について学んだ」中学生の文章が話題に
by motokunnk | 2013-07-11 21:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)

梅雨があけて、今日は七夕、そしてライトノベル

昨日関東地方は梅雨明けが発表された。本格的な夏の到来である。今年は梅雨の期間が感覚的には短かったような気がするが、気象庁の発表では例年並みの長さだそうだ。はじまりが6月前半だったようなので終わりが7月初旬でも期間としては1ヶ月あるので例年並みなのであろう。d0183174_915367.jpg
さて私をライトノベルの小説に引き込ませてくれた作品の完結編が6月下旬に電子版で発表された。読む機会がなかった(というより他にすることがあった?)がようやく昨日読み終えた。その小説のタイトルは「聖剣の刀鍛冶」である。
ちょうど1年前に電子ブックリーダーのKOBOを買って、KOBOの販促の一環であったと思われる聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)の第1巻が無料でダウンロードできたのがこの小説を読むきっかけとなった。ライトノベルというジャンルはストレスなく読むことができるので読書が好きでない私にとってもとっつきやすい分野の小説であった。
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)自体はアニメ化もされて一時期ブームになったようである。その完結編は期待していたとおりではなかったが、そこそこ満足する結末であった。
KOBOを利用して読書した本も多数となり、にわか読書家となってしまったようである。「時間があるときはライトノベル小説を読む」というのが休日の私の過ごし方の選択肢のひとつとなってしまったようである。そのひとつの選択肢を教えてくれた意味で聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)は忘れられない小説となりそうだ。
d0183174_9152578.jpg

さて今日は七夕、Googleのロゴも七夕マークとなっている。Googleのロゴは一体どのような判断基準で製作されているのだろうか。日本古来のものもあれば海外のものもある。謎といえば謎である。
参考URL → 聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)
by motokunnk | 2013-07-07 09:15 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

晴耕雨読で「空飛ぶ広報室」

昨日朝から東京地方は雨ふりであった。そういうわけではないが、最近暇があれば読書をしている。それも「KOBO」で読める電子書籍専門なので「KOBO」もそろそろ元がとれたかと思っている。「KOBO」で読む本も最近は作者が決まっている。有川浩の小説である。
そういえば、先日の日本経済新聞に「作家・有川浩がモテる理由」が掲載されていたが、まったくその通りのような気がする。
d0183174_19134239.jpg

人物とストーリーテリングの潔いまでの「分かりやすさ」が持ち味の有川浩であるが、人物表現も老若男女を問わずに描かれている(三匹のおっさんで還暦過ぎの読者もゲット?)ところが万人向けするのではないだろうか。主人公を両面からみている(男性が主人公なら、その男性の内面を書いているし、その相手の女性の内面も書いているので読む側としては非常にわかろやすい)のも特徴といえる。
昨日読み終えた「空飛ぶ広報室」は航空自衛隊の広報室が舞台となっている。現在TBS系列でドラマとして放送されているのでなじみがある人も多いだろう(ただしドラマは女性が主人公、書籍は男性が主人公なところが違う!)。本を読んで感心するのだが、一般人は基地と駐屯地の違いは知らないと思うし、戦闘機や練習機の違いも知らないのではないか、有川浩の本を読んでよく勉強しているなあと思ってしまう。
自衛隊は官庁なので交際費枠がないことは知っているが、東日本大震災で仙台の航空自衛隊の隊員たちの奮闘ぶりまで描かれているのには感銘を受けたとともに、まだまだ復興が進んでいない地域が多々あるのであろうという思いも生まれてきた。
d0183174_19141899.jpg

近所に自衛隊広報の看板があり、自衛官募集のパンフレットが貼られている。きっとこのパンフレットなどもこのような人材が苦労して製作したのかと思うともっと自衛隊なり自衛官について理解しなければいけないと思う。
参考URL → 図書館戦争、空飛ぶ広報室…作家・有川浩がモテる理由(図の出典元)
by motokunnk | 2013-06-17 19:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)

三匹のおっさんと阪急電車、そして母の日

昨日の朝日新聞夕刊に有川浩の特集が掲載されていた。有川浩の作品の実写版が最近とみに増えており、どれもがヒットしているのだそうだ。「図書館戦争」、「県庁おもてなし課」、「空飛ぶ広報室」と3作品が映画化やドラマ化されている。
かくいう私も有川浩の作品にある意味はまってしまい、連休中に本(KOBOの電子書籍であるあが)を買って読んでしまったところである。
d0183174_8193361.jpg
読んだ作品は「三匹のおっさん」そして「阪急電車」(こちらは読みかけ中)の2作品、私なりに有川浩の作品について考えてみると、
1)普通の人が主人公となっている/どこにでもいそうな人が主人公
2)日常の出来事にスポットをあてている
3)とにかく読みやすい
の3点ではないかと思う。特に3番目にあげた項目はライトノベルの特徴かもしれないが、かの故児玉清も絶賛している(三匹のおっさん/著者後書きで発見)ように誰が読んでも面白いところが受けているのだと思う。
「三匹のおっさん」にしろ「阪急電車」にしろどこにでもありえる日常を切り取って1冊の本に仕上げてしまう、有川浩の才能には敬服してしまう。直木賞にも作品がノミネートされたようだし、ますますいい作品を世にだしていってほしい。
さて今日は母の日、グーグルのロゴも母の日バージョンとなっている。グーグルのロゴがいつごろからか、その日をイメージするようになった。最初はビックリしたが、なれるとロゴを見て今日は何の日だったか思い出すようになり、日本人の忘れてしまった風習などを思い出させてくれる。
便利なところはロゴをクリックするとロゴに関する検索結果が一覧表示されるところ、母の日はどんな一覧がでているのかは↓
参考URL → 有川浩
参考URL → 第68回:有川 浩さん
参考URL → 母の日
by motokunnk | 2013-05-12 08:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

連休の過ごし方/最初の3連休

前半の3連休が終了して2日、今日は5月1日俗にいうメーデーである。と言って、首都圏では4月27日に連合の統一メーデーが代々木公園で開催されたので至って静かな都心のオフィス街である。信濃毎日新聞でメーデーの記事が見受けられるが、全国紙ではほとんど見ることはできない。メーデーも風化してきているのであろうか。
さて前半3連休、何をして過ごしたかというと久しぶりにKOBOで購入した電子書籍を読んでいた。といっても読んでいたのは1日のうちの数時間で、あとはTVでスポーツ中継を何気なく見ていた。典型的なおじさんの休日の過ごし方かもしれない。
KOBOであるが、久しぶりに本を購入したのでクライアントソフトのKOBO自体がかなり使い勝手がよくなっていた。ただし更新プログラムをダウンロードするのにけっこうな時間がかかってしまった。購入した本は有川浩の「植物図鑑」である。図書館戦争を読んでから有川浩の本をよく読んでいる。d0183174_19183661.jpg
俗にいうライトノベルに分類されるらしいが、肩の凝らない、読みやすいなどおじさんにとっては時間つぶしにもってこいの内容である。そのうえ、いろいろな知識まで教えてくれるわけで、ある意味アリカワワールドにはまってしまったのかもしれない。何で「植物図鑑」を選んだかというと、トップ50の中にランクインされていたからという単純な理由からである。
著者後書きで知ったのだが、この小説はケータイ小説として書かれたものだそうだ。ケータイ小説という言葉を知らなかったときに、周囲の人から教えてもらったことを思い出してしまった。新宿の紀伊国屋書店でケータイ小説売場を眺めたことも今となっては懐かしい思い出である。
小説自体は行き倒れになりそうな青年を拾ったOLとその青年とのラブストーリーであるが、週末に散策する場所が変わっていて、雑草と一言で片づけられている草花の採集がメインで、帰宅後に料理して食してしまうという最高の食事にお金をかけなくてよい生活の実践である。何気なく週末散歩している身としては、散歩の最中に目についた草花を写真に撮ってしまう習慣がついてしまった(つい最近からであるが)。
d0183174_19193154.jpg

そこで撮ったのがこの写真である。「みやこわすれ」かと思ったが、どうも違うようである。どなたか知っている人がいたらご教授していただければと思うのだが。

追伸:この花であるが「紫花大根ではないか」との情報があった。FACEBOOKにも似た話を書いたので、そちらの方で現役の図書館司書からいただいた答えである。やはり現役の司書のレファレンス能力はバカにしたものではない!
参考URL → 植物図鑑
by motokunnk | 2013-05-01 19:19 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)