人気ブログランキング |

タグ:LED ( 5 ) タグの人気記事

ノーベル賞と皆既月食

昨日からTVのニュースはこの話題である。ノーベル物理学賞の受賞は6年ぶりだそうだ。青色LEDの発明と実用化は光の世界では革命的な出来事だといえる。
今回の受賞者も名古屋大学出身者だそうで、最近のノーベル賞は名古屋大学関係者で独占しているような気がする。9日にはノーベル文学賞の発表もあるという。
こちらは村上春樹さんが候補になっているようだが、果たしてどうなるのであろうか。
また今日は全国どこでも皆既月食が見れるという。今まさに天体ショーがはじまっているので、早くブログを書き上げて夜空を見上げることにしようと思っているが、書きたいこともあるので悩みどきである。
とりあえず、ブログは終えて天体ショーを見ることにし、また後で続きを書こうかと思う。


by motokunnk | 2014-10-08 18:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日経メッセ・セキュリティショーとその他を観て

今日は、東京ビッグサイトで開催されている「日経メッセ」に出かけてきた。毎週、東京ビッグサイトでフェア見学である。今回の目的はセキュリティショーを見ることであったが、その他にもライティングフェアなど見たいショーが目白押しであった。
d0183174_19302620.jpg

日本経済新聞社主催のフェアだと無料バスが東京駅から出ているのでそれを利用してビッグサイトまで行く。午後から出かけたが、往路はあまり人がいなく、楽に行くことができた。ショーは多数の来訪者があり、会場はどれも満員であった。
セキュリティショーでは監視カメラが各社とも新製品をだしていたようで、デジタル、ネットワークがキーワードとなっていたようである。日本企業だけでなく、サムソンやLGの韓国企業や中国、台湾の企業も出展していたことにはちょっと驚いたが、アジアのポテンシャルの高さを考えると当たり前のことかもしれない。
d0183174_19305197.jpg

ついでにライティングフェアをちょっと観てきた。そこで日栄インテックでは直菅型LED蛍光灯(工事不要タイプ)を出展しているのを観た。直菅型だと器具を改造する必要があり、その重量がけっこうあるということで我家でも直菅型がついている部屋はそのままとしたが、これは考えなおす必要があるのかもしれない。ちょっとした収穫のあった日経メッセ展示会であった。
参考URL → 日経メッセ
参考URL → 日栄インテック
参考URL → 直管型LED蛍光灯 工事不要タイプ
by motokunnk | 2013-03-07 19:33 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

我家の照明もLEDへ

我家の照明器具は従来の白色電球と蛍光灯であったが、LED照明器具も値段が安価になってきたようなのでランニングも考え、一気にLED照明へと切り替えることにし、今週月曜日から切り替え作業がはじまった。
家庭のことは一切カミさん主導で行っているので私の口のはさむ場所はないので、LED照明についてももっぱら聞き役に徹したというのが真相である。いろいろと話をしてくれた中で初めて知ったことも多々あった。
■白色電球のソケットには2種類ある。電球のソケットといえば1種類と思っていたが、17mmと26mmの2種類があって、我家の白色電球も場所によってこの2種類があるということだそうだ。ネットで調べてみると、ほかにも12mmというのもあるようだ。ソケット一つとってもいろいろバリエーションがあるのだなあと感心した。
■量販店は価格が安い。一応、なじみの電気作業会社にLED照明への更新をお願いしたのだが、担当者が言うには、この会社を通すよりもLED電球は量販店で購入するほうが安価で手に入るそうである。東芝製がLED照明では評価が高いそうで、量販店で購入すると7000円のものが2000円前後で購入できるそうである。したがって、我家の場合も量販店で購入し、取付はなじみの会社にお願いした。
d0183174_20182718.jpg

なじみの会社となるといろいろ親切であるようだ。名前の知らないところのLEDは爆発する恐れもあるようで、名の通ったメーカーのLEDは表面がコーティングされているので爆発してもガラスなどが飛散しないから問題ないと説明したそうである(安心をお金で購入するということかな?)。
■寿命が長い。LED電球は寿命がケタ違いに長いそうである。10年間は取替不要だそうである。24時間つけっぱはしにするわけではないので、取替はかなり先と考えていいのかもしれない。耐久4万時間ということであるので、1日10時間点灯したとして約10年は持つことになるようだ。
■発光色が複数ある! いざLED照明がついて利用してみてわかったことであるが、LED照明にはリモコンがついているようだ(家の中はリモコンだらけとなってしまった!左からテレビ、エアコン、そしてLED照明のリモコン)。
d0183174_2019641.jpg
そのリモコンによれば、明るさの調整から色合いの調整まですべてができるようで、温かみのある発色(どちらかというと白色電球に近い発色)から明るい発色(蛍光灯に近い白っぽい発色)まである意味無段階での調整が可能となっている。
あとタイマーもついていて1時間後に消灯するなど時間設定ができるようである。もちろん従来のように壁につけられたスイッチによる点灯、消灯も可能だ。ただしリモコンを可能にするには常時点灯モードにしておく必要があるようだ。いろいろ便利になった我家の照明であるが、使いこなすまでにはかなり時間がかかりそうである。
今朝の日本経済新聞には「LED、家計にも明かり 天井照明が2年で6割安」という記事が掲載されていた。家庭でのLED照明も普及段階に突入したようである。
参考URL → LED、家計にも明かり 天井照明が2年で6割安
参考URL → 2013年の家電製品はどうなる? 何が普及する?
参考URL → 総合資源エネルギー調査会 省エネルギー基準部会 照明器具等判断基準小委員会
参考URL → LED照明産業を取り巻く現状(小委員会配布資料【PDF】)
by motokunnk | 2013-02-27 20:20 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

クルマも進歩したようだ/ビッグサイトの展示会を見て

今日は古い友人に頼まれた、とあるフェアを見学してきた。東京ビッグサイトで開催されている「第1回クルマのITソリューション展」がその展示会である。
d0183174_20325960.jpg
d0183174_2035644.jpg

併設で「第6回カーエレクトロニクス技術展」「第5回EV-HEV駆動システム技術展」「第4回クルマの軽量化技術展」が開催されているので、今見ているブースがどの展示会のブースなのかこの手の展示会には素人の私にはわからなかったが、見ていて面白かったのも事実である。
そして参考出品されている電気自動車の種類の多さには驚いた。しかも名もないメーカーが出展しているし、ある車両には販売価格まで表示されていた。出来栄えも素晴らしくこのまま量産できそうと思ったほどである。
d0183174_20352133.jpg
d0183174_2035311.jpg

時間があったので、ライティングジャパン2014も見てきてしまった。たまたま開催団体が同一だったので一枚の入場パスですべての展示会が見学できるそうだ。場内のアナウンスでも放送されていたし、看板にも案内がされていた。こちらの展示はLEDを利用した照明がメインで紹介されていた。舞台のボーダーライトにまでLEDが活用されていることにビックリしたが、LEDだと色の変化が簡単にできる(そもそも白熱球と違って小さい球である)のがメリットのようだ。
d0183174_20354086.jpg

一応雑学の知識を高めるのには有意義な1日であった。
参考URL → 第1回クルマのIT ソリューション展
参考URL → ライティングジャパン2014
by motokunnk | 2013-01-18 20:34 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

電車の行き先表示装置変遷について

夏季休暇も2日目となった。我家でのんびりしているとブログに書くこれといった出来事もないのだが、最近電車に乗っていて気付いたことがあるのでそれについて書いてみることにする。
それは車両側面に表示されている行き先表示盤についてである。20年以上も前にはプレート板で表示され、廃線ともなると、鉄道マニアがそのプレートを貰い受けるために列をなしていたものである。
それが、ある時代から紙ベースのものとなり、終着駅につくと、多分ロール形状になっている行き先をかえるために、グルグルと回っていた記憶がある。
これはまだ東海道線では見かけることができ、気がついたのであるがこの列車は扉の数が片面3扉のようである。調べてはいないが、よく東海道線に乗ると、4扉と3扉の車両があり、3扉の車両はこの表示となっているようである。
さて東海道でいえば4扉のタイプの車両は行き先表示が電光表示となっている。これ自体は珍しいものでなく、バスなども電光表示が多くなっている。ただ走っているときどのように表示されているかが問題である。あるときふふと外を見ていると、京浜東北線と併走しているときに、何と京浜東北線の行き先表示が消えているではないか。
車両の故障ではなく、駅に近づくとちゃんと表示されるので節電対策ではないであろうが、多分スピードと連動して表示、非表示を設定しているのではないかと思う。
d0183174_16362334.jpg
d0183174_16363561.jpg

東日本大震災の影響で節電が騒がれているが、もし節電対策のためにやっているのであれば見上げたものである。そういえば扉の枚数以外にも車両の色使いが4扉の場合と3扉の場合で違っていることにも遅まきながら気がついたしだいである。日頃から見慣れている光景も微妙に違ってきていることを実感したここ数ヶ月であった。
by motokunnk | 2011-08-14 16:36 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)